ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ辛口コラムニスト!「ドルトムントはもう濁っている!」香川にも言及!《ドイツの反応》



【Sport1】

ライフ:BVBはもう濁り切っている!

ハロー!サッカー・フレンズ!


entry_img_2173.jpeg


ペーター・シュテーガーの下でボルシア・ドルトムントは10試合で無敗だ。それでも、チームはどこか上手く行っていない、という印象を抱いている。

チーム内には平均以上の選手がいるが、もはやそれまででパーソナリティの軸がない。すべてはドロドロだ。

スポンサーリンク



香川真司はもはや昔の姿ではない。ヌリ・シャヒンは素晴らしいタイプだが、彼のポジションでは欠点を抱えている。そしてそれが変わる事はないだろう。



マリオ・ゲッツェは、その才能をみれば数十年に一度の才能だが、もはやその道に戻って来ることが出来ていない。彼の今のプレーする姿を見ていると本当に心が痛むね。彼を見ていると、彼を戻したのが意味があったのかと疑問になるね。



ドルトムントは、もはや国際的なトップとかけ離れている。僕にとっては、ドルトムントが今年の夏に清算しなければならないことははっきりしている。お金をつかって良い補強ができるようにしなければいけないよ。



それどころか、チームを大きく変える必要があるかどうか考えるべきだね。それに関わっている人々は長く居すぎではないだろうか?機能しているのだろうか?特に監督の人事に関しては大きな疑問だ。


ペーター・シュテーガーの残している成績は良く見えるよ。でもサッカーはもう良く見えない。ライプツィヒ戦はよくなった。だけれどアウグスブルク戦は最低だ。どうして、選手にのろのろプレーさせる以外にうまくできないんだろうか?


FCバイエルンも監督の問題を解決しなければならない。ユップ・ハインケスの後継としてラルフ・ハーゼンヒュットルの名前が上がっている。


そして彼からも否定する言葉は聞こえてこない。それ以前は、バイエルンは大きすぎると言っていたのにね。もうその言葉を聞くことが出来なくなった。


ただこの移籍の方が、フライブルクのシュトライヒ監督の移籍よりは現実味があるように思うね。シュトライヒはそこで幸せだと思う。バイエルンは条件が全く異なるので、シュトライヒにとっては良くないだろう。


フライブルクはいわゆる自然保護区だ。シュトライヒは、そこだったらパフォーマンスを発揮できるだろうけど、ミュンヘンでは無理だね。彼の世界じゃないよ。クリスティアン・シュトライヒとバイエルンは合わないだろうね。


それから最後にハンブルガーについて一言。降格を否定する言葉が一つも思い浮かばないね。もうブンデスリーガレベルじゃないよ。簡単なことだね。もはや18のエリートクラブに入れるチームじゃないんだ。

ではまた。

マルセル・ライフ



マルセル・ライフ:実況数1500試合を超すレジェンド。これまでドイツTV賞など数多くの賞を受賞。






以上です。

彼は数年前まではスカイの実況のボスを務めており、大事な試合は大体彼が実況していました。そして多くのファンに嫌われていました。試合中に選手の事をけっこうボロボロに言うので。

クロップも名指しで彼の名前を出して批判したこともあります。

実況者でしたが監督に名指しされるぐらい影響力はありました。

まあこの記事を読めば、少しは雰囲気が伝わるかもしれませんね。

香川選手もシャヒンやゲッツェと一緒にして名前を出されてしまいました。まあ以前の姿ではない、というのはそれ以上の数字を残さない限りずっと言われるかもしれませんね。



[ 2018/03/05 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(28)
ちゃんとした批判のようで実のところ中身のないことばかり言っていますねぇ
[ 2018/03/05 06:41 ] [ 編集 ]
以前の姿でないと言われましても、以前はシャドーストライカー、現在はボランチなんですが…。 そこで同じ数字残せと言われてもねぇ。 IHやボランチとしては欧州でも上位に入る得点力でしょ。
[ 2018/03/05 06:53 ] [ 編集 ]
昔の香川と今の香川が違うことは確かなので敢えて否定はしませんが
その香川よりもチームに貢献できてない選手の方が多いという事実は無視して欲しくないです
[ 2018/03/05 06:54 ] [ 編集 ]
ドイツのセルジオ越後か
[ 2018/03/05 07:00 ] [ 編集 ]
まあね、香川もそう言われちゃうかー。香川以上に活躍できる選手連れてこられたらいいですね(^^)シュテーガーのもとあれだけやっても言われて、万が一これ見たらいい気はしないよね。嫌われるのもうなずける。
[ 2018/03/05 07:35 ] [ 編集 ]
まぁ香川のスタイルや役割が変わってしまったので仕方ないと思いますが、ここで名前を使われたのは昔からいる選手は外して、新しい選手で新しいドルトムントを作りなさいということなんでしょうね。また、選手にとどまらずクラブのスタッフについても同様に、ということなんでしょう。
外から見てる分には、まず選手の力が強すぎるように感じます。それはそれでよいのですが、監督が自由に発言や試合を作れないような窮屈さを感じています。結果、選手の思い通りになってそれが試合にも現れてる。ロイスの右サイドもロイスが提言して変えたのではないですか? シュテーガーは中央をロイスにやって欲しかったように思えます。しかし、それだと代表で選ばれる可能性がなくなるからと了承したように見えます。
ドルトムントは過渡期に入ってますね。とにかくは、実力で評価し公平なスタメン選抜をしてほしいと願うばかりです。
[ 2018/03/05 07:49 ] [ 編集 ]
こういうイメージや雰囲気で結論付ける解説者って、人気有りますよね。物事をズバッと白黒二択して一見分かりやすい。日本だとセルジオ越後さん。
でも深さが無いので解決策にはならないし、香川に至っては昔の彼はとは違うけど、それは良い意味で成長してるのに…日本でも、戸田さんの様に若くて勉強している解説者の方が、セルジオ越後よりよほどまともな解説をします。
[ 2018/03/05 07:56 ] [ 編集 ]
この三人は出戻りですから、結局昔の栄光にすがらず新しくやり直せとクラブに言いたいんでしょう。香川はゲッツェやシャヒンといつもセットで語られる運命ですね。何故ならリーグ優勝したときの象徴でもあるからです。

個人的には香川はまだ伸び代があるし新たなチャレンジをしても良いのではないかと思います。
[ 2018/03/05 08:06 ] [ 編集 ]
そりゃ屋台骨となる選手が香川とロイスしか残っていないんだからBVBが停滞するのは判りきってただろう
何度も言ってるが、若手と移籍組みしか居ないんだからBVBを形成する要素が皆無になるってのが現実になっただけ
ある意味監督のカラーが色濃く出ているし、シュテーガーだから守備を確りしてSTが点取るってのまんまでしょ
現状はそのSTまでボールが行かず、ドイツサロンで完結してしまってるのが問題なんだから、ロイスを核とするのは当然として、シュルレかゲッツェどちらかのみ選択すりゃ少しは改善するよ
本当はどちらも不要だけどね。これでシュメじゃなくグロクロさんが残ってたらまた違ったんだろうけどなー
[ 2018/03/05 09:17 ] [ 編集 ]
ゲッツェに対してネガティブな事実に触れただけまともだと云うことは伝わりました。
香川にしても以前とは違うし、役割が変わったから
、ドイツでもまともな意見を見れて良かったです。
やらたと大したことないゲッツェを持ち上げていて
ドイツ人を心配でしたが、まともな人もいたんですね。
[ 2018/03/05 09:35 ] [ 編集 ]
社会が時代の流れと共に変わって行くようにサッカー選手もその時代々のサッカーの潮流に合わせて変わって行くもの。

しかし、これ程までに選手の売買が旺盛な時代も少ない。勿論、今までに無かった訳ではないが大物選手ではない若手に大枚を叩くクラブが増えている。
それが意味するものとは、選手は育てるモノではなく商品である意味合いが強い。ショーウィンドウに飾られた彩採り取りの洋服と変わりないのかも知れない。
目新しい洋服に視線が向き、古くなったり気に入らなければ取り換えるだけ。
選手の評価がこれ程までに高く貴重で粗末な時代もない。
もし、全ての洋服に飽きてしまったら一体どうなってしまうのか。
そんな事が頭を過る今日この頃の移籍市場であり選手の評価や価値だと言えるのではないだろうか。
[ 2018/03/05 09:54 ] [ 編集 ]
なんか・・カーグラフィックの人みたいだね(笑)
[ 2018/03/05 10:05 ] [ 編集 ]
ああ、これは・・・・。管理人さんに同意ですね。視聴者に嫌われそうだ。
[ 2018/03/05 10:12 ] [ 編集 ]
 なるほど、管理人さんの説明でとてもよく解りました。毒舌を売りに正論を言っているようにみせかけて建設性のない批判を繰り返すタイプ。

 こういう人物は聴衆の関心を引く為に注目度の高い存在にしか触れません。BVB関連に多く言及していることから、BVBの存在の大きさを示している。
[ 2018/03/05 10:32 ] [ 編集 ]
香川に関しては悪い変化とは思えないんだけどな
経験積んで体の衰えに合わせた変化なのに何が言いたいんだろう
[ 2018/03/05 11:20 ] [ 編集 ]
今シーズンの開幕から数試合、メディアがドルトムントに対してどう絶賛していたかを振り返れば、人の心理は分かりますよ。
[ 2018/03/05 12:47 ] [ 編集 ]
>ドイツのセルジオ越後か
まさに!同感。こういうタイプは嫌われても一定人気で指示がされますね。
論理的でないので反感を買うが、感情に響き本音の共感で固く指示されます。
まあメディアは煽り的にも重宝しますよね。

香川については日本でも延々と同様評価のコメントがされますね。
昔の姿に魅せらた人が多いって事で仕方ないです。
どこであろうと感情論は大きくなるものですし・・・。
日本は感情論煽りの効果を、エンタメから政治まで体験しちゃってるのが痛い。
[ 2018/03/05 12:52 ] [ 編集 ]
前とはポジション違うのに同じことしろと言われてもな
[ 2018/03/05 14:45 ] [ 編集 ]
マルセルジオ
[ 2018/03/05 15:51 ] [ 編集 ]
昔の香川と比較されつづけると思う。でも今の香川のほうが安心してみれる。
守備力も上がったし、コロコロ変わるメンツの中でいかに勝利をもたらすか、チームのために闘ってる。やたら自分のアピールしか考えない三銃士の1人と、違って。ワクワク感は昔の方があったけど、どんなふうに成長していくのかなとまだ伸びしろみたいなものを今の香川には感じる。良きにしろ悪きにせよ、香川の名前はでてくるのは選手としてしっかり認知されてる証だね。
[ 2018/03/05 16:29 ] [ 編集 ]
なんかこういった批判を受け入れている人がいますがそれじゃ駄目でしょう
香川の場合は一列二列下げても数字という結果を出している上に出場すれば勝率の方が高いんですから批判される謂れはない!ってはっきり声を上げないと
過去のイメージにしたって起用法が違うんだから同様の結果を求めるならば以前と同じにしろ!と
日本人選手が欧州や海外で上手くいかない一因に間違った批判も仕方ない仕方ないとファンが受け入れているのもあると思いますよ
声を上げなければ足元見られるのは当然のことなんですから
[ 2018/03/05 18:10 ] [ 編集 ]
昔を美化し今を揶揄される筋合いはないほど仕事してるのは明らかだが今と比べて過去は過去と割り切るのも違う
正直過去みたいな使われ方をすれば今以上に活躍するだろうしチームのためだけじゃなく我を出しても勝ちに貢献した上で過去みたいな華も魅せられる香川ならね
そのためにもファンとしては怪我が早く治ること正しい起用法をされること頓珍漢な揶揄が耳に入らないことを祈るばかりだ
[ 2018/03/05 18:20 ] [ 編集 ]
昔の、以前の香川は耳にタコですね。じゃあ以前のメンツ(フン、ギュン、レバ等)の不在や同等の補強も、クラブに問わなければ公平じゃ無いですね。サッカーは一人でやるものじゃあないですからね。
[ 2018/03/05 20:08 ] [ 編集 ]
>日本人選手が欧州や海外で上手くいかない一因に・・・
自分はないと思う。
むしろ違いを許容できない傾向が選手にまであり、問題点になってるんじゃないかとすら思う。

>声を上げなければ足元見られる・・・
こっちは同意できるけど選手の行動や主張に添うべきと思う。
香川が「何故出番が無いか判らない」とか「トップ下で勝負したい」とか言ってるなら、声あげるのも吝かではないが・・・例えが悪いかね。
[ 2018/03/05 20:30 ] [ 編集 ]
言ってることは妥当。香川はやはり全盛期のプレーを考えると今とは違う。それでも上手いが。ゲッツェもファンはまだ諦められない幻想を追ってしまっている。シャヒンの問題はフィジカルだろうな。レアルやプレミアで通用しなかったのもそれが大きいと思うし。
[ 2018/03/05 20:34 ] [ 編集 ]
ドイツのクラブってバイエルン以外はどこも浮き沈み激しいのに
ドルトムントはなんだかんだで上位をキープしてるし凄いと思うよ
[ 2018/03/05 23:28 ] [ 編集 ]
いやいや香川については妥当じゃないでしょ
全盛期のプレーを考えるならどうしてインサイドハーフやボランチで使ってるの?セカンドストライカーの仕事をボランチで出来るとでも?
ポジション差を考慮しないで連覇時代と比較するのはフェアじゃないでしょ
[ 2018/03/06 00:04 ] [ 編集 ]
香川は選手の質的にはキープしながらプレースタイルが変わったという珍しい選手だから
以前のクオリティが無いって言われても、違う人間になったとしか言いようが無い
前のプレーは間違いなく遅くなってるけど、視野とロングボールが向上してる
[ 2018/03/06 02:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。