ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!マリオ・ゲッツェはドルトムントのトラブルの象徴!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】


マルセル・ライフ:だからマリオ・ゲッツェはBVBトラブルの象徴だ!



entry_img_2174.jpeg


今シーズンのドルトムントは過去のシーズンの状態からはまだかけ離れている。

特に攻撃においては優勝した2011年や2012年、そしてチャンピオンズリーグで優勝した2013年と比べて、目的に向かって徹底していない。

ペーター・シュテーガーは、ペーター・ボシュと比べて守備を安定させることには成功させているが、攻撃にはパンチが欠けている。

スポンサーリンク





ロイス:“ゴールが少なすぎる”


“僕たちは以前と比べてチャンスが少ないことは分かっている。チーム内でもそれについて話し合ったよ。”とマルコ・ロイスは認めている。



この原因はどこにあるのだろうあろうか?テレビ解説者のマルセル・ライフは、その原因がドルトムントの買い戻しがうまく行っていない事にあると言っている。ヌリ・シャヒン、香川真司、そしてマリオ・ゲッツェはそれぞれチームを牽引する存在だった。しかし彼らの戻って来てからのパフォーマンスは過去と比べて大きく離れている。


“シャヒンは素晴らしい奴だし、本当に彼の事が好きだよ。だけど今の彼のポジションでは彼は欠点を抱えているし、今後もそれは変らないだろう。”とマルセル・ライフはSport1のトーク番組で語っている。

そして“香川真司はもはやかつての姿ではない。”と続けている。



そしてライフは決定的なポイントとして:“ゲッツェに関してははっきりしている。これは全く機能しなかったんだ。みんなゲッツェがここ数十年に一人の才能だと信じている。でも彼は、もうそれを取り戻すことが出来ていない。彼をドルトムントに買い戻すことが本当に良いアイデアだったのだろうか?そして、そうすれば一人うまく行くと思ったのだろうか?”と語った。

さらに、“これは機能しなかったんだ。このようにしてチームには大きな名前がそろった。さらに良く見てみると、アンドレ・シュルレもいる。こうした事をみたら、そろそろ大きな改革が必要ではないかと考えなければならないよ。”






以上です。

前回紹介した記事が、いわゆる一次ソースの記事ですが、今回の記事はそれを引用した記事となります。

前回の記事では復帰組の3人の名前は出ていましたが、特に買い戻しが原因である、とは書かれていませんでした。

しかしこの記事ではそこが原因だと解釈したようですね。そしてさらにその根本的原因がマリオ・ゲッツェであると解釈したようです。

ルーア・ナッハリヒテンやほかのメディアもこの件を報道するのかどうかにも注目しています。








[ 2018/03/05 19:58 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(38)
香川はよく出戻り組の名指しになる事はありますが大体が昔に戻っていないと曖昧な表現ばかりで具体的にはここがこうとかスタッツとかでは言ってくれないですね そしてゲッツェにしろシャヒンにしてもまた同じように言われますがプレースタイルの変動とか具体的に何か問題点が知りたいですね
[ 2018/03/05 20:11 ] [ 編集 ]
シャヒン、ゲッツェと香川を並べるのはいい加減にしてほしいね。香川はベンチにされることも増えたけど復帰から毎年特に後半戦はCL圏内に入るのに大きく貢献してる。クロップ最終年もこうはんせんでEL圏内入りに貢献した。15/16はリーグベスト11だし今季もここまで出れば数字出してる。
[ 2018/03/05 20:14 ] [ 編集 ]
主力が次々移籍するからどうしようもない
[ 2018/03/05 20:21 ] [ 編集 ]
ゲッツェは難病、奇病の類の病気だったんだからいきなり元には戻らないよ。むしろ病気だった割には動けてる方だよ。
香川にしてもユナイテッドで足やったし帰ってきてからもすぐにやった。前のシーズンもやって今シーズンもやった。長いことやってるんだから経年劣化は誰でもあるよ。シャヒンも復帰してくるまでにずいぶん苦しんだしシュールレも似た様なもんでしょ。ついでにいえばロイスだってそうだ。
プロスポーツつのは何も勝つこと見せるだけじゃないだろ。苦しいとこから立ち上がってくるのを見せるのも仕事のうちでしょが。お客さんの中には体に問題抱えてる人なんていくらでもいるんだからさ。そういう意味では名前があがってるプレーヤーたちは全然問題ないよ。
ドルは確かにスカッドの問題抱えてるけどずいぶんピントのずれた批判に聴こえるよ。
[ 2018/03/05 20:36 ] [ 編集 ]
絶賛から批判まで、真逆の報道
最も危惧していたのは、こういった報道なんですよ。
ゲッツェが駄目だからといって、その周りのチームメイトである香川まで道連れにされるということ。
最近、特集記事があちこちで出ていたのに、ちょっと離脱してチームが低迷している隙に、このような「正反対」の記事が出る始末。
スタメンを張り続けてきたゲッツェの影響は、まさにチーム全体を低迷させ、チームメイトをも巻き込み、批判の対象を広げてしまっているわけです。
カストロの不調も、開幕から彼とIHでスタメン起用され続けていた影響があるのではないか?
トゥヘルならとっくにゲッツェをベンチ外にしているんじゃないかという出来だと思いますが。
[ 2018/03/05 20:37 ] [ 編集 ]
代表の香川ならともかく、BVBの香川は結果だしていると思うけどね。
[ 2018/03/05 20:44 ] [ 編集 ]
あれれ、前回記事だと印象まるで某氏だったけど、こっちだと割と筋が通ってて似てない気がしてきた。
どこかで意識がひっぱられたのだろうか・・・

香川のことさえ抜きにすれば妥当な意見だね。
みな良い選手だけど大衆が望んでるような状態じゃないからね。
香川だけは望まれてる姿じゃないってだけなので違和感酷いが・・・。
[ 2018/03/05 20:57 ] [ 編集 ]
今のゲッツェを見ていると、完全に判断が遅くて、試合のペースについていけてない気がします。病気でキレが無くなったこともあるでしょうけど、単純に頭がついていけてない。
凄いスピードで進歩しているサッカーに、ついていけなくなってるのではないでしょうか?
シャヒンも同様でしょう。
[ 2018/03/05 21:06 ] [ 編集 ]
クロップがいかに偉大だったかって事ですね
[ 2018/03/05 21:13 ] [ 編集 ]
かつての香川のイメージが膨らみすぎでは・・・
[ 2018/03/05 21:16 ] [ 編集 ]
香川を巻き添えにしないで欲しい。香川は確かに戻って半年位は良くなかったかもしれないが、その後はずっと成長している。
一時ソースからどんどん妄想して、買い戻し組が悪。みたいな感じは…
ただゲッツェが失敗ってのは同感。
[ 2018/03/05 21:26 ] [ 編集 ]
原因は出戻り選手だけの問題ではないでしょう
若い選手ばかり獲ってきて、未熟なまま試合に出し続けてますよね
そんなチグハグなチームの中でしっかり結果を残してチームを支えて来た香川と
ピッチでもプライベートでもよく解り合ってるらしい気心知れたドイツ代表仲良し三人組で試合に出ても
いまいちパッとしないゲッツェを一緒にして欲しくないなぁ
と言うか、そもそも今シーズン香川は怪我で出遅れ、ゲッツェは病気持ち
そんな彼等よりパフォーマンスの悪い選手が居るのに、何故そういう選手達は批判を免れるんですかね
[ 2018/03/05 21:34 ] [ 編集 ]
買い戻しが原因という事ついては理解できますね。新規の選手であれば初めてなのでクラブに合うか、必要な戦力かをとことん調査しますが、過去に活躍した選手となると、昔の良いイメージが先行して現状のパフォーマンスを見極められず、見る目が雲ってしまうのでしょうね。
ゲッツェの扱いをみると、買い戻しはリスクが大きいですね。サブとして迎え入るのなら良いでしょうが、クラブは常に新鮮な血で運営していった方が良さそうです。
[ 2018/03/05 21:43 ] [ 編集 ]
流石ですね。
私もゲッツェが低迷の根源だと思います。

盲目なドイツ人には早くその現実を認めてもらいたいものです。
無理でしょうが・・・・。
[ 2018/03/05 21:55 ] [ 編集 ]
ゲッツェの為に香川が巻き込まれた感じですよね

まあ、ゲッツェにようやくスポットが当たり始めたのは
いいことです
[ 2018/03/05 22:02 ] [ 編集 ]
やはり出戻り組の話になりましたね。栄光の象徴であるからこそ期待も大きく過去と比べられる。悲しいのはシャヒンは衰えたしゲッツェも成長していないという事。これは全く反論できない。しかし香川は地道に成長している。ただ昔の耀きがあまりにも強烈すぎた、本当気の毒ですよ、今の香川もチームに貢献しているのに理解されないのは。
[ 2018/03/05 22:13 ] [ 編集 ]
確かに買い戻しの補強が上手くいってるとは言い難いですが、選手は各々問題点を克服しようともがいてますよね。
香川なんかはかなりタフになりましたよね。
夏にどれだけ的確な補強をできるかも重要ですが、個人的に一番必要なのはチームが一丸となって戦うメンタリティとそれを鼓舞してまとめる事ができるリーダーの存在だと思います。
これが無いといくら補強したって今のインテルやガットゥーゾが監督する前のミランみたいになるだけです。
[ 2018/03/05 22:16 ] [ 編集 ]
こういう記事が日本人の目に触れると、試合を見てない輩が、「権威ある現地解説者」がドルトムントに香川は不要だと力説しているという文面で頒布されかねないから恐ろしい。

安易な高い買い戻しによって、有望な選手の出場機会を奪うような状況に反対なのは賛成。でも香川以上にコスパよくてチームにスポーツ面でもマーケティング面でも貢献できる選手が今のドルトムントにきてくれるとはとても思えない。この有名人に恥を知れぐらい言いたいです。
[ 2018/03/05 23:07 ] [ 編集 ]
そもそもがクロップ全盛が通じる時代でもない。
それがかつてのドルトムント。
[ 2018/03/05 23:17 ] [ 編集 ]
小柄な中盤のテクニシャンは、徹底的につぶされる時代だからね。トップ下は、つぶしてくださいと言って首を差し出しているようなポジションなんだよ。ドルが2連覇した時と今は全く状況が違う。シャヒンのような古典的なボランチも、狙いどころになっている。
だから、その三人がかつてのように活躍できないのは当然。
シャルケのマイヤーのように、新しい役割を模索していかないと。
香川はそれを乗り越えていると思う。ゲッツェやシャヒンは完全に取り残されたと思う。
[ 2018/03/05 23:17 ] [ 編集 ]
今の2.5列目の役割の香川に
昔の1.5列目の役割のかつてのようなパフォーマンスを求めるのは違うでしょ
[ 2018/03/06 00:01 ] [ 編集 ]
最初加入した頃とポジション、役割変わってるもの
便利屋で使われすぎだわ
[ 2018/03/06 00:13 ] [ 編集 ]
あまりにもフェアじゃなくて笑えます
数字出せてないヌリやゲッツェは仕方ないにしても香川の場合はトゥヘル時代も今も数字出した上でこの批判ですから
出場機会の話をするのであればフィリップやロイスも怪我がちなのは変わらないですし
このままこんな記事が出回るのであれば正当な評価を得られないと分かってるクラブに好んで移籍する人はいないと思うのでドルトムントに来たがる選手はますます減るでしょうね
[ 2018/03/06 00:13 ] [ 編集 ]
>かつての香川のイメージが膨らみすぎでは・・・
いや~日本でも「かつての全盛期」と言われ続けてますからね。
向こうも似たような状態と思えば・・・膨らみすぎで納得いかないね。
[ 2018/03/06 00:56 ] [ 編集 ]
ただそうなると、出戻り後の活躍具合や出場状況についての説明が必要になると思いますね。
シャヒンは出戻り後のクロップ時代はよく使われていた筈ですが、その後に怪我をしてトゥヘル時代は完全に日干し状態だった。 調子が狂ってきたのも怪我のあとに出場が無くて勘が鈍ったと言う感じですかね。

香川に関しては、マンUから移籍後はさほどハイパフォーマンスではなくでチーム自体も絶不調。そしてトゥヘル体制になってからは其れなりに役目を果たしていたし、その証拠にファンタスティック4の一角を担ってました。
まあ、あれだけ若手の選手をポンポン加入させて使っていたら、香川が以前のように自由なプレーは出来ないでしょうね。

ゲッチェに関しては・・・ワザワザ書き連ねなくても分かりますよねw
記事の通りだし。
[ 2018/03/06 01:04 ] [ 編集 ]
日本でも勘違いする人がいますが以前の香川も小柄な中盤の選手ではないですけどね、クロップ時代はトップ下ではなくSTですし、今シーズンだってバイエルン戦で442気味のSTでゴールこそなかったですが良いパフォーマンスしてましたから。以前の活躍を求めるならばCMFでもIHでもトップ下でもなくSTで起用してから判断して貰いたいもんです。
[ 2018/03/06 01:47 ] [ 編集 ]
今シーズンチームで一番攻撃ポイント叩き出してる香川をゲッツェやシャヒンと一緒にしてる時点でおかしいです。
[ 2018/03/06 02:17 ] [ 編集 ]
ゲッツェは
ドイツ代表でのワールドカップ決勝延長戦での神ボレーあったから
ずっと偉大な選手って言われるよ。
引退してからもね。
[ 2018/03/06 03:39 ] [ 編集 ]
病人ならピッチに上がらず治療に専念すりゃいいのに、何故かピッチ上に居るだろう
病気の割りに動けるってなんじゃ、ピッチに上がるなら病気とか関係ないわ
[ 2018/03/06 06:19 ] [ 編集 ]
F4時代も本来のポジじゃないIHでゴールアシスト数と出場時間内勝率でミキオバ香川ロイスの順だしポイント効率でいうならオバと殆ど変わらない3位だったわけで、ブンデスMFランクでも前半2位で後半は7位でしょ?出戻りということを考慮しても「それなりの活躍」で収まるレベルじゃない気がするんだけど
どこでもかしこでも香川が過小評価されてる気がしてならないんだけど過大解釈なのかなぁ?
そんなに前ドル期にしたいならボール運べるボランチ連れてきてFW香川にすれば良いんじゃないの?モハメドサラーみたいになると思うよ
[ 2018/03/06 06:34 ] [ 編集 ]
香川は戻ったら結果出すだろうから、結果で黙らせればいいし、扱いが酷ければ移籍も考えれば良いんじゃないかな。

ゲッツェに盲目なマスコミが変わるのなら、それはいいことかも。
[ 2018/03/06 07:50 ] [ 編集 ]
完全な八つ当たり
では、この3人全員いなかったとしたら上手くいってたっていうのか?
あのメンツで?
香川に至っては、選手としてかなりのポイント稼いでるんだがな
中途半端なマスコミ、評論家が数字を見ずに印象で語るのは、日本もドイツも変わらんのですな
[ 2018/03/06 10:17 ] [ 編集 ]
今やトップから中盤の底まで運動量と強度でカバーしてる香川がかつてに及ばないとか言われる事にすごく違和感があるなぁ
[ 2018/03/06 10:21 ] [ 編集 ]
出戻り組ってことで香川はおまけ程度に名前出してるだけですね
ゲッツェに関しては確実に失敗でしょう
ゲッツェはバイエルンでの契約が残り1年ということでヴァツケは「ただなら獲ってもいいかもね」みたいな発言をしてたことがあったのですが、結局大金を払って獲得
その結果代謝障害が発覚しましたし1年待ってみたら良かったんじゃないかと思います
[ 2018/03/06 11:58 ] [ 編集 ]
2018/03/05 20:14さん、香川が15-16シーズンのベスト11になったのは人気投票で決まるブンデス公式の方で「キッカー誌」のベスト11には選出されてませんよね
あのブンデス公式の人気投票は殆ど試合に出ていない内田が選出されたりしてちょっと気持ち悪かったです・・・
[ 2018/03/06 13:48 ] [ 編集 ]
ゲッツェの事は置いといてスカパーで11-12シーズンのCLGSアウェーアーセナル戦やってたんで見ましたが本当に香川のやってる事今と全然違うんですよね。今の香川の方が進化してるから自分は今の方が好きです。話それますがレヴァンドフスキ、フンメルス、ベンダーいて泣きそうになりました。ライトナーが期待の18歳でギュンドアンを差し置いて交代で出てたのもあぁぁって感じで。ここにロイスがいてほしかった!ちなみにゲッツェは負傷交代でした。
[ 2018/03/06 17:20 ] [ 編集 ]
>「それなりの活躍」で収まるレベルじゃない・・・
活躍自体は凄いレベルだけど、期待が以前のようなワールドクラスを思わせる活躍なら、それなりとされても仕方ないってとこじゃないですか?

>過小評価されてる気がしてならないんだけど過大解釈なのかなぁ?
不満からくる評価欲求過剰な状態ってとこじゃないですか?
低評価する声への不満、不当評価を叫ぶ声への共感、肥大する評価欲求って流れ。
メディアも一役担ってそうですが、大きいのは掲示板の影響でしょうねぇ。
[ 2018/03/06 22:58 ] [ 編集 ]
BVB
今現在のドルで一番結果を出してるのは香川なんだけど
ひょっとしてサッカーのポジションの違いもわからない人なのかな?
[ 2018/03/07 01:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。