ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!新たなレヴァンドフスキー探しか?!スカウトがポーランドへ!《ドイツの反応》




Tオンライン】

ボルシア・ドルトムント!新たなレヴァンドフスキー探し?


BVBのスカウト、ポーランドへ



entry_img_2179.jpeg


ドルトムントが若い選手を狙うというスタイルは変わらないようだ。

BVBは冬にはゴメス、アカンジ、バチュアイと3人の若い選手を獲得した。そして夏もそれは続くようだ。

スポンサーリンク


ポーランドのジャーナリストであるピョートル・ヴォロシクが伝えたところによると、ドルトムントは特別な才能をもつ二人の若い選手に注目しているようだ。


すでにBVBのスカウトはレギーア・ワルシャワのヤロスラフ・ニエシュゴダとビアリストクに所属するプシェミスラフ・フランコフスキーに注目している。


ニエシュゴダは185センチのセンターフォワードであるのに対し、フランコフスキーはサイドでプレーしていることが多い。二人とも22歳でチームの主力となっている。


トランスファーマルクトによると、ニエシュゴダの市場価値が85万ユーロ、そしてフランコフスキーが125万ユーロとなっている。


そしてフランコフスキーはすでにポーランド代表にノミネートされている。


彼らがワールドカップに出場すると、市場価値が一気に上がる可能性があるので、ドルトムントは早く交渉しなければならないだろう・・。







以上です。

やはり若い選手の市場価格は出身国によって大きく変わりますね。

若い選手を獲得するのであれば、このようにしっかりスカウトして安く連れてきてほしいですね。最近は若い才能とは言っても1000万ユーロ以上支払う事が多く、育成なのか主力なのか、その扱いが曖昧でした。その辺がうまく行っていない原因の一つだと思います。




[ 2018/03/07 12:37 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(4)
ドイツのクラブなので個人的にはなるべくならドイツ人が良いなと思うんですよね
バイエルン下部のマヌエル・ヴィンツハイマーとかダメなんですかね
[ 2018/03/07 13:38 ] [ 編集 ]
値段も低くて良さそうですね、注目前じゃないと最近は高騰が早すぎる。
普通の上位クラブなら1000万クラスは主力の金額なんですよね・・・。
昨今相場のせいで仕方ないですが、主力級獲得との区別が難しくクラブ意図が見えにくくなってますよね。

ちなみに300~600万が中位までの主力相場っぽいので、普通なら日本代表クラスはこの付近が相場になるよね。
プレミアとメガクラブは格が違ってしまっている・・・
[ 2018/03/07 18:50 ] [ 編集 ]
それで獲ってきてまた売るんですかい?
[ 2018/03/07 20:49 ] [ 編集 ]
自ユースからの引き上げをもっと考えるべきでは?
[ 2018/03/09 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。