ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!「デュッセルドルフ!宇佐美、原口を引きとどめることができるだろうか?」《ドイツの反応》




エクスプレス】


ローンの日本人!


フォルトゥーナ・デュッセルドルフは宇佐美と原口を引きとどめることができるだろうか?



entry_img_2183.jpeg



デュッセルドルフ

クラブは日本人が最も多く住んでいる街にあるが、そこで2人の日本人を獲得した。そして、ここ何年も悪い雰囲気が漂っていたクラブは、ブンデスリーガ復帰へ向けて邁進中だ。そして実際にこの物語があと数週間後に実現しそうな雰囲気である。


スポンサーリンク




原口勝率100%

フォルトゥーナでは日本フィーバーが爆発だ!原口元気は冬にベルリンからローンで移籍してきたが、彼が出た試合は全て勝っている。彼は脳震盪で一試合欠場したが、その試合は唯一勝てなかった。


このサイドアタッカーはザンクト・パウリ戦でも再びプレーを見せている。芝生の状態が良くなかったにも関わらず。“元気にはもっと良いフィールドが必要だね。”とフンケル監督は試合後に語った。


芝生の状態は悪くとも、彼の勝率は悪くならなかった。


それは、宇佐美貴史の調子がここ最近上がっているからだ。彼はフュルト戦で途中出場し同点ゴールをあげると、先発出場したレーゲンスブルク戦で1ゴール1アシストを記録した。


そしてそれはザンクト・パウリ戦でも続くこととなった。宇佐美のコーナーから先制し、後半には自ら2:0となるゴールを決めている。


“ボールをしっかりとらえることに集中していました。”と宇佐美は語る。


その前にも素晴らしいシュートを放っていたが、それは相手キーパーのヒンメルマンに惜しくも阻まれていた。


これは両日本人が同時に先発した初めての試合だった。そしてこれが最後ではないだろう。


またゴールの喜びも完璧だ。宇佐美のゴールが決まった時は、原口は下がっていたが、それでも彼が最初に祝福した。“その気はなかったんですが、元気が僕の方にやってきたので・・”と宇佐美はにやりと語る。


日本とデュッセルドルフー完璧!


この日本フィーバーが後どれぐらい続くだろうか、という考えが頭をよぎる。二人ともローンの選手なのだ。宇佐美はアウグスブルクの選手だし、原口はヘルタに属している。


宇佐美の獲得のチャンスはいくから高そうだ。このサイドアタッカーは、アウグスブルクよりも明らかに良く機能している。



決め手となるのは居心地が良いかどうかだろう。日本とデュッセルドルフ!お分かりの通り、この関係は完璧だ。








以上です。

これはデュッセルドルフの日本人の間でもかなり盛り上がっているでしょうね。選手たちは、日本人会のようなものに招待されたら顔を出したりしなければならない、という事もあるかもしれませんが、食事には困らないという利点があります。

管理人もデュッセルドルフでは蕎麦を食べましたし、お寿司も美味しかったです。日本人専用の美容院もあります。

ドイツ人とは髪質が全然違うので、現地の床屋に行くと大変な目に遭います・・。





[ 2018/03/08 12:09 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(9)
これは嬉しいニュースですね。二人とも苦労してきて やっと報われそうな感じですね。
デュッセルドルフ 香川選手も良い街だと言ってましたね。
ドイツ人と髪質が・・そんな苦労もあるんですね。色んな情報をいつも ありがとうございます(^o^)
[ 2018/03/08 13:26 ] [ 編集 ]
ドイツ人の美容院行くとどんな大変な目にあうのか非常に興味あります。笑
[ 2018/03/08 14:05 ] [ 編集 ]
いつも楽しみにブログ見させてもらっています。
ヨーロッパは水質が違うので旅行に行った時ですら苦労しましたが、髪質まで違って大変な事になってしまうんですねw
サッカーとは関係ところで反応してしまいましたが興味深かったです。

デュッセルドルフがドイツで日本人が多く住んでいる事も初めて知りましたが、そんな地で二人の活躍がこれから楽しみです!
[ 2018/03/08 14:52 ] [ 編集 ]
このまま1部に上がれるなら
2人ともデュッセルドルフにいた方が幸せかもしれないね!!
[ 2018/03/08 15:37 ] [ 編集 ]
床屋事情は前から気になってました。
詳しく知りたいですね〜。
[ 2018/03/08 15:45 ] [ 編集 ]
香川も日本から美容師呼んでカットして貰っているそうですよ。学生時代のサッカー仲間で、美容師になった方だそうです。友人だから、カットという理由付けて、会いたくてだと思ってましたが、それだけではなさそうですね。
[ 2018/03/08 18:12 ] [ 編集 ]
アウグスブルクは移籍直前に監督が変わって、宇佐美は行くなり即構想外のアンラッキーだたし、原口がヘルタで結果が出づらいのは、当人がどうこうじゃなくてチームそのものがダメな所為。

自分に合っていて試合に出られるチーム以上に、自分にとって良いチームは無い。
1部のベンチよりも2部のレギュラーの方が遥かに価値があるからね。
[ 2018/03/08 21:17 ] [ 編集 ]
二人とも能力的には一部でやれると思うので良いニュースですね。

原口は挑戦嗜好的にプレミア挑戦模索する気がします。
ヘルタは必要とせず戻る道はないと思うので、どうなるでしょうかね?
宇佐美は戻るとまた順応が不安なので、残って継続した活躍に期待かな。
[ 2018/03/08 23:51 ] [ 編集 ]
美容師;サムライヘア♪と言いつつ髪で遊びだします。と勝手に妄想してしまいました(笑)
[ 2018/03/09 04:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。