ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 長谷部と乾がようやく力を発揮する!!ビルトが取り上げる

本日発売のビルトに長谷部選手と乾選手の記事が掲載されましたので紹介します。




アイントラハト・フランクフルトの日本パワー

長谷部と乾がようやく力を発揮する!:やれば出来るじゃないか!
20141217051930b60.jpg


一人の選手は2部リーガに落ち、もう一人の選手はアイントラハトから去る寸前だった。

まさに彼らのキャリアが終わってしまう危機だった。しかしこのドリブラーの乾貴史と中盤の長谷部誠は前半戦で調子を取り戻すために戦い、そのためにアジアカップにもノミネートされた。


彼らもやれば出来るじゃないか!いったいこの二人の日本人選手デュオの変化はどう説明できるだろうか?


“僕がワールドカップに選ばれなかったことは大きなショックでしたしモチベーションにも影響を与えました。”と乾は語る。“でもフランクフルトでの監督の交代は僕にとっては凄く重要でしたね。そして新しい僕の同郷人もアイントラハトで僕の事を助けてくれました。”

長谷部は乾が質問に答えなければならない場面で彼の代役を買って出てくれる。なぜならまだドイツ語が不足しているからだ。(訳注:乾選手のドイツ語が)

しかしながら乾は、昨シーズン元監督が彼の悪いパフォーマンスの後で、彼を頭数に入れていないという事は理解していた。それは別れのサインでもあった。

シャーフが来るまでは。乾は“監督は僕とたくさん話しをしてくれます。コミュニケーションはすごく良くなりましたね。僕は僕がより力を発揮できるようにプレーすることができます。もちろんゴール前でもっと危険にならなければならないことは理解しています。”

現時点では1ゴール2アシストを記録している。

スポンサーリンク


2014121705192803d.jpg

長谷部は現時点で0ゴール0アシストである。しかし彼は守備において、周りを統率する力なのだ。

長谷部“僕ももっと上手くやれます。攻撃においてもです。だけど14試合でスタメンで出場し、21ポイントも獲得していますから前半戦は僕にとってはうまく行っています。”

なぜなら彼は昨シーズンニュルンベルクで降格してしまったし、後半戦はほとんど負傷していたのだ。そしてワールドカップもがっかりしたものだった。

彼が夏にアイントラハトで“ヨーロッパリーグ”について話した時、彼はバカにされた。今長谷部は微笑みながら話す“言ったじゃないですか・・・アイントラハトが上位争いをするって。”





以上です。

短い記事ですが、久々の長谷部選手、乾選手の記事でした。乾選手も代表戦の前は監督と共に批判されていましたが、それを上手く覆してくれましたね。清武選手も批判記事が出た後で活躍しました。

最近ではハノーファーの酒井選手とドルトムントの香川選手の批判記事がでましたが、それを覆すような活躍を期待しています。

【おまけ今日のドイツ】

2014121705204857a.jpg

スモーカー
以前もご紹介したことがありますが先日クリスマスマーケットでたくさん見つけたので再登場してもらいました。
口からお香の煙が出る姿はなんとも愉快です。管理人は写真左上の細長い顔のスモーカーがお気に入りです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/12/17 06:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(4)
No title
海外でプレーする選手で失敗するプレイヤー、成功するプレイヤーがいますね。仕事の世界と比較しては申し訳ないが、言葉が堪能でもその国の文化・スタイルを理解していないと成功しないのでは?まさに、長谷部選手・乾選手においても〝習うより慣れろ〟の精神でチームに溶け込もうと努力しているので、味方チーム・スタッフとも信頼が深まり、且つプレイにも表われているのではないでしょうか?サッカーは全くの素人でコメントする権利はないですが、時々サラリーマンとスポーツマンは似て非なるものがあるなあ~と思うときもあります。まずは、その土地・人・文化などを知り、高飛車にならず、相手を敬い・なじむことが、〝成功する近道〟では?と。
[ 2014/12/17 06:50 ] [ 編集 ]
No title
長谷部はスター性は無いけど堅実にプレーしてるイメージ。がんばってほしい
香川君は・・・今は批判記事出るのはしょうがないね。
明日は出場すんのかな。出場してダメでも訳してくれるとありがたい。
[ 2014/12/17 16:16 ] [ 編集 ]
No title
乾も清武もブンデス1年目は絶賛されてたからね
いい時もあれば悪い時もある、まさに典型的な例だね!
[ 2014/12/17 20:16 ] [ 編集 ]
No title
対人対戦スポーツは全て共通してるけど、結局相手との駆け引きと対策の掛け合いが勝ち負けの主要素だから。活躍すればするほどマークと対策がきつくなる。これの繰り返しなんだよね。乾も改善したことにより以前より活躍しだした。香川もドルも一緒でその壁にぶち当たっているだけだから。後はそこを練習でどれだけ修正するかだけだよ。ワールドトップクラスまで到達すれば別だけど、普通はお互い対策と修正の掛け合いが試合であり勝負だから。
[ 2014/12/18 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。