ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ドルトムントは威厳がなく、良くて中レベル」マテウス!BVBを格下げ!《ドイツの反応》




ユーロスポーツ】

ローター・マテウス、BVBを格下げ!


威厳がなく、良くても中レベル



entry_img_2200.jpeg


ローター・マテウスはボルシア・ドルトムントを痛烈に批判した。彼の眼には、“まったく説得力がない。”と映っているようだ。国際レベルにおいては、“良くても中レベル”と彼はスカイのコラムで語っている。特に今シーズンのチャンピオンズリーグでのパフォーマンスは“まったく威厳がなかった”とのことだ。

スポンサーリンク




そのためマテウスは今後のパフォーマンスの向上を求めている。

ヨーロッパリーグでもドルトムントは“運がなければ先には進めない。”と、このドイツのクラブの国際大会でのパフォーマンスに腹を立てていた。このような結果はけっして“ふさわしい”ものではないようだ。



マテウスは、1:2で敗れたELでのザルツブルク戦は理解できないようだ。



“このチームの持っているクオリティーを考えればオーストリアのクラブにホームで敗れるなんて全く説明ができない事だ。”

マテウスは辛口で有名だが、それを隠そうとせずにさらに続ける。彼によればフランクフルト戦で勝利したのも、“またしてもラッキーだった”ようである。



マテウスにとってはマルコ・ロイスとバチュアイだけが希望のようだ。“それ以外はいつも力を出せていない。”







以上です。


まあマテウスが腹を立てるのは当然でしょう。今年のチャンピオンズリーグは本当に何だったんでしょうね。まるで初めて出場したチームのような成績でした。ここ何年も週2回戦えるようにと戦力を増やしてきた結果がこれでは確かに腹も立ちます。

明日はザルツブルク戦ですが、奇跡は起こるでしょうか・・。



[ 2018/03/14 19:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(16)
批判ばかりで弱いチームを勝たせるアイディアが無いから
監督として成功してないんだよなあ…
[ 2018/03/14 20:01 ] [ 編集 ]
そりゃそうですよ。過去の栄光にすがって現在の選手の実力を計れないクラブは2流へと降下していくのも当然。プリシッチださなかった時点でも批判されて当然。ストライカーを無視してチマチマ仲良しサッカーをしてたんですから、相応の結果が出ただけですね。
ELはフランクフルトと同じ布陣にして(アカンジとパパは交替)やってほしいですね。
[ 2018/03/14 20:15 ] [ 編集 ]
次の試合、ザルツブルク相手に敗退なんかしたら、とんでもない恥を撒き散らす事になりますね。
ゲレイロを起用して欲しいのですが、なぜまたベンチ→ベンチ外になってしまったのでしょうか。

非常に影響力があるはずのドイツ代表コンビが、どれだけチャンスを与えられても、まともに貢献できていない事が、チームに多大な悪影響を与えているのは明白ですね。
彼らは常にドイツメディアを賑わせている存在なのですから。
もう加入2年になりますよ…
[ 2018/03/14 20:20 ] [ 編集 ]
仕方ないですね。クラブの指針が偉大なる中堅クラブなのですからね。
バイエルンと肩を並べそうになると、シーズンが始まる前に主力を売却したり引き抜かれているんですからね。
バイエルン一強、5、6チーム団子はなるべくしてなったって事はドルウォッチャーならば予測してました。
批判するのならば、ライバル各クラブの芽を摘みリーグをつまらなくする金満クラブバイエルンと、ビッククラブの道を放棄したドルトムント首脳を批判して欲しいものです。
反論出来ない選手には辛辣で、バイエルンや金持ちに歯向かえないのならば、口を閉じるべきですね。
[ 2018/03/14 20:35 ] [ 編集 ]
今の出来は、要するにクロップの後任に適任者を連れてこれなかったからだけど、あの監督と同じくらいの力を持ってる、上の人はほぼいない。しいてあげるならペップかハインケスがちょっと上くらいだろ。この人たちはサッカーのやり方変えたイノベーターだからね。この人たち以前には、この人たちがやった、やってるサッカーはなかったんだからそう簡単に代わりは見つからない。
なので、あとは誰が来ても結果は変わらなかっただろね。モリーニョ、アンチェロッティのクラスでもダメ。やってることが古い。新しくておいしい味を覚えたドルには合わない。
[ 2018/03/14 21:13 ] [ 編集 ]
まあ、完全にフロントのせいだおともいますけど
監督は明らかに状態の悪い選手を使わさせられてるみたいですし。
優先して明らかにドイツ人だしワールドカップ前にチーム価値ちでも高めたいんでしょ
[ 2018/03/14 21:34 ] [ 編集 ]
マテウスは解説者なんですよね?
マテウスの言ってることは、誰もが感じてる気持ち。解説者なら解決策とか示して欲しいよ。
日本のサッカー解説者の中にも、試合の解説じゃなて、自分の気持ち(勝たなきゃいけないとか)いるけど、プロの仕事とは思えない。

無能な監督も、選手に気合だのヤル気だのの精神論で煽って、解決策示さないのかもな。
[ 2018/03/14 22:47 ] [ 編集 ]
昨夜、オールドトラフォード(マンU VS セビージャ)のスタンドにヴァツケが見に来ていたのが映っていました。
何しに行ったんでしょうね。
ワールドクラスの選手に何百億円もかけ続けて敗退したマンUを見てどう思ったでしょうか。
ポグバやサンチェスや、あそこの選手たちはみんな批判され続けていますが…
[ 2018/03/15 01:26 ] [ 編集 ]
これ日本でよく見かける馬鹿げた精神論と捉えられそうなんだけど・・・
自分がブンデス見てきた感触では全くの別物。
この違いがブンデス好きな理由なんだけど言葉での説明は難しい。

各々に能力発揮する義務があるって感じで・・・
能力発揮して戦う事が最優先される風潮かな?
前回は一番批判される形だったと思う。

日本でなら相撲風に例えると近いと思うけど・・・
横綱が金星挙げられて内容が悪かった場合の批判と似てる感じ。
[ 2018/03/15 04:37 ] [ 編集 ]
誰かが復帰したら誰かが怪我とか怪我人が毎回ローテションしてるしフロントや外野の影響があるようなきがします。
本当はもっと言いたいのだろうけど勢いで言いそう(笑)

ちょっと待テウス。。。
[ 2018/03/15 04:54 ] [ 編集 ]
何を怒ってるんでしょうか?ドルトムントは、若い選手を買い高く売ってCLの出場権をとるのが目標です
バイエルン様が欲しい選手が居れば喜んで差し出します
[ 2018/03/15 07:27 ] [ 編集 ]
ヴァツケとモウリーニョはかなり親しいから、モウリーニョも時々ドルトムントに来てましたよね。
元サッカー選手だったヴァツケは勿論大のサッカー好き。招待されて見に行っただけだと…
それともセビージャに気になる選手が…?
[ 2018/03/15 07:56 ] [ 編集 ]
実際リーグ優勝してても、ブンデスにおいてドルトムントを含めたバイエルン以外のクラブは、バイエルンとその他扱いからは抜け出せてないからね。その舞台が欧州になったところで変わりはしないわな。
[ 2018/03/15 10:42 ] [ 編集 ]
スカッドは、ブンデスでも相当良い選手を集めてます。バイエルン以外では抜けていると思いますよ。
問題は、ボシュの戦術が対策され始めたころに、ゲッツエを2か月にわたって重用したことで大混乱となったこと。また、その後、選手がケガで揃わないことで、なかなか好調が維持できないことです。
もっとはっきり言えば、ゲッツエを使っていない時期は、普通にブンデス屈指の強豪でした。
[ 2018/03/15 11:35 ] [ 編集 ]
04:37さん22:47です
ご意見、ありがとうございました。なんだか少しわかった気がして、マテウスの言葉が受け入れられました。サッカー文化の違いというか、国技の様な感覚でサッカーを見るとそうなのですね。
ドイツのスタジアムは、何処も地元ファンで埋め尽くされ、サッカーと共に生活してる感じ…プレミアの様な派手な選手や、海外からの観光ファンは少ないですが、そんなドイツならではのサッカーが私も好きです。
[ 2018/03/15 12:15 ] [ 編集 ]
437の方?がコメントされてますが、西ドイツ時代に優勝した時の首相だったかな?の演説を思い出すか調べるとドイツサッカーの位置は大体解ると思います。
お二人がおっしゃってる感じだと思います。

[ 2018/03/15 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。