ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シュテーガー!ザルツブルク戦が運命の分かれ目に!勝てば延長も?《ドイツの反応》


ビルト】

シュテーガーにとって最初のジョブ・フィナーレ!



entry_img_2201.jpeg


ヨーロッパリーグ、ホームで行われたザルツブルク戦で1:2で敗れた事により、セカンドレグはペーター・シュテーガーにとっては最も難しい仕事となる。



もし彼がベスト8進出を決めたら、ご褒美があるだろう。


最初のジョブ・フィナーレ!このオーストリア人がザルツブルクを下したらBVBでの延長の可能性が高くなる。

スポンサーリンク


このウィーン人は初戦で負けたにもかかわらず落ち着いている。

“ザルツブルクは良いプレーをしていた。我々は大きなタイトル獲得への責任は自分たちで持たなければならない。我々は負けにふさわしかったね。”



シュテーガーはフランクフルト戦では最後の1分で勝利している。

“この勝利が勢いを与えてくれると願っている。”



ドルトムントは過去に一度たりともオーストリアのチーム相手に負けていない。2003/2004シーズンにはドルトムントはオーストリア・ウィーンを下し、さらに2015/16シーズンにはヴォルフスブルクを下している。


ツォルク:“まだ現実的に勝ち抜けるチャンスはある。選手は借りを返さなければならない。”


この勝利がBVBとシュテーガーにとっていかに重要か、ロイスやその他の選手たちにとって明らかであると良いのだが・・。






以上です。

シュテーガーにとって将来の分かれ目となる試合ですね。ジョブ・フィナーレとは、まあニュアンス的には“仕事をかけた事実上の決勝戦“と言ったところでしょうか。

ビルトは結構自分達で言葉を作りますので、真面目に訳してばかりでは意味が伝わらない事が良くありますね。そう言う事が誤解につながる事もあると思います。

管理人は、最近はブログを始めた頃と比べて訳すスピードが大幅にアップしました。最初は割と単語一つ一つ抜かさずに正確に訳すように心がけていたのですが、最近は同時通訳するような感じでやっています。なので正直最初の頃と比べるとニュアンス重視で、ある意味大雑把になっている部分もありますね・・・。そんな分けで、意訳もかなり増えたんですが、意味が分からない部分を想像で補う意訳ではなく、あくまでブログ初期の作業を経た上で、今のような感じになっています。

結果的に時間短縮に成功したので、その分更新数を1記事増やしました。

校正にはほとんど時間をかけていないので、誤字脱字や変換ミスは相変わらずですが、この辺が仕事の合間にやるには限界かな、というところですので、その辺はご勘弁を・・。

かなり脱線しましたが、シュテーガー続投どうでしょうね。皆さんは賛成ですか?もちろんザルツブルクには勝ってほしいですが、だからと言ってすぐに延長という気にはならない、というのが管理人の正直な気持ちです。もし負けたら、続投はないかな・・・。



【おまけ今日のドイツ】

201803150357454a2.jpeg

ホワイトデーでした。
[ 2018/03/15 06:00 ] BVBシュテーガー | TB(-) | CM(25)
現実的にまだ勝ち抜けるチャンスは記事の通りあるのですが・・・
前回思い出すとポジティブになれない状態継続中です。

最近は記事アップペースが早すぎるので無理してないか心配でした。
誤字脱字など気にせず体に気をつけてくださいな。
ただし意味分からない誤字脱字は聞くと思うので、そこはご容赦を・・・

シュテーガー続投は自分は望んでます。
しかし、不人気っぽいのでCL権確定後じゃないと批判が心配。
[ 2018/03/15 06:48 ] [ 編集 ]
クロップ時代を再現したいなら
若い監督か若い感性持った監督が必要
フロントの言うことは聞かないかもしれんし
監督より年取った選手は全員放出かもしれんけど

ナーゲルスマン一択
[ 2018/03/15 07:04 ] [ 編集 ]
ここの翻訳をさらっとパクッてWEB記事にしてる怠惰な媒体もあるんですから
誤字脱字、一字一句にこだわった正確な翻訳とかにはこだわらなくて
いいと思います。

英語ならなんとか読めますが、ドイツ語となると
WEB翻訳つかってドイツ語→英語にしないと解らないのに
日本語に訳してもらうことでニュースを知ることができて
本当に感謝しています。

[ 2018/03/15 07:15 ] [ 編集 ]
フランクフルト戦の最初の15分は今までのドルトムントのような勢いのある攻撃がありましたので、あれで追加点取れるようになればシュテーガーでも構わないかなと思います。

でもやっぱりナーゲルスマンが見たいかなー
トゥヘル以上を期待できそうですし
[ 2018/03/15 07:28 ] [ 編集 ]
監督さんの去就は知らんけど、明日のゲームは2点差つけなければいけないからやること決まってるよね。
ルーズボール、セカンドボール拾いまくってサイドに出して、とにかくシュート、シュート。90分間シュートの集中砲火。
バランスなんかこのゲームに限ってはほとんど考えなくていい。
攻め倒すサッカーやって勝ってもらえればみんなハッピーになるね。
[ 2018/03/15 07:36 ] [ 編集 ]
延長の話以前にシュテーガーの方が続けたくないと思ってたりして。就任当初の気合いが感じられないので裏で色々無理難題を突きつけられているんだろうな、と感じました。シュテーガーの求めるサッカーをさせることができるのなら、続投は大賛成ですね。ナーゲルスマンを招聘するよりシュテーガーの方がドルトムントは強くなりますって。
しかし、続行の為には選手の権力を抑える事が必要と思います。あとフロントのスタメン人事に口出すのを止めなければ監督も受けないと思いますね。
ここ数年監督交替が頻繁に起こっていますし、対戦選手もドルトムントここ数年おかしいと感じているようですから、外にまでクラブのゴタゴタ雰囲気がもれてるのでしょうか。他クラブの監督も警戒しているかもしれません。
[ 2018/03/15 07:39 ] [ 編集 ]
手作りケーキですか?美味しそう!
最近、記事のアップが早いので毎朝楽しみです。ELは絶対に負けないで欲しいですね。ここで負けたら、もう…言葉も無いです。
シュテガー続投は管理人さんと同感。良い人ですから、最悪のチーム状態(グループ化とか、個々の不満等)時に、チームを救ってくれた良い人選だったし、香川にとっても自信を思い出させてくれた恩人。でも、個人的にはトゥヘルの様な戦術家、育成家が好みです。テデスコ就任後のシャルケの躍進、うかうかしてられません。
[ 2018/03/15 07:48 ] [ 編集 ]
自分はケルンの時からシュテーガーのサッカーが好きではないので続投は嫌ですね。
ナーゲルスマンが個人的には理想ですけど、ファブレとかになる気もします。
[ 2018/03/15 10:59 ] [ 編集 ]
以前、シュテーガーが、契約延長に乗り気ではないと言ってましたよね。オバメヤンはもともとルール違反がありましたが、今シーズンに入って違反の数が急増しました。全く勝ててないのにゲッツェを2か月以上も使い続ける異常な選手起用。派閥ができたこと。なんか、色々難しそうな内部事情がありそうです。次の監督は、そういった事情を理解して、引き受けるときにきちっと話をつけてから就任してほしいです。それができないなら、シュテーガーのままがいいと思います。
[ 2018/03/15 11:58 ] [ 編集 ]
俺、ここの翻訳サイト1番好きです。最後に管理人さんの考えも書いてあるので楽しみに見てます。管理人さんは、シュテーガー監督あまり好きじゃなさそうですね。俺は、けっこう気に入ってるんですけど。選手の特徴を活かしながら組み立ててるように思います。あとは、選手間の距離と連携を磨けばまた強いドルトムントに戻るような気がしてます。連携に関しても徐々に出来つつあるみたいですし。
[ 2018/03/15 11:59 ] [ 編集 ]
トゥヘルを切るようなところに新進気鋭が来ますかね
[ 2018/03/15 12:01 ] [ 編集 ]
管理人さん、毎回楽しく記事を拝読させて頂いております。細かいことは気になさらずに思うように自分のペースで記載して下さい。

さて、ザルツブルク戦どうなることやら。相手も欧州戦線へ個人とクラブ名を売る絶好のチャンスです。フランクフルト戦もチェックしたでしょうからそう簡単には行かないと思います。

キープレイヤーは3人、ロイス、バチュアイ、ゲッツェ
この3人をどう使うのか使わないのかが意味を作るかも知れませんね。

フランクフルト戦、バチュアイの投入は後半スペースが空いた時間帯のいいタイミングでした。
ある程度のスペースがあれば彼の身体と技量が活きそうです。
タイトにマークされるスターターは考えものかも知れません。
ロイスは完全にマークされるでしょうから、この所の前後半のギャップを考えれば前半は抑え気味でも仕方ないのかも知れませんね。

しかし、2点差縛りがあるのでそんな悠長な事も言えません。フランクフルト戦、ゲッツェ不在でチームはいいアクションを起こしていました。いまの彼をどう起用したらよいのかが問われる試合にもなりそうですね。
[ 2018/03/15 13:26 ] [ 編集 ]
ドルトムントは、全権を監督に委ねる事が出来るのだろうか。自我(理念含め)が強そうなクロップとトゥヘルは解任されてしまいました。後任のボシュにしてもシュテにしても操られ感が強い。
せめて先発や戦術、ベンチ入りメンバーに口を出させない、そして選手の放出や獲得に対して蚊帳の外にしないなど当たり前の事を契約にしっかり盛り込まないと、マトモな監督など来るわけが無いですね。
ドルトムントが解任したクロップにはリヴァプールが飛びつきCLを勝ち抜いている。トゥヘルにはバイエルンが触手を伸ばしている・・無能なわけが無いですよね。
[ 2018/03/15 14:41 ] [ 編集 ]
> 2018/03/15 14:41

クロップは解任されていませんよ。クロップ自ら退職を願い出たケースでクラブはCL出場権を逃しても続投の姿勢だった。
[ 2018/03/15 15:48 ] [ 編集 ]
 私としては今のBVBは微妙なので延長は賛同しない。しかし、ナーゲルスマンなどの評価の高い監督との交渉も簡単ではないと思われますから、下手にドイツ圏外の監督を呼ぶくらいなら延長のが手堅い選択となるでしょう。
[ 2018/03/15 15:52 ] [ 編集 ]
クロップは解任されたんじゃない、クラブは慰留したが自分から辞めたんだよ

シュテーガーは最高の監督ってわけじゃないが、だからといって他に良い監督が来てくれるのか疑問
個人的にはクラブやスタッフとトラブル起こす監督には、たとえ有能でも来てほしくないとは思うよ

[ 2018/03/15 18:25 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンにやっぱり期待しちゃうところもあるんですが、
コロコロ監督変えるとミランみたいな落ち目のクラブって印象が付くのが怖いところですね。
とりあえずは残留を決めてくれたロイスの意見を尊重して欲しいですね。
[ 2018/03/15 21:15 ] [ 編集 ]
シュテーガーはポシュよりは良いと思うんですけどね。というかそこまで悪くはない。トゥヘルが引き継いだ時の前線のメンバーならもっと攻撃爆発してるでしょうしね。香川が戻ったら攻撃の中心としてやらせたら上手くいくはず。
[ 2018/03/15 21:19 ] [ 編集 ]
まー捉え方の違いですね。二連覇しポカも手に入れ、CLも準優勝、さぁ次のステップへ進むための補強なり改革なり、自身含めたスタッフの待遇をクラブに打診し、認めてもらうどころか主力売却をされれば辞表を出すでしょう。クロップ後の方針を見れば、クラブ首脳が(ビッククラブの道を望んでいない)のは明らか。
メディアにもサポにも人気があり、実力もあるドイツ人監督を解任したとなれば、叩かれますしね。旗頭フンメルス移籍と同じですよ。
[ 2018/03/16 01:56 ] [ 編集 ]
なんというか下らない批判過ぎて笑いますね
シュテーガーになってからリーガでは無敗なのに何を言っちゃってるんでしょうか?
シーズン途中での登板で屋台骨の香川が離脱してるのに上出来でしょう
ナーゲルスマンが何故か出てきますが、あんな選手を批判するような他所の若造なんて要らんですわ
ゲッツェやらシュルレ見たいなお荷物が居るのに頑張ってますからね
ELは勝てれば嬉しいですが、負けてもCL出場圏内に滑り込めば上出来でしょう
もう少しBVBの現状がどんなに悪いか考えてみたらどうですか?
[ 2018/03/16 05:38 ] [ 編集 ]
まー いい加減、ゲッツェ、シュルレ、トプラクを何とかしないとリーガでも負けるかもしれませんけどね
[ 2018/03/16 05:40 ] [ 編集 ]
ちなみに不当に批判される香川、ヴァイグル、パパ、ビュルキが居なくなったら終りだよ
BVBフロントが完全移籍で取るような即戦力が、代わりに来たら直ぐさま素晴らしい働きするとでも思ってるのか?
[ 2018/03/16 05:49 ] [ 編集 ]
03/16 05:49さんに同意
というかフロントやサポはドルトムントが欧州でどこに位置してると思ってるのか
いい加減タイトル狙える監督にするべきだと思うんだけど
このままじゃ中上位レベルか若手の監督で奇跡的に優勝するの待つかダラダラ若手育成転売してロイス香川ピスチェク達の引退待つかになりそうなんだけど
[ 2018/03/16 06:30 ] [ 編集 ]
05:49さん
思ってますよ。ドルトムントは素晴らしい選手が沢山居ますから。

クロップやザック、シュミットみたいな自分たちの形が有る監督。
トゥヘルやハリル、モウリーニョみたいな相手の弱点をついたり、相手にやりたい事をやらせない、リアクションサッカー。
好みは有ると思いますが、バイエルンがいることを考えてると、ドルトムントはリアクションサッカーを捨ててはいけないと思っています。
シュテガーは正直、自分たちの形も見えなければ、対策講じた感じもしません。
練習についての、選手からのコメントも全く入ってきませんよね。トゥヘルの時は代わって直ぐに、楽しいとか驚いたとか絶賛されてました。そして、クロップとほぼ同じメンバーで優れた成績を残し、沢山の若い選手の成長、香川の成長も見れました。
イサクとか全く成長を感じないし、トゥヘルの性格は問題だったとは思うけど、テデスコ就任後のシャルケ躍進とか見てると、最新データ活用監督が今後のサッカー界を変えることは間違い無いと思う。
[ 2018/03/16 07:39 ] [ 編集 ]
香川は引退の前に移籍すると思うけどね。ヴァイグル、パパ、ビュルキはどうかな?ゲッツェ縛りにうんざりしてそうだから
シュテーガーも延長はしないでしょうね。タイトル狙える監督きてくれると良いですね。
[ 2018/03/16 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。