ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「全然納得していない!」シュテーガー!マリオ・ゲッツェを批判!!《ドイツの反応》




ビルト】

彼にはまったく納得がいかない!

シュテーガー、マリオ・ゲッツェを批判!



entry_img_2203.jpeg



BVB騒動!

ドルトムントはヨーロッパリーグ、ザルツブルク戦で敗れ、リーグ敗退が決定したが、その後でシュテーガー監督はマリオ・ゲッツェを批判した。

この監督は、がっかりするパフォーマンスが下でマリオ・ゲッツェをハーフタイムに交代させていた。

スポンサーリンク




そして、彼はその後はっきりとこう語ったのだ。


“我々は、マリオにはまったく納得がいっていない。我々がやろうとしたことが、全くできていないのだから、他の選手にチャンスを与えなければいけない。”


シュテーガーは“スカイ・オーストリア”でこう語る。“我々がやりたかったのは、ちゃんとしたパスプレー、それから危険なポジションへと奥への走り込みだ。だけどそれが全く見られなかった。休憩中に何かを言うだけでは足りないよ。”


それに対して同じく休憩中に交代となったマルコ・ロイスには別な理由があるようだ。



“彼は内転筋に問題を抱えていた。”


彼らに変わってフィリップとイサークが出場し、いくらか勢いを与えることはできたものの、大部分においては、おとなしかった。


シュテーガーが批判したのはマリオ・ゲッツェだけではなく、チームの大部分だ。


“このままで何とかなると思っていたら勝てるわけもない。こんなにのろのろプレーしているんだから、チャンスがない事を不思議に思う必要なんて全くないよ。”


国際大会に敗退したことで、チームはこれからチャンピオンズリーグを目指してリーガに集中できる。


日曜日には昇格組のハノーファーと対戦する。





以上です。

管理人は昨日少し体調がよくなかったので、前半だけ見て早く寝ました・・・。

フランクフルト戦のメンバーだったら少しは良さそうな予感がしたんですが、プリシチは風邪をひいてしまったようですね。

さすがにゲッツェとロイスを下げたことには驚きましたが、ロイスは怪我ですか・・・。まあ予防措置であることを願っています・・。

ゲッツェに関しては、言われてもしょうがないようなプレーでしたね。何度もボールを取られてばかりいましたし、パスを出すタイミングもずいぶん遅かったです。

ザガドゥーとソクラティスのパスミスもひどい物でしたし、ビュルキがいなければ負けていたでしょう。





[ 2018/03/16 18:05 ] BVBシュテーガー | TB(-) | CM(48)
またスタメンで勝てず
放出すべし。

2016年に加入して以降、何一つ貢献していない。
名声による周りへの影響を考えても、チームにとって大損害を与えているのは明らか。
[ 2018/03/16 18:32 ] [ 編集 ]
フロントの圧力でゲッツェ使ってて不満感じてるんだろう
[ 2018/03/16 18:36 ] [ 編集 ]
シュールレとゲッツェ固定になってからこんな試合ばかり。酷いプレーだらけなのはこの試合だけに限らないし苦言を言うのが遅すぎる。もっと早く問題視して対策してればザルツブルクにはいくらなんでも普通に勝ててるよ。
[ 2018/03/16 18:36 ] [ 編集 ]
サッカーやってたのは、シュメレとピシュチェク、ビュルキだけ。
とにかく動き出しが全然ダメ。ヤル気がまったくなかった。勝ちたかったらシュートをガンガン打てる展開に持ち込まないといけなかったけど前半シュートはたった一本だけ。つか90分でエリアの中にまともなクロスすらほとんどなかったね。早起きして損したよ。
クラブはオフにスカッド見直すそうだけどヤル気のないのはどんどん切ってくれと言いたくなったな。
[ 2018/03/16 18:38 ] [ 編集 ]
今季ゲッツェさん

リーグ先発試合勝率 28.6%
(チーム全体勝率:46.1%)
CL先発試合勝率 0%
EL先発試合勝率 0%

トゥヘルに続いて、ようやくシュテーガーも気づいたでしょう…
昨シーズンの前半戦もそうでしたが、彼はチームメイトたちを不調へ落としていきます。
復帰したばかりのフレッシュなロイスでさえ数試合でもう疲弊しています。
そんな中で香川は本当に良くやってくれていますよ。結果も内容も残し続けているのだから。
リッケンも昨シーズンの後半戦は香川真司のおかげだとハッキリ語っていましたよね。
シュテーガーが彼に絶大な信頼を寄せるのも分かります。

来季は誰が監督になるか知りませんが、またブンデスを知らない監督を外から呼んで、半年間もゲッツェを使い続けるなんて愚行は絶対に避けなければなりませんね。


[ 2018/03/16 18:48 ] [ 編集 ]
抽選会でザルツブルクを引き当てラッキー、まず負けない相手と当たったなって楽観視してた頃が懐かしい
たしかに相手のが闘志があり思ったより良いチームだったってのもあるんでしょうけど
やっぱりつなぎのちょっとしたミスが目立ちますね、頼みのロイスの調子も前の試合に続いてイマイチで、また怪我と
うーんなんか平凡というか、言っちゃ悪いですけど普通の中堅チームに見えてきました、ハノーファー戦でなにか光明が見えたらいいですけど…。
[ 2018/03/16 19:08 ] [ 編集 ]
シュテーガーが求めるのは香川の代役だから、ゲッツェでなくとも難しいとは思うけど。いかに香川の仕事が大変だったかよく分かりますね。今のゲッツェに無理なのは明らか。
[ 2018/03/16 19:09 ] [ 編集 ]
批判するのは遅すぎた。
もうチームはぼろぼろ。やっぱりフロントからゲッツェ使えって言われてるのは本当なのかな。
[ 2018/03/16 19:10 ] [ 編集 ]
 ゲッツェは病から復帰して以来ずっと走れてない。私は復帰直後は持病だから仕方ないとも思っていたけれどそろそろ限界です。付け加えるとシュールレも不十分な量しか動けていません。
 夏にこの二人とBVBがお別れしても、私が彼らを惜しむことはないね。
[ 2018/03/16 19:37 ] [ 編集 ]
一部のプレーでパパとザガドゥは酷かったですが無失点ですしね
ビュルキのセーブも冴えてたのでトプラクが居ないとコーチングが上手く行くんでしょう
もっともRBは2失点しなければ良いって展開でしたから一概には言えませんがね
無駄にザガドゥの採点が高いのが気になりますが

香川が怪我で居ないのでELは負けるだろうって思ってたのでロイスが無事ならそれで良いって感じです
ELも無くなりましたし、リーガ2位を目指して頑張るしかないですね
ゲッツェやシュルレが役立たずってのが誰の目にも判る試合でしたが、ゲッツェを批判するとゲッツェやシュメ、シュルレ辺りが蠢動するかもしれないので、そこが暫くのポイントでしょう
[ 2018/03/16 19:54 ] [ 編集 ]
シュティーガーの反応には頷けるしシュティーガーがやろうとしてたプレーにも賛同します。

早めにバチュアイ選手に当てて走り込むテンポの速いサッカーを目指していたのではないでしょうか。
ちょうど香川選手がトップ下で出てた頃にワンタッチ・ツータッチの速いテンポでバチュアイ選手に当ててましたね。
バチュアイ選手もちょっと驚いた感じで反応が遅れ気味でした。
でもそのタイミングを逃すと相手のディフェンスが対応してしまい次が続かない。
繋がればサイドスペースへ叩いて自信も香川選手もゴール前に駆け上がるといった流れができますね。
相手ディフェンスもボールに行かない訳にもいかないし、走り込むバチュアイ・ 香川選手の対応もしなきゃならないその後ろからロイスも上がってくる、その上逆サイドも見なきゃいけないと大慌てになります。
サイドに開いたボールをシュメルツァーやピシチュク選手らが追い越す展開になれば更にビッグチャンスができますね。

ただ、ゲッツェ選手がもたもたしてバチュアイ選手に当てられないとなると一気にチームがギクシュクしちゃいます。
香川選手だといなしてやり直しが出来るのですがゲッツェ選手だと動きが遅くてそれも出来ない。ロイスはマンマークに合ってますしパスのしようがない。
相手もゲッツェ選手なら奪い易しとみてマークを開けてました。案の定、ゲッツェ選手にボールが入ると一気に詰めて奪いに掛かるといったザルツブルクの作戦のように思いました。
一気に詰めてこられるのでミスパスにロストが増えるといった悪循環に陥りました。それが今朝の試合の前半戦だったように思います。
[ 2018/03/16 20:04 ] [ 編集 ]
機動力が無さすぎて、一人だけ周りのスピードについて行けてないんですよね。
あれじゃ空気になるのは当然ですし、たまにボールを受けてもモタモタしてロストしているだけ。
もはや何が強みなのかサッパリ…です。
[ 2018/03/16 20:36 ] [ 編集 ]
ボスですらもっと観れるサッカーしてたよ
シュテーガー続投だけはやめてください
[ 2018/03/16 20:37 ] [ 編集 ]
昨シーズンのトゥヘルは2月からゲッツェをベンチ外にし(その後に休養宣言)、同ポジションに香川真司を復調させ、チームを上昇気流に乗せていった。

果たして、今のドルトムントにゲッツェを干せるかどうか。
[ 2018/03/16 20:47 ] [ 編集 ]
ゲッツェはバイエルン時代も、他のどの選手よりも人気が高くて歓声が凄かった云々というコメントを
先日の記事のコメ欄で見かけましたが
ドイツ人にとってそれ程特別な存在であるゲッツェをバイエルンが簡単にドルトムントに返した時点でお察しかと思います
以前の輝きが何かの切っ掛けで簡単に取り戻せるものなら、バイエルンはライバルチームに簡単に放出したりしませんよね
[ 2018/03/16 20:50 ] [ 編集 ]
いつも試合後に わりと早めに記事を更新して下さっていたので、あれ?と思っていました。管理人様 体調は大丈夫ですか?無理されないで下さいね。

シュテーガー監督は以前からゲッツェに満足してなかったのではないですかね。ケルン時代 選手にもサポーターにも人気があったみたいですし、たった1試合で公に批判するとは思えません。本当はプリシッチを使いたかったけど、体調不良で仕方なくといったところではないでしょうか。
しかし、香川選手も暫く復帰出来ないですし、ロイスもとなれば、タイトルなしのシーズンというだけではなく、リーグ順位も心配です。
[ 2018/03/16 20:50 ] [ 編集 ]
今後ゲッツェスタメン扱いはどうなるんでしょうね
とうとう地元紙にも特別扱いと言われてしまったし、フロントはどう対処するんでしょう
来季はW杯後なので代表絡みも無くなるから、誰が監督になってもメンバー刷新する様ですが、今のゲッツェを引き取ってくれるチームはないと思いますが、、、
[ 2018/03/16 20:59 ] [ 編集 ]
シュテーガーここ負けるまではまだ来期も監督の目わずかながらあったからね
負けたことで100%無くなったから言いたいこと言えるようになったんでしょ

フロントの圧力が本当にあるのかどうかは知らないけどゲッツェを使いながら復調待つのは今のドルの選手層やゲッツェのポテンシャルを考えたら
悪い手じゃなかったと思うが・・シュテーガーが望んでない起用をしてたならあんな出来じゃそりゃキレたくもなるよね

[ 2018/03/16 21:04 ] [ 編集 ]
空港やアリーナでの写真が自信マンマンの笑みだったので(外されてチームが勝利した後だったのに)出てくるだろうなあと思っていたらやっぱり。でもスタメン発表を見てみるのをやめました。
香川のファンだからでなく、本当に最近のドルは悲しくなるほど情けないのでみるのが辛いからです。
シュテーガーがここまではっきりと口に出して言ったのは、チーム内で明らかに彼の優遇に対して不満を持っている選手がかなりの数いるからなのではないでしょうか。ケルンでの言動から、自分を正当化するためだけにこういうことを言うキャラクターには思えないにですが、どうでしょう。
[ 2018/03/16 21:21 ] [ 編集 ]
ケルン時代からシュテーガーが選手を名指しで批判したのは聞いた事がないな
余程腹に据えかねたのでしょうかね 積もり積もったものがあったのかもしれないな
[ 2018/03/16 21:27 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、非常に厄介な選手ですね。バイエルンに移籍するまでは大好きでしたよ。
バイエルンがドルトムントに預けた?押し付けた?のも理解出来ます。普通はドイツ人であろうと、使えなければ出さなきゃあ良いだけの話なんですが、ドイツ人にとって彼はW杯の大ヒーロー。干したら干した方が批判され、メディアの嵩上げ評価の後押しと過保護擁護のサポーターに、彼を使いこなせない監督が悪く言われ、下手をすれば解雇の憂き目を見る。それならば使い続けて、成績が落ちればそれはそれで叩かれる。シュテも敗戦で延長の芽が消えたからタブーを犯したのかもしれません。
香川はトゥヘルに怒鳴られながら複数のポジションを(試合中消えていた、終わった選手と言われながら)こなしたのが生きています。ゲッツェの首に鈴を付けるのは誰なんでしょうね。
[ 2018/03/16 21:42 ] [ 編集 ]
よくフロントが「ゲッツェを使え」と圧力掛けてるって意見があがりますが…
すみません😅一番最初に書き込んだのは、たぶん私です。当時9月の代表招集発表が有り、ドルトムントから一人も選ばれず、その後ゲッツェの異様な重用が続いたので、そんな書き込みしてしまいました。勿論ボシュの時です。
シュテガーに代わり、香川が怪我離脱する迄にゲッツェはスタメンフルは一度もありません。スタメンすら僅か2試合で一番に交代でした。
結果、ゲッツェの重用はボシュの好みで、フロントは無関係だと思います。ヴァツケもゲッツェに対して冬前から、「そろそろ結果をださなければいけない」と、言ってましたし、ボシュは最初の成功体験から最初のスタメンに拘り続けただけなのかと、今になって思います。
ヴァツケさん、フロントさん要らぬ事を書き込んですみませんでした。
[ 2018/03/16 22:27 ] [ 編集 ]
この試合中の一幕。ドルトムントが自陣でフリーキックを獲得。この時、バチュアイは両腕を大きく広げて両翼を指し、鬼の形相でワイドに展開しろと。案の定、ソクラティスかな、中央に縦ポンしましたけど。シュールレ、ロイス、ゲッツェ、フィリップ、イサク、誰一人としてワイドの選手がいない。 みんな中央に集中し過ぎ。ワイドに展開したらしたでみんな同じところに流れて渋滞する。グロクロ、ペリシッチ、クバ、ワイド職人を全員放出してフォワード増やし過ぎ。ワイドからフィニッシュできる選手は多いけど、ワイドから組み立てられる選手がいない。
[ 2018/03/16 22:40 ] [ 編集 ]
確か今日はドイツ代表3月合宿メンバー発表でしたね。
ロイスはまた怪我とか…本当に運が有りませんね。今回も選外なら1年も呼ばれないで本戦発表になりますが…どうなるのでしょうか?
[ 2018/03/16 22:42 ] [ 編集 ]
体調悪い中、記事UPありがとうございます。
シュテーガーが特定の選手に苦言を呈したのはビックリしましたね。
そんなタイプの監督ではないのですが…
ゲッツェのインテンシティの低さが影響していたのも確かですが、それとは別にチーム全体も致命的な機能不全に陥ってましたね。
特に相手の2topがCB2枚にプレスしてるのに誰もビルドアップ助けに降りてこないのはちょっとどうなのかと。
これからはCL出場権確保に向けて必死になれる選手がどれだけいるのか、ハードワークも厭わず戦えるかが問題ですね。
[ 2018/03/16 22:56 ] [ 編集 ]
ついにシュテーガーも我慢の限界?
リーグ戦大丈夫かね・・・

しかし、怪我で選手軒並み使えず、使い詰め選手も疲れか調子下降気味。
現在、良いと思えるのがビュルキ、プリシッチ、トプラク、ダフードくらい。
イサク、ザガドゥらの若手は調子良さげも経験不足・・・
疲れ解消と向上でヴァイグル、フィリップ、ゲレイロ期待も苦しいね。

パパ、ゲッツェ、カストロは、どうにも上がり目が見えず困ったもんだ。
[ 2018/03/16 23:01 ] [ 編集 ]
不満を持っているのなら出場させなければいい
出場させたからには監督自身が責任を感じろ
[ 2018/03/16 23:20 ] [ 編集 ]
やる気の無い選手って誰の事ですか?
[ 2018/03/17 02:06 ] [ 編集 ]
誰かがナーゲルスマンを選手を批判するような他所の若造と言ってましたがシュテーガーもがっつり批判してますね。今回の試合のゲッツェに対する批判は当然ですが。
[ 2018/03/17 03:54 ] [ 編集 ]
確かに試合に入れていなかったですね。引かれた展開では相手を動かさなければ(2列目・サイドからのランニング、ダイアゴナルパス、サイドチェンジなど)いけませんが、それがあまりできていなかったように思います。
今回は崩しのキーマンであるゲッツェ選手に批判が集中していますが、そんな簡単な話ではないと思います。
[ 2018/03/17 05:53 ] [ 編集 ]
私は逆にシュテーガーの手腕に疑問を持ちはじめましたね
前半にザルツブルクのハイプレスをかいくぐる為の指示を何故出さなかったのか?

良い選手をフィットさせるのも監督の仕事ですし、選手批判は結構ですがゲッツェがスケープゴートにされてしまわないかと心配でもあります。

いい監督とは聞いていましたが、果たしてどうなんでしょう。
ここはドルトムントであって、ケルンではないのですから
[ 2018/03/17 07:29 ] [ 編集 ]
シュテーガーが特別有能な訳ではない、それは誰も分かってるでしょう。リーグ途中で引き受けてくれる監督がどれだけいるかって話。しかも怪我人が多く戦術を煮詰める時間もない。来季は多分違う監督が来るとは思うがちょっと同情するな。シュテーガーがゲッツェを使うのは香川の代役としては一番近いと思ったんだろう。しかし二人は似て非なるタイプだった。香川と比べられて余計ゲッツェの欠点が目立ったんだと思いますね。
[ 2018/03/17 08:38 ] [ 編集 ]
管理人さま体調が優れない中更新ありがとうございます。フロント監督選手何もかも噛み合わなくなってきたように思います。シュテーガーさんは人格者という触れ込みだったのでうわーと思いましたが腹に据えかねたのか言いたい事言ったんですかね。ロイスはこの使われ方ではそろそろ危ないと思っていたので驚きはしませんでしたが週末はどうなりますかね。
[ 2018/03/17 10:52 ] [ 編集 ]
強いチームを応援するならバイエルンでも応援しろ、ドルトムントにはドルトムントの魅力があるんだって僕言われたことがあるんだけど、
言った人にもう一度聞きたいです。
ザルツブルクに完敗する今のドルトムントってどこに魅力ある?
スタジアムがー歴史がーじゃなくて、サッカーチームとしての魅力という意味ですよ。
[ 2018/03/17 11:33 ] [ 編集 ]
ゲッツェ批判以前に監督の問題ですよ
ボシュよりはマシな交代に対策される前はまあ見てられていましたが流石に年明けから高対策もはまらず守備立て直ししたはずなのに3CBの練習をしていないとしか思えないほどのお粗末な失点とひどいですね
そりゃ選手にも見放されるに決まってます
今までリーグで無敗でいられたのは低迷するブンデスの中では選手のレベルが高めだったのとバチュアイロイスと日替わりヒーローがいたからですね
だからといってハードワークをいとわない姿勢も見受けられず打開のための選択肢も選手からは見られないのも問題ですね
[ 2018/03/17 11:46 ] [ 編集 ]
この試合のゲッツェのパフォーマンスはスケープゴートも何も批判されて当たり前じゃないかね。キッカー曰く、ラインどり、ポジショニング、ボールを深い位置に入れる、相手DFの裏を突く動きなど、監督の指示を無視してたんだしさ。戦術や選手のチョイスなど監督にも責任はあるが、怪我人が多くてフィリップやゲレイロは怪我明けで、プリまで風邪じゃ監督も持ち駒の中で何とかやりくりするしかない。しかもゲッツェはプロになって何年も経ってて10代の育成枠の若手じゃない。監督からの要求が高いのは当たり前だし、パフォーマンスが悪ければ代わりがいる世界。経験があってそこからくる自負もあるんだから、俺らの仕事と同じで自分で考えて仕事しないとさ。
まあ今までドイツのマスコミやファンはゲッツェのパフォーマンスが悪くてもゲッツェに甘くて、ゲッツェの尻拭いしてた他の選手達がスケープゴートになってたところもあったから、これで少しはそれが改善されるといいね。
[ 2018/03/17 12:10 ] [ 編集 ]
07:29 監督あーだこーだ言う前に選手の質が伴ってないですよ。フィットとかじゃなくで、戦術以前の問題だと思いますよ。バカみたいなパスミスやトロトロプレーする選手に監督はどうする事も出来ないですよ。そんなことは監督に言われるまでも自分達の質も問題なので。ここはドルトムントであってケルンではないって言われてますが、今のドルトムントはそんな事言える立ち位置ではありません。それは今シーズンの試合を見ればわかると思います。
[ 2018/03/17 13:32 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンは飛ぶ鳥を落とす勢いの時は自分はバイエルンやドルトムントの監督になっちゃうかもなーってイキってましたが、
チームが下降したら自分ではなく選手が悪いといった批判をしてたので、今回シュテーガーがゲッツェに向けた言葉とは全く違うでしょう
それにシュテーガーのは批判ですらないと思いますが
[ 2018/03/17 14:02 ] [ 編集 ]
>不満を持っているのなら出場させなければいい

実際、怪我や怪我明けでのコンデション不良の選手ばかりです。そしてプリシッチの体調不良にトプラクも怪我でしたから、ゲッツエがスタメンに不思議ではないでしょう。コンデション良い攻撃的選手はイサクだけでした。
[ 2018/03/17 15:34 ] [ 編集 ]
シュテーガーは香川と同じようにゲッツエにもプレイして欲しかったんでしょうが、無理ってわかってても
香川はチームプレイが出来る選手、ゲッツエにはそれは出来ないでしょうね。
[ 2018/03/17 20:40 ] [ 編集 ]
>一番最初に書き込んだのは・・・
こういう状態は気にしちゃうでしょうが・・・気にしないようにね。
ネット環境は好悪の印象が増強されやす過ぎて困る。
悪印象の方が広がりやすく、そのが多岐に渡る悪影響を起こしてる感じ。

ヴァツケやフロントは大丈夫だろうけど、今のBVBの状態は色々と楽観できない程に良くない・・・
とりあえず次を勝って少しは余裕ある調整期間が欲しいところ。
[ 2018/03/17 21:38 ] [ 編集 ]
>強いチームを応援するならバイエルンでも応援しろ、ドルトムントにはドルトムントの魅力があるんだって僕言われたことがあるんだけど、
言った人にもう一度聞きたいです。
ザルツブルクに完敗する今のドルトムントってどこに魅力ある?

すみません。言ったのはたぶん私です。そして、今のドルトムントに魅力は有りません。言ったのはずっと前の事だったと思いますが…

今日は香川の誕生日ですね。一年前のスコアブック見てました。2017年3月15日アウエーでカップ戦決勝対ロッテ戦。3-0完封勝利。ザルツブルクと同レベルかなと。
スタメン
       シュールレ
ゲレイロ プリシッチ 香川 デンベレ
シュメ バルトラ ギンター ピスチェク
       ビュルキ

交代は、アウト→ゲレイロ、プリシッチ、カストロ。イン→メリーノ、エルモア、イサクでした。

ローデ、ベンダー、ゲッツエ、ロイス、パパ、オバメアン、ヴァイグルは怪我。

メンバー見ても分かると思いますが、今とあまり変わりません。というか今の方が良いくらいです。それでも、ポカール優勝、CL圏は安泰だった。選手の質というよりも、私は普段の練習内容が違うのかとも思います。
ドルトムントにはそれなりに選手が居ます。まあ、バイエルンやレアル、バルサではないけど、確実に日々成長している選手達、特に若い選手が成長する姿が楽しみで、出来上がった選手を集めたクラブとは違う楽しみが有りますし、メガクラブへ移籍したらしたで、それも楽しみです。この前のデンベレのCLゴール嬉しかった。
今のドルトムントに魅力は有りません。監督のせいだと(シュテガーは大好きですが)思っています。

[ 2018/03/17 22:51 ] [ 編集 ]
先ほどに追加。
すみません。大切な事忘れてました。
昨年はCLベスト8。それも事件さえなければもっと上だったと思える内容でしたから。
[ 2018/03/17 23:00 ] [ 編集 ]
魅力を感じないなら見ない方が楽と思うので突っ込む気はなかったが・・・

>メンバー見ても分かると思いますが、今とあまり変わりません
いやいや大分違うでしょ。
各選手能力の単純足し算の総合力なら大差ないかもですが・・・

プリシッチ、香川は出れないし、ゲレイロ、カストロも同程度状態でもない。
これだけで大差ある気もするけど・・・
一番はCB二人の特徴的にビルドアップで困る気しないとこが違う。
サイドのデンベレを有効に使う展開がかなり期待できるでしょ、これなら。
同様展開を目論んでも、現状考慮して組んだら恐らくこないだと大差ない・・・

CBへのプレス強度の違いは相手覚えてないので言及できないが、ザルツブルグはそこ特徴っぽいので相手も大分違うんじゃないかな。
[ 2018/03/18 01:57 ] [ 編集 ]
魅了が無い一番は、選手の成長が見られないからですね。ザルツブルク戦だけではなく、最近の試合全体として停滞感が有ります。イサクはもう爆発してると予想してましたけど、1年経ってもそのまま。プリシッチやヴァイグルは成長よりも劣化。サンチョに期待も直ぐ怪我…
成長してるかな…唯一は香川が若い子を引っ張って、攻撃の牽引してた事位。コレも昔からやってましたが、攻撃を自分で考えてやってる感。(それが良い事かは疑問ですが)練習してない事はを、その場でやってる感は代表戦見てる感じ。
香川離脱しても、やはりグチグチ文句言いながら、全てドルトムントの試合スコアブック付けながら見てしまいます。来季の参考にもなりますし、もう3年間付けてますから日課?ですね。失笑
[ 2018/03/18 07:54 ] [ 編集 ]
ザルツブルグはロッテより強いと思いましたし、こちらも相手も戦術・選手が違うので比べられないと思います。でもあえてドルトムントについて言うならば、ロッテ戦のメンバーの方がこの試合のメンバーより質が良くコンディションも良かったです。ここまでのシーズンを通して比べてみても、今シーズンスカッドの質は昨シーズンより明らかに下がってます。香川、ゲレイロ、プリシッチとデンベレがいないだけでも大きく違います。攻撃陣はシュールレだけ同じで、あとはいつまでもコンディションが良くならないゲッツェ、怪我明けで本調子とはいえないロイスやフィリップ、新加入でフィットしきれていないバチュアイ、若手のイサクですので、かなり攻撃力が下がります。ギンターやバルトラはザガドゥやソクラテスより組み立てが出来ますし、シュメレ、ピシュ、ソクラテスやカストロは昨シーズンに比べて明らかに衰えてます。
そもそもシュテーガーの戦術に問題があると言う以前に、ゲッツェだけでなく数人の選手が戦術通りにプレーしてない(または出来ない)んですよね。明確な指示がないと攻撃を組み立てられないのもおかしいのでは?ボシュもシュテーガーも良い方向へ向かうようにと選手とよく話し合ってますよ。逐一指示が必要ならば、選手起用や戦術に文句を言わずにトゥヘルに黙って従っていた方が良かったでしょう。
[ 2018/03/18 20:08 ] [ 編集 ]
>魅了が無い一番は、選手の成長が見られないからですね。
そこは同意するけど、原因認識が多分反対なのだろうね。
自分はトゥヘルの時から活躍してるが成長が見られないと感じてたけど・・・
そちらは彼じゃなくなって見られなくなったと思ってるんだよね?

その場でやってる感はあるね、監督の意図はあれどって感じはするけど・・・
監督交代から色々あったとはいえ、その場感が長すぎる感じだね。
まあ結果良くないし色々手腕に否定的になって文句言い続けるのは判る。

とはいえ、現状と以前の状況を比較して同一視はね・・・
[ 2018/03/18 20:21 ] [ 編集 ]
すみません。追加です
>強いチームを応援するならバイエルンでも応援しろ、ドルトムントにはドルトムントの魅力がある

ちなみにこれは、クロップが言った言葉です。勿論もっとマイルドな言葉ですが…
私はそれを聞いて、ドルトムントの魅力が何なのかに興味が湧き、雑誌等を買ってドルトムント事を調べだして本当のドルトムントファン(香川だけで無いという意味)になりました。
[ 2018/03/19 13:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。