ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲッツェ「欠点を指摘してくれてありがたい!」シュテーガーの批判に応える!《ドイツの反応》




ビルト】



ゲッツェ、シュテーガーの批判に応える!



entry_img_2205.jpeg


ザルツブルクに対し0:0と引き分け、ヨーロッパリーグ敗退が決まったドルトムントだが、その批判の真ん中に立たされたのが、マリオ・ゲッツェだ。



スポンサーリンク




ドルトムントの監督シュテーガーはこのワールドカップ優勝者をハーフタイムで下げ、その後彼にきつい言葉を投げかけていた。“マリオ・ゲッツェのパフォーマンスには満足していない。我々が見たかったのは、きちんとしたパスプレー、危険なポジション、そして裏への動きだ。しかしこれらは全く見られなかった。”



この批判に対して、マリオ・ゲッツェはスポーツビルトで以下のように語った。



監督が僕の欠点を指摘してくれたありがたい。これから力いっぱいそれに取り組むつもりだ。”



それを聞いたシュテーガーは、“良いね”と答えた。


ゲッツェは予想に反して代表に選ばれなかったが、ザルツブルクでのプレーは他のチームメート同様に酷いものだった(ビルト採点6)。試合にはレーヴ代表監督とシュナイダー助監督も訪れていた。



ここ最近のドルトムントのプレーにはがっかりさせられるばかりだ。


ゲッツェ:“もしかしたらBVBが見せているプレーがそもそもレベルに値するのか自分達に問いかけなければならない。みんなで良い方向に向かうように、どうのようにして変えていけばよいのか話し合わないといけないと思う。”







以上です。

ゲッツェが批判に対して早速応じたようです。

実際ドイツではシュテーガーのゲッツェ批判はかなり大きく取り上げられたのですが、シュテーガーは今日の記者会見では、「ロイスとゲッツェの途中交代の理由を聞かれたからそれに答えただけだ。パフォーマンスに満足していないのはゲッツェ意外にも何人もいる。」と答えてましたね。

ドルトムントはとにかく怪我人が多いので、出れる状態にある選手に頑張ってもらうしかありませんね。



[ 2018/03/17 12:46 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(6)
ゲッツェは自分の見せ方がうまい
実行にうつせるといいですね
[ 2018/03/17 14:07 ] [ 編集 ]
指摘というかこういうやりとりが今更すぎる。
バイエルンで上手くいかなかった時、ドルトムントに帰ってきてから、もう何年この調子なのか…。

前回のW杯終わってからだと4年近くですか。
数億の給料受け取ってるのに病気を言い訳にしてますし、厳しい言い方ですがクラブは契約延長しないでしょうね

香川との美しいワンツーからゴールが生まれたあの彼はもういない。残念だ。
[ 2018/03/17 14:42 ] [ 編集 ]
> ゲッツェは予想に反して代表に選ばれなかったが

ええ…ビルトの記者はゲッツェが選ばれるとでも思ってたのか
なんかほんとゲッツェは特別な存在なんですね
[ 2018/03/17 14:47 ] [ 編集 ]
ゲッツェの最後の言葉をみるに反省はしてないようですね。フランクフルト戦は早さもリズムも取り戻しつつある中で、劇的な勝利を上げ良い状態でザルツブルク戦に向かうことができたので期待してましたが、結果をみて腹立たしく、大いに失望しました。
主語が違うでしょう、BVBがではなく『ゲッツェが見せているプレーがそもそもレベルに値するのか自分に問いかけなければならない。』
のですよ。
[ 2018/03/17 14:48 ] [ 編集 ]
記事翻訳ありがとうございます!

自分達の立場を振り返って理解しようとするのはいい事だと思います。
その考えになるの少し遅いかなとも思いましたが、これを機にチームも変わって欲しいです。
香川選手にも早く復帰して欲しい。彼はいち早くチームに危機感抱いて献身的に頑張ってチームを牽引していたので。
そういう選手は1人でも多い方がいいです。
[ 2018/03/17 15:42 ] [ 編集 ]
この発言ですと、ゲッツェは言われた通りの働きが出来ないという事で良いんでしょうか?
出来るけど戦術を無視してやらなかった訳では無いんですね?
ドイツ100年に一人の天才でも出来ないことがあるんですね
まだ監督がボシュだった頃、日本のドルトムントファンの方が
「香川よりゲッツェの方が賢いからチームメイトはやりやすいしチームも機能する」
「チームの為に動けるゲッツェの方が香川より優遇されて当然」と言ってたんですが...
[ 2018/03/17 15:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。