ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント、ギンター!イタリアのユベントスが獲得に興味か!?《ドイツの反応》




ビルト】



代表選手、イタリアへ?

ユヴェントゥス、ギンターを熱望!

entry_img_2207.jpeg


グラートバッハからは、次の代表戦にマティアス・ギンターとラース・シュティンドゥルが選ばれた。

しかし、今シーズン全試合にフル出場しているギンターは代表監督だけでなく、他の目にも留まったようである。



スポンサーリンク


ビルトの情報によると、ユベントスがここ数週間にわたってギンターに注目しているとのことだ。ホッフェンハイム戦でもスカウトが二人観戦に来ていた。


その背景にあるのは、ユーヴェのディフェンダーが年を取っていることだ。力強いセンターバックの補強は最優先だ。


しかし現時点で正式なオファーはグラートバッハには届いていない。

それでもギンターはユベントス獲得リストの最上位に位置するとされている。





以上です。

ギンターはグラートバッハに移籍して正解でしたね。

できれば彼をドルトムントで開花させてほしかった・・。本当に残念です。でも彼がうまく行っているのは嬉しいニュースですね。

今回もドイツ代表に選ばれていますし、右サイドができる事も証明していますので、ワールドカップの最終選考にも残るかもしれないですね。





[ 2018/03/18 19:38 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(6)
へー、知らんかった
ギンター好きだからユベントスに来てくれるなら嬉しい
[ 2018/03/18 20:04 ] [ 編集 ]
うーん、右サイドバックはピシュチュクですが明らかにパフォーマンスは下がってきていて重要な試合でイージーなミスが目立つ(モナコ戦なんかは悪いがピシュチュクのミスで2点ビハインドから始まったと思ってる。)
ギンターの右サイドバックは15/16シーズンのトゥヘル初年度で才能が開花したと思いました。彼は意外に上がるタイミングやクロスがいいんですよね。彼の恩恵を受けていたのが香川です。
香川のファーへのフィードにギンターの飛び出しからクロス、オーバメヤンのゴールが定番化していました。
ギンターもアシスト王を争う勢いでした。
まあしかし半年でトゥヘルのいじり癖が始まり終わりましたけどね。
今でもピシュチュクよりギンターだと思います。
[ 2018/03/18 20:08 ] [ 編集 ]
彼をドルトムントに残せなかったのはひっじょうに残念でした。まあでもそういう誠実とか愛情とかは程遠いクラブなので仕方ないですよね...
[ 2018/03/18 22:19 ] [ 編集 ]
ギンターできればBVBで活躍して欲しかったですね。
でも使われ方的にも状況的にも難しかったと思う。
結局、移籍して安定した環境あっての今でしょうから複雑です。

現状のBVBだとダフード、アカンジに安定した環境を与えたいところ。
ヴァイグルとプリシッチもだけど今は状況が向いてはいないかな。
今は僅かな機会で足りない部分を経験し、方向性を見定めて欲しいところ。
二人にも安定出場して欲しいが当面はね・・・
[ 2018/03/19 00:42 ] [ 編集 ]
ギンターの夢「センターバックとして活躍したい。代表に選ばれたい。」が叶って嬉しいです。
ギンター本人がセンターバック希望だったし、ドルトムントでは、フンメルス、パパには勝てず、フンメルス移籍後はバルトラと争って負けたので、ドルトムントに残せなかったのは仕方ないよ。控えでは成長できない。
トゥヘルは手薄なピスチェクの後釜としてギンターを右サイドとして使い続けて結果も出してたけど、CBが本人の夢だからね。ちなみに移籍前は結構CBとしても使ってたよ。遺留させたかったのは間違いないけど、不動のスタメンには一寸ね…
[ 2018/03/19 12:25 ] [ 編集 ]
ギンターはオリンピックでもコンフェデでもCBで活躍してメダルとってましたね。レーブにも信頼されて本当に素晴らしい選手です。
クラブにはシュティンドルもいるからW杯代表でもやりやすいでしょう。
守備で定評のあるユーベから声がかかったら嬉しいでしょうが、それだけスタメン争いが大変そうです。どちらにせよ好きなようにこのまま頑張って欲しいですね。
[ 2018/03/23 00:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。