ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB!ゲッツェ先発で勝利もドイツ紙は「奇妙なことにたった5勝しかしてない。」《ドイツの反応》

【ビルト】


バチュアイ、ハノーファーを踵蹴り!



entry_img_2208.jpeg



ドルトムントがリーガでまたも勝った。

ハノーファーに対して1:0。これで12試合負けなしだ。

これで3位をしっかりキープした。それでもザルツブルク戦の後遺症は随所に見られた。
スポンサーリンク


ドルトムントは、シュテーガーの批判にかかわらず、ゲッツェをスタメンで起用した。しかし彼がプレーしたのは香川、ロイス、ヤルモレンコ、ローデが負傷しているからだ。


奇妙なことに:ゲッツェが先発した試合ではリーガ15試合で5勝しかしていないのだ…。


バチュアイはこれとは全く違う。このオバの後継者は意のままにプレーしている。シュルレのコーナーから踵でゴールするというトリックプレーを見せたのだ。

バチュアイ、ハノーファーを踵蹴り!


バチュアイ:"絶対に3ポイントが欲しかった。ハノーファーがスペースを消してくるのは分かっていた。だからフォワードにふさわしい走り込みをしてゴールしたんだ。"

彼はすでに開始直後にポスト直撃のシュートを放っていた。


バチュアイはリーガ7試合で6ゴールだ。そしてそれは常にBVBの最初の得点だ。


シュルレもここ7試合で5スコアポイントを獲得する強さをみせており、アシストも素晴らしかった。


ダフードのミドルは何度も外れ、フィリップのシュートはポスト直撃に終わった。


ハノーファーは前半戦で2ゴールを挙げたべボウが欠場し、さらにハルニクも熱で欠場となった。40分にはシュヴェグラーが素晴らしいボレーを見せるもビュルキに封じられている。


これでハノーファーは4連敗となっている。








以上です。


管理人は出張中で出先からの更新となります。試合は見れませんでしたが、勝って良かったです。

しかしビルトのゲッツェに対する扱いはこれまでと大きく変わりましたね。


ゲッツェをスターにしたかったんでしょうが、それが無理そうなので一気に叩く方向に変わりましたね。

数週間前まではゲッツェとロイス、プリシチはチームのリーダーとしていました。

[ 2018/03/19 06:59 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(38)
今まで持ち上げられすぎやで、というレベルで採点がふざけてましたけど
なんかようやく事実が語られるようになりましたね
ドイツのマスコミの温度が変わってきたのは
ドイツ協会内でもワールドカップに向けて選手が固まってきたんでしょうね

日本ではゲッツェスタメンを見た瞬間、あ―ヤバいと思ってた人は多い
[ 2018/03/19 07:16 ] [ 編集 ]
違いを見せられないゲッツェ
今回の相手は前からプレスには来ず、最初から後ろに引いて守っていた為、必然的にドルトムントが押し込む展開となりました。
しかし、あれだけポゼッションしても(させられても)相手を崩す事はできず、CKからバチュアイのスーパーゴールのみ。
やはりバチュアイを除く、前線の選手の不甲斐なさが際立ちました。

インターナショナルウィークが終われば、シュールレはロイスに、ゲッツェは香川に変わるでしょう。
ヴァイグルとゲレイロもスタメン復帰し、ラストスパートをかけたいですね。
[ 2018/03/19 07:21 ] [ 編集 ]
あれだけシュート打てるなら前のゲームでやってもらいたかった。つか前のゲームで半ば手を抜いたようなことするからシュート何本打っても決まらなかったな。ゴールに嫌われた。打てるの打たないと個人でもチームでもこういうことはよくあるな。バチュアイのいいゴールもかすんだ。
休み明け4月からはバイエルン戦はじめ2位争いのクラブと2つやる。1つはダービー。ちょっと締め直してもらいたいです。
[ 2018/03/19 07:23 ] [ 編集 ]
実際試合見ててもゲッツェは居ても居なくても同じような試合でしたからね
むしろFWのはずのバチュアイの方が攻撃に守備に走り回って、ゲッツェは前に張り付いたままという謎ポジショニングで、一体誰がFWなんだろうと思ってしまった
今回ゲッツェを先発させたのは怪我人だらけで人が居ないのもあるんでしょうが、もしかしたら最終試験かな?と思ったり

ダフードは最近好調でこの試合も良かった
フィリプは怪我前以上にシュートシーン以外は何処に居るんだろうって状態でしたが
シュメは相変わらず左サイド抜かれすぎで無得点で終わったのは相手のおかげだけど、何処行くかわからないシュルレのフォローしなきゃいけないせいもあるんだろうなぁ

[ 2018/03/19 07:25 ] [ 編集 ]
記事翻訳ありがとうございます。
バチュアイが闘志みなぎる感じで頼もしかったです。
やっぱり今のドルにはチームの為に必死になれる選手が必要なんだなと実感しましたね。
ゲッツェは前で裏抜けだけやれと言われてる様なプレーしてました。
守備も全然出来なくなっていてこういう使い方しかないのかもと少し悲しかったです。
次戦のバイエルン戦は必ず香川に復帰して貰いたいと心の底から思いました。
[ 2018/03/19 08:03 ] [ 編集 ]
終始消えっぱなしで、存在感が全くないですよね…
裏へ飛び出そうと努力しているのは伝わったけど、身体もクオリティーも追いついていないので、痛々しく感じます。
[ 2018/03/19 08:20 ] [ 編集 ]
ビルトのゲッツェの扱いが変わったのは、ドイツ代表から漏れたからではないでしょうか。これまで一般層の関心は「ゲッツェがW杯に間に合うか」だったから、ビルトもヨイショしていた。しかしここでドルトムントからA代表が一人も招集されなかった。しかもロイスの代表漏れについてはレーヴ監督からフィットネスが戻れば縁があると言及があったのに、ゲッツェについては落として当たり前ともとれる無言の招集外。そこで扱いがヨイショからバッシングOKになったのだと思います。


[ 2018/03/19 08:31 ] [ 編集 ]
内容は良くなかったと思いますが、とりあえず勝てて、3位キープできて良かったです。

ロイスの怪我は軽いみたいですが、香川選手も最初は軽いと報道されていたのに
結構重症みたいで心配です。

後半、ゲレイロが見たかったです。
[ 2018/03/19 08:49 ] [ 編集 ]
この試合のダフードをみてミドル外したとしか言えない記者は見る目ないからやめたほうが。
カストロ、シャヒンより明らかに序列はあげるべきプレイでした。
momだと思う。
[ 2018/03/19 08:54 ] [ 編集 ]
 代表チームが最も重視されるドイツサッカー界では、代表選考から外れれば庇護対象でなくなるって感じかな。
 彼が選考から除外されたおかげでBVB経営陣も協会の顔色を伺わずに彼の処遇を考える事が出来るかもしれない。
[ 2018/03/19 09:26 ] [ 編集 ]
ここまで手のひらくるりんぱされるとゲッツェ可哀想だわ
[ 2018/03/19 09:32 ] [ 編集 ]
やっとですか。ビルトは今シーズンゲッツェに大甘採点して持ち上げてましたよね。親が地元の名士、ユース出身、W杯のヒーローと特別扱いしたいのはわかりますが、ドルトムントに復帰してからゲッツェが良かったのはせいぜい3、4試合ですよ。スタメン時の勝率が悪いのに気付くのも遅すぎでしょ。レーヴの御前試合でシュテーガーから批判されレーヴからも梯子を外されて、ゲッツェ、ゲッツェを擁護してきたフロント、そしてマスコミにもいい薬になったんじゃないですか。
[ 2018/03/19 09:37 ] [ 編集 ]
なんかどこも大衆紙は一緒なのですね。
上げたり下げたりすることで商売が成り立っている。スター選手はだからこそ、メディア対策は肝要ですね。ゲッツエを持ち上げたかった後ろ盾がもう見切った結果、メディアも追随してるのかな。選手はプレーに真摯に精進。周りはそれを理論武装。今は選手も周囲もプロフェッショナルではじめて、生き残っていける厳しい世界だと思います。
[ 2018/03/19 11:48 ] [ 編集 ]
気づくのが遅いのか後で叩くために温存していたのか
[ 2018/03/19 11:54 ] [ 編集 ]
ドイツ代表の選考から落ちたからだろうなあ
ドイツは有望な選手が沢山いるし、もうゲッツェをスターにするのは諦めたのかもね
ロイスもいい選手だけど脆すぎて期待できないし
[ 2018/03/19 12:33 ] [ 編集 ]
何故ローデの名前が、と思いきや、ゲッツェやプリシッチがリーダー格とは…ロイスは怪我がなければ、チームを引っ張るだけの力はありますが、他の2人は、役者不足でしょう。試合を見ないで移籍金の規模だけでチームや選手名を出して、記事を書いてるのでしょうか。
[ 2018/03/19 13:28 ] [ 編集 ]
ビルトって本当にいい加減な新聞ですね
世論操作でもしたいんですかね?持ち上げるくせにポイ捨てとかゲッツェがかわいそうだと思いますが
[ 2018/03/19 14:19 ] [ 編集 ]
またすぐに神のように持ち上げるでしょうね。
彼は頭一つ抜けてるかのような高い質はあるのに、それを活かせないチームや戦術や起用法にも問題あると思いますがね。
[ 2018/03/19 15:38 ] [ 編集 ]
15:38 ゲッツェは狭い分野に関しては確かに質は高いと思いますけど、現代サッカーに於いてそれだけでは難しいんですよ。ユーティリティ性やプレーの幅が狭いんだと思います。それを活かす為に他を犠牲にして歪みが出てはチームとして意味がないと思います。香川はこのプレーの幅をどんどん広げていったから今の活躍があるんだと思います。今のサッカーでメッシやクリロナ以外で守備しない前線はありません。メッシやクリロナでも必要とあれば守備してます。当り前のタスクをこなして尚も結果を出さないと使いにくいのは当然だと思います。そのタスクをこなせてないのが今のゲッツェです。
[ 2018/03/19 17:13 ] [ 編集 ]
>彼は頭一つ抜けてるかのような高い質はあるのに、それを活かせないチームや戦術や起用法にも問題あると思いますがね。

シュテーガーが名指しで批判したのは指導に従わないからじゃないですか。それでは活かそうにも活かしようがありませんよ。ペップやトゥヘルに早々と見限られたのには病気以外にも理由があるということでしょう。
[ 2018/03/19 17:36 ] [ 編集 ]
ゲッツェやシュルレが良かった事なんてここ数年無いでしょ
先のW杯でも言うほど良くなかったし、随分前のプレーとドイツ人である事でしか評価されてないじゃないですか
それとシュテーガー叩いてナーゲルスマンでも押したいという考えが見え透いていて、本当に気持ちが悪いですね
[ 2018/03/19 17:58 ] [ 編集 ]
批判の件で注目度も高いのでゲッツェは仕方ないでしょうね。
期待は失望に代わりやすく煽りネタとしては最高ですから・・・

なんだか日本での香川の扱いと似てる気がして心配ですね。
香川は既に日本では煽りが定番、逆効果な反応が多くメディアが味占めた感じ。
陰湿傾向で煽られ易い国民性があるからでしょうが・・・

地味に良いシュールレは、意外とスコアポイント稼いで貢献度高いですね。
でもメディアの注目度も地味。日本じゃ批判対象って・・・
[ 2018/03/19 18:16 ] [ 編集 ]
ゲッツェ質を活かせないのは戦術や起用法のせい?なんだそりゃ笑
自分が得意と豪語するトップ下やIHでこれだけ使われてるのにまともに繋ぎすらしない、守備できない、一応タラタラ走って11km走る時もあるけどスプリントしない、サイドに勝手に流れていく、こんなことをしてるのは戦術のせいですか?どの監督もこの悪いパフォーマンスなのにむしろ頑張って優遇してますけども笑
[ 2018/03/19 18:22 ] [ 編集 ]
ゲッツェも被害者なんだと思いたい
余りにも名前が独り歩きをしてしまい偉大な過去の自分と戦わなければならないもどかしさは感じているでしょうね。
ただ、香川と違うところは言い訳がましく今の自分を受け入れられないところだと思います。さすがにBVB復帰後、病気と怪我の影響はあるかも知れませんが、ピッチに立つ以上は少しでも周りに納得と期待を抱かせるだけのプレーは見せて欲しいですね。
少なからず香川はいいプレーを見せています。
ましてや、香川も守備が嫌いだ等とコメントせずに香川と共に輝く姿をイメージしてトレーニングに励んで欲しいものです。人気は絶大なので彼の復調は望まれるところでしょう。
[ 2018/03/19 18:49 ] [ 編集 ]
ゲッツェに出来ることだけ指示した感じですかね。それでも、前半は裏ぬけ自体少なくて、すぐにサイドに移動する悪い癖が出てました。バチュアイは、前線と中盤とのつなぎ役を手伝って、前でポストプレーもしてと、二役くらい頑張っていましたね。得点で報われて本当に良かったです。十分なチャンス貰えなくて、なかなかコンディションが上がらないカストロが不憫ですね。
[ 2018/03/19 19:33 ] [ 編集 ]
レーヴの目の前であの出来だといくらレーヴにゲッツェ愛があったとしても他の選手の手前呼べないかと。シュテーガーだってそうだと思う。デブライネまでとは言わなくても守備的攻撃的な特徴はあっても不得意な方のクオリティも上げて何でもできる選手になれないと今のサッカーからは取り残されると思う。もちろん香川にも言える事だから守備も一所懸命取り組んでるんだと思う。誰かありきの戦術はそれこそメッシクリロナ級でしかないかな。ゲッツェもここで這い上がれればみんなの待ち望んでた以上のゲッツェになれる。
[ 2018/03/19 21:09 ] [ 編集 ]
>彼は頭一つ抜けてるかのような高い質はある

ゲッツェは少し時代に取り残された感がある。今時、トップ下をフラフラしてチャンスメークをするだけの10番って殆どいない。現代サッカーにおいて、攻撃の主導権を握るのは2タイプ。

一つは自ら仕掛けてチャンスメークするタイプで、ほとんどがワイドに配置される。個の能力は高いけど守備力やバランス、テンポといった中盤適性が低い選手がこの起用法になってる。ネイマール、アザール、デンベレなんかが良い例。プレースタイルゆえロストも多いから、1対1になりやすいワイドに置いて、強いサイドバックに介護させる事で良さを活かしつつ、リスクを抑える。

二つ目は中盤適性があるタイプでこっちはIHやボランチを兼務する事が多い。デブライネ、チアゴ、コウチーニョ、香川がこのタイプ。彼らは1対1の仕掛けに頼らず、パスの精度や広い視野、インテリジェンスを駆使して攻撃のタクトを振るう。そして守備やポゼッションなどの中盤の仕事もこなす。こっちは元々リスクが低い選手が配置されるポジション。

ゲッツェはどっちにも該当しないから使い方が難しい。中盤適性がないからトップ下に置くと中盤が纏まらなくなる。かと言ってワイド張らせると1対1で勝てないから詰む。となると守備的なボランチ2枚置いて介護しないといけない。使いどころが難しい。香川も昔はこのタイプだったけど、ユナイテッドやトゥヘルのIH起用を経て進化したから今のオールラウンダー香川がいる。ゲッツェはドルトムント復帰までそういうプロセスが無かったから未だに偏った特性になってる。
[ 2018/03/20 02:01 ] [ 編集 ]
お国は違えど、何処のタブロイドも一喜一憂、朝令暮改、付和雷同ですね。
ゲッツェが批判されていますが、今のドルトムントはゲッツェ一人で
試合が勝ったり負けたりするようなそんなチーム状況では無いと思います。
同じように香川一人ですべてが上手く行く訳でも無いと思います。個人的にはどんどん活躍して欲しいですが…

ゲッツェは若くしてドイツ代表、しかもW杯の決勝の大舞台で活躍して賞賛を得ましたが、その後の不遇は周知の通りです。
クロップだけではありませんが、ゲッツェの才能を高く評価している方はたくさんいます。
ゲッツェのプレーを見ている方なら分かると思いますが、実際、その才能の片鱗を冴えあるプレーを見せてきました。
ゲッツェはまだ25歳ですし、これから先良いチーム良い指導者と巡り会って、また活躍してくれる事を期待したいです。
[ 2018/03/20 02:45 ] [ 編集 ]
1人の選手のせいで勝ち負け全てが左右される訳でないと思いますが、今回何が何でも勝ちたかったと言ってたバチュアイ、泥臭くても得点を取ると言って実証示した香川など1人の選手の決意でチームを引っ張って行く事は出来るんですよね。
今のドルトムントに足りない物の一つはそこだと思います。
[ 2018/03/20 06:28 ] [ 編集 ]
>03/20 02:01
以前をあまり知らないので不思議でしたが、その説明はしっくりきますね。

ゲッツェは香川と違って前者のワイド型の方が向いてる気がするね。
まあ現状足りてない感じなので、中央ポジだがサイドに寄って数押し裏取りかな。

中央がかなり空くので、前寄りなダフードとカストロ併用でバランス取り・・・
中盤が脆くなるけど、前寄りで苦しいヴァイグルは出しにくい。
サイド裏も弱くなり、カバー範囲広くないパパも使い辛い。
って感じですかね?
[ 2018/03/20 07:11 ] [ 編集 ]
02:01さんに同意
だだ、香川も昔はこのタイプってところは半分同意。香川はゴール前のアジリティや、とびだし力が秀でてたから、今のゲッツェと同じとは…日本だとゲッツェは清武かなぁ。ゲッツェも下位クラブなら、また活躍できると思う。
[ 2018/03/20 08:42 ] [ 編集 ]
かってるうちに修正したいですね
[ 2018/03/20 09:31 ] [ 編集 ]
病気のことは同情するが、みんな試合に勝ちたいたいんだ。頼むからベストメンバーでスタメン組んでくれ。このチームは優勝できる力があるのに自分達で制約ばかり設けるから見ていて本当に歯がゆい!
[ 2018/03/20 13:26 ] [ 編集 ]
スコアポイントだけ見てりゃ前年のカストロやプリシッチ、今年ならシュルレ、トプラク、ゲッツェが高い値貰ってますしね
失点が増えたり、得点力が減ってるにも拘らず評価される攻撃位置の選手と守備位置の選手というアンバランスさが笑えます
この試合も得点決めたバチュアイよりシュルレの方が評価高いんですよね
チームの勝利に貢献するプレーじゃなく個人プレーの極地なんでしょうが
[ 2018/03/20 17:29 ] [ 編集 ]
13:26さん
貴方のベスメンは誰たちですか?制約かけてるってどうして思うのかなぁ。
今は怪我人と怪我明けしか居ないよ。ケレイロやロイスは無理させて再離脱したんだけど…
[ 2018/03/20 17:46 ] [ 編集 ]
初めてコメントさせていただきますが、みなさんコメントが長過ぎて管理人さんの承認が大変じゃないか心配です。
[ 2018/03/20 18:13 ] [ 編集 ]
>17:29さん
>スコアポイントだけ見てりゃ前年のカストロやプリシッチ、今年ならシュルレ、トプラク、ゲッツェが高い値貰ってますしね

スコアポイントと言うのは得点とアシストの合計のことですよ。
[ 2018/03/22 10:25 ] [ 編集 ]
ゲッツェはクロップも真ん中試したけど諦めた
一番最適なのはゴールに近く一瞬の判断できるところ。
だから1.5列目よりのサイド。ここ!
[ 2018/03/22 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。