ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「BVBにはパーソナリティーが欠けている」元バイエルン、シャビ・アロンゾがドルトムント批判《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ】


元バイエルン、アロンゾがボルシア・ドルトムントを批判!

BVBにはパーソナリティーが欠けている。


entry_img_2210.jpeg


基本的に、シャビ・アロンゾにも責任はある。FCバイエルンがブンデスリーガで一強となってしまった事だ。

そのようにして彼のキャリア終盤は少々退屈なものになってしまったが、彼はそれを残念に思っている。

スポンサーリンク


“ドルトムントは何年も良くやっているよ。でも穴を小さくするのではなく、ここの所逆に大きくしてしまっているね。”とアロンゾは語っている。

BVBはドイツ国内の大会では大きな意味を持つチームだ。現在は3位に着けているにも関わらず、トップとの差はあまりにも大きすぎる。


“これはリーガにとっては良くない事だね。”とアロンゾは語る。


“緊張感が必要だし、バイエルンも対戦相手が必要だ。” “対戦相手が、BVB、シャルケ、ライプツィヒのどこになるかは問題ではないよ。”


いずれにせよスペイン代表として114回プレーした彼は、ドルトムントのせいだけとは考えてはいないようだ。


またアロンゾは以下のようにも述べている。

“ドルトムントには良い選手や、多くの才能が攻撃陣に揃っている。だけど彼らにかけているのはパーソナリティーとリーダーだ。最終的にはいつもこれらのミックスが必要となる。もしドルトムントがこれに成功すれば、またバイエルンに近づくのではないかな。”


ドルトムントの会長は、過去にアロンゾのようなタイプがBVBに望ましいと発言していた。

“それは僕も聞いたよ。うれしい褒め言葉だね。BVBとはレアルでもバイエルンでも良い対決を経験している。今でもこのクラブを尊敬しているんだ。”







以上です。


アロンゾの指摘する通りですね。

ケヴィン、クバ、ズボティチ、ベンダー、フンメルス・・。この辺がいなくなってしまったのは本当に残念です。

特に最初の3人は、トゥヘルによって構想外となった事は明らかでしょう。

もちろんプレーの内容も大事ですが、ケ―ルのようにプレー時間は減っても存在感は減らなかった選手もいるわけですし、うまくやって欲しかったですね。



[ 2018/03/22 08:10 ] バイエルン | TB(-) | CM(32)
翻訳ありがとうございます!
昔はクロップによるゲーゲンプレスで世界を席巻しケールと言う偉大なキャプテンの元で全員が団結してるチームでしたが、今は真逆ですよね。ピッチ上で纏めれる絶対的リーダー不在の上に"闘える"選手も少ない。
これは監督や選手を入れ替えたって簡単に解決出来る問題ではないと思います…。
[ 2018/03/22 08:36 ] [ 編集 ]
トゥヘルがクロップ色を排除したかったように見えます。

ケヴィン・クバ・ズボなどBVBのシンボルのような選手が減っていき寂しいですね。
シャルケとのダービーもただの一試合でダービー熱が冷めていくんではないかな。
[ 2018/03/22 08:56 ] [ 編集 ]
2連覇した時はこれからドルとバイヤンの2強時代に突入するかと期待してたんですけどね…
ブンデスに限らないですが1強リーグは少し退屈なものがあります
まあレアルかバルサみたいな2強リーグも退屈ですけど…レスターみたいな優勝を定期的に見たくなる
[ 2018/03/22 09:12 ] [ 編集 ]
後ろからチームを鼓舞する選手がいないですね。シュメルツァーがやるべきなんでしょうけど、選手側に立ちすぎて、厳しいことを言えないんじゃないかな。後ろが主に外人選手ばかりで、前線にドイツ人が固まっていることも、まとまりに欠ける要因になっているのでしょうね。
[ 2018/03/22 10:14 ] [ 編集 ]
果たしてトゥヘルだから使われなかったのか、クバは確かに怪我の影響もあってすでに他の選手がいたというのもありますが、基本的にフロントの方針なんじゃないですかね。
[ 2018/03/22 10:25 ] [ 編集 ]
本当はシャヒン、シュメルツァーと海外勢はピシュチュクと香川がリーダーシップを発揮しないといけないはず
でもこういう事態に発展してるので、やはりフンメルス・グロスクロイツ、クバは必要
グロスクロイツはあと数年したらコーチ兼任でも喜んできそうだが・・
[ 2018/03/22 11:01 ] [ 編集 ]
 ロイスがその役を担うはずだったのですが、怪我ばかりでいつも離脱しているのが痛いところ。ヴァイグルは若すぎる。

 BVBのムードメーカーだったグロスクロイツが実に恋しい。
[ 2018/03/22 11:20 ] [ 編集 ]
せめてケヴィンですよね。
チームの為に全力を尽くすプレーヤーを外してしまうのはもったいない
選手をゲームの駒としか思ってないのはトゥヘルの弱点でしょう
[ 2018/03/22 11:28 ] [ 編集 ]
BVBは多国籍チームですし、よりそういった存在が必要ですね。
たくさんの入れ替わりがある中で、次のリーダーと期待されているロイス選手が毎年怪我をしてしまうのは残念ですね。
贔屓目ぬきに、怪我するまでの今季の香川選手には明らかにリーダーシップが芽生えていたので、期待したいところです。
[ 2018/03/22 11:42 ] [ 編集 ]
ドルトムントの一つの時代が終わりまた次の時代に向けてチーム作りをしている矢先に勝手に
監督を交代させてしまったことは本当に残念でしたね。
ころころと監督を換えているようではチームの背骨となる個性も育つはずないということを
フロントはここ最近の失態から学んでほしいものですね。
[ 2018/03/22 12:14 ] [ 編集 ]
低迷の原因を当の本人達じゃなくて、周りが一番理解してるってのは笑えるな。
[ 2018/03/22 12:24 ] [ 編集 ]
シャビが欲しいって、本当にシャビ・アロンソの事だったんですかね?話の流れ的にはシャビ・エルナンデスだと思ってましたし、それをバイエルに居たのでアロンソにビルトが勝手に誤解したと‥アロンソが潰し屋?

パーソナリティが無いってチームとしてのパーソナリティでしょうね、同感です。闘い方の基本が見えない、ポゼッションなのかカウンターなのか、ゲーゲンプレスなのかゾーンなのか…
戸田さんが「バランスが良く極端なリスクを負わない」って表現してましたが、とても曖昧なパーソナリティですね。
[ 2018/03/22 12:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルが選手のパーソナリティを否定していたかどうかは分からないけど、どうしてもそう見えてしまっていたのは、トゥヘルが戦術家として認められたい、成功したいがゆえに選手を利用しているように見えたせいかな。監督なんだから選手を使うのが当たり前なんだけど、使うって言葉よりも利用って方がしっくりくる感じ。

マインツ監督時代に岡崎を1トップにしてくれたのは嬉しかったけど。岡崎はボールが前線に飛んでくれば右に左に猟犬のようによく追いかけた。戦術岡崎だった。逆に言えば、それ以外の選択肢が無かったから戦術家としては物足りなくて、すぐに辞めちゃったんだろうか。次のマインツの監督は、ボールを奪ったらとりあえず岡崎めがけて蹴るって戦法をやめてから勝てなくなって途中でクビになった。

トゥヘルがそれなりのレベルにある監督なのは間違いないと思うけど、選手は駒じゃなくて人間だからね。ショウヘイはそこら辺をしっかり弁えていそうだけど、戦術面、特に攻撃で苦労しているように見える。攻撃は完全に選手に任せているのかな。ケルン時代で一番調子が良かった時はモデストに。ドルに来てからは香川に任せっきりだったような。で、ケルンではモデストがいなくなったらどうにもできなくなった。ドルでも香川が負傷してからどうにもできなくなっているように見えなくもない。ショウヘイみたいな監督には頑張ってほしいんだけど。

すみません。ちと長くなっちゃった。
[ 2018/03/22 12:58 ] [ 編集 ]
そりゃシュメルツアーとロイスがキャプテンについて衝突した経緯があるから、なんかあるんだろうなぁと感じますよね。でもね、キャプテンはいつでもメンバから頼られるポジションでいてほしいので・・・・ロイスは怪我ばかりだから、キャプテンになりたいとか仕切ろうとか思わない方がいいと思うんですよ。
クラブもそこらへんはキャプテンに信頼を置いて動かないと、メンバ内でばらばらになりますよね。
今はゲッツェも口だけ出してドイツ3人組とその他で分裂してるんじゃないでしょうか。シュールレはプレイを見ていると中立のような感じはしますけど。フンメルスドルトムントに戻ってきますかね?彼が帰ってきてくれたら、キャプテンとしてドルトムントを引っ張って欲しいのですが。
[ 2018/03/22 14:26 ] [ 編集 ]
これ、フンメルスも在籍中に似たようなことを口にしていましたね。フンメルスの場合は「スタイルがない」という言葉だったかと思います。トゥヘルになって、ころころと戦術を変えている中での発言で、私も同感でした。色々と戦術を変えるのはありだけど、それでも基本となるスタイルは必要だろう、と。

ちなみにかつてドルトムントの特徴だと思っていたものは、プレー速度の速さと連携(連動)でした。また、かつての強かったドルトムントが見たいですね。もちろん、香川を高い位置で使ってのドルトムントが……。
[ 2018/03/22 14:26 ] [ 編集 ]
本当は、香川かロイスがチーム引っ張らないといけないんだろうけど、あれだけケガで出れないとな。二人ともギリギリのとこでやるのが好きだからな。しょうがないな。
ピスチェクあたりにセンターバックやらしてまとめやらすという手もあるけど、これやると今度は右のサイドバックに代わりがいなくなるしな。
クラブはオフにスカッド見直すと言ってるんで、シーズン終盤までタイトル争いできるように組んでもらいたいですね。
[ 2018/03/22 16:01 ] [ 編集 ]
トゥヘルを絡めるのはどうかと。
ケヴィン、クバ、ズボティチ。
血の入れ替えとしては悪くない判断だったのではないでしょうか。
パーソナリティについてはロイスに付託し、さらにゲッツェを呼び戻して、と。手は打ってますし、フロントは。それが上手くいっているかは別として。
[ 2018/03/22 16:57 ] [ 編集 ]
キャプテンシーなんて急に生まれるものしゃないんだし素質ありそうな選手には早めにキャプテンマーク任せることが大事
過去のどこのクラブも偉大なキャプテンは若い時から任されてる
[ 2018/03/22 17:14 ] [ 編集 ]
ドルのスタイルは、素早いパスと連携による、スピード感ある攻撃だったと思います。でも、選手が抜けてビルドアップできなくなり、サイドの選手にボール運びを任せるようになって、球離れが悪くなった印象。しかし、ダフードやアカンジは、かつてのドルを取り戻せる期待があります。
[ 2018/03/22 18:17 ] [ 編集 ]
トゥヘルのサッカーにスタイルが無いのは、リアクションサッカーだから。クロップの様な型は無かったね。でもそれは一つのハッキリとしたパーソナリティーだと思う。皆さんはトゥヘルを嫌いだから、否定的な意見ばかりだけどバイエルンに迫る勢いと成績だったよね。もう一年続けたら優勝もと期待してたよ。
ボシュも ゲーゲンプレスとハイラインというパーソナリティーが有った。対策されたら極端に弱くなったけど。
シュテガーのサッカーはリアクションは無いが「バランスが良く極端なリスクを負わない」という曖昧なパーソナリティー。極端に弱くも強くも無い。
[ 2018/03/22 18:55 ] [ 編集 ]
トゥヘルの選手起用は結構好きにやってる印象でしたけどね。
なんでもかんでもフロントが勝手やってるなんて思わない方がいいんじゃないですか?
フロントの批判したい人ってこういう思考停止に近いものを感じます。
[ 2018/03/22 19:57 ] [ 編集 ]
トゥヘルがやりたいようにやったからフロントに解任されたのでは
新しく入ってきたのあんま使いませんでしたし。
デンベレだけは才能があったから使い続けてたのはとりあえずいうこと聞いてた部分でしょうね。
デンベレガチャっていう言葉ができるほどでしたがそれだけの才能でした
[ 2018/03/22 22:51 ] [ 編集 ]
ドルトムントからパーソナリティーがなくなってしまったのは、選手個々の活躍が薄まってしまい、チームの必勝法がなくなってしまったからですよね。パーソナリティーというのは、こうして勝つという必勝法があるクラブの事でしょう。ドルトムントの哲学とでもいうのでしょうか。
トゥヘルで哲学は壊されました、やろうとした選手を外したり、トゥヘルルールに選手をはめたのでなくなってしまいました。
監督が代わったのですからそれについてはしょうがないのですが、トゥヘルは戦術をコロコロ変えて試すだけで、トゥヘルの特色がでないまま監督を辞めた為、まだ新しいドルトムントができていないままです。
ボシュに代わって新しいドルトムントが出来つつあったのですが、ゲッツェを入れたあたりから試合に勝てなくなって、ボシュのやり方に否定的な声を出されるようになって結局できてないままです。
ボシュはゲッツェを中心にやるといって失敗したのですから解任された事については同情はしないです。
監督業も大変ですよね、監督には自分流のサッカー哲学があり、クラブに浸透させながら勝ちを積み上げる事によって新しいドルトムントを作っていく訳ですが、フロントや選手からの要求を汲みつつ作っていかなければならないのですから。シュテーガーはもはやこの環境では自分のサッカー哲学をドルトムントでは実現できないとみて続行しない、といっているのでしょうし、しかし次の就職の事も考えなくてはならないので折り合える所で頑張っているのでしょうね。
[ 2018/03/22 23:47 ] [ 編集 ]
>皆さんはトゥヘルを嫌いだから、・・・
自分はトゥヘルに否定的だけど別に嫌ってはいないよ?
結果は出ても継続を疑問視しBVBに合わないと思ってるだけだね。
色々とゴタゴタして不安の種がたくさん撒かれ・・・
今年は「不安が見え出しただけでは?」と勘ぐっちゃってるね。
そんな訳で結果の割に高評価せず低評価してるだけだよ。

シュテガーは確かに「バランスが良く極端なリスクを負わない」という特徴があって、これは「個性的で良い」とされないだろうが悪くはない。
香川も「バランス良くなったが、リスクも負わなくなった」と「個性的じゃなくなった」と似たような批判されがちだね。
地味になったとはいえるかもだが、良いところも魅力もあるし評価もされるはず。
まあ、一般的に派手な個性が好まれて多数派になるが・・・
[ 2018/03/23 03:25 ] [ 編集 ]
ここはヴァイグルにキャプテンやらしてベテランが脇固めるのもありだよね
キャプテンヴァイグル、副キャプにDFソクラテス、MF香川、FWロイスとかw
シュメルツァーとシャヒンが納得しないかw
[ 2018/03/23 03:57 ] [ 編集 ]
なんでもかんでもトゥヘルが悪いみたいな考え方は自分は嫌いですね…
[ 2018/03/23 10:11 ] [ 編集 ]
トゥヘル時代ゲッツェ、シュールレ使われず解任後勝とうが負けようが固定

フロントの介入以外に何があるのか
[ 2018/03/23 12:12 ] [ 編集 ]
グロクロさんの名前が無いとかBVBサポじゃないんかーい!
破天荒だけどゲッツェ見たいにエセBVB愛でサポを騙すような奴ではなく、ガチでBVB愛に溢れた選手だっただろう
グロクロが居れば権威欲に溢れた利権屋のシュメなんかが出しゃばる事も無かっただろうに
[ 2018/03/23 13:37 ] [ 編集 ]
>なんでもかんでもトゥヘルが悪い・・・
なんでもと言ってるつもりはなく、そう受け取られるのは本意じゃないね。
言葉の表現が悪かったかな?
自分はなんでもフロントが悪いという雰囲気が嫌いではあるが・・・

>フロントの介入以外に何があるのか
怪我や病気、状態や戦術的判断以外に何があるのか・・・判らないね。
去年はシュールレ怪我、ゲッツェ病気でしょ?
固定が監督判断じゃないと考える理由に勝ち負けって、フロントが勝ち負けどうでも良いなんて考えるわけないでしょうに・・・

まあ、フロントの意向がゼロというつもりはないよ。
将来的戦力判断の意思統一ないと強化方針ガタガタになるからね。
とはいえ最終判断は監督がしてるようにしか見えない。
[ 2018/03/23 19:30 ] [ 編集 ]
子供の頃からドルトムントファンだったギンターにさえ見放されたしなドルトムントは
うまくいけば精神的支柱になれるような原石だった
トゥヘルに媚売ってシャヒンの代わりにポカール決勝に出場した、みたいな記事が書かれててほんと可哀想だったなあ
あれで居場所失った感じだった
[ 2018/03/25 03:31 ] [ 編集 ]
>あれで居場所失った感じだった
確かにあれは酷かったし、そういう印象受けたね・・・

でも、出場ポジションからしてCB構想に入ってないと感じたよ。
BVBでの「使われ方から成功はないと見限った」でしょうね。
彼コメントで常々CBへの拘り見せてたし・・・
ポジション盥回しで批判浴び、希望ポジ望み薄では移籍するしかないよね。
[ 2018/03/25 08:10 ] [ 編集 ]
ギンターの移籍は、レーヴ監督の影響が大きいと思いますよ。
移籍した時、レーヴ監督にアドバイスもらったと言ってました。移籍後はCBとして結果を出すことができ、
オリンピックの活躍からコンフェデにも選出され、そこでも結果を出し、W杯へと順調にキャリアを形成しています。ドルトムントは、FWMFの選手を優先し続けて、優秀な守備的な選手やDFを多く失ったという事です。
[ 2018/03/25 20:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。