ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》インモビレがMOM!!ドルトムント対ヴォルフスブルク 採点と寸評

さて昨日1ポイント獲得したドルトムント戦ですが、最下位だったシュトゥットガルトが勝利し、15位だったフライブルクが敗れたためにドルトムントの順位は変わらず16位のまま。

今シーズンすでにセットプレーから4得点をあげているヴォルフスブルクのナルドをフリーにしてしまったのは悔やまれます。

香川選手の出場はありませんでしたが、西ドイツアルゲマイネ新聞の寸評とその他の新聞の得点をまとめておきました。

201412181929375d0.jpg





ランゲラック 

レギュラーとなって初めての大失敗。20メートル離れたところからのフリーキックで中央にポジションをとったが、まずは壁の作り方が最善ではなく、デ・ブルイネに驚かされることになった。ゴール端を開けたままにしたため、それ程鋭く、良いコースに蹴られたわけではないにもかかわらず、止めることが出来なかった(29.)ヴィエイリーニャのシュートに対しては短い距離から危険を犯して飛び出し、顔面でクリアした(49.)2:2の場面は為す術なし。(訳注:仕方ないというニュアンス)


ドゥルム 3.5

サイドにおいてBVBはヴォルフスブルクに対して大きな問題を抱えた。それはウイルス性の胃腸炎にかかったピスチェックの控えとして出場したこの選手にも当てはまる。いずれにせよ彼はいくつかのシュートをブロックすることが出来たし、攻撃の場面においてもいくつか良い場面があった。後半はたいていのBVBディフェンダーのように良くなった。


ズボティッチ 4

彼は未だに負傷前のような安定性からはかけ離れている。なによりデ・デブルイネが彼の足を結んでしまったようで、そこから危険な場面が生まれた。いずれにせよ大抵の頭での競り合いには勝っていた。


フンメルス 2.5

断トツでベストのディフェンダー。確実で多くのボールを捉え、先制点でインモビレに真っ直ぐパスを送った場面ではうまく時間を作った。その直後ギュンドガンのフリーキックからのヘディングはおしくもゴール上にそれた(13.)。


シュメルツァー 4

ヴィエイリーニャは何度も彼のサイドでスペースを得た。それは彼の前のグロースクロイツの支えがしばしばなかったためでもある。しかしヴォルフスブルクがチャンスを得たのは何よりも彼のサイドからであった。後半は目に見えて良くなった。彼の前への成果は少なかった。


ベンダー 3.5

影響力のあった6番で、ケールよりも競り合いに強く、良い組み立てのパスもあった。しかし彼にとっても中盤を閉める事はうまく行かなかった。


ケール 4.5

BVBシニアはデ・ブルイネに対してとても年をとって見えた。このベルギー人を何度も走らせてしまった。1:1となったフリーキックを引き起こしたのも彼の責任である。しかし決定的な失敗は別な場面で起こった。彼はもう少しで2:1となるゴールをアシストしそうになったが、インモビレの繊細なループはゴールに入らなかった(36.)。後半のBVBは明らかに良くなったが、それはケールのおかげでもある。しかし85分にコーナーキックからナルドをフリーにし2:2と同点にされてしまった。


グロースクロイツ 4

観客席からスタメンに復帰したが、力を証明することが出来なかった。攻撃においては消えていたし守備においてもシュメルツァーを危険に晒していた。


ギュンドガン 3

いくつかの場面で攻撃的な選手としての素晴らしいレパートリーを披露した。素早いターンや正確なパス、そして危険なフリーキックなどそれら全てが見られた。しかし残念ながら時々間違った決断を下した。そして守備においてはあんまり良くなかった。ケールのファールからのフリーキックで1:1となる前、彼は競り合いを避けていた。


オバメヤン 4

彼は現時点ではドルトムントの生命保険のようだ。このガボン人は再びゴールを決めた。しかしその後はほとんど見どころはなかった。そして多くのパスミスとシュートミス。


インモビレ 1.5

イタリア人の良いプレー。ヴォルフスブルクの守備陣に解決できない問題を引き起こしていた。そして76分のゴールで彼のパフォーマンスを飾った。それ以前も彼は正確なクロスで先制点をアシストした(8.)。そしてその後も彼はストライカーのプレーを遺憾なく発揮した。胸でボールを受けてそのままシュート(36.)や力強いシュート(56.)、ペナルティーエリアで守りを破るエネルギッシュな攻撃(65.)それに横とびシュート(78.)。(訳注:オーバーヘッドの横バージョン)しかし大抵の場面でベナリオが行く手を阻み、ボールはおしくもそれてしまった。


キルヒ

ギュンドガンに代わって出場。スライディングですぐさま2:1となるゴールを準備したが、それ以外は短い出場時間という事もあって目立つ事はなかったので採点はなし。

スポンサーリンク


【ルーア・ナッハリヒテン】採点
ランゲラック 4、ドゥルム 3、シュメルツァー 4、フンメルス 2、ズボティッチ 4、ギュンドガン 3.5、グロースクロイツ 4、ケール 4、ベンダー 3、オバメヤン 4、インモビレ 1.5


201412181929388ec.jpg

【キッカー】採点
ランゲラック 4.5、ドゥルム 2.5、シュメルツァー 3.5、フンメルス 2.5、ズボティッチ 3、ギュンドガン 3.5、グロースクロイツ 4、ケール 4.5、ベンダー 4、オバメヤン 3.5、インモビレ 1.5

インモビレ MOM ベストイレブン

201412181933053c3.jpg


【ビルト】採点
ランゲラック 4、ドゥルム 3、シュメルツァー 3、フンメルス 2、ズボティッチ 3、ギュンドガン 3、グロースクロイツ 4、ケール 3、ベンダー 2、オバメヤン 2、インモビレ 1、キルヒ 3






以上です。インモビレの調子が良かったのが明るい材料でしたね。今シーズンのオバメヤンはドルトムントのゴールの殆どに絡むという素晴らしい活躍をしているのですが、彼が一人で10点取るよりも、中盤の選手が平均的に3,4点取ってくれるチームになって欲しいなあと思ってしまいます。もちろんこれは管理人の好みですが。

土曜日はいよいよ前半戦最終戦で、最下位脱出をかけた戦いになりますので、香川選手の出場はないかもしれませんね。

香川選手の出場がありませんので香川スレッドのコメントも伸びていませんが、アジアカップはみんなの懸念材料となっていますね。

コメントにはワールドカップが夏にあったばかりなのに1月にまた大きな大会をするなんて狂っているという意見がありましたが、その通りですね。ワールドカップに出場した選手はただでさえ休みが短かったですから。ユーロの時期と同時に開催するなど、ヨーロッパで活躍する日本人選手が増えた今、なんらかの対策を取らなければならない時期に来ていると思います。


【おまけ 今日のドイツ】

IMG_5356.jpg

シュマルツ
これはアヒルの脂肪を溶かしだして抽出した油で冬によく食べられます。パンにバターを塗るようにして食べることがありますが、かなり重いので胃にきます。塗る量はほんの少量が良いと思います。どなたか召し上がったことありますか?


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/12/18 19:45 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(10)
No title
インモービレMOMおめでとう!
ドルトムントに移籍してから一番いいパフォーマンスでしたね、FW獲得の噂もありますがこれで自信になればいいですね
[ 2014/12/18 20:27 ] [ 編集 ]
インモービレはもともと2トップの片割れ的なポジションが本職なのに1トップでの起用が多かったのと国外リーグ初挑戦なのもあって苦戦した感じですけど すごい選手ですね
キルヒはコンディション戻ってそうなので早くボランチとして定着してほしいです
[ 2014/12/18 22:31 ] [ 編集 ]
No title
今後日本人選手が海外に行くとなった時この開催時期は起用にかなり影響するだろうね。
まあ選手のことなんて一切考えてない協会だしこれからも何も変わらんでしょう
[ 2014/12/18 22:32 ] [ 編集 ]
No title
インモーは確かに一番気迫を感じられたし実際1A1G!頑張ってた~。
ただ、インモーはもともとスペースがあったらそれなりにできるタイプなんだよね。。
前回点取れなかったインモーを珍しく連続で使ったのは狼が攻めてくると計算してだったとおもう。
ブレーメンだと多分引きこもってくるだろうからどう崩すかってところかな。
二点目、、ほんとお願いだからもっと守備は視野広くしてフリーで打たせるとかやめてくれ。
あの瞬間本気でイラッとしたw
[ 2014/12/18 23:12 ] [ 編集 ]
No title
前節ドフリーで外したのにを連戦で使ったのはそういうことなんでしょうね
今期のドルトムントは今期上の方にいるチームとは善戦して下のほうのクラブにはアッサリと負けてしまう
本当に引かれた相手には弱いというか
[ 2014/12/19 02:28 ] [ 編集 ]
No title
ヴォルフスブルクもドルトムントも守備が良くなかったですね。ヴォルフスブルクはリーグで2番手にいる割には守備が微妙で、ドルトムントは今の調子を考えると予想できた守備な感じでした。
インモービレはようやくエンジンがかかってきた感じでこれからが楽しみですね。
加えて、ズボティッチはあんなに危険なプレーをすることが多いのに、なぜクロップが使い続けるのか理解に苦しむ。イエローの集めすぎで次は出れないようなので、守備が少しいい方向に変わることを期待しています。
さいごに、クロップの交代における人選と交代のタイミングは今期はパッとしませんね。それが今回の試合でも一番残念だった。
エンテンシュマルツはドイツ人が食べているのはみても食べたことがまだないですが、美味しいですか?
[ 2014/12/19 02:28 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん、いつもありがとうございます。先日は、とても痛いドローでしたね~。てっきり勝利が見えたかと思いきや、終盤にあっけなくゴールを決められてしまった。しかも、セットプレーから。確かに、負けなくて良かったけど、勝てるゲームはきっちりものにしてもらいたい。さて、前半最終戦の今週に期待して、いい形で締めくくり、また、来年にリフレッシュし勝ち進んで欲しいですね~。 PS.シュマルツは一度だけ食べましたよ。最初は気になりませんでしたが、じわじわと胃に負担(重く)がくる感じでしたね。味は美味しいので是非ご賞味して下さい。
[ 2014/12/19 04:50 ] [ 編集 ]
No title
もう来年アジア予選始まるのに
じゃいつアジア杯やるんだ?
[ 2014/12/19 12:16 ] [ 編集 ]
失点どっちもセットプレーって…
セットプレーの練習した方がいい
[ 2014/12/19 16:53 ] [ 編集 ]
No title
そもそもユーロとほぼ同時期にやってたんですよねアジア杯。開催時期を1年ずらしたのは、もともと五輪とずらしたいとか、W杯翌年はビックイベントがないからとかって理由だし、ユーロと同じ時期だと注目されないというAFCの意向もあったんだろうとおもいます。

ただ前回と今回は1月開催ということもあわさって、かなり過密感があるのも事実。欧州でやってる選手が多いのも日韓豪あたりで、中東エリアはむしろ昔より選手が中東でプレーしてるので、欧州にカレンダーを合わせるべきという認識が薄いかもしれません。欧州のシーズン中は欧州組を招集しないといえば大会を盛り上げたい開催国とか参加するだけで成功の弱小国は問題視するかもしれませんが、中東クラブ所属選手で代表固めてる国は日韓豪のアジア杯弱体化は歓迎すべきことなのかもしませんし。アジアは利害関係が一致しないことが多くて難しい・・・
[ 2014/12/20 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。