ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンとドルトムント!ライプツィヒのハーゼンヒュットル監督をめぐる獲得争い!《ドイツの反応》




ビルト】

バイエルンとBVB!ハーゼンヒュットルをめぐる争い!



entry_img_2220.jpeg


バイエルンのボス、ウリ・ヘーネスは2016年の12月にライプツィヒのハーゼンヒュットル監督について以下のように語っている。


“ドイツ語ができる監督をいつか探す事があれば、彼は考えに値する監督の一人だ。”


そして、ついにそうなる時が近づいてきた!トーマス・トゥヘルがハインケスの後継者となる事を断ったからだ。


スポンサーリンク


昨日、バイエルンの敷地ではウリ・ヘーネスとSDのサリハミジッチが新監督をめぐって会議をした。ルンメニゲは現在ローマで行われているヨーロッパクラブ連合の催し物に出席中だ。


そしていよいよハーゼンヒュットルをめぐるドルトムントとバイエルンの争いが始まろうとしている。


ペーター・シュテーガーの契約は今シーズン末までとなっている。ヨーロッパリーグでザルツブルクを相手に惨敗した事もあり、続投は微妙な所だ。


バイエルンが有利な点:ハーゼンヒュットルは2002年から2004年までヘルマン・ケルラントの下でバイエルンのアマチュアチームでプレーしていた。ゲルラントの意見はバイエルンのボス達にも、非常に評価されている。


ドルトムントに有利な点:ハーゼンヒュットルとBVBのヴァツケの仲はかなり良い。さらにハーゼンヒュットルは最近のビルト日曜版で“まだ国際的な経験はないし、チャンピオンズリーグも今年が初めてだ。バイエルンの監督になるなら、国際経験は必要だと思う。”


ハーゼンヒュットルの監督は2019年までとなっているが、ライプツィヒはどういうだろうか。


ライプツィヒは落ち着いている。しかしビルトの情報によると移籍金は高くなるとみられている。1000万ユーロはかかるだろう。これはペーター・ボシュに支払った金額の2倍だ。







以上です。

バイエルンもドルトムントも後継探しをしているようですが、個人的には現役の監督を引っこ抜くのはやめてほしいですね。まあライプツィヒはラングニックが自分でやったほうが良さそうな気もしますが・・・。

確かにハーゼンヒュットルはインゴルシュタットで結果を残しましたが、バイエルンの監督としてはまだ早いかもしれないですね。

まあどこも似たようなものかもしれないですが、ブンデスリーガは同じ監督がクラブ間を行き来していて面白くないですね。そうした中ではフライブルクのシュトライヒ監督みたいなのは好感が持てます。サッカーも良いですし。



【おまけ今日のドイツ】

201803270644225f6.jpeg

ドイツの薬局で目薬を買ったら凄く大きくて驚きました。
日本でお馴染みチョコラBBの隣に置いて大きさ比べ。
[ 2018/03/27 06:50 ] バイエルン | TB(-) | CM(15)
現代サッカーの監督としてのレベルはドイツが世界一だと思ってます。ドイツ代表が優勝したように、クロップが成功し、トゥヘルが人気な様に戦術面やデータ活用等で、一歩先かなと。(選手レベルはプレミアやリーガに劣りますが)だからドイツの監督が人気なのでは?
[ 2018/03/27 07:10 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンに来て欲しいです。
しっかりとしたポジショニングからのビルドアップを選手に学ばせ、成長してもらいたいからです。
[ 2018/03/27 07:12 ] [ 編集 ]
これバイエルンの後任にトゥヘルが無くなったあおりの記事っぽい。
BVB出してるのは、ほぼ文字埋め用の当て馬に思う。

自分もあまり引抜きはして欲しくないですね。
ただそうなると選択肢が少なすぎる・・・
無名でも気鋭の若手監督か周辺の実績監督にチャンスを与えたいですね。
ボシュが失敗したので、今はブンデス実績ある空き監督が最適。
ってことも、シュテーガー押してる理由の一つ・・・
[ 2018/03/27 07:28 ] [ 編集 ]
個人的にはそのシュトライヒをドルは取るべき・・・いやなんでもない
ちゃんとナーゲルスマン確保したいよねドルは
[ 2018/03/27 08:01 ] [ 編集 ]
プレミアも監督ローテーションですか? と錯覚するくらい解任後も色んなクラブでやってますよ。これはリーグ内情を知っていないと、なかなか勝てない事からきているようです。よほどの優秀な監督じゃないと初めてのリーグでうまくやっていくのは難しいんでしょうね。外からきた監督が解任されると、リーグを知ってる監督じゃないと無理だよ、ということを言われてます。ドルトムントもバイエルンも外国の監督を迎えましたが、想うところがあったのでしょうね。特にペップの時はスペイン語がおおく飛び交う状態になったようですし、アンチェはコミュニケーションで不便があったのでしょう。
[ 2018/03/27 09:01 ] [ 編集 ]
バイエルンが本気で欲しがってたら争いにもならないだろう
[ 2018/03/27 09:29 ] [ 編集 ]
シュテーガーは柱となる選手が置けるならそこそこ結果の残せる監督だとは思いますが、その柱の選手が戦術になってしまうほど攻撃戦術が無いのが残念ですね…。

個人的にはアーセナルのベンゲルがドルト来たら数年は面白いかもなとは思います。青田買いする必要無いほど若手いますしw
[ 2018/03/27 13:20 ] [ 編集 ]
ドルトムントがとっても宝の持ち腐れ。
現状必要ないでしょ、優勝を狙うチームじゃないのに必要あるのか?
[ 2018/03/27 15:21 ] [ 編集 ]
 ブンデスリーガ内でドイツ人監督が行き来するのは、ドイツ語の壁があるからですね。言語はとても大事です。

 ハーゼンヒュットルはライプと同格のBVBに移籍する必要がないですから、解雇されない限りBVBには来ないように思います。私はナーゲルスマンを熱望してますけど、ダメなのかなぁ……。
[ 2018/03/27 16:08 ] [ 編集 ]
プレッシャーの少ない中で国際経験をつませて監督としてもう一ランク上がったら
一流チームに巣立っていけるような筋道をドルトムント側がしっかり示せれば
ハーゼンヒュットルがドルトムントにくる可能性は十分にあると思う。
[ 2018/03/27 19:52 ] [ 編集 ]
ニココヴァチとかでいいんじゃねーのか
[ 2018/03/27 19:54 ] [ 編集 ]
難しいですよね。ドルトムントの監督は・・若手の野心満々の監督は優勝狙いますし、それに準じた要求をしますよね。それに自分の理論や戦術を押し通しますよ。自身の価値を下げるわけにはいきませんからね。
トゥヘルがまさしくそれでしょう?シュテのままで良いんじゃあないですかね。

[ 2018/03/27 20:15 ] [ 編集 ]
>2018/03/27 20:15
それらを問題視してトゥヘル解任したと本気で思ってる?

そんな考えの人は極少数と思ってたが・・・
現状見てると不安になってきた。
[ 2018/03/28 02:07 ] [ 編集 ]
目薬すごいですね
[ 2018/03/28 03:06 ] [ 編集 ]
そもそもトゥヘルはリーグ優勝諦めてたでしょ、ダービーで悪ふざけ起用してたし
[ 2018/03/28 16:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。