ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント監督候補!?ファヴレが来季からブンデスリーガに復帰!!《ドイツの反応》



ビルト】

ニースとの別れが決定!


ファヴレ!ブンデスリーガに帰ってこれる!!



entry_img_2222.jpeg



彼はバイエルンとドルトムントの監督候補になっている。


昨シーズンはクラブの許可が得られずBVBの監督に就任することができなかった。

そしてルシアン・ファヴレはフランスのメディアによるとブンデスリーガに復帰できるようになったようだ。



スポンサーリンク


スポーツ・ビルトは先週、今年の夏、彼が決まった移籍金で移籍できる条約がある事を報じていた。今度は“フランス・フットボール”が今シーズン終了後にニースを出る準備をしていると報じている。彼の契約は2019年までとなっているが、300万ユーロの移籍金で移籍できるようだ。


すでにクラブ幹部とファヴレは話し合いを行っており、来期以降はニースにいない事が濃厚となっている。報道によると両者の別れは、あくまで穏便なものであるとのことだ。


昨年夏、ニースの幹部はファヴレのドルトムント行を拒否した。当時のクラブ声明は、“クラブは監督の移籍に関するいかなる交渉も望んでいない。彼の契約は2019年までとなっている。スポーツ面が経済面よりも重要であることは何度も表明してきた。”となっている。


ファヴレはその結果1年リーグ・アンに残る事になったが、どうやら契約解除条項を使うつもりのようである。



さらにバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲも、このかつてのブンデスリーガの監督(ヘルタ、グラートバッハ)の監督を評価している。すでにペップ・グアルディオラが就任する際に、バイエルンの監督候補の一人とされていた。


彼はニースでは問題児マリオ・バロテッリともうまくやれることを証明している。さらにドイツ語もペラペラなのでバイエルンの条件は満たしているだろう。移籍金もお買い得な値段だ。







以上です。

ドルトムントはまずはシュテーガーの事を何とかしなければなりませんが、ファヴレも面白そうですね。ハーゼンヒュットゥルよりは移籍金もお手頃ですし、なかなか良いと思います。

ただバイエルンの監督になる可能性があればそっちに行くかもしれないですね。

バイエルンはアンチェロッティの件からドイツ語ができる監督にこだわっていますが、バイエルンレベルであまりぱっとした監督はいませんね。






[ 2018/03/28 06:00 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(10)
ファブレは以前にも噂あったしBVBも可能性ありそうですね。
しかし、現状だとバイエルンのが先に動きそう。

経験も実績もあるが手腕は少し気になる。
正直、シュテーガーと大差あるかな?
BVB向けな戦術の監督だとは思うが・・・

確かにドイツ語にこだわるとパッとしてる監督は・・・苦しいね。
これ結構バイエルン動くのじゃないかな。
[ 2018/03/28 06:54 ] [ 編集 ]
ドルのカラーにはナーゲルスマンだと思う
[ 2018/03/28 08:35 ] [ 編集 ]
もしもウナイ・エメリが空けば
どちらかのクラブに落ち着いて欲しいですわ
バイヤンが条件を変更するのを願うばかり。
とにかくPSGよりも戦術的自由度の高いビッグクラブで見たい。あそこでは誰がやってもだいたい似たような感じなので
[ 2018/03/28 08:45 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンの件はどうなったのでしょうか?
彼はヘルタベルリンで本当に魅力的なチームを作りました。次のステップに踏む時が来たんじゃないでしょうか?
ドルトムントは次のステップに打ってつけだと思います。
クロップの時のように長期で率いてほしい。
[ 2018/03/28 11:38 ] [ 編集 ]
バイエルンの理想はレーヴなんだろうな〜…。 ドルトムントはいい選手は揃ってるから後は優秀な監督の元でじっくりチームとして力付けていくことが大切だと思う。ナポリやトッテナム見てて本当にそう思う。せっかくロイスが残ってくれたんだし、リーグタイトル獲得が現実的な目標になるように力付けていかなきゃね。
[ 2018/03/28 12:25 ] [ 編集 ]
ファブレ自身がバイエルン監督が夢って公言しているので
競合になったらドルトムントはまず勝てません
[ 2018/03/28 15:57 ] [ 編集 ]
バイエルンにファブレ行ったらますますブンデス勢がCLで勝てなくなりそう…
ケチケチしてないてリーグ上位クラブはワールドクラスの監督連れてきて貰いたいんだけどな
[ 2018/03/28 16:03 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガとか選手がバイエルン目指すように監督もバイエルン目指してる感じなので、本来ならバイエルンの理想はクロップなんでしょうね
ハインケスはクロップのオマージュでしかないですし
ただクロップは所属していたチーム歴史を重んじるので、くたばれバイエルンって感じですから無理でしょうが

トゥヘルは敬愛するグアルディオラが監督やってる国に行っちゃいましたけど、必ずしも成功するとも限りませんし直ぐに解任されたら狙えるんじゃないんですかね
まーバイエルンなんてどうでも良いので、いやどうでも良くない、地獄に落ちろって感じなので迷走してくれたらニヤニヤ出来て嬉しいのでヘボ監督を掴んでくれたらと思います
[ 2018/03/28 19:27 ] [ 編集 ]
なんか思ってたより反応がよくない。
個人的な評価は悪い時の印象が強いので高くないのだけど・・・
クロップと似たイメージなのでナーゲルスマンに次ぐ位の人気と思ってた。

ここらでCLの好成績だせば有力監督となれる次点監督のはずだよね?
姿勢からCL好成績が望めるクラブ希望と思われ、要注目記事と思ってただけにこの反応の薄さはチョット寂しい。
[ 2018/03/28 22:08 ] [ 編集 ]
ファブレがベストだと思いますね
ファブレのグラードバッハは5試合で辞任した最終年を除けば守備固くてカウンターもビルドアップも良かった。
ドルトムントに足りてないところを補えそうです
[ 2018/03/29 05:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。