ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トーマス・トゥヘルがヨーロッパで大人気の理由とは?《ドイツの反応》




【ビルト】



トゥヘルがヨーロッパで大人気の理由!




entry_img_2227.jpeg

バイエルン、セヴィリア、チェルシー、アーセナル、パリ、これらのクラブがトゥヘルに興味を持っている。トップクラブの監督の席が不安定になると、すぐに彼の名前が上がるのだ。


ヨーロッパ中がトゥヘルを熱望!


トゥヘルはまだ7年しか監督をやっていないにも関わらず!マインツで5年、そしてドルトムントで2年だ。

スポンサーリンク





トゥヘルの移籍先として有力なのはパリSGだ。



有名なフランスの新聞“レキップ”も金曜日にビルトの報道を認める報道をしている。


トゥヘルが大人気の理由!


▶彼は成功を収めている!

トゥヘルはBVBでポカールを優勝し、2年間で一度もホームで負けていない。彼の一試合平均のポイントはドルトムントで2.12ポイント(107試合)で、マインツでは1.43ポイント(183試合)だ。



▶語学に優れている

トゥヘルは英語だけでなく、フランス語も流暢だ。これがパリSGの幹部を説得したようだ。さらにスペイン語もかなり良い様だ。



▶戦術

試合中に戦術変更?トゥヘルにとっては問題ない!532から434そして442から4141だ。トゥヘルは一日中サッカーの事を考え、対戦相手をこれ以上ないぐらい分析している。どんな問題にも解決策を見つけることができるのだ。それに関しては緻密で厳格だ。

彼はペップ・グアルディオラを尊敬しており、彼と頻繁に意見を交換している。



▶若い選手を向上させられる!

例えばアンドレ・シュルレだ。彼はマインツのAユースで国内チャンピオンになっているが、その後トゥヘルの下でプロデビューしている。またドルトムントではウスマン・デンベレーやクリスティアン・プリシチも国際的スターに成長した。



▶勉強もたくさん

トゥヘルはサッカーのキャリアと並行して理学療法士としての訓練をし、さらにスポーツ経済学と英語学を大学で学んでいる。サッカー選手としてのキャリアの後はシュトゥットガルトで経済学のディプロムを取得している。



▶食事のエキスパート

トゥヘルは選手がファストフードや甘いものを避けることを期待している。さらに炭水化物が少ない事も重要だ。選手によってはこれが嫌な人もいるようだが・・・。







以上です。


やはりサッカーも戦術が複雑になってきましたから、それに対応できる監督が望まれるのは自然な流れですよね。

グアルディオラの時のバイエルンは非常に強かったですし、マンチェスター・シティも強いですよね。トゥヘルが大きなクラブでこうしたチームにどう対処するのか見てみたいですね。




[ 2018/03/31 06:00 ] トゥヘル | TB(-) | CM(32)
物凄く頭が良いのは間違いないでしょうね。
ムヒタリアン、オバメヤン、ヴァイグル、プリシッチ、デンベレ、ゲレイロら、才能ある選手を伸び伸びプレーさせ、開花させたのは紛れもなくなく彼のおかげですから。
そう考えると、今シーズン加入した選手たちは、実に可哀想な事になっていますよね…
ヴァイグルもカストロも、一転して能力を発揮できなくなってますし。
[ 2018/03/31 06:24 ] [ 編集 ]
ストイックにサッカーやってる選手にはトゥヘルは合ってると思います。特に若くて成長したくて、多少の事は我慢出来る人。
ある程度実績が有って、管理されらるのが嫌いな選手とはうまくいかなそうですね。香川に関しては、人間性は尊敬できなくとも、トゥヘルに言われた事を必死にやり続けた。
それがトゥヘルの二年間で香川が大きく成長した…ストライカーとしてもパサーとしても、守備力に関しても…理由と思っているので感謝してるし、出来たらアーセナルで見たいですね。
[ 2018/03/31 08:03 ] [ 編集 ]
個人技頼みとか言われてましたけど、今季のドルトムントや移籍してった選手達がトゥヘルの時に比べてパッとしないのを見れば的外れな意見ですね。選手の特徴を理解してそれを最大限に生かす戦術を考えることに非常に優れている監督でした。
試合中の細かな戦術変更もトゥヘルだけがやってるみたいな批判のされ方しますけとわ、今となっては当たり前に求められるスキルです。
あと今季のドルトムントを見て思うのは、就任中リーグ戦ホーム無敗って凄かったんだなと。今となってはその要塞感は全くなくなってしまいました…
[ 2018/03/31 08:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルの話題もビルト気合い入ってきましたね?
まあ、人気の理由は成績と新人の成果の2つが大きいでしょうね。
新人の成長に疑問持ってますが、輝かせる手腕は評価してます。
戦術は効果的だが非効率と思うが、結果でるなら問題じゃないよね。

ペップの戦術は文句なしで凄いです。
機能させる人材揃えるのが大変と思うが効果的で効率的。
トゥヘルとの戦術戦はBVB時は好めなかったが楽しみですね。
[ 2018/03/31 08:36 ] [ 編集 ]
トゥヘルの戦術家としての実力は認めるがチームをまとめる力とかが少し弱い感じもする
まぁ、いい監督でフリーの監督がいないのも人気の原因でしょう
[ 2018/03/31 09:12 ] [ 編集 ]
でも古参の選手と必ずもめる
[ 2018/03/31 09:20 ] [ 編集 ]
ドル前半はクロップのサッカーを踏襲していて良かったが後半自色を出すようになると机上の空論を振りかざしては失敗していた
選手の個人能力のお陰でなんとか結果こそついてきたものの内容は最低の部類だった
更にアスペなのか周囲との関係は最悪で全方向から敬意を失っていた
そんな監督がトゥヘルだったはずだがどうも欧州人は記憶力が悪いようだな
[ 2018/03/31 09:48 ] [ 編集 ]
トゥヘルの能力は認めますが、何分今シーズンはスカッドの質が落ちてますので、たとえトゥヘルが今シーズンも続投していたとしても苦戦していたと思いますよ。昨シーズンからカストロはパフォーマンスが落ちてますし、プリシッチ、ゲレイロ、ヴァイグルも対策されて伸び悩んでます。フンメルスの移籍が一番痛手だと思います。
[ 2018/03/31 10:23 ] [ 編集 ]
戦術、、、、トゥヘルの戦術の例を誰か答えてください、。
ポチェッティーノ、グアルディオラ、サッリ、エメリ、シメオネの戦術なら答えられますがトゥヘルが戦術と呼べるような物を見せた記憶はないです。ヴェンゲルと同じで。
[ 2018/03/31 11:06 ] [ 編集 ]
すごく勉強家なんだな…
岡ちゃんもトゥヘルの元でブレイクしたしなあ
[ 2018/03/31 12:33 ] [ 編集 ]
 ほんとに良く研究してる人で、流行もすぐに取り入れる。しかし選手に合わせて取り入れるわけではないので、選手側の負担が重い。
 試合中に戦術変更もしてましたが結構な頻度で失敗してました。総合力のある選手が沢山いるクラブなら問題ない戦術変更でも、BVBだと選手に合わせて工夫しないと機能しないのでしょう。

 戦力が整っている資金力のあるビッククラブのほうが向いている監督かもしれません。スター選手達から信頼を得られるかは別としてね。
[ 2018/03/31 14:57 ] [ 編集 ]
どうもトゥへルに関して評価のベクトルが人それぞれ違うような気がします。
知識があるというだけでは何とも評価のしようがない。
我々が監督に求めるモノとはいったい何でしょうね。
クラブの方針やチームの実力によっても変わると思います。監督とは万屋稼業なのかも知れませんね。
簡単に言えば、例年通りの成績と試合内容をやや上回る結果を残すだけでもいい監督なのかも知れませんね。
観る側は贅沢になっているんでしょうか?
[ 2018/03/31 16:06 ] [ 編集 ]
「▶若い選手を向上させられる!
 例えばアンドレ・シュルレだ。彼はマインツのAユースで国内チャンピオンになっているが、その後トゥヘルの下でプロデビューしている。またドルトムントではウスマン・デンベレーやクリスティアン・プリシチも国際的スターに成長した。」(記事より)

まるでトゥヘルが彼らを一流に育てあげたかのような書き方ですが、かなり無理がありますよね。シュルレはトゥヘルがドルトムント史上最高額で呼びましたが、全く活躍できませんでしたし、デンベレやプリシッチは最初から高いパフォーマンスを発揮していました。(プリシッチに関してだけは、トゥヘル時代の方がうまくプレーできていたと思いますが。)
[ 2018/03/31 17:35 ] [ 編集 ]
クラブの歴史やメンタリティを蔑ろにするから大嫌いだ
戦術やシステムも良い時は変え、悪い時は頑なに変えない
敬愛するグアルディオラに対してはケツを振る様は本当にイライラする
シャルケとのダービーを蔑ろにしリヴァプールとのELでは負けるなど無様だった
戦い方を見ても就任直後と解任寸前を比べてみれば単調で面白みの無いものに変わってるのが良く判る
[ 2018/03/31 19:44 ] [ 編集 ]
負けない戦い方だった。だから時々もっと勝負しようよと物足りなく感じた。あとベテランの選手やキャプテンに対するリスペクトがないのでチームがまとまらない。しかしそれでも監督としてはそこそこ結果は出してるのでオファーはあるでしょうね。

[ 2018/03/31 20:46 ] [ 編集 ]
今更だけど最後の食事の件は後手踏む事になった不満表明?

サッカー戦術といえば、日本の戦術的進歩は極めて微妙に感じます。
お国柄かガラパゴス方向に進んでる感触なのが嬉しくない。
ブンデスの戦術傾向の変遷は羨ましい限りです。
現在は少し微妙ですが、お国柄的修正されれば良くなると思える。
[ 2018/03/31 22:52 ] [ 編集 ]
最先端のサッカーは、データ分析が膨大な量で、科学的なアプローチにより、ある程度クレバーな人ならある程度は形ある指導はできるのでしょう。でも実際にプレーするのは人間ですから、その科学的に導き出された誰でもが手にとれるデータに息吹を吹き込む必要がある。誰から言われているのか、そしてそれは本当に可能なのか?
そういった意味で、監督には選手にそれを取り組ませるに足る説得力が一番求められていると思う。トップ選手相手に、彼にその仕事ができるのか?

[ 2018/04/01 00:11 ] [ 編集 ]
BVB就任して4ヶ月後、彼はリーグ優勝も望めた調子のよいチームをぶち壊した。当時のBVBなら、誰が監督していてもポカールくらい獲れたはず。
彼のいた2年間は毎週胃が痛くなった。あのキモイ顔を見なくてはいけなかったからだ。彼が去ったあとにチームの成績が悪くなったのは彼が去ったからではなく、彼がチームをぶち壊したからだ。
彼はチームのことなんて考えちゃいない。自分が成り上がるための手段であり、自分の評価が高まればそれでいいのだ。
アーセナルを壊しに来ないでくれ。パリに行って、ネイマールにケツを蹴られるといい。
[ 2018/04/01 04:31 ] [ 編集 ]
トゥヘルを褒めるのにミキやヴァイグルを挙げるのは理解できるが香川までとなると荒唐無稽だと思うね、アタッカーとしてならクロップ時代の方が上であるのは間違いない(香川個人の問題ではなく起用法の話)しチャンスメイクやビルドアップ等についてもシュテーガーの元でだって数字を出してるんだからトゥヘルが特別だったわけではない、しかも安定していた前半戦とは打って変わって後半戦はポジションや戦術を変えてきた割を食ったのは香川なんだから、ひとえに何でもかんでも絡めれば良いというものでもないよ
[ 2018/04/01 09:37 ] [ 編集 ]
ドルってもうクロップのラストシーズンには壊れてたでしょう。そこから立て直したのがトゥヘルだよ。あと誰でもボカール取れたとかさすがにブンデスなめ過ぎだと思う。
[ 2018/04/01 11:10 ] [ 編集 ]
今だにトゥへルの一年目の前半のサッカー続ければとか言うやついるけど、それは無理だろ
後半の方が現実路線でよかったと思うけどね
[ 2018/04/01 13:06 ] [ 編集 ]
>ドルってもうクロップのラストシーズンには壊れてたでしょう。そこから立て直したのがトゥヘルだよ。あと誰でもボカール取れたとかさすがにブンデスなめ過ぎだと思う。
なぜ確実に見ていないのに知ったかしてしまうのか…
[ 2018/04/01 20:38 ] [ 編集 ]
最近では急遽隠居してたハインケスを呼び戻したバイエルンっていう例があるんだから
戦力があれば誰が監督をしても云々は全然説得力がないですよね
[ 2018/04/01 22:42 ] [ 編集 ]
09:37さんへ 3/31 08:03です
ストライカーの香川ですが、ドルトムント一期目はストライカーでしたが、ユナイテッドから帰って来たらその感覚を無くしてましたよね。ドルトムント二期目は明らかに、パサーになっていました。本人も「速い前の選手を活かすパスを狙ってる。自分は後半相手が落ちてきた頃が狙い目…」というコメントしてました。
ごめんなさい、私はかなりの香川ファンですので、ネット情報は勿論、テレビや殆どの雑誌での彼のインタビュー、ほぼ全ての彼の本も買ってチェックしてるだけで無く、全てのドルトムント、代表の試合をスコアブック付けて見返しながら出した結果がそれです。私もトゥヘルの事が最初は嫌いでしたが、だんだんと意図が見えてきて(スコアブックを何度も見直して考えました)。トゥヘルが最初に「シンジの能力は直ぐに解った。私は彼を元に戻す(ストライカーに戻す)事を全力でやるつもりだ」と言っていた事を記事で見つけ、確信しました。不当なベンチ外等今でもわからない仕打ちも有りましたが、結局その後の香川の悔しさからの努力が大きな成長に繋がりましたし、そういう環境が彼自身必要だと言ってます。
[ 2018/04/01 23:00 ] [ 編集 ]
>なぜ確実に見ていないのに知ったかしてしまうのか…
もっと冷静に反論するべきだよ。ボカール誰でも取れるはどう考えてもブンデスっていうリーグをコケにしてるし
[ 2018/04/02 06:24 ] [ 編集 ]
ドルトムントには厳しい監督が必要ですよ。
ピーター・ボシュ以降は論外!
もっと叱り飛ばしてやらないと駄目だわ。
[ 2018/04/02 12:54 ] [ 編集 ]
>もっと冷静に反論するべきだよ。ボカール誰でも取れるはどう考えてもブンデスっていうリーグをコケにしてるし

そのままそっくりお返ししますw
まず文をしっかり読みましょうねw
[ 2018/04/02 19:15 ] [ 編集 ]
ドルトムントを立て直したの立て直したのはクロップ自身ですトゥヘルではない
レヴァンドフスキの移籍と怪我人が続出したことが主な低迷の原因
後半オーバメヤンのコンバートがフィットしてきた事と怪我組が復帰したことで復調した
その好調なドルトムントを引き継いだのがトゥヘル
あの好調なチームを変に弄らずやってればそれなりの結果は誰でも出せたという人がいても不思議ではないな
1年目に自分の色を出そうと自滅して優勝争いから逸れたのも事実だから
それが顕著になってきたのがウィンターブレイク前のケルン戦だったかな
変に弄って自滅したのが印象的だったからよく覚える
もちろんトゥヘルが無能だとは思わないけどね
[ 2018/04/02 19:55 ] [ 編集 ]
19:55さん
クロップがあのままずっと続けたとしたら、昨年のドルトムントのもっと醜かったと思いますね。レバンドフスキ一人抜けて最下位迄沈んたクロップが、ミキタリアン、ギュンドアン、フンメルスの3人を同時に失い更にロイスの長期離脱も重なった昨年、常にリーグトップを伺いながら、CLベスト8で、ポカール優勝ですよ。
香川も完全なパサーになっていて、今の香川よりも残念な感じだったかもしれません。ドルトムントに帰って一年目(クロップの時)はそうでした。私は香川にとって、トゥヘルとの出会いが苦しくとも良い関係だったと本当に信じてます。
トゥヘル一年目のファンタスティック4解体云々は、香川のストライカー訓練時間も兼ねてたよ。あのままだったら完全にパサーにしかなれなかった。
[ 2018/04/03 00:02 ] [ 編集 ]
クロップ監督最後のシーズンは後半立て直して成績を上げてきたように見えたのはワタシの夢だったのでしょうか?
[ 2018/04/03 02:13 ] [ 編集 ]
見ていない人が成績だけ見て知ったかしてるんでしょ
言ってこれなんだから言葉通じないよ
[ 2018/04/03 13:03 ] [ 編集 ]
クロップのラストシーズンは前半戦は対策されたり怪我人出たりでてんやわんややってたけど、後半戦だけでEL圏内まで行っただろう
何言っちゃってるの?って感じで流石に尻を蹴り上げたくなる
[ 2018/04/10 06:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。