ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBツォルク、ヴァツケが引退!?後任は元キャプテン、ケ―ルか?《ドイツの反応》




スポーツビルト】


大変革!

ドルトムントの将来の計画はこうだ!



entry_img_2235.jpeg


ボルシア・ドルトムントは現在48ポイントで3位にはいるが、現在のクラブは輝かしかった時代とは全く異なっている。そして、それは恥ずべきバイエルン戦での敗退に始まったわけではない。


スポーツビルトの情報によると、ドルトムントは大変革を計画しているようだ。最近ドルトムントがマティアス・ザマーをアドバイザーとして招聘した事が明らかになった。

スポンサーリンク


一方これとは逆に、チーム・レジェンドがクラブを後にするようだ。スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは今の任期で辞めるという事だ。2021年で終わりとなる。


そして、その後任の最有力となるのがセバスティアン・ケ―ルだ。最近になってクラブは彼を“プロ選手部門”の部長として連れ戻したばかりだった。そしてそれは彼をスポーツディレクターとして育てるためだとみられている。ケ―ルは引退後、UEFAでスポーツマネージメントを学んでおり、これはブンデスリーガのクラブを率いる条件を満たしている。


さらにハンス・ヨアヒム・ヴァツケも現在の任期を最後に辞めるとみられている。この会長は2005年から務めているが、2022年が最後になるとみられている。いずれにせよ彼は、その後現在のBVBプレジデントのラインハルト・ラウバルのポストを引き継ぐようだ。


さらにキッカーによるとスヴェン・ミスリンタートが復帰する可能性もあるようだ。彼は2006年から2017年までスカウト部長として働いていたが、昨年12月にアーセナルに移籍し、そこで2020年まで契約している。


しかしスポーツビルトは、移籍したばかりなので彼がすぐに戻って来ることはないだろうと見ている。






以上です。

ツォルクが辞めるというニュースが今日のキッカーにのりました。とはいっても2021年までですが。

ケ―ルがその後を継ぐというのは十分にありそうですね。ケ―ルはドルトムントが連覇した時は、選手としてはすでにピークは過ぎていましたが、キャプテンとして本当に良い働きをしていましたね。

ケ―ルは2002年と2006年のワールドカップではドイツ代表として出場しています。2002年にはザマーの元でリーガ優勝も果たしましたね。




[ 2018/04/04 06:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(20)
誰に変わろうとも大切なのはどういうビジョンがあるか
ドルトムントをどういう色に染めたいか
その色に染めるためにはどの監督が良いかどの選手が良いか
若手転売を続けるのか否かドイツ代表優先を続けるのか否かはハッキリさせるべき
[ 2018/04/04 06:57 ] [ 編集 ]
マネジメントサイドでどれだけやれるかわからんけど、最後のシーズンのケールは凄かった。肋骨やってたのに表情ひとつ変えずゲームしてた。走るだけでもかなり苦しかったはずなのに豪快なミドルも決めたんじゃなかったか。
こういう人を一人でも多く雇ってもらえるとクラブは自然と引き締まるね。
あとクロップはリバプールの後は監督続けるかどうかわからんつってるからツオルクの後任やらせればどうだろ?一見バカっぽいけど腕はそんじょそこらの人ではとても太刀打ちできないくらい確かだよ。
[ 2018/04/04 07:14 ] [ 編集 ]
ツォルクとヴァツケは確かに次は変わると思いますが・・・
注目度高い現在だから出した記事っぽいですね。
後任にケールを考えてるのはあり得ると思うけど、まだ先の話。
さらっと書かれてるミスリンタート話の出所は気になる。
[ 2018/04/04 08:08 ] [ 編集 ]
時代に取り残されるドルトムント
ヴァツケやドルトムントの選手たちは、今朝のセビージャ×バイエルンを見てどう思ったでしょうかね。
バイエルンはすでに分かっているとして、凄いのはセビージャの選手たちですよ。
もう絶望を感じるほど、ドルトムントの選手とはテクニック、フィジカル、インテリジェンス、すべてに差がありましたね。
ビルドアップが超絶に上手い選手たちが、あれだけ前から守備するんですよ。
自分たちより遥かに足元が上手く、賢い選手たちが、目の前の奴には絶対に抜かせまいと、体を投げ出し90分間守備をする。
クラブ幹部は、選手全員を集めて、この試合を100回見せて叱り飛ばしてやるべきですね。
戦わない選手はベンチ外にするくらいでないといけない。
[ 2018/04/04 08:26 ] [ 編集 ]
いずれにせよヴァツケはドルトムントのトップとして残るってことですか
ラウバル氏は前に出て来ることがほとんどなかったですが
ヴァツケは社長になっても前に出てきそうですね
[ 2018/04/04 08:42 ] [ 編集 ]
ザマーが監督やればいいのに
[ 2018/04/04 11:20 ] [ 編集 ]
ザマーが戻ってくるというので、お目付け役かなと思っていたんですが。2022年までの契約のマネージメントが、2018に退任が分かっているというのはどうなんでしょうか。今までの功労に報いるということ?士気の問題や、求心力の点で問題ないんででょうか?ヴァツケだけ昇進?ツオルクだけスポーツ面の責任をとる?でも4年。。。
[ 2018/04/04 11:31 ] [ 編集 ]
まだ先ですね。
それじゃあ手遅れになると思いますけど。
[ 2018/04/04 12:16 ] [ 編集 ]
2002、2006を見た感じザマー氏は選手には良い監督だったのような気がします。
2002はドイツ史上最弱と言われながらもバラックやカーン等が覚醒したかのような活躍でファイナリストでしたし。
恩師が近くに居ればケールやり易いかも

イタリア大会でザマー氏を観た時は本気でマリオの衣装着せたいと思ったのは内緒ですが。。。(笑)
[ 2018/04/04 12:56 ] [ 編集 ]
 いいですね。思慮の浅い短絡的な批判を受けがちな経営陣ですが、安易に辞任するのではなく、しっかり後任を育て仕事を引き継いで引退すべきです。BVBの血が流れているケールならサポーター達も安心することでしょう。
[ 2018/04/04 13:54 ] [ 編集 ]
ヴァツケやツォルクは悪いですが、その上が更に問題な気がしますけどね
[ 2018/04/04 15:13 ] [ 編集 ]
問題の先伸ばしですか。
これでは何も変わらない事にいい加減気付くべきです。
たまたま成績が上がったとしても根本が変わらなければ一時の事でしかありません。
どこ吹く風になってしまわないように変えるなら今でしょ。
時間が解決してくれると思っていたらとんだ誤算を招くくでしょうね。

[ 2018/04/04 17:07 ] [ 編集 ]
選手を甘やかしすぎた結果だな。
こんな結果になるのは普通に観戦していれば誰でもわかるはず。
対応が常に後手後手なんだよ。
それに対してアンチェロッティをスパッと切ったバイエルンは本当に優秀だな。
もう見据えているもののレベルが違う。
[ 2018/04/04 18:13 ] [ 編集 ]
そんな先の話よりこの夏をどうするかだと思いますけどね。
[ 2018/04/04 18:29 ] [ 編集 ]
あの衝撃の試合、ドイツ代表7−1ブラジル代表を思い出した。前線からの鬼守備、奪った瞬間に全員がパスコースを作るドイツにブラジルは何もできなかった。そんなサッカーを発明して世界を震撼させたクラブってどこでしたっけ?
[ 2018/04/04 18:47 ] [ 編集 ]
ないと思うけどハインケスばりに何とかできる監督連れてこないと。すでにかなり手遅れ感はあるけど。
[ 2018/04/04 22:15 ] [ 編集 ]
また便乗で選手批判が始まりましたね
どうやら結果を出しているのに自国代表優先でタイトルから遠ざかるクラブに不満を持った選手たちは甘やかされていたらしいので、ライバルクラブとの直接対決で主力を控えにしたり首位クラブに売ったりするような幹部に叱り飛ばして貰いましょう
あ、それよりフロントや監督の差を考慮せず選手だけで勝てるクラブを作れるらしいので、これからは首脳陣も監督も必要ありませんね
選手とサポーターだけで戦いましょう
[ 2018/04/05 11:28 ] [ 編集 ]
選手を甘やかしすぎっていっておいてバイエルンのアンチェロッティを例に挙げる矛盾
不満が溜まってたロベリやレヴァを優先して監督解任したバイエルンこそ選手を甘やかしてるでしょ
ドルが浮上出来ないのは選手を甘やかしてるからではなく、甘やかすべき選手を間違えてるからだから
[ 2018/04/05 12:11 ] [ 編集 ]
選手を甘やかすこと自体に問題はないのですが、甘やかし対象が実力もだせずチームを勝利に導かないのにいつまでも特別扱いしてるから問題なんですよね。
強豪チームは総じてフラットです。メガクラブと言われるチームもです、ロナウドやメッシは甘やかされているように見えますが、得点ができなくなったりするとマスコミからすごいバッシングされますし、サポーターも声を荒げますからね。彼らは周囲の選手を従わせるほどの実力を見せてるから成立してます。
ドルトムントはそういうのないですね、バイエルンの方がもっと選手を周囲が厳しい目でみているように思います。だからこその一強バイエルンミュンヘンなんでしょうね。中途半端にビッククラブであるから選手も幹部も勘違いするんでしょうね、残念です。
[ 2018/04/05 21:46 ] [ 編集 ]
甘やかしは確実にチーム内に伝染しますからね。
[ 2018/04/07 05:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。