ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「マリオ・ゲッツェ!昔の姿を取り戻せるだろうか?」《ドイツの反応》




【スポーツビルト】



ゲッツェ、昔に戻れるか?


entry_img_2236.jpeg

あと何日かしたら、彼にレーヴ監督から電話がかかって来るだろう。代表監督は代表ウィークが終わったら、このリオの英雄と、どうして代表に選ばれなかったか、そしてどうすればワールドカップメンバーに選ばれるのかを話す予定だ。


レーヴは最近めずらしくもゲッツェを批判していた。“彼は自分の強みを再び出さなければならない。もっと前に出て、ディフェンスラインの裏に抜けたり、シュートを打ったりね。マリオは何に取り組んだらよいか分かっているよ。”

スポンサーリンク


そして代表監督は全ての選手は以下の基準によって選ばれていると語った。“成功とパフォーマンスが何よりも重要だ。”と。

問題:ゲッツェのパフォーマンスは足りていない。彼は再び昔の姿に戻れるのだろうか?


ゲッツェにとっては代表の対ブラジル戦に出場できなかった事は苦しかったことだろう。彼は2011年にブラジル代表と対戦し、3:2で勝利した試合において2ゴールを決めたのだ。それから6年半もたったが、軽やかさとダイナミックさはほとんど見る事ができなくなった。


ゲッツェが2016年に復帰してから、彼の得点率は、優勝した2011/2012シーズンとくらべて、一試合平均0.35から0.1へと下がっている。アシストも0.3から0.1へと下がっている。


ゲッツェはワールドカップに出場するためにすべてを費やしている。彼は自宅にトレーニングルームを作り、さらにプライベート・トレーナー、食事の専門家を読んで体調管理に勤しんでいる。来年の夏に行われる結婚式も、婚約者のアン・カトリン・ブレンメルに任せっきりだ。彼の唯一の仕事は、祭壇の前で誓いの言葉を述べるだけだ。


そもそもゲッツェは昔に戻れるのか?


ゲッツェはBVBでロケットスタートに成功し、さらに3700万ユーロでバイエルン移籍。そしてレーヴ監督の“メッシよりも優れていることを証明してこい!”との言葉で放った決勝ゴール。彼はドイツのサッカー選手が望む何よりも多くの成功を手にしている。そして、それにともなうプレッシャーが軽やかさを奪ったとしても不思議ではない。


しかしここで二人の監督が彼を批判したことは、彼にとっては警告ともいえる。


レーヴの批判に加えて、ゲッツェはシュテーガーの批判も聞かなければならなかった。BVB監督は0:0に終わったザルツブルク戦で彼をハーフタイムで下げたのだ。そしてその後“マリオにはまったく納得いっていない。我々の要求に答える事が出来なければ、他の選手にチャンスを与えなければならない。”と語っている。


ゲッツェのプレースタイルは、シュテーガーの下ではあまり生かされていない。ゲッツェ自身は新しいタイプの8番として守備と攻撃のつなぎ役を務めたいとしている。しかしこれはシュテーガーにもレーヴのシステムにも見られない。一方ペーター・ボシュの攻撃的な433は彼に合っていた。


ゲッツェは昔に戻れるか?


彼はワールドカップまであと7試合チャンスがある。彼は“成功とパフォーマンスが何よりも大事だ。”というレーヴの言葉を何度も考えるに違いない。







以上です。

ゲッツェはワールドカップは厳しそうですね。最後のポジションに関してなんですが、最近は4231のトップ下でプレーしていますから、むしろ8番よりも良さそうな気もするんですが・・。

ただドルトムントは4231にしても守備的な6番がいないので、そもそもダブルボランチのこのフォーメーションがあっているのかも微妙ですね・・・。





[ 2018/04/04 18:50 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(23)
 私の見解としては、ゲッツェは持病がなくてもドイツ代表から落選したと思います。現在のドイツ代表の選手達と比較すると格が違うとしか言いようがない。

 良かった頃に戻るには、当時のスタミナとスピードを取り戻す事が前提条件になります。もちろんそれは試合ではなくトレーニングによって取り戻すべきです。BVBの公式戦はトレーニングプログラムではありませんからね。
[ 2018/04/04 19:24 ] [ 編集 ]
4231にしろ433にしろゲッツぇは中央では活きないと思っています
4231の時は424と言わんばかりに前に張ってビルドアップの助けをしてないですし
あっていると言われている433にしてもスコアに繋がる動きはほとんどしていないと思う
使う側ではなく使われる側ですよゲッツェは
[ 2018/04/04 19:48 ] [ 編集 ]
そもそもゲッツェは動けてないから
若いけどピークを過ぎてると判断するのが
妥当な気がしますが。
可能性があるなら1度もっと格下のリーグなどで
やってみたら良いと思います。
現状はブンデスのレベルには無いと思うのですが。
[ 2018/04/04 20:25 ] [ 編集 ]
バイエルン戦を見たレーヴはどう感じたんでしょうね
もしゲッツェがドイツ代表に呼ばれたら、代わりに外れる選手があまりにも気の毒
[ 2018/04/04 20:30 ] [ 編集 ]
昔の姿とは言うけど、単に若くて許されてただけで、今とそんなに変わらないでしょう
早くからトップチームでプレーしていた弊害じゃないんですかね
いうなれば現状のプリシッチです
昔のままそこから成長もなく、プレーも我侭な子供のままですから劣化した様に見えるだけでしょ
[ 2018/04/04 21:38 ] [ 編集 ]
ゲッツェは現代サッカーに取り残された感がありますね。今のサッカーではゲッツェの場所がないです。凄く限定された使い方しか出来ないんじゃないかな。もっと幅広く成長するべきでしたが…。ゲッツェは8番をやりたいと言うわりにはそこで成長しようとする姿勢が見えませんし、だからといって昔のようなアジリティも無くなってしまってすごく中途半端な選手になってしまってる気がします。
[ 2018/04/04 21:45 ] [ 編集 ]
自宅にトレーニングルームとか全てを費やしているっていう事がお金も持ってる一流選手なら恐らくやってて当然の事ばかりだと思います。厳しい見方かもしれないけど。若かったり動けてるうちはそんな事しなくてもいいかもしれませんが。
[ 2018/04/04 21:59 ] [ 編集 ]
まあ今のメンバーだと4231は合ってませんね。何故か4231を推す声は多いですけど。
532とか見たいんですけどね
[ 2018/04/04 22:23 ] [ 編集 ]
新しい8番とはまさに香川スタイルだと思うんですけどね。運動量と広い視野そして戦術眼が必要なポジションなわけでシュテーガーがゲッツェに求めてるのは香川の代役。しかしゲッツェは攻守を繋げないのでトップ下で使ってるんでしょうが守備専のボランチがいないので、チームが機能しないまま。このままではゲッツェの将来は厳しいと思います。
[ 2018/04/04 23:10 ] [ 編集 ]
まぁゲッツェは期待通り評判通りの活躍してないのでしょうがないですが
現状ドルの問題は組織力の無さだと思います
攻撃にしろ守備にしろお互いの動きに連動性がない、かといってビッグクラブのような圧倒的な個がある訳でもないっていう
[ 2018/04/04 23:16 ] [ 編集 ]
レーブはゼロトップで使ってたようにゲッツェは433は
ゼロトップかウィングが合ってますよね
4231でもサイドかワントップかな?

なのに、ペーター・ボシュの攻撃的な433は彼に合っていた、とか
書いてる事自体がゲッツェにとって優しいようで長期的に
見たら優しくない気がします。
はっきり言い切った方が方向性もはっきりするのに批判する方も
中途半端で時間だけが無駄にすぎていますね
[ 2018/04/04 23:48 ] [ 編集 ]
ぞもそも昔を取り戻す必要があるのでしょうか。
当時のサッカーと今のサッカーではシステムも求められるタスクも変わっています。それを鑑みず、一概に比較して論ずるのは無意味だと思います。
昔の姿ではなく今の彼を正当に評価して今後の進化に期待するべきではないでしょうか。
もし彼が普段のトレーニングや試合に真摯に向き合って取り組んでいれば、アジリティは衰えても経験による思考や戦術は十分に肉体の衰えをカバーできるだけの術は会得できる筈です。
彼には身近によい手本がいることを幸運に思うべきです。
もし、彼が昔の自分を追い求めるのであれば彼の未来はバラ色とは行かないかも知れませんね。
たしかに、ドイツ代表は層が厚いので彼が新たなスタイルを手に入れても難しい競争は覚悟しなければなりませんがけっして間違ってはいないと思います。
そして、その努力は代表監督を始め大勢の人の目に止まる事になると思います。




[ 2018/04/05 01:37 ] [ 編集 ]
当時のクロップの4231の2列目で使われたゲッツェは中央だろうがサイドだろうがほとんど守備免除でした。当時の香川ほどにも守備してなかったです。香川移籍後中央になった時も香川以上にFWらし使い方で、クバはより守備的になっていました。今はチームも面子も戦術も違うのに、当時と同じことを体力的にはるかに低いレベルでやってるのが今のゲッツェ。だからシュテーガーが戦術的役割を果たさない(守備をしない、勝手にスペースを空ける)と怒るわけですね。
[ 2018/04/05 01:58 ] [ 編集 ]
ゲッツェ香川は似ている様でいて全然違うからな。
ゲッツェはパサータイプではなくドリブラー型パサーだからね。
香川みたいにゲームメイクは出来ない。
[ 2018/04/05 10:52 ] [ 編集 ]
以前から思ったのはドイツ代表の最後のピースがタイプ的には香川なんだろうなと。で、それを今までゲッツェに周りが期待しているような気がしてました。
よく思うのは、もし香川がドイツ人でドイツ代表だったら凄いことになってそうってイメージしたこともあります。

ゲッツェが以前の状態に戻るか?は戻ったとしても技術的なこことよりゲッツェ自身の考え方次第だと個人的には思います。

[ 2018/04/05 11:14 ] [ 編集 ]
どのフォーメーションどのポジションにせよ試合でリハビリやトレーニングをする、させるのは辞めてほしい
ドルトムントはゲッツェのために他選手に負担をかけるべきクラブではないし、ゲッツェが活躍することがタイトル獲得に繋がる最良の方法とも思えないので
[ 2018/04/05 11:35 ] [ 編集 ]
>ゲッツェ、昔に戻れるか?

一年前にも言ってただろう・・・まだ何か夢を見るきなのか(-_-;)
[ 2018/04/05 13:04 ] [ 編集 ]
11:14

ドイツの中盤はエジル、クロース、ギュンドアン、ゴレツカとかいう化け物がいるから香川でもスタメンより2番手争いでしょう。でもデミルバイ、ジャン、ルディ、ゲッツェ辺りよりは普通に序列高いと思う。
[ 2018/04/05 16:02 ] [ 編集 ]
彼以外の選手は正直どう思ってるんですかね。仮にフロントの覚えめでたいとしても結果出してればなんも言えないけどさ。
[ 2018/04/05 16:30 ] [ 編集 ]
昔をよく知らないけどゲッツェの良いプレーってずっと局所的イメージ。
特に得点直結のストライカーとしてはそこは最重要ですよね。
4231のトップ下起用は得点直結の局所的プレー期待なのでしょう。
しかし、元々が以前の中なら輝くって程度の印象で、現状の中じゃ・・・

個人的には現状のBVBにハマるフォーメーションは無い状態に感じてます。
トゥヘルならどれも機能させるかもですが、どれもギリギリってイメージ。
比較的マシなのが4231か4141と考えますが、どちらも結構穴あるよね。
[ 2018/04/05 16:34 ] [ 編集 ]
私もゲッツェと香川はタイプが違うと思いますね。ドイツ代表だと香川はエジルとミュラーを足して2で割った感じ。最近はギュンドアンの要素も加わってきた。香川がドイツ代表でも必ず選ばれると思うけど、必ずスタメンかは微妙。ゲッツェはもうひとつ前の選手だったからライバルが少なかった。今は中盤の選手として代表狙ってるので、これは厳しいよ。ドイツ代表は中盤から後ろはえげつなく層が厚く強力。
[ 2018/04/05 20:32 ] [ 編集 ]
エジルクロースはともかく数字見ればギュンゴレツカレベルにはあるでしょ
[ 2018/04/07 13:38 ] [ 編集 ]
ドイツ代表というのは、(今現在)でメガクラブからオファーが来るレベルの選手です。
[ 2018/04/08 05:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。