ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!今年夏にクラブを出ていく選手は?秘密の放出リスト《ドイツの反応》




ビルト】

秘密のBVB放出リスト



entry_img_2237.jpeg

ドルトムントの危機、そしてその結果。夏にはBVBは、てこ入れをするだろう。それは何位で終わろうが関係ない。


そしてその新たな道を切り開くのがマティアス・ザマーだ。彼は1995年と1996年にBVBで選手として優勝し、さらに2002年には監督としても優勝している。さらに2012年から2016年まではバイエルンのSDも務めた。現在はユーロスポーツで解説者をやっている。彼は新シーズンからアドバイザーとしてBVBで働くことになる。


スポンサーリンク


ザマーはチーム内にはっきりとした序列を作りたいようだ。リーダー的存在、チームプレーヤー、そして個人プレー重視。

なによりも他の選手よりも前にでていく選手がドルトムントには欠けている。来シーズンに向けてドルトムントに必要なのは微調整ではなく、大変革だ。


ロマン・ヴァイデンフェラーは引退し、ミッチー・バチュアイもチェルシーに帰る。



2017年に獲得したアンドレイ・ヤルモレンコとジェレミー・トルヤンにとっては厳しくなるだろう。さらにヌリ・シャヒンやゴンザロ・カストロもだ。さらに2019年まで契約を残しているソクラティスももはや揺るぎに存在ではない。



アレックス・イサークとエリック・ドゥルムも展望は望めない。この28人のスカッドは小さくするだけでなく、大きく変わらなければならない。さらにシュメルツァーがキャプテンに相応しいかも問わなければならない。



スポーツ・ビルトがBVBの秘密の放出リストを掴んだ。このスター達は怯えなければならない。

・ミッチー・バチュアイ
シーズン終了までローン。トゥヘルがチェルシーの監督になったら彼はロンドンに帰るだろう。

・アレクサンダー・イサーク
彼はBVBレベルにない。ローンか売却。

・ロマン・ヴァイデンフェラー
引退

・アンドレイ・ヤルモレンコ
2500万ユーロでやってきた。力強いスタートを切ったがその後は下り坂。補強になっていない。

・ソクラティス
2019年までの契約なので夏の移籍の可能性あり。

・シャヒン
シャヒンはクラブに貢献したが、ほとんどプレーしていない。

・トルヤン
期待に応えることができず。

・カストロ 
最近はプレーしているががっかり。出ても良い。

・ドゥルム
すでに昨年夏にも移籍して良かった。






以上です。

新たな放出候補のリストが出たようです。秘密のリストですが、いったいどのようにして掴んだのでしょうか・・。まあこのあたりの名前が上がって来るのは無難な所ですね。ヤルモレンコはさすがに早すぎるような気もしますが・・。

さっきまでシティ対リヴァプールの試合を見ていましたが、リヴァプール強かったですね。やっぱりクロップは凄いです。ドルトムントに必要なのもモチベータータイプの監督な気がします。スタジアムの雰囲気と化学反応を起こしそう。



[ 2018/04/05 06:19 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(25)
ヴァイグルが移籍しそうな気がしますね。
確かシティが来期からプーマになりそうと報道されてて、
ヴァイグルもプーマに替えたので、ドルトムントに遠慮するなく
移籍しそうな気がします。
[ 2018/04/05 07:24 ] [ 編集 ]
リバプールとクロップにはどちらも大物キラーのイメージがあるけどマンC食いはさすがですね
冷静に考えるとマンCかな、でもクロップだったら逆境から何かを起こしてくれるかもしれない…と思わせる魅力があります

ゲッツェとローデは放出リストに入ってないんですね……
[ 2018/04/05 08:02 ] [ 編集 ]
今の状況では選手達の方が出て行きたがるんじゃないかと思いますが。はっきりした序列も選択を間違えば失敗に終わるのでしっかり見極めて欲しいですね。
[ 2018/04/05 08:06 ] [ 編集 ]
序列が公平ならいいけどね。
ドイツ人だから等の理由で結局今と変わらないような気もするな。
ポテンシャルとか曖昧な基準で実力、結果を反映するのか疑問。
外国人選手はもっと正しく評価してくれるクラブに移籍した方がいいかもね。
[ 2018/04/05 08:20 ] [ 編集 ]
このリストにゲッツェを加えてカストロを消してほしい。
[ 2018/04/05 09:04 ] [ 編集 ]
シティ対リヴァプール戦 私も見てました! 
クロップはペップにやっぱり強かったですねヽ(^o^)丿
ギュンドアンにはがっかりですけど…。
ベンチにおとなしく座ってる監督よりBVBにもクロップみたいに熱い監督が来て欲しいです!

選手何人かは放出しないといけないけど、とってくれる所がないと。 
ドゥルムなんて前回メディカル落ちたでしょ? 放出したくてもできるかな。
[ 2018/04/05 09:42 ] [ 編集 ]
ペップが唯一苦手としているのが、クロップですよね。資金力に劣るクラブで格上を倒す・・たまりませんね。シティの枠内シュート0ですからね。
アンフィールドに劣らない雰囲気と集客力を持つドルトムント、勿体無いにつきます。
数々の主力を奪われ、監督の首もすげ替えて来ましたが、逃した一番デカイ魚はクロップでしょう。辞任と言われていますが待遇を上げ全権を委ねて、望む補強を叶えていたら今でも指揮をとっていた気がします。

秘密のリスト、人選を見れば秘密でも何でもないですよね~。それよりも監督に誰が来ようがザマーがアドバイスしようが、ゲッツェシュルレコンビを放置しているようでは来季も明るくない。コンビを外せるのが、真の名将であり価値あるアドバイザーでしょう。
[ 2018/04/05 10:03 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコはここまで言われるのは可哀想です。確かに聞き足対策されてチャンス潰すこともありましたけど、その分チャンスも作ってるんですよ。スコアポイントも高かったはず。何よりも彼はポジショニングが凄く良いです。だからあれだけチャンスに関われるんだと思います。現に香川、ヤルモレンコ、ゲレイロが怪我をしてチャンス創出自体が凄く減って大味な攻撃ばかりになった気がします。シュールレはドイツ人だから守られるんですかね…ヤルモレンコの方が良いと思うんですけど。ゲッツェに関しては何を言っても仕方ないのでね…。
[ 2018/04/05 10:58 ] [ 編集 ]
モチベーターであることは重要ですけど、サッカーのスタイル自体はそろそろクロップの土台から脱却する時期だと思うんですよねえ。
なんか未だにドルトムントのサッカー=クロップのサッカーのように言われてるのをよく見まし、あの時のサッカーを基準に評価している人もよくいますけど、自分はメンバーにあった新しいスタイルを模索するべきだと思います。
[ 2018/04/05 11:21 ] [ 編集 ]
ボスもシュテーガーは静かすぎるというか、ヌルすぎて選手から舐められてるんですよね。
しかし、新加入のヤルモレンコが出て、2シーズン目のシュールレやゲッツェが出ないあたり、失笑してしまいますね。
[ 2018/04/05 11:41 ] [ 編集 ]
当たり前の話ですが放出リストから香川の名がなくなりましたね、やっと必要性に気がついたということでしょうか?それともドルトムントが放出するのではなく他のクラブからオファーがあり移籍するということなのでしょうか?
クロップは流石ですね、サラーフィルミーノマネの台頭はあるもののプレミアでも哲学と戦術を浸透させペップシティすら食ってしまったんですから
トゥヘルを評価するために最終シーズンを持ち出して揶揄してる方々がいましたが二連覇時代とは何もかも違う謂わば新チームだったのに、時間を与えず批判ばかりしていたのは間違いだったことがはっきりしました
[ 2018/04/05 11:47 ] [ 編集 ]
ビルトにしてはトンデモ感がないので元ネタ情報あるかも。
スポーツ・ビルト情報が元だからですかね?
でも日本での主要批判選手含んでないので、これでも文句多そうかな。

リヴァプール有利とは思ってたけど会心の勝ちのようですね。
クロップとクラブカラーもマッチしていて小気味良い。
就任後、特に補強方針が一気に化けた印象・・・BVBとは正反対にね。
[ 2018/04/05 12:52 ] [ 編集 ]
クロップさすがでしたね!
ドルトムントの監督と言えば未だに自分の中ではクロップなんです
リバプールファンの皆さんには失礼に当たるかも知れませんが
キッカー一面もリバプールとクロップの快進撃のことばかりでした
CL是非優勝して、ドルトムントに戻って来てくれないかな
放出候補ですがゲッツェとかもメディカルに引っかかるんじゃないでしょうか
[ 2018/04/05 16:44 ] [ 編集 ]
[ 2018/04/05 12:52 ]
>でも日本での主要批判選手含んでないので、これでも文句多そうかな。

アメリカでも批判されてますよ。ESPNの実況解説では、明らかにビルドアップの邪魔になり、相手に中央のスペースを与えてる、彼がなぜファーストチョイスになるのかわからない、ゴールやアシストが多ければ目も瞑れるけれどそれもない、などと言われています。
[ 2018/04/05 19:01 ] [ 編集 ]
その放出リストにフロント肝いりのゲッツェはともかく、シュルレが入ってないのか
しかしトゥヘルはアーセナル、チェルシー、PSGと忙しいね

CLは・・・本当に痛快
昔はBVBがバイエルンを打ち倒す事で得られてたものだったはずなのにと残念だ

クロップはモチベーターだけではなく闘志溢れる先進的な監督だし、モチベーター部分も選手だけじゃなくクラブやサポーターをも尊重してくれる
そんな監督稀でしょ
まー選手には厳しいときはあるが
[ 2018/04/05 19:32 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。Sport1でクラブに残る、移籍など、全員がコメント付きのリストで仕分けられてたので出来れば訳して頂けたらありがたいです。
[ 2018/04/06 01:29 ] [ 編集 ]
私リヴァプールファンですがクロップを見てドルトムントの試合を観るようになったクロップのファンなので個人的に両クラブは身近なクラブになっていてどちらのクラブもクロップのイメージになりました。
CL観ましたが調子を落としていたファンダイクを引き抜いてリヴァプールで活かすあたり流石クロップですね。
コウチーニョ居なくなってもこの攻撃力は驚きです。
[ 2018/04/06 01:32 ] [ 編集 ]
放出すべきは監督3人の下でスタメン取れないシャヒン、2年間結果出せてないゲッツエとシュールレ、負傷しすぎで補欠にもならないドゥルムとローデ。 ヤルモレンコは1年目だし、結果も出してたから後1年見たい。
[ 2018/04/06 03:28 ] [ 編集 ]
放出すべき選手を放出しないと、肝心な必要な選手が出て行ってしまいそうです
リストに名前のない2人コスト削減も出来ますしね。クロップは流石ですね。それがドルじゃないのが寂しいですが
[ 2018/04/06 07:20 ] [ 編集 ]
カウンター > ポゼッション
クロップが「ドリブラー大好き」なのがよく分かる試合でしたね。
パス回しなんかチマチマやってたら、カウンター食らうだけだぞ!っていう。
まさにポゼッション&パスサッカーがあっけなく粉砕された試合でした。
来季、惚れに惚れているプリシッチをついに取られてしまうのでしょうか…
バケモノのサラーがレアルマドリーに移籍したら取られるかもですね。
ハリルホジッチがやりたいサッカーも、リバプールのようなインテンシティ&個の力&スピードのあるサッカーなのは明白ですよね。
[ 2018/04/06 16:58 ] [ 編集 ]
ポゼッションかカウンターかのどちらかだと思ってる人がいるんですか。日本がハリルの発言を歪曲しているのでそうなるのでしょうが、臨機応変に相手の出方を見てボール保持をしたりカウンターを仕掛けたりと対応するものなんですがね。ハリルホジッチもボール保持を否定しているわけでなく、ボールを奪った後のカウンターは縦に速くと言っているだけですよ。対戦相手はある程度の点差がついてリードすれば後半は体力温存で引いて守備を固めるので、日本がボール保持する時間帯もありますからね。それと個の力=ドリブル突破じゃないですよ。ドリブラーがいてもドリブラーへの的確なパスの供給力、ロストからのカウンターを防ぐ守備力、運んだボールを確実にフィニッシュする決定力など、ドリブラーを活かすチーム力がなければ役に立ちません。今の日本代表が悪い例でしょう。パスの出し手受け手の判断やポジショニングが悪い上、パス精度や連携が悪く、ボール奪取力、守備力、決定力もないですから。
[ 2018/04/07 07:07 ] [ 編集 ]
ハリルがやりたいのはビルドアップ軽視の極所的なカウンターだから、あれじゃ大迫に収まらなければサイドからしか攻められないし、サイドにしても欧州南米に通用するドリブラーがいないんだから噛み合ってもグループ突破は厳しいよ
というかそもそもクロップが志向としてるのはドリブラーではなくドリブルも使えて回さずにゴールに直結するパスワークが出来る選手でしょ
サラーにしてもマネにしてもドリブラーじゃないしね、その上であれだけドリブルも出来るから凄いわけで
[ 2018/04/07 13:15 ] [ 編集 ]
ハリルがリバプールのようなサッカーをしたいのは明白です。
まあ肝心の日本人のレベルが低すぎるので、滅茶苦茶になっているだけですが…
[ 2018/04/07 20:11 ] [ 編集 ]
日本の個の力=ドリブル突破の風潮って何なんでしょうね。
それなら個の力ある選手は日本にはいないですよ。
ドリブルも突破するだけのものとしか思ってない人が多すぎる。
ゲームの香川のドリブルの数値が高すぎ(ドリブル突破が少ない)とか文句を言う人が沢山いて失笑してしまいました。
[ 2018/04/08 02:18 ] [ 編集 ]
日本には必要に応じてドリブルできる選手がいないのです。
スペインでは「持ち上がるドリブル」「運ぶドリブル」「仕掛けるドリブル」の3種類をきちんと教わります。
しかしこういった事が不得意なのが日本人なので、そりゃハリルも大変だなと思いますよ。
[ 2018/04/08 05:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。