ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ユベントス!ドルトムントのソクラティスの獲得を希望!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】

ユベントス・ドルトムントのソクラティスの獲得を希望!



entry_img_2239.jpeg


ソクラティスのBVBでの契約は2019年までとなっている。クラブは彼をさらに長い間クラブに留めようとしているが、ソクラティスは移籍市場において人気だ。すでにマンチェスター・ユナイテッドが彼を狙っていることは有名な話だ。


イタリアのメディアによると、ユベントスがソクラティスの獲得を狙っているようだ。彼の市場価格は2200万ユーロとなっている。なのでBVBはこの夏多くの移籍金を獲得できる可能性がある。

スポンサーリンク




ソクラティスはイタリアサッカーを良く知っている。彼は2008~2011年までACミランとFCジェノバで66試合プレーしている。その後ブレーメン、そしてドルトムントとブンデスリーガでプレーしている。




ユベントスはディフェンダーを若返らせるという計画を立てている。



40歳のキーパーのジジ・ブッフォンの前では36歳のアンドレア・バルザリと33歳のジョルジョ・キエッリーニが守っている。さらに3番目のディフェンダー、ベナティアとシャルケからローン移籍中のヘヴェデスは30歳だ。


さらに、ソクラティスはマッシミリアーノ・アッレグリ監督をミラン時代から良く知っている。ソクラティスはユベントスに移籍すればタイトル獲得が約束されている。


ドルトムントのセンターバックは、ソクラティスを除いて3人いる。冬にバーゼルから移籍してきたマニュエル・アカンジ、これまであまり活躍できていないエマ―・トプラク、そして若き才能のザガドゥだ。


ドルトムントは、ポカール、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグで敗れ、今後大変革が望まれている。







以上です。

まあ時期監督次第でしょうが、ソクラティスは移籍しそうですね。
ソクラティスは最近あまり調子が良くありませんが、移籍先としては良い名前が上がっています。


ドルトムントもチームの柱となるセンターバックが必要ですね。



[ 2018/04/06 20:30 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(12)
マンチェスターユナイテッド
ユベントス
アーセナル

素晴らしいステップアップですね。
[ 2018/04/06 21:10 ] [ 編集 ]
フンメルスを放出した時点でパパがチームの柱となるCBでは?
それを移籍先としては良い名前ですね、チームの柱となるセンターバックが必要ですねとはこれ如何に?
チームの柱となるCBはどのような選手の事を言うんですか?
その選手はバイエルンに持ってはいかれないんですかね?
[ 2018/04/06 22:00 ] [ 編集 ]
その金で若手を買うのかな…。
[ 2018/04/06 22:20 ] [ 編集 ]
この記事の通り、ブッフォンやバルザーリ、キエッリーニも高齢ですし、
ソクラティスはACミランにいた事もありますからね。

スタイルもドイツよりイタリアの方が向いてそうなので良いかもですね。

とは言え、ドルトムントからすれば彼がいなくなると、痛手でもありますから
悩ましいですね。
[ 2018/04/06 23:10 ] [ 編集 ]
良い選手ですけど、本人としてもクラブとしても金銭面、年齢、パフォーマンスを考えると売るとしたら今しかないでしょうね。
本気で改革をするなら売ってもいいタイミングだと思いますよ。
[ 2018/04/06 23:27 ] [ 編集 ]
フンメルスがいた頃は守備に専念出来て結果もついてきてたけど今の環境ではフィード出来ないという欠点が露わになってしまってる
ユーベならその辺心配がないからドルにいるより活躍できるんじゃないかな
[ 2018/04/07 10:04 ] [ 編集 ]
もう若手はしばらくやめろ。今はチームの土台づくりに心血そそぐ時期だ。
若手をとるのはそれからだ。
[ 2018/04/07 11:38 ] [ 編集 ]
というかクラブランキングでもタイトル数でも(CL優勝回数は別)その他でも勝ってるユーベからオファーを貰ったパパと、それを放出しようとしてるドルの差が今季の成績と比例していますね
来季からも浮上するドルが見られなさそうで辛くなりますね
[ 2018/04/07 13:26 ] [ 編集 ]
フンメルスがいた頃はフンメルスが守備の穴って言われてだけどね笑
[ 2018/04/07 21:17 ] [ 編集 ]
>フンメルスがいた頃はフンメルスが守備の穴って言われてだけどね笑
個人的に「逆で柱だろ?」って印象で不思議でしたけど・・・
当時はピンチで目立つソクラテスが守備の柱と言われてましたね。
お陰で180度違う考え方を受け入れる心構えができました。

この件で香川の巷の評価も諦めがつきましたね。
今も昔も香川の凄さは、分かり易い活躍してた部分じゃないから・・・
[ 2018/04/08 15:08 ] [ 編集 ]
ちなみにビュルキも批判されがちですが、今期のブンデスリーガ無失点試合の三指に入るGKでしょうに
スイス代表の補欠とか揶揄しますがブンデスリーガはそうやって揶揄する選手より下のGKしか居ないのが現実ですね
[ 2018/04/09 03:07 ] [ 編集 ]
フンメルスが穴って言われてた時は、トゥヘルがいつも通り間抜けの一つ覚えでにフンメルスを前に張らしてた時だけでしょ
裏を付かれ、足がそこまで早くないフンメルスが必死に戻る姿を、論ってたんじゃないんですかね
前半戦は全く改善しないでフンメルスに批判集中させてましたよねアノ野郎
後半戦になってやっと修正されてフンメルスへの批判は無くなりましたね
フンメルスが出て行く事となった原因の一つです
[ 2018/04/10 06:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。