ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・ゲッツェ!シュテーガーから平手打ち!もはや起用せず!《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



シュテーガー!マリオ・ゲッツェをもはや起用せず!そして平手打ち!



entry_img_2258.jpeg

マリオ・ゲッツェはシュテーガーの言葉をまるで平手打ちのように感じたに違いない。“マリオは才能のある良い選手だ。”とシュテーガーは0:2で敗れた後で語った。そして彼をスタメンで起用しなかった事については“信頼”関係によるものだと語っている。そしてこれは代表監督の場合もそうだろうか?

5月15日にはワールドカップ前のメンバーが発表されるが、何よりもドルトムントのマリオ・ゲッツェが呼ばれない可能性が高まっている。

スポンサーリンク


脇役のユリアン・ブラント、グナーブリー、サンドロ・ヴァーグナー、フォラントなどが勢いを増す中で、ゲッツェはレーヴが心配している選手のナンバー1だ。


この25歳は“僕は自分のクオリティーががタイトル獲得においてチームを助けることができると信じている。”と土曜日のビルトで語っている。しかし彼は3月に行われた対スペインとブラジル戦には召集されなかった。彼はその後0:6で敗れたバイエルン戦でスタメン出場したものの、シャルケ戦では86分からの途中交代となっている。


“代表監督は僕と僕のクオリティーを長いこと知っている。僕はそれを失ってはいないし、むしろ反対だ。”と彼は語っている。


さらにチームメートのシュルレも力を発揮していないので、今度のワールドカップには、前回の決勝ゴールの二人なしで防衛に挑むことになるかもしれない。それどころかBVBから一人も選ばれない可能性もある。まだマルコ・ロイスには少し可能性があるだろう。


いずれにせよワールドカップ出場が危ぶまれているのは、リヴァプールで負傷中のエムレ・ジャン、それからグラートバッハで力を発揮できていないシュティンドゥルだ。


では代表監督は誰を連れていくだろうか?


それに対して、勢いを増しているのが、ブラント、そしてフォラント、グナーブリー、ヴァーグナーだ。フォラントはフランクフルト戦でハットトリックを達成し、ホッフェンハイムのグナーブリーもここ6試合で6ゴールをあげている。


さらにヴァーグナーもここ最近先発した試合で6度成功している。彼は現在マリオ・ゴメスと争っているが、人生最高潮に達しており、“僕は相応しいと思う。だからワールドカップにも出場するよ。“と語っていた。


それに対して15人から16人の選手たちは確実とみられている。そこにはキャプテンのマニュエル・ノイアーも含まれている。






以上です。


ゲッツェをきっかけに代表メンバーを占う記事でしたが、これから4試合誰がアピールするか楽しみですね。

ぜひともロイスには出場してほしいです。ヴァイグルはプレーしていないのでダメそうですね・・。本当に残念です。

ゲッツェとシュルレは・・・、まあこのままじゃあ無理そうですね。まずはチームに貢献してほしいです!

[ 2018/04/17 06:00 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(31)
ロイスは怪我さえしなければ呼ばれると思っています。
彼は柔軟性や適応能力が高い選手なので、ボールの引き出し方であったり、周りを生かすのも非常に上手い。
ドイツ代表だからこそ選ばれるべき熟練した選手だと思います。

ゲッツェ?シュールレ?
もはや格が違いますね。
[ 2018/04/17 06:14 ] [ 編集 ]
ドルトムントの戦力になっていないどころか、完全に穴になっている選手なので、ベンチ外にして放出すべき。
レバークーゼンと契約延長したブラントは、本当に地に足が着いている。
ドルトムントに来て欲しい選手の一人だ。

バチュアイが怪我をしてしまった以上、CFはロイスしか考えられない。
ウィングにはプリシッチ、フィリップ、ヤルモレンコがいる。(シュールレは論外)
香川が復帰したら下記の配置でやってもらいたい。


_____ロイス_____
プリシッチ__ヤルモレンコ
___香川__ダフード__
____ヴァイグル____


まずCFはロイス。彼が狙うのはゴールのみ。
香川とは横より縦関係の方が合っているので、彼がパスを引き出し、相性の良いコンビネーションで崩す。
ということで、香川にはトップ下に近い前目でやらせたい。
下がり目の相棒はダフード。ヴァイグルは絶対に変えない。
ウィングはプリシッチは固定。
もう一人はフィリップかヤルモレンコのどちらかだが、香川との相性を考え、ワンツーやダイレクトで感じ合えるヤルモレンコを優先したい。(調子の良い方を起用)

まあ好き勝手に書いたが、二ヶ月離脱中の香川がどれだけパフォーマンスを取り戻せるか。
レバークーゼン戦には少なくともベンチ入りしてもらいたいところだが…
[ 2018/04/17 06:48 ] [ 編集 ]
ドイツ人は一部を除いて多くの選手がブンデスに所属しているので
活躍度合い、レベルの見極めがしやすいですね
日本はレベルの低いリーグで活躍する方が話題になって
レベルの高いリーグに所属して頑張ってる選手が何故か不利になるという変な現象ですけどね
[ 2018/04/17 07:07 ] [ 編集 ]
ゲッツェはレーブのお気に入りだと自覚してるだろうし、実際そうなんですが今の状況ではレーブもゲッツェを選べないですね。シュテーガーは一度はゲッツェを擁護しましたが、反省していないゲッツェに呆れたんだと思いますよ。ひたすら香川の復帰を待ち望んでるでしょう。
[ 2018/04/17 07:15 ] [ 編集 ]
ゲッツェとシュールレは戦術眼も視野も決定力もないのにチームと監督をバカにしすぎ。あれだけポジションや守備の意識が低く、危機管理もできず、攻守の切り替えの足かせになってる自覚がないなら使ってもらえるわけがない。
[ 2018/04/17 07:25 ] [ 編集 ]
本当にビンタされたのかと思ったw
[ 2018/04/17 07:58 ] [ 編集 ]
ロイスはケガ直ってるなら呼んでやってもいいんじゃまいか
万全ならクオリティに疑いないし今回ダメだともう出れないかも… ドイツの層の厚さは半端じゃないしなぁ…
[ 2018/04/17 08:12 ] [ 編集 ]
個人的にゲッツェはコンディションを整えれるならサイドのスーパーサブとかで使えるんじゃないかと思ってます。
シュールレは判断やプレー自体も箸にも棒にもかからない感じでこれから何か変わる様な期待感はないですね。
[ 2018/04/17 08:38 ] [ 編集 ]
ゲッツェとシュルレはベンチ外に居る事がチームへの貢献だろう
ダービーでもシュルレは後半出てきたが結局何も出来なかったしな
これがオバや香川なんかだと大バッシングになってただろう
シュメも最早不要になったし、ゲレイロを早く復帰させてトルヤンをバックアップにした方がまだマシ
[ 2018/04/17 08:44 ] [ 編集 ]
良くも悪くもあることもないこと全部書かれますね
インタビューも一部分を切り取ったり好きなように印象を操作する。
とことん持ち上げたり貶したりまぁこれはどの国もある程度仕方ないですね
日本でいう本田や香川みたいなものでしょうか
[ 2018/04/17 09:18 ] [ 編集 ]
ゲッツェには気の毒ですが、実際の実力とこれまでの持ち上げられ方の差が大きい分、期待にこたえられなかったときのパッシングは大きくなるのでしょうね。日本人なら、あらかじめハードルを下げておくのですが、ドイツ人はそこで弱気な発言はできないんですかね。
シャルケ戦も、最後5分だけですが、ほとんど存在感がなかったですね。サイドに配置されていたようですが、最初からサイドにいると、ほぼボールが経由されませんね。やはり、自らボールサイドに動いて行かないと、ゲームに入れないんでしょうね。
[ 2018/04/17 11:00 ] [ 編集 ]
これはドイツの協会から招集しない可能性が
高いという通達がきたからこのような報道が
出始めてるんでしょうね。
いきなり外す、とかは問題になるから

ロイスは怪我だけに注意しよう
問題はそこだけだと思います
[ 2018/04/17 11:44 ] [ 編集 ]
この様な記事に一番反応するのは、代表当落線上で必死に足掻く選手と関係者だと思います。四年前の栄光をいつまで引っ張るんだと。
古今東西、天才と呼ばれ若くして栄光を掴み、大枚と賞賛を得ながら消えていった選手はたくさんいます。
ゲッツェもW杯までは記事になると思いますが、代表発表後は話題にもならないでしょう。介護・養護期間の終了です。
散漫さを捨て、謙虚に自分を振り返りながら練習やゲームに励めば四年後の芽も生まれると思います。
このまま不貞腐れ埋もれて単なる負の遺産になるか、天才復活となるかサッカー人生の分かれ目だと思います。
[ 2018/04/17 12:03 ] [ 編集 ]
ゲッツェの為に犠牲になって来た他の選手が可哀想過ぎる。選手が想像以上の素晴らしいプレーをするにはなんらかの衝き動かされる感情、ストライカー特有のエゴですら使命感などを感じられますが彼にはそれが全く無い。
[ 2018/04/17 12:08 ] [ 編集 ]
管理人さんに質問なのですが、ドイツ人って一般的に謙虚なほうが受けがいいのですか?
それとも俺が俺がみたいにアピールするのがいいのかな
日本人は前に出過ぎると生意気だとか叩かれるけど、ヨーロッパは違う印象
独仏英でもまた違うのだろうけど
[ 2018/04/17 13:23 ] [ 編集 ]
ゲッツェはまず自分を俯瞰して見た方がいい。たとえばドル2連覇時に近いゲッツェが戻ってきても現代サッカーでどれだけやれるかは疑問。
サッカーの移り変わりに着いていけてないし、着いていけてない事に気づいてない。周りはもっとアドバイスしてあげた方が良いと思う。
[ 2018/04/17 13:33 ] [ 編集 ]
いやもうゲッツェとシュールレは諦めましょうよ…
この二人が貢献するの待つってことはそれだけ同ポジ選手の出場時間を無駄にするということで…
みんな名を上げたくて上位クラブのドルトムントに来ているんですから前ドイツ代表だからW杯で活躍した時期があるからとそういう一部の選手だけに期待し続けて他選手を蔑ろにして犠牲を強いたらそりゃ出て行きますって…
[ 2018/04/17 13:53 ] [ 編集 ]
今季開幕辺りのゲッツェのインタビューで、一生薬を飲まなければいけない。(治る病気ではない)って言ってた記憶があるんですが、私の勘違いかな。

ゲッツェもシュールレもワールドカップに向けてのアピールの仕方を、ピッチの内外共に間違って空回りしてるようにみえます。
もしかしたらドイツでは有効なのかもしれませんが。
二人とも才能ある選手なんだから、しっかりしてよ!

シュールレはドルトムントが合ってないんじゃないかな。インモービレみたいに。
[ 2018/04/17 17:04 ] [ 編集 ]
ゲッツェと香川を一緒にして欲しくないのと同じで
本田と香川を一緒にして欲しくないですね
[ 2018/04/17 18:40 ] [ 編集 ]
ここのコメントはなぜゲッツェシュールレばかり叩かれてるのか疑問です
明らかにシュメルツァーが悪かった試合だったのに
[ 2018/04/17 20:29 ] [ 編集 ]
ロイスは連携面で他の選手と合わせる時間がなさすぎましたね。基本はいつもの重鎮メンバに、コンフェデの若手を呼ぶと思いますが、さてどうなるでしょうか。
[ 2018/04/17 22:00 ] [ 編集 ]
数試合前に途中で下げられて、シュテーガーから「内容に満足できなかったから」と言われてたゲッツェですが、メディアに対して「監督の評価を真摯に受けとめて改善する」といった趣旨のコメントをしていました。その後シュテーガー監督も打って変わってゲッツェを褒めています。ところがつい先日、ビルトのインタビューでゲッツェはあろうことか、先のシュテーガー監督の叱責を批判しています。「みんな調子悪かったのに俺だけ批判するな」と言わんばかりに。これでは監督の信頼も揺らぐでしょう。以前ドルトムントからバイエルンに移籍した時もファンの反発に対して自己弁護をしていたゲッツェですが、人間として成長が見られないのが残念です。なんでも人のせい、人の気持ちは考えず自己中心的。
[ 2018/04/17 22:16 ] [ 編集 ]
なんで本田や香川とゲッツェやシュールレを一緒くたにしてる人がいるんですかね?前者は結果出してても世代交代しようとする連中から理不尽に批判された二人ですが後者は前回大会の貯金で散々持ち上げられたのに結果が出ず改善すらしなかった二人じゃないですか?全く違うと思うんですけど
[ 2018/04/17 23:38 ] [ 編集 ]
ただでさえ金欠クラブなのに、高級取りが2人とも使い物にならないという非常事態。
[ 2018/04/18 03:01 ] [ 編集 ]
04/17 20:29さん
ちゃんと記事見ましょうよ。せっかく管理人さんが翻訳してくれてるんだから。
シュメルツァーなんて代表から遠のいて久しいのに話題になるわけないじゃないですか。
[ 2018/04/18 06:24 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、シュールレと香川、本田は違う。
そもそも香川と本田自体違うから一括りにしないでもらいたい。
なぜかいつも一緒にされて気分良くないです。
[ 2018/04/18 08:10 ] [ 編集 ]
ここでゲッツェやシュールレばかりが叩かれるか疑問です?シュメが悪かったのに?そんなの簡単な話です、シュメの出来が悪かったのは間違いないですがゲッツェとシュールレは何試合も機会を貰ってるのに何時までも使えないからですよ
この二人を擁護する人がまだいるとは思いませんでしたが、いい加減に見切りつけないとドルトムントは二人が引退するまで共に沈みそうですね
[ 2018/04/18 20:38 ] [ 編集 ]
ゲッツェもシュールレもそこまで酷いプレーはしてないですよ
他にフィリップもプリシッチも居ますが特には目立っていない
それが今のドルトムントの現状であってシュールレやゲッツェばかりが叩かれるのがおかしいと言ってるだけです
[ 2018/04/19 11:10 ] [ 編集 ]
私の印象だとゲッツェとシュールレはチームの勝利より、何か他のことを優先してる気がする。
二人のオフザボールの動きと、ロイスの動きを比較して見てください。
ロイスは守備時に危険なスペースを埋めよう必死に自軍へ戻ります。かたや二人は。。。
この二人が出ると勝率が下がるし、まぁ叩かれて普通だと思うな。ましてやチーム上位の高給取りだしね。

[ 2018/04/19 12:26 ] [ 編集 ]
ドルトムントファン以外からも、ゲッツェとシュールレはめちゃくちゃ批判されてますよ。
誰が見ても分かることですから。
また、ドイツ在住の鈴木氏もゲッツェがなぜペップやトゥヘルから干されたのか?や、香川との差などを戦術分析されてます。
さらにキッカーにも放出候補として2人の名前が上がりましたね。
[ 2018/04/19 13:27 ] [ 編集 ]
ロイスは黒子もちゃんと出来るんですよね。でも勿体無いので香川はまだか〜。もちろん2人で点とっていただきたいところですが。いや全員で点とって守ってください‼︎
[ 2018/04/19 17:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。