ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川途中出場 ブレーメン戦「フンメルスのへま」寸評と採点

西ドイツアルゲマイネ新聞より、ドルトムント選手の寸評と採点です。昨日の試合は内容も悪かったこともあり、ファンの反応も落胆と怒りに満ちたものが多かったですね。西ドイツアルゲマイネ新聞より寸評と採点を紹介します。

20141221205432cf9.jpg




ランゲラック 3

開始3分で彼はボールに触れなければならなかった。ゴールに入ったボールを取り出すために。フリーのゼルケに対して彼は為す術がなかった。前半終了間際の43分にはロレンツェンに対して、ボールをクリアした。2失点目も彼は為す術がなかった。それ以外はロングボールが良く目についた。


フンメルス5.5

決定的な場面でBVBのキャプテンは彼のレベルになかった。0:1となった場面では得点を決めたゼルケに抜かれ、その後26分に大きなチャンスがあったロレンツェンを躍らせる事にもなった。そして前半終了間際にもヘディングでボールをクリアしたが、そのボールはバルテルスに流れ、もう少しでロレンツェンが2:0とする所であった(43.)。後半はゼルケに対して力強さを見せたが、その後棒立ちとなってうまくかわされてしまった。そして62分には0:2になってしまった。それでもギュンドガンのコーナーから1:2となるヘディングゴールを決め、78分には香川の大きなチャンスを演出した。


ピスチェク 4.5

彼の背後にブレーメンは多くのスペースを得た。彼は守備においてあまり抵抗力がなかった。そのかわり攻撃においては大抵が彼のサイドからのものだった。キルヒへの良いクロスを45分に上げた。いずれにせよこの右サイドバックは彼がファイナルサードのエリアにおいては危険であることを度々示した。後方では試合の組み立てに関わることはなかった。後半の2失点目では即座に対処しなかった(62.)。


シュメルツァー 4.5

彼は試合後30分にはクロップからの言葉を聞かなければならなかった。なぜなら彼は攻撃においてほとんど危険ではないクロスを上げており、守備においても問題を抱えていたからだ。彼がロングボールを取り逃し、ロレンツェンの大きなチャンスを得た場面などである(43.)。彼がバルテルスのクロスを防ぐことが出来なかったので68分にはほとんど0:3となる所だった。


ギンター 5

BVBの全ての選手と同様にこの代表選手にも動揺と不安が見られた。それにくわえてミスもあった。特にポジショニングは最善のものではなかった。例えばゼルケのクロス対してなどは苦労してクリアしなければならない程だった(23.)。それに0:2となった場面ではゼルケのクロスに対して彼は無人の国に立っており、バルテルスをフリーにしてしまった。彼が68分にバルテルスのクロスの下にいた場面に置いては本来ならばゼルケが0:3としなければならなかった。


ケール 4.5

彼はただ一人の6番としてBVBのスペースを埋めるために努力していたが、ほとんど成功しなかった。それに前への動きもほとんど目立たなかった。前半で香川に譲らなければならなかった。


キルヒ 4

ギュンドガンの隣で2人めの中央の選手として力強さを発揮するべきだった。しかし最初のBVBのチャンスを演出したオバメヤンのパスまで(29.)彼の成果はあまりなかった。そして先制点の場面ではパスを出したガルシアを走らせてしまった。休憩前のチャンスでは彼はボールをうまく捉えることが出来なかった。後半はボールを片付ける役割を担ったが、ブレーメンの危険なカウンターを防ぐことが出来なかった。


グロースクロイツ

左サイドをとても良く走っていたが、成果がなかった。彼のサイドから攻撃が繰り広げられる事はなかった。


ギュンドガン 5.5

良くボールを持っていたが、危険な攻撃を始める事はできなかった。まったく問題外で部分的にはウェストパルクで遊んでいるように見えた。(公園でサッカーして遊んでいる人のよう。アマチュアの様。)前半ではほとんどの競り合いに勝つこともなく、競り合いはそもそも2度しかなかった。26分には彼のボールロストからブレーメンの大きなチャンスを用意した。


オバメヤン 4

右サイドから上げられる彼のクロスはとても危険の少ないものだった。唯一の例外は29分にインモビレの頭目掛けて放った正確なクロスである。後半はイタリア人の隣でストライカーとしてプレーし、少なくともシュートは放った(55.)。しかし危険になることはなかった。


インモビレ 3.5

彼はお手本のようにあくせく働きブレーメンの守備陣を不穏な状態に陥れた。前半ではルキムヤにヘディングした、たった一本しかゴールチャンスが無かった。それ以外彼はチームメートからボールをもらえなかった。


香川真司 5

後半ケールに代わって出場し、より攻撃に勢いをもたらすべきであった。しかし78分には2:2となりそうな大きなチャンスを得たが11メートルからフリーで放ったボールは大きくそれてしまった(78.)。それ以外は成功することは少なかった。同じような場所から放たれたヘディングシュートも相手を全く困らせるものではなく、明らかにゴールを反れていた(56.)。


クバ

グロースクロイツに代わってやって来たが、もはや何も建てなおすことはできなかった。

スポンサーリンク


その他の採点

20141221205436d2f.jpg


【ルーアナッハリヒテン】

ランゲラック 4、ピスチェク 5、シュメルツァー 5.5 フンメルス 5.5、ギンター 5.5、ギュンドガン 
5、グロースクロイツ 5.5、キルヒ 4、ケール 5.5、香川 6、インモビレ 4、オバメヤン 5



【ビルト】

20141221210845d7b.jpg

ランゲラック 3、シュメルツァー 6、フンメルス 5、ギンター 6、ピスチェク 5、キルヒ 6、ケール 6、グロースクロイツ 6、ギュンドガン 5、オバメヤン 5、 インモビレ 5、香川 6


・・・・・・・・・・・・・・・・


以上です。

昨日の試合は、今シーズンで最も酷い試合の一つだったように感じました。上位相手にはそこそこの内容で戦えていたのですが、下位チームに対しては結局最後まで問題が解決されないままでしたね。後半戦は是非とも違った戦術も試してほしいですね。

今シーズンチームで最も成功しているオバメヤンですが、管理人個人的にはオバメヤンは70分ぐらいからの切り札として使い、スタメンはうまく連携できるメンバーでチームを作って欲しいです。現状ではオバメヤンが一人で10点ぐらいとっていますが、前線の選手が平均的4.5点取れるようになってほしいというのが希望です。(どうしても優勝したシーズンのイメージが離れませんね。)オバメヤンはアシスト数も多いし本当に素晴らしいんですが、なんとなく他のチームメートの力が発揮されないという印象が拭えないんですよね・・・。


これで1月6日までクリスマス休暇に入りますが、日本人選手、BVB関係、ブンデスリーガに関するニュースなど面白いものがありましたら、引き続き更新する予定です。どうぞ宜しくお願いします。

【おまけ今日のドイツ】

2014122120555488f.jpg

クリスマスカード
お友達からクリスマスカードが届く嬉しいですね。24日に向けて益々気分が盛り上がります。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/12/21 21:15 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(28)
No title
インモービレ3.5?
2失点目のロストといい、ボールまったく収められず、MFにでてきては、パスミスとかワンパターンに右に流すとかでおまけにワンテンポ遅い

いいストライカーだけど、固められた時は全く生きないから、レバとかバリオスとはタイプが全く違いすぎ
[ 2014/12/21 22:27 ] [ 編集 ]
No title
香川のヘッドと宇宙開発には唖然とした
精神が病みすぎてるよ
イップスでは?という噂があるけど、本当かもしれない
[ 2014/12/21 22:56 ] [ 編集 ]
No title
イップスって使いたがるの多いね
自分が知った難しい言葉を使いたがるのって典型的な中二病の症状だっけ

ストライカーの決定率も20%行かないんだぞ10本ワールドクラスでも8本は外すのに香川にだけは100%の決定率求めるの多いよな

揚げ足とりのレベルだろ
[ 2014/12/21 23:15 ] [ 編集 ]
管理人さんお疲れ様です。
皆が絡んで点を取れるドルトムントを見たいですね~、現状オーバメヤンはとってもありがたい存在ではあるんですけどね。

雑な言い方をすれば、
自分が40%の確率で一点取れる状況でも味方が60%の場所にいたらそっちにパスを出す、みたいなドルトムントが好きです。このチームが調子いいときって、皆が皆のことよく見れてましたよね。
[ 2014/12/21 23:17 ] [ 編集 ]
No title
点とってるメンバーがほんとに苦しい試合してる時に点をとってるのか?いい動きしてるのか?ものすごく疑問なんですねえ
[ 2014/12/21 23:56 ] [ 編集 ]
No title
香川があのヘディングを決めたら、むしろ私が唖然としましたね。
ボールが少し低かったし、あの角度のヘディングはかなり難しいですから。
もし、ファーでクロスを受けたなら、枠には入れてくれと思いますけどね。
[ 2014/12/22 00:05 ] [ 編集 ]
多方面から記事を紹介くださって、いつも有り難く楽しく拝見しています。

ここで中断ですね。
こちらはのぞくだけの身なので(笑)、
負担や無理のない範囲で更新なさってください。
p(^o^)q
[ 2014/12/22 00:07 ] [ 編集 ]
No title
自分的イップスって聞くと某漫画しか思い浮かばないんだけどなw

まぁあれですね、正直採点ってあんま当てにならんなーって毎回思ってます。
ただ地元紙が香川6をつけてたのはなんとも言えないですね。二回の決定機をぽかしたんだからまぁ仕方ないですけど、久しぶりの試合で雨ってのもついてなかった。
あの状態ならでなくても良かったかなー、、もっと本調子になるまで、、なるよね?
[ 2014/12/22 00:53 ] [ 編集 ]
この一試合だけならともかく、ゴール前で冴えないのは去年からずっとですからね。イップスとは言いませんが批判されるのは仕方ないと思います。
[ 2014/12/22 01:12 ] [ 編集 ]
シュート以外香川本人のコンディションは悪くはなかった
ただ70分過ぎから完全に放り込みに以降して頭の上をボールが通り過ぎるシーンが多すぎた
香川出てからある程度バランスよくなったが最初の433、4141の時なんて見るに耐えないレベルのサッカーやってたからな
クロップにはそろそろ目を覚まして欲しい
香川抜けてからの2シーズンカウンター特化でやってきていかに不安定な試合が多かったか
昨シーズンの酷い時も今と同じ様なサッカーでレバとロイスが最後どうにかして点決めてくれたから勝ち点拾えたってだけの試合がどれほどあったか
まずは選手の距離感の見直しから頼むわ
[ 2014/12/22 01:18 ] [ 編集 ]
自分もインモービレの採点が高いのに驚いた。。
それはそうと、香川はイップスって指摘に同意せざるを得ません。
こわばった表情だけでなく、体にも余計な力が入っているように見えてしまうので。
以前のようなゴール前の落ち着きがなくなっているのは確かですよね。
イップス専門のメンタルコーチが日本にもいるそうなので、帰ってきたらとりあえずカウンセリングだけでも受けてくれることを切に願います。
[ 2014/12/22 03:00 ] [ 編集 ]
No title
2010-2012年の香川は結構たくさんのチャンスがある中で、試合で何個かは外して、1~2個決める感じだった
でも今はチャンスが圧倒的に少ないからね
多分以前も決定率13%ぐらいだったはず


まぁ、チームの状況もあるしゴール前の落ち着きはなくなってる感じはあるけどね
この状況で焦るなっていうのも難しいとは思うが
以前のように余裕もって試合に臨める状況ではないのは確か
[ 2014/12/22 03:32 ] [ 編集 ]
No title
DFをまじでなんとかして欲しいわ
1失点は許容範囲だけど17試合して2失点以上の試合が11もあるとかありえない
[ 2014/12/22 03:43 ] [ 編集 ]
No title
11月以降のリーグ戦は

バイエルン     2:1   BVB 
BVB         1:0   ボルシアMG
パーダーボルン  2:2   BVB
フランクフルト    2:0   BVB
BVB         1:0   ホッフェンハイム
ヘルタ・ベルリン  1:0   BVB
BVB         2:2   ヴォルフスブルク
ブレーメン     2:1    BVB

ですが、上記のイドゥナパークでのパフォーマンスは私は全体的に良かったと思う。実際にミスもあったけれども、それ以上に良い場面もつくれていた。
ボルシアMG、ホッフェンハイム、ヴォルフスブルグともにCL圏のチームですから、2勝1分けは結果としても充分すぎるものです。

逆にアウェーのフランクフルト、HBC、ブレーメン戦のパフォーマンスはクロップが監督になってからのワーストの試合に加わるものだと思う。
今も魚の小骨のように引っかかっているのが、HBC戦でのクロップの「前半はやりたかった戦い方の真逆になった。ヘルタのプレースタイルと狙いは分かっていたのだから、そこにボールを入れるべきではなかった」というコメントです。
分析はできているのにピッチ上でそれを実現できないというのはどういう状況なのかと。
アウェーでの選手のパフォーマンスは確かに悪いのですが、それでも相手が使ってくるスペース、ボールを狙ってくる局面が監督やブバチから伝えられその対策も指示されているのに、ピッチ上で選手がまさにその逆を実行してしまう状況が仮にあるとしたら、それはどういう状況なのだろう、と考えてしまうのです。


ブレーメン戦はBVBのパフォーマンスの悪さに加え、ゼルケが非常に厄介でした。ずっとあのパフォーマンスができるとは思いませんが、あれが続けられたらこの19歳がドイツ代表に加わるのも時間の問題かも。
香川も出ましたが、彼のコンディション自体は良かったと思う。ここ数試合の彼の問題の一つにボールの受け方がありましたが、それが大きく改善されていたし、それと同時にプレー選択と精度も重要な選手になれるレベルまで改善されていたと思う。
休めてコンディションが回復したのが大きかったのかもしれませんね。だからこそこの試合はもっと彼を使う場面が欲しかったと感じました。チームメートからの信頼を取り戻す必要があるのは明らかでした。
彼がアジアカップに本当に参加するかは大きなターニングポイントになると思います。私は今の状況でヨルダンやパキスタンやイラクと試合するためにオーストラリアに行くのは得るものに大して失うものが大きすぎると思う。
ましてや香川は去年、コンフェデがきっかけで前のチームへの合流とコンディション調整が遅れて非常に苦しんだのではありませんか。この夏もチームへの合流が遅かった分、なおさらこの冬は重要になってくるはずです。
香川はフィットし復調すれば非常に重要な、今のチームの状況をひっくり返しうる選手です。だからこそ絶対にドイツに残ってほしい。


管理人さん、前半戦おつかれさまでした。このチーム状況では訳すのが愉快ではない記事も多かったと思うのでなおさら……。
私も攻撃陣がまんべんなく点をとるのが良いと思います。良いときのクロップのチームは多くの選手にチャンスがまわってくるものですからね。
また、この試合もそうですが、1点差で勝ち点を落とすゲームが多い中で2列目の選手が回ってきたチャンスで得点を決められるようになれば今の状況は上向くと信じています。今も苦しんでいる選手たちが必死でやっているのは見れば分かります。だからこそ報われてほしい。後半戦は彼らのゴールパフォーマンスと笑顔が見たいですね。
[ 2014/12/22 05:34 ] [ 編集 ]
No title
香川にアジアカップ拒否権はないよ。招集されて拒否ったら罰則で3試合出場停止がFIFAのルール

ここには香川の意思は反映されないから、アジアカップに行っても香川に文句いうのはお門違い
[ 2014/12/22 05:47 ] [ 編集 ]
No title
私を含め代表招集に応じたことで香川に文句を言う人を私は見たことがありませんが、FIFAの規約は「Aマッチデーの代表招集は身体に問題がない限り拒否できない」です。
[ 2014/12/22 06:42 ] [ 編集 ]
No title
知ってるなら>だからこそ絶対にドイツに残ってほしい。なんか長文かまして書かないでしょ

[ 2014/12/22 07:42 ] [ 編集 ]
No title
ケールより悪い採点・・
そうかなあ・・?
好機に決められなかったけど
それなりに動いてたけどなぁ 
周りはさっぱり連動しなかったけど・・
[ 2014/12/22 09:58 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん翻訳お疲れ様です。
前半戦は何も改善されないまま来てしまいましたね。
前衛はバラバラだし引いた相手に個の力で何とかしようとするのは無理があると思うんですが。
メッシやクリスチャンロナウドレベルの力を出すのをクロップはずっと夢見てるのかな。
[ 2014/12/22 10:14 ] [ 編集 ]
No title
香川がイップスかどうかは専門家ではないので断定できないけど、力みすぎて本来のスムーズな動きができてないのは間違いないでしょ、特にゴール前では。
香川が好調なときは力感があまりなく、ひょうひょうとプレーしてるイメージがあるけど、今はナーバスになりすぎて動きがぎこちない。問題はいつ開き直れるかどうかだね。そうすれば力みが消えて動きが滑らかになって、すぐにでも復活すると思う。
[ 2014/12/22 10:31 ] [ 編集 ]
No title
イップスかどうかは分からないけど
モイーズのマンU以降ゴールチャンスで必ず力むようになったのは確か
その他のプレーの正確さと比べると明らかだと思う

だからひとつの試合での決定率の問題じゃなくてここ2シーズンくらいのゴール前でのプレーぶりを見て心配してる人も多いんじゃない?
[ 2014/12/22 10:49 ] [ 編集 ]
アジア杯辞退は3試合のペナはしってるけど残り18あるんだからそっちのが良いと思うけどね
どーせキャンプいかなきゃベンチだし
アジア杯出たほうがいいって意見もあるけどまた自分だけゴール決められなかったら堕ちるだろう
この間みたいに、、あれから酷くなっていった
まあこんなこと書いてもアジア杯いくだろーけど
[ 2014/12/22 11:36 ] [ 編集 ]
またイップスイップス。
シュートが下手なトーレスもイップスだと言えるね。
[ 2014/12/22 12:41 ] [ 編集 ]
No title
パワーある選手でもないのに
あの距離で頭選択するかな・・・フリーなのに
[ 2014/12/22 16:19 ] [ 編集 ]
No title
オーバヤメンの得点に依存するなら、ワシントンがいた頃の浦和レッズのような面白くもなんともないサッカーをもっと突き詰めなければならない。

でも、それじゃ何のためにクロップという指揮官を据えているのか・・・という話になる。

イタリア人ならば割り切って勝ち点計算も出来るでしょうが、優勝したシーズンのサッカーに骨の髄まで魅せられたサポーター達には、そんな生き残り戦術は到底受け入れられないはず。

あのサポーター達なら2部降格でも構わずスタジアムに通うでしょうし、とことんクロップ体制の生き様というか、ドルトムントというクラブとしての矜持を最後まで見せて貰いたいな、と思ってるよ。
[ 2014/12/22 17:33 ] [ 編集 ]
No title
アジアカップ、モチベーションを上げるきっかけになるといいですね。
このタイミングで・・・というのはありますが、出るからには頑張ってほしいです。
[ 2014/12/22 18:34 ] [ 編集 ]
No title
香川のチャントが懐かしい、、
次聞けるのは一体いつに、、、
[ 2014/12/24 05:21 ] [ 編集 ]
No title
とにかく今はシュートとチャンスメイクに徹して欲しい。中盤の底でのパス回しは他の人に任せろ。今シーズン得点1アシスト0はダメすぎる。イップスとか力んでるとか言われてるけど、そんな外野の事は気にせずどんどん前でチャレンジして欲しい。そのうち点になるでしょ。2~3点入れたら調子も自信も戻ってくるんじゃね。
[ 2014/12/25 09:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。