ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョ、ロイスの活躍で4位のレヴァークーゼンに勝利!選手採点《ドイツの反応》



entry_img_2263.jpeg

西ドイツアルゲマイネ】


ビュルキ 2.5

ほとんどやる事がなかったが、必要とされた時はその場にいた。しかし大抵はクロスをキャッチするだけ。



ピスチェク 3
彼のサイドを大抵閉める事に成功した。さらに攻撃にも常に参加したが、特に成功はしなかった。しかし最近多くなっていたミスは明らかに減っている。



ソクラティス 2.5
力強いパフォーマンス。ゴール前で危険な場面を作る事がなく、後半はロイスに向かって50メートルの正確なパスを通して驚かせる。


スポンサーリンク





トプラク 2
組み立ては順調。ロイスが2:0とした場面でフィリップがオフサイドになったのは残念だった。



アカンジ 2
シュメルツァーがダービーでの弱々しいパフォーマンスの後でベンチ外となったので、彼は予想に反して左サイドバックでプレーした。そしてベイリーにしっかり対処し、さらにドリブルや攻撃でも驚かせた。


ヴァイグル 2.5
数週間ぶりにスタメン復帰。そして素晴らしいとまではいかないが、良い仕事をこなした。ほとんどのパスは目的に届き、ほとんどの一対一にも勝利した。しかし6番一人で、すべてのスペースを消すことはできなかった。


プリシチ 1.5
この19歳は右サイドで良いプレーをした。彼のドリブルとパスがサンチョの1:0をアシストしている。さらにPKを獲得している。


ゲッツェ 2.5
彼が18メートル先から放ったシュートがBVBの最初のチャンスだった。ロイスと並んで10番をこなし、特に前半はここ最近と比べて良くなり、55分にはロイスのゴールをアシストしている。しかしその前には大きなチャンスを潰している。多くに成功したが、まだまだだ。



ロイス 1.5
12分のサンチョへのパスは素晴らしかった。さらに2:0の場面のファーストタッチも素晴らしかったが、これはオフサイドで取り消された。その後PKは弱弱しく、止められてしまった。しかし後半にはキーパーをかわして得点。されに79分にもサンチョのアシストからヘディングゴールを決めている。



サンチョ 1
12分にはチャンスを外し、経験が足りないことがあらわになった。しかしその後冷静にボールをファーサイドに決めて先制している。彼のドリブルは驚異的で、3点目と4点目をアシストしている。


フィリップ 2.5
バチュアイの代理でプレーしたが、長い時間に渡って見せ場はなかった。しかし63分には3:0となる得点を決めている。






以上です。

今日は久しぶりに素早いサッカーを見ることが出来ましたね。予想に反してキャプテンのシュメルツァーがベンチ外となりましたが、その代わりを務めたアカンジは良かったですね。サンチョと二人で左サイドが良かったです。

ロイスがPKを外した時は、今日もうまく行かないかもしれない、と絶望的な気持ちになりましたが、後半しっかり勢いを保ってくれてよかったです。まあ相手はポカールがあったのでその疲労もうまく利用できたかもしれないですね。

フィリップはそれほど目立ってはいませんでしたが、シュートは上手いので、これはありかな、と感じました。

ロイス、このまま無事にシーズン終了までプレーできればWカップは大丈夫そうですね。


素晴らしい!ベストゲーム
久々に面白い試合が見れましたね。
「絶対に負けるものか!」という気迫が攻守に溢れていて、文句無しにシュテーガー体制でのベストゲームかと。
特に際立つていたのはロイス、サンチョ、プリシッチ、アカンジ。
ロイスはもう、何度溜め息が出たことか…
ワールドクラスとはこういう選手の事を言うのだと。
こんなにも美しく、カリスマ性のある選手がいてくれる事に、ただただ感謝しかありません。
彼はズバ抜けて格の違う選手なので、ドイツ代表入りはもう間違い無しでしょう。
両翼のプリシッチの凄さまじさは、今さら言うまでもないとして、何ヶ月ぶりかに(スタメンで)見たサンチョの成長っぷりには度肝を抜かれました。
これで18歳とは…今後どうなってしまうのでしょうね。
アカンジは対人の強さでサイドを完全にシャットアウト。
計り知れない貢献度と頼もしさだったと思います。
ここまでずっと不甲斐ないパフォーマンスばかりでウンザリしていましたが、このようなビッグクラブらしいサッカーを、あと数試合ですが見せ続けて欲しいですね。
[ 2018/04/22 05:53 ] [ 編集 ]
前半で3-0でもおかしくなかった。プレスがよく効いて中盤のボールの取り合いでも負けなかった。おかげで久しぶりにキーパーがヒマしてられるゲームになった。
ゲーム決めたのはゲッツェの気の利いたボールタッチ。1点目のまた抜きパス、2点目のゴール前に出したパスで相手をパニックにした。
サンチョはいよいよ出てきたな。3点目のランニングしながらヒールトラップは最高のプレー。前から言ってるけど、このプレーヤーはチーム勝たせる力があるので大事に使ってもらいたい。
[ 2018/04/22 05:55 ] [ 編集 ]
やっとシュメという穴が塞がれたおかげで左サイドが活発に動けるようになった感じですね
サンチョが素晴らしかたっというのもあるのですが。
バチュアイの代わりを誰にするかの記事でもほぼ名前の上がらなかったフィリップFWという布陣を見て「その手があったか!」と手を打ってしまった。
次の試合では早ければ香川復帰で現状バチュ以外はドルで出来る最高の布陣になりそうですがいきなりフルは無いでしょうからどうなることやら
[ 2018/04/22 06:13 ] [ 編集 ]
左サイドの穴コンビ、シュメルツァー&シュールレ→アカンジ&サンチョで劇的に良くなった。
来シーズンに向けてサンチョの覚醒は大きい。
[ 2018/04/22 06:51 ] [ 編集 ]
ロイスがPKを外したけど、僕は今日は全く嫌な予感がしませんでした。レヴァークーゼンはかなりスペースを許してたし、ドルトムントの選手がボールをキープした時もほぼ詰めてなかったのでかなり安心して見ることが出来ました。
[ 2018/04/22 07:08 ] [ 編集 ]
レーブ視察のための選手起用でしょうか。
相手がポカールがあったとはいえ、あれだけの攻撃的布陣でクリーンシートは素晴らしい。
やはりキャプテンはロイスが相応しいですね。
それにしてもシュテーガーは大胆ですね。
評価がとても難しい。
[ 2018/04/22 07:54 ] [ 編集 ]
久々の4141気味に見えましたがロイスは流石でした。
ベイリー対策もあったのでしょうがSBアカンジ驚きました。
サンチョもプリシッチも良かったですね。

良かったけどPK失敗で前半1点止まりは心配しましたね。
フィリップのトップはバチュアイとは違う感じに機能しそうですね。
何にせよここの勝利は大きな前進だね。
トリヤン右サイドでSB縦並びは面白かった。
彼はサイドに近いから終盤プリシッチとの交代は割と良さそう。
[ 2018/04/22 10:18 ] [ 編集 ]
フィリップは我慢強く使っていればポスト覚えそうな気がします。他のポジションだと前線の守備ができないので(相手に並走するだけで体力消耗している)、ワントップが良い気がします。それとシュート上手いので、囮の動きを覚えると使える選手になるかと。とにかく維持費のかかる選手なので、活躍してもらわないと困りますね。
[ 2018/04/22 10:33 ] [ 編集 ]
レバークーゼンの不調をうまく突けましたね。
ロイスがプレスのスイッチになって点も取ったりとキャプテンとしても頼もしかったです。
攻守の切り替えも後半につれて少し改善されてるように見えたので残りの3試合、香川も復帰するのでこの勢いのまま行って欲しいです。
[ 2018/04/22 11:18 ] [ 編集 ]
サンチョとアカンジ、ロイスよかったですねー久しぶりに気持ちよく勝てた気がします。
ゲッツェももっと調子上げて頑張れ!
香川の復帰も近そうですし楽しみですね
[ 2018/04/22 12:03 ] [ 編集 ]
試合は見れませんでしたが、香川が怪我する前を含めてシュテーガーのベストゲーム見たいですね
しかしチームが苦境に立たされる原因がキャプテンかつ、大事なシーンに不要なキャプテンってのも凄いですね
来期のキャプテンはロイスにして欲しいです
[ 2018/04/22 12:18 ] [ 編集 ]
 チームは快勝、レーヴの前でロイスの好調をアピールできて言うことなし。だがロイスが下がった途端バランスが崩れました。全体の安定性は不十分。
[ 2018/04/22 12:41 ] [ 編集 ]
サンチョとプリシッチに尽きると思います。ロイスは流石ですね。
ゲッツェは攻守の切り替えが遅過ぎて話にならない。サンチョ、プリのドリブルで時間を作れたからのゲームに参加できたけど。
[ 2018/04/22 13:17 ] [ 編集 ]
サンチョの何がいいって、守備に戻るのが素晴らしいと思いました
あの若さであれは凄い
[ 2018/04/22 14:55 ] [ 編集 ]
組立ができるSBがいかに大事かがわかりますね。もちろんこう上手く行くことは早々ありませんが、右にピクチェフなら、左で組立ができるSBは必須でしょう。
これでトルヤンは苦しくなりましたが、どうなるのでしょうか。
[ 2018/04/22 15:35 ] [ 編集 ]
もうケガ多かろうがなんだろうが来季からはロイスがキャプテンでよし。レーヴに良いとこ見せられて良かったね。後はこれが続いてほしいしナーゲルスマンがどう攻略してくるか…シュテーガーやる気出して頑張ってよ。それから香川!最後にひと仕事待ってます。
[ 2018/04/22 16:25 ] [ 編集 ]
ちょっとバイエルン以外のレベルが心配になるようなゲームでした。
レバークーゼンの中盤は全くフィルターが掛かっていませんでした。
BVBが上手く戦ったのかどうかハッキリとしない相手ミスからの得点でしまね。
ミスを出させたのだから上手く戦ったのでしょう。
そう思うようにしてます。
[ 2018/04/22 17:16 ] [ 編集 ]
サンチョが守備もしてくれるんならシュメでええんだよね結局
ドルの両サイドバックはいろんなタスクやらされすぎなんだよ
[ 2018/04/22 17:18 ] [ 編集 ]
スペースをくれるレヴァークーゼンは比較的お得意様というのはあるけれど、暗いムードを払拭するのには充分でした!ゲッツエも必死さが見えていました。このまま彼を非難する層が一定数存在し続けたら、かえってそれが彼の復活の起爆剤になるかもですね。多すぎないのが前提ですが。ロイス、ゲッツエ、ヴァイグル出場は、レーヴのリクエストでしょうね。
[ 2018/04/22 17:25 ] [ 編集 ]
そうですね。サンチョの守備にひた走る姿勢は心を打つものがありました。

フィリップのCF、最適解になると良いですね。
[ 2018/04/22 18:47 ] [ 編集 ]
レバークーゼン対バイエルンのポカールでの試合水曜日でしたっけ
ラッキーな部分もありましたね
6-2でバイエルンに負けてたレバークーゼンと
6-0でバイエルンに負けたドルトムントとどうなるかと思ってました
まぁこれでCL出場権獲得に一歩前進したと思えば嬉しい限りです!
[ 2018/04/22 20:42 ] [ 編集 ]
レーブのリクエスト?
そんなものは無いでしょう。
ロイスは当然として、むしろレバークーゼンの選手が目当てだったでしょうし。
ゲッツェよりブラントの方がもはや格上のパフォーマンスで、代表入りしてますからね…
3月のメンツを見たらロイス以外、1ミリも入る隙は無いと思います。
[ 2018/04/23 07:01 ] [ 編集 ]
たった一試合でゲッツェ批判する層を皮肉れますかね?そういうのはスタメンレギュラーだった間に無得点無アシスト未勝利が何試合続いたか思い出してからにして欲しいです
[ 2018/04/23 17:19 ] [ 編集 ]
レーヴのリクエストというよりフロントが押し込みたかったのかなと自分も思ってしまいました。ロイス以外はリクエストするまでもなくドイツ代表はタレント揃ってると思うので。
[ 2018/04/23 17:52 ] [ 編集 ]
ゲッツェ批難層なんて言うほど居ましたかね?誰も彼も彼の出場した際の勝率なんて無視して期待マンセーし続けてた気がするんですが、この1試合でもう帳消し扱いですからゲッツェは特別な存在ですよね
[ 2018/04/24 03:51 ] [ 編集 ]
改めてロイスは攻撃だけでなく、守備も超一流。
プレッシングのスイッチ役として最高級のリーダーシップを持っています。
[ 2018/04/24 09:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。