ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長!「ドルトムントはもはやバイエルンハンターではない。」《ドイツの反応》




レヴィーア・スポーツ】


ラウバル、ドルトムントはもはやバイエルン・ハンターではないとの見解!



entry_img_2266.jpeg


ボルシア・ドルトムントの会長ラインハルト・ラウバルは、ドルトムントはすでにバイエルンとの競争相手ではなくなったと見ているようだ。


スポンサーリンク


“私は、まあ短期的かもしれないが、現時点では自分たちがバイエルン・ハンターではないと見たほうが良いと思う。”と南ドイツ新聞に語った。


“我々は期待値を少し下げるべきで、またサッカー的な将来を見据えるべきだ。そしてそこから組み立て、いつかそこから何が達成できるか考えるべきだろう。”と答えている。



バイエルンミュンヘンはドルトムントが2011年と2012年に連覇を決めてから、今シーズン6年連続優勝を決めた。



ドルトムントは、まだチャンピオンズリーグ圏をかけて震えなければならない状態だ。


ラウバルは、バイエルンとの差が開いたとして選手を放出してきた事をあげている。“我々はフンメルスを失い、さらにワールドカップ優勝者のゲッツェやレヴァンドフスキー、オバメヤン、デンベレー、ミキタリアン、ギュンドガンなども失った。これだけ見れば国際的なチームだ。そしてそれに見合った補強ができなかった。”






以上です。

ラウバルの役職はプレジデントとなっており、まあ会長職です。一方は会長と言う呼び方が定着したヴァツケは本来は社長と言ったほうが近いですね。と言っても現在は複数の社長がいるような企業も多いので、正確に訳すのは難しいですね。ヴァツケは代表取締役というのが日本語的には一番しっくりくるかもしれません。ちょっと長いですが。

ラウバルが、ドルトムントの補強の失敗を認める発言をしましたね。結構お金は使っているはずなんですが、それが実らなかったのは残念です。

ドルトムントは結構節約したように見えて、実はそれほどではない選手を逆に高値で買わされていた、というのが現実だと思っています。

[ 2018/04/23 18:30 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(37)
補強が下手
これに尽きますね。
[ 2018/04/23 19:00 ] [ 編集 ]
 ビッククラブ相当の選手を売って同等の補強が出来ないなんて、当たり前の事です。相応の給料を払う資金力がないんですからね。そこはいいんですよ。問題ないんです。

 私からすると、クバ、グロスクロイツ、カンプル、ギンターらを放出したのが失敗。ゲッツェ、シュールレ、ローデの獲得は大失敗。特にバイエルンの負債を買い取ったのは敵に塩を送る行為だった。
[ 2018/04/23 19:15 ] [ 編集 ]
ゲッツェは本人いますがな
[ 2018/04/23 19:22 ] [ 編集 ]
勝つことを第1に考えてないから。
ドルトムントが強くならないのは、この一点につきる。
初めから諦めてたら強くなるわけないだろ。
[ 2018/04/23 19:51 ] [ 編集 ]
結果論でしかないけれど、トゥヘル留任でもうワンシーズン観たかったですわ。契約延長はないにしても。
成績を残したら残す。軋轢があろうとなんであろうと結果が何よりも重要。それがビッグクラブだと思うんすよね。
例えば、バイヤンがファン・ハールを残したように。
補強もそう。マーケティングやブランディングが優先されて、勝つことが第一にはとても感じられないですね。
幹部や代表たちが弱気な発言をするのは大いに結構です。期待値を下げるのも方法としてありますから。しかし、それは勝つことが最優先であることが前提で、今はひどいですね。招くべくして招いた状況と言わざるを得ない。
[ 2018/04/23 19:58 ] [ 編集 ]
ビッグクラブは勝つことが最優先と言ったけれど、「つまらないから」という理由だけで解雇したチームもありましたね。。
[ 2018/04/23 20:03 ] [ 編集 ]
よく、「ドルトムントはケチだ」とか「デンベレやオーバメヤンの移籍金で得たお金をなぜ使わないんだ」などのコメントを見かけますが、それは間違いです。管理人さんのおっしゃる通り、お金は使っています。ただ、ワールドクラスではないそこそこの選手を獲得するために使っていると思います。
会長が認めたように、選手の抜けた穴を埋める補強が出来ていませんし、来シーズンからはぜひその問題点を改善してほしいです。
そして、すぐにとは言いませんが、またバイエルンに対抗できるようなチームを作って、優勝争いに参加してほしいと思います。
[ 2018/04/23 20:17 ] [ 編集 ]
ラウバル会長の記事は珍しいですね。
コメント内容は現実見て将来を考えてると感じます。

ヴァツケは確かに代表取締役で日本的には社長扱いだけど・・・
ちょっとイメージ違いそうだよね。
一応はCEOが適当なはずだけど馴染んでる気はしない。

たしかに高値で買った選手が特にいまいちかな。
でも、フィリップとアカンジ等は妥当に思うから・・・
将来性の見立ては良くて、伸び悩みの見切りが悪いのですかね?
[ 2018/04/23 20:38 ] [ 編集 ]
自分たちがそうしたくせによく言いますよね
ハインケス政権中ならともかく、そもそもリーグ上位から引き抜きすぎです
こういうことを言うとドルトムントやシャルケもだと言う人がいますが、その2クラブは基本下位クラブからですし
それはリーグポイントを取りCL出場枠を維持するためなのでバイエルンとは違いますから
[ 2018/04/23 21:03 ] [ 編集 ]
1強多弱
この酷い状況でさえ、ブンデスリーガ3位(2位と勝ち点差1)に君臨できているということに、色々とヤバさを感じますね。
イングランド、スペイン、イタリア、フランスだったら一体どの位置に値するのか…
ゾッとするような試合ばかりしていますし。

レバークーゼン戦も、快勝は喜ばしいけれど、未成年の選手が最も活躍しているような現状にショックすら感じました。
ロイスが意地を見せたのはさすがでしたが、もはや彼ら両翼の突破力頼みでしかチームは機能しないのかと。
正直、ダメダメなチームだという思いが一層溢れてきたというのもありますね…
[ 2018/04/23 21:10 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、シュールレ、ローデにいくらかけたか考えれば妥当ですよね。
この内2人はバイエルンのベンチ要員でしたし。
というか、ローデは一体何をしているのか(後ドゥルムも)。怪我なのは分かっていますが、もう何年も見ていない気さえしますね。
ゲッツェもシュールレも微妙ですし、年俸等も相まって、明らかにマイナスになっているように思います(広告塔のようなプラスはあるかもしれませんが)。

選手の放出、そしてその穴埋めの補強が上手く出来なかったとありますが、それは仕方ないのではないでしょうか?
補強が必ず上手くいくわけがないし、ドルトムント自体が、ステップアップのための踏み台クラブであることを良しとしている節がありますし。デンベレの存在がその証明になったような気がします。
まぁ今までが貧乏だったから、お金を持ち始めても、その使い所等々があまり判らないって感じなんですかね。
[ 2018/04/23 22:00 ] [ 編集 ]
補強もさることながら
監督もあれでしたからね
トゥヘルは悪くはないでしょうが
詰めの甘さがあったし
ボッシュは話ならないレベルでしたし。
結論としてはゲッツェとシュールレを買った時点で詰んでましたね。
昔の名前で出ています。の選手に手を出すとこうなるのは
どんなスポーツでも同じ結末を迎えますね。
時には英雄でも切り捨てる度胸がないと
上を目指せないのではないでしょうか?
ゲッツェと心中する意味はないと思いますがね!
[ 2018/04/23 22:01 ] [ 編集 ]
>それほどではない選手を逆に高値で
シュールレローデゲッツェを始めとしてトリアン、ヤルモレンコなど移籍金に見合った活躍が出来ていない選手がちょっと多いですよね
もう少ししっかり補強してほしいものです
[ 2018/04/23 22:24 ] [ 編集 ]
レバンドフスキ以外のいいプレーヤーをいい値段で売ったのをみんな知ってるから足元見られてるんだろね。それとブンデスはプレーヤーが国外にあまり出て行かずにエスカレーター方式でステップアップしていくからバイエルンが買わなかった売れ残りをつかまされてるところもある。こんなので大金使うくらいなら今後はヘンなのは取らないで、病院経営やるとかメディカルを強化してケガ人少なくしたほうが資金効率は良くなるだろ。
[ 2018/04/23 22:52 ] [ 編集 ]
まず、監督の選出失敗しているし。育てて売るって姿勢が強すぎる。
[ 2018/04/23 23:09 ] [ 編集 ]
ゲッツェを失った?ん?
いますよね
[ 2018/04/23 23:44 ] [ 編集 ]
わざわざ選手のモチベーションを下げるようなことを言って何のプラスになるんだろうか
フロント陣全員いらない
[ 2018/04/24 00:15 ] [ 編集 ]
これを聞いて香川始めドルの選手たちのモチベは上がるんでしょうか
クラブトップがこう開き直ってるなら香川にはもう移籍してほしいとしか言いようがない、ベンゲルでも連れて来たらどうですか
[ 2018/04/24 00:42 ] [ 編集 ]
失ったとか(笑)自ら放棄してきたじゃないか
フンメルスなんてあれ程勝つチームがいいって言ってただろ
[ 2018/04/24 01:17 ] [ 編集 ]
2連覇後もクロップ最終年以外はそこそこ結果出していたはずなんですが
補強の失敗ってのは最近(今期?)のことを言っているんでしょうか?
まぁシュールレとか確かに高すぎましたよね
[ 2018/04/24 01:38 ] [ 編集 ]
>クバ、グロスクロイツ、カンプル、ギンターらを放出したのが失敗。

これが終わりの始まり。
トゥヘルの最初の半年間活躍したチーム、つまりクロップの連携が体に叩き込まれている選手を維持できなくなった時、バイエルンハンターでなくなるのは当たり前。
トゥヘルだろうが、テデスコだろうが、ナーゲルスマンだろうがいくら監督に戦術知識があっても、クロップという天才によって培われてきた連動性と選手同士の信頼あってこそバイエルンに勝っていたスピードとリスクを冒す勇気で上回れたのだから。ここをわかっていないと、補強(監督含めた)でバイエルンに上回れない限り、万年1位に大差をつけられた2位3位争いだと思う。
[ 2018/04/24 07:15 ] [ 編集 ]
ドルトムントもシャルケのようになってるのだなと思いました。シャルケも選手の給料を高くしすぎてたようですし。ドイツ人だからといって無駄に高くする必要はないですよね。ドルトムントもテコイレしないとずるずると落ちていきそうです。
[ 2018/04/24 07:43 ] [ 編集 ]
シャヒン→ギュンドアン、香川→ロイス までは上手く補強できてたけど、ゲッツェ売却あたりから補強する度に戦力ダウンしてバイエルンと差が大きくなっていったというのが記事の主旨でしょう。
ドルは必死に戦力維持しようとしていますが、選手がメガクラブに出て行きたるから仕方がない。
それでも、マイナーリーグのトップ選手を獲得していた時期はそれなりのクオリティを維持できてましたが、やはり凋落はメガクラブで通用しなかった選手を受け入れだしてからですね。
[ 2018/04/24 08:25 ] [ 編集 ]
選手を売りたくて売っているわけでは無いでしょ。ビッグクラブとのマネーゲームしても勝ち目ないから売っているだけ。引き留めても、契約満了でタダで出ていくだけだしね。
クロップ黄金時代は、若手を集めたらことごとく当たったという奇跡があってこそ。主力抜けて一時最下位まで落ちたことがあったし、クロップはつくづく資金力がないチームの難しさを痛感したと思う。それで、自分の価値が下がる前に脱退した。
それでも、周辺リーグのトップ選手と、若手の逸材だけを集めている時は、そこそこクオリティ維持できてたけど、決定的に失敗したのは、ビッグクラブで通用しなかった選手を回収したこと。特にゲッツェは、マスコミやファンからのプレッシャーで使わざるを得ないという縛りがあったこと。香川だけは金額とクオリティを考えると、かなりお買い得だったと思うが。
[ 2018/04/24 10:31 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、レバ、フンメルスout
病気を患ったゲッツェ、ローデ in
これじぁあ勝てないわけだ。

バイエルンの最善手は、CL決勝前のゲッツェ引き抜きかな。
タイミングといいドルの選手の士気を下げるだけが目的だったとしか思えないな、今となっては。
あの時優勝してれば、今とは違った未来になってたかもしれない。
本当に汚いやつらだ。
だからこそ、ドルがバイエルンを打ち倒してほしい。
ブンデスリーガがこれからどんどん先細るかどうかは、バイエルン以外のチームの頑張りにかかっていると思います。
[ 2018/04/24 13:35 ] [ 編集 ]
ムヒタリアン、フンメルス、ギュンドアンが抜けてからトゥヘルの戦術で弱い部分を補ってましたからね
監督解任して平凡な監督を連れて来たらそうなるでしょ
結果論で補強は一部は失敗になってますが良くやってるトプラク、フィリップ、反対に微妙なトルヤン、ヤルモレンコも含めてトゥヘルなら上手く使ってたでしょうね
[ 2018/04/24 13:39 ] [ 編集 ]
ゲッツェが入っていて香川が入っていないという舐めっぷり、そういう姿勢がドルトムントを弱くしてるんだろうね
リーグMVPやら得点王クラスじゃなくても、数字出してる選手なら軽んじられたりタイトル獲得できないなって感じた瞬間に移籍を念頭に入れるのは当たり前の話
今まではクロップ貯金でインターナショナルクラスの中堅やらワールドクラス候補の若手を獲得できたけどタイトルから離れすぎたドルトムントじゃこれから有望な若手すらこなくなりそうですね
[ 2018/04/24 16:02 ] [ 編集 ]
いちいちトゥヘル時代になぞらえるコメントって何のためになんでしょうね
たらればな想定してトゥヘル持ち上げたところで退任後の現在また未来の補強選手とは全く繋がらないんだから記事に対して破壊的になってしまうだけでしょ
[ 2018/04/24 16:37 ] [ 編集 ]
スカウトマネージャーを切った時点で、分かりきっていたこと。
[ 2018/04/24 18:48 ] [ 編集 ]
上でも仰っていますがシャルケがヘベデスを切ったように戦力の見極めをしてテコ入れしないとシャルケ化しつつあるように感じます。ハイデルは優秀なSDという噂ですが、テデスコを掘り当てましたね。
[ 2018/04/24 18:57 ] [ 編集 ]
スペインでさえ2強が維持できるのにドイツほどの経済大国が1強なのはナゼなのか。
ドルももっと人気でてよさそうだけど。サッカー界は超保守的だね。
[ 2018/04/24 20:00 ] [ 編集 ]
いくら良い選手集めても監督次第ってところあるからね、選手管理も監督スタッフの仕事だし
それはバルサローマ戦やシティリバポ戦を見れば一目瞭然
というわけで若手獲るなら先ずは監督から何とかして貰いたいもんだ
[ 2018/04/25 05:41 ] [ 編集 ]
出て行かれる状況を改善するためにバイエルンをボコボコにしてバイエルンの位置に居座り続ける事が出来るかも知れない状況であったでしょ
ザマーとかあの辺りも邪魔したんだろうけど、そのザマーがいけしゃあしゃあとBVBに入り込んでくるしな
[ 2018/04/25 06:20 ] [ 編集 ]
バルサやシティは最も勝利を重ねているクラブであり、リーグ優勝(&目前)しているですけど。
戦術的相性の影響が大きい、カップ戦のみで評価するなんて言語道断。
[ 2018/04/25 06:54 ] [ 編集 ]
レバは待遇改善してれば残ってたよ。
ドルが要求突っぱねたからフリーで出ていかれた。そして最強バイエルン誕生。
なので、こうなったのもフロントの責任。
ビッククラブになれたはずが、自ら可能性を放棄した。
マネーゲームに勝てないじゃなくて、ドルのやり方が悪いだけ。
他にもっと手段はあったはず。

あとクロップは自分の価値が下がるから辞めたとか失礼なこと言わないで。
彼はそんな小物ではない。
[ 2018/04/25 12:35 ] [ 編集 ]
ドルがレバに高い給料提示すれば、他のビッグクラブがさらに良い条件でレバを引き抜こうとするでしょう。それに、他のドルの選手も、ビッグクラブ並みの給料を要求するようになるでしょう。獲得しようと思ってる選手も、同様です。高い給料を出せるのは、チーム人気に直結するドイツの人気選手だけという線引きをして、マネーゲームに巻き込まれないようにしているんでしょう。
[ 2018/04/25 18:10 ] [ 編集 ]
いやいや、その結果チーム弱体化してますよね?
ザルツブルクに完敗してるチームを見て、しょうがないよね、って気持ちになりますか??

バランスとか考えずに、レバだけは絶対に出すべきじゃなかったよ。
彼は特別。他の選手と一緒にしちゃいけない。
そのせいでリーグ7位、クロップ辞任になったんだし。
何としてでも契約延長させてレアルかマンUにでも行かせるべきだった。何で最大のライバルに放出したの??
多分クロップもまだいただろうし、フンメルスも出て行くことはなかった。
レバがいれば未来は変わってたはず。

引き止める努力をせずに簡単にスーパー大黒柱を手放すフロントの姿勢が、今の弱体化を生みだしてると思いますよー。
[ 2018/04/25 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。