ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】バイエルン!怪我人2人でレアルに敗れる!《ドイツの反応》




ビルト】

レアル2ゴール!バイエルンは負傷者2人。




entry_img_2270.jpeg


彼らは非常に楽天的だったが、結果的にファーストレグでレアル・マドリッドに1:2で敗れることになった。次の火曜日に逆転することはできるだろうか?


あとは奇跡を待つしかない。負傷したロッベンとボアテンが次の試合で出れるかは微妙な所だ。


非常に痛い1:2となった。多くのファンは2017年のレアルとの準決勝を思い出しただろう。

スポンサーリンク



しかしながらその試合は同レベルの戦いだった。両チームとも経験豊かでバイエルンの平均年齢は29.9歳。レアルは28.9歳だ。


ミュラーはZDF放送において、“僕らは幼稚だった。何度も良いチャンスがあった。僕たちはもっと良い結果を取らなければならなかった。非常に痛いよ。でもセカンドレグがまだ残っている。”


バイエルンにとっては開始直後に選手を交代しなければならいことが痛手となった。8分にはロッベンが負傷交代し、その代わりにティアゴが出場。そしてミュラーが右へと移った。


その後は上手く行っていない。しかしレアルがバイエルン陣内にやってきたところでキミッヒがやってきた。


28分:バイエルンのカウンターでハメスがキミッヒのいる右にボールをパス。するとクロスを予想していたキーパーの考えに反して、自らシュートを放ったのだ。それが先制点となった。


その後34分にはボアテンが負傷交代となったが、バイエルンは2:0とするチャンスが何度かあった。しかし得点したのはレアルであった。


44分にカルヴァハルのクロスからロナルドのオーバーヘッドの動きに目をうばれていると、その後ろのマルセロが冷静にゴールを決めたのだ。


さらに57分にはスタジアムが無音になった。ラフィニアのパスミスからレアルの素早いカウンター。アセンシオがゴールして逆転したのだ。


キミッヒ:“先週のハノーファー戦だった今日ほど多くのチャンスはなかった。彼らが枠内に放ったシュートは2本だけだったと思うが、それが2本とも得点につながった。”


クロース:“もしかしたらバイエルンのほうが良かったかもしれないね。今日の僕たちは平均的な出来だった。ハードな試合だったよ。”


恐れられていたロナルドがほとんど目立たなかったにも関わらずレアルが勝利した。彼が放ったシュートはハンドのため認められなかった。


もしこのスーパースターがホームで調子を出したら、奇跡がおこるのも難しいかも・・。







以上です。

確かにバイエルンはチャンスはたくさんありましたが、決まりませんでしたね。それに対してレアルは少ないチャンスをしっかり決めました。

以前はレアルはドイツで全く勝てない、なんて言っていたんですが、最近はそうでもなくなりましたね。

それにしてもキミッヒは成長しましたね。あそこでパスではなくてシュートできる自信があるディフェンダーはそんなにいないでしょう。

[ 2018/04/26 06:30 ] バイエルン | TB(-) | CM(12)
ハメスやリベリ以外、低調な選手が多かったですね。
チアゴはどうしちゃったのでしょうか。
あの出来ならトリッソを入れた方が良かったです。
皮肉にもドルトムントを弱体化した結果、国際舞台で勝負弱くなってしまった気がします。
[ 2018/04/26 07:04 ] [ 編集 ]
レアルのビッグスター達が、全員あれだけ全力で守備をしてくるのは、バイエルンかバルセロナ相手くらいでしょう。
もちろんバイエルン側も体を張り続け、走り回っていました。
両クラブとも、普段の試合では見れない表情と姿、特に攻撃よりも守備に私は感銘を受けました。
[ 2018/04/26 07:17 ] [ 編集 ]
負けてしまいましたがバイエルンのプレイスタイルは嫌いじゃない。
横綱相撲とも言える落ち着いて中盤を征しての戦いはプレミアやラ・リーガに後れを取っていると揶揄されているブンデスの意地を見た思いだ。
それ故に歯痒い、他のブンデスのチームは倒し甲斐のあるバイエルンがあるのに只傍観者のように座っているだけのようだ。
その筆頭であるBVBがこの様ではバイエルン1強時代も当分の間続くだろうと予想できる。
バイエルンには2Leg是非とも頑張って貰いたい。
[ 2018/04/26 08:05 ] [ 編集 ]
レアルってやっぱり世界一強いクラブですよね! 自分が応援しているJリーグのクラブの次に好きなチームだな
[ 2018/04/26 10:26 ] [ 編集 ]
 私はレアルがバイヤンにどう対処するのかを注目しました。レアルはマンツー気味に当たりつつ、時折深い位置までハイプレスをかけることでバイヤンのやりたい事の大半を封じた。ロングボールからチャンスを作られはしましたがラインはしっかり下げていたので対処できてきた。
 個人頼みのように思われがちなレアルですが、巧妙にバイヤンと対峙していました。BVBはレアルの戦い方を参考にしてほしいです。
[ 2018/04/26 13:30 ] [ 編集 ]
レアルの対戦相手にはどこのチームもすぐカードが出るのにレアルはモドリッチや他にも悪質なファウル沢山あるのに中々出ないってのが試合がいつも荒れ怪我人出る原因
[ 2018/04/26 13:44 ] [ 編集 ]
それ色眼鏡かけてない?どっちのファンでもないからか偏りはなかったと思うぞ。もちろん、モドリッチのが荒いプレスもあったけど、チアゴも相当だったよ。
[ 2018/04/26 18:42 ] [ 編集 ]
皆さんの仰る通りブンデス弱体化の原因の一つであるバイエルンには頑張ってもらわないといけませんね
逆に名が挙がらないリバプールはローマに惜敗した今のバルセロナよりも強いので決勝でクロップvsバイエルンに期待
勝敗はさておきブンデス最後の年、必要以上に侮られた借りを返してほしいです
[ 2018/04/26 20:21 ] [ 編集 ]
レバンドフスキはバイエルンに移籍してからCL決勝に行けず、レアルから(PKを除いて)点も取れず…
レアルももう彼をいらないと思うかも。

ということで、ドルトムントに出戻ろう。
[ 2018/04/27 00:06 ] [ 編集 ]
あの戦い方じゃ参考にならないでしょ、レアルにはロナウドとかターゲットマンがいたからある程度は引いて守れてたけど、ドルにはもうレヴァもオバメもいないしロイスにそれさせてたら絶対怪我するからね
[ 2018/04/27 02:10 ] [ 編集 ]
レヴァが出戻るならフンメルスも来てくれ、それでバイエルンといい勝負になるだろうしドイツ国内でピリつく試合して高め合えば相乗効果で欧州大会の結果も期待出来るってもんよ。
[ 2018/04/28 06:48 ] [ 編集 ]
レバンドフスキもハインケスにかなり怒られたようですね。
ベルナベウで決められるでしょうか。
バイエルンにも底力はありますから、逆転して、決勝進出して欲しいですけどね。
[ 2018/04/29 09:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。