ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ボアテン!レアル戦の負傷で6週間の離脱!W杯も微妙!《ドイツの反応》



ビルト】

ボアテンのワールドカップが危うい!



entry_img_2271.jpeg


バイエルンとドイツ代表監督にとって痛いニュースだ。ジェロム・ボアテンはチャンピオンズリーグのレアル戦で重傷を負った。このディフェンダーはスポーツ・ビルトの情報によると太ももの肉離れを起こしたようで、4から6週間離脱する見込みのようだ。これによって今シーズンは終わりが決定したが、それどころかW杯も危うい。

スポンサーリンク


ボアテンは試合開始30分でスプリントをし、それによって太ももの肉離れを起こした。ハインケス監督は試合後に、“筋肉に問題があるので、離脱するだろう。”と述べていた。


この診断はバイエルンにとってはショックだ。レアルとのセカンドレグ、そしてフランクフルトとのポカールもハインケスはボアテンをあきらめなければならない。


ボアテンの弱点は太もも:このディフェンダーは何度も太ももを負傷し離脱している。最近では2017年の5月から9月まで離脱していた。







以上です。

ボアテンのワールドカップは中々厳しそうですね。しかし昨日の様な試合になるとやはりノイアーが必要ですね。

ノイアーがいればディフェンスラインももう少し高くできるし、さらに多くの状況に対処できるでしょう。

まあそれでもウルライヒの今シーズンの活躍は素晴らしいですが・・。

[ 2018/04/26 18:55 ] バイエルン | TB(-) | CM(6)
ドイツ代表はテスト布陣でもグループリーグを突破できる力があるから、
ボアテンはトーナメントのベスト4かベスト8?辺りの復帰を
目標にしてメンバーに選ばれるのではないでしょうか?

ブラジルワールドカップでも情報戦で風邪となってましたが
フンメルスが怪我で途中でてませんでしたよね
(日本ではインフルエンザと誤訳されたデマがひろがってましたが)
[ 2018/04/26 22:37 ] [ 編集 ]
22:37
そんな甘くないと思うよ。そもそもドイツがベスト8やベスト4に行くなら23人フル稼働出来るメンバーじゃないとダメと思う。グループリーグ突破だってどこの国でも難しいだろうし
[ 2018/04/26 23:59 ] [ 編集 ]
ナバスが何度もビッグセーブしていたのを見たら、やはりノイアーの不在は大きく感じましたね。
特別なGKの存在というのは、大舞台になるほどとてつもなく重要だなと。
[ 2018/04/27 01:23 ] [ 編集 ]
ドイツは前回ブラジルでも23人フル稼働メンバーじゃないですよ
ベンチにグロクロ、ポルディ、ドゥルムが入ってました。
グループリーグでラームのアンカーさせたり、トーナメントに
入ってからの戦い方も変えてます。

あと、コンフェデで3バックでのテスト布陣で優勝してますから
レーブの選択肢は増えてるんですよね

日本代表だとグループリーグにピークを持っていきますが、
ドイツ代表だと決勝にピークを持っていく予定でチームを稼働させると
考えたらボアテンが稼働できなくても連れていく余裕はありますし、
可能性はありだと思いますね
決勝トーナメントにさえ間に合わないようでしたら無理ですが
[ 2018/04/27 06:12 ] [ 編集 ]
6:12
まあグループリーグに間に合わないならボアテングはないでしょうね。
[ 2018/04/28 02:55 ] [ 編集 ]
とは言っても前々回王者のスペインがあっさり前回グループ敗退してることを鑑みるとドイツも楽ではないと思うけどね
[ 2018/04/28 06:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。