ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ユヴェントスの右サイドバックを獲得か?!《ドイツの反応》




ビルト】

ドルトムント!スイス代表キャプテンを獲得!

ドルトムントがスイスのキャプテンをかっさらった。



entry_img_2288.jpeg


ビルトの情報によるとドルトムントは来シーズン、シュテファン・リヒテンシュタイナー(34)を獲得するようだ。代表で94試合プレーしている彼は、すでに一年契約にサインしたようである。


スポンサーリンク


この右サイドバックの契約は今シーズンで満了となる。そしてリヒテンシュタイナーも最近、クラブを去る事を公にしていた。


“これが僕のユヴェントスでの最後の14日間になる。僕の将来はここから遠く離れたところになるだろう。”



そして彼はすでにあるクラブと合意に至ったがまだサインはしていないと話していた。


ビルトは、そのクラブがドルトムントであることを知っている。


リヒテンシュタイナーはユーヴェで7度目のタイトルに向けて進んでいる。さらに水曜日のポカール決勝でACミランに勝利すればもう一つタイトルが加わるだろう。



ドルトムントはすでに長い間リヒテンシュタイナーと接触を図っていた。2016年に彼の獲得をこころみていたが、ようやくそれが現実となる。



ルーカス・ピスチェクと並んで、ドルトムントは経験豊かな右サイドバックを手に入れることになる。それに加えて、このスイス人はドルトムント守備のボスになるとされているのだ。



いずれにせよ、リヒテンシュタイナーは2010年に獲得したアントニオ・ダ・シルヴァ以来の30歳以上の選手となる。



ビュルキ、新加入のマルヴィン・ヒッツ、アカンジとドルトムントはすでに3人のスイス人がいることンいなるが、彼らはみなこの夏ワールドカップでプレーするとみられている。



リヒテンシュタイナーは多くのイングランドのクラブの候補にも名前が上がっており、さらに中国移籍も可能だった。しかし彼はスイスタブロイド紙“ブリック”のインタビューで、“絶対に中国にはいかないよ。お金を追っては行かない。それに普段の生活でもクオリティーが必要だ。僕の妻と子供の居心地がよくなければならない。中国だったらそうはならないだろう。それにこれ以上のお金はいらないよ。”



そして彼はドルトムントに来ることになった。







以上です。

リヒテンシュタイナーはドイツでユヴェントス戦が放映されるときは必ずテレビインタビューに引っ張られていました。ドイツ語を話すので。

まあ34歳は年ですが、これからのドルトムントは経験やリーダー性のある選手を獲得する必要もあると思います。ピスチェクとの役割がどうなるのか分かりませんが、この一歩は悪くはないのではないでしょうか。
[ 2018/05/08 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(15)
好きな選手でしたが、もう34歳ですか…
後ろはスイス人だらけになりますね。
こうなると監督ももうあの人で決まりなのでしょうか。
[ 2018/05/08 06:09 ] [ 編集 ]
即戦力でいいけど年齢がピシュチェクと大して変わらないからいらない...。ヴァイザーか久保の同僚獲得できないのかな
[ 2018/05/08 06:58 ] [ 編集 ]
フリーでドイツ語できる代表選手が取れたなら良かったですね。ピスチェクよりも年上なのは予想外ですが…
[ 2018/05/08 07:56 ] [ 編集 ]
ホントに来るなら超掘り出しモン。
おじさんになってもスピード落ちてない。ピシュチェクはウイングやれるから前後で併用が可。それに両サイドバックできるしプレーにブレがないからセンターバックやらしてもいい。
[ 2018/05/08 08:06 ] [ 編集 ]
ええええ。私も嫌いな選手じゃないけど、若い選手育てようよ
[ 2018/05/08 11:55 ] [ 編集 ]
GKといいSBといい、うーんという補強の噂が続きますね
ベテランが幅を利かせすぎたので、外様のベテランでテコ入れなんでしょうか
[ 2018/05/08 13:38 ] [ 編集 ]
ボシュが失敗した要因の一つは、ドイツ人選手を統御できなかったことだと思います。ゲッツェをレギュラー固定した10月頃から、ゲッツェ、シュールレ、シュメルツァーあたりは指示を無視してたように思います。
ファブレが監督になった場合、同様のことを防ぐために、監督の同国人であるスイス人を増やすことは意義のあることだと思います。リヒトシュタイナーなら、年齢的にも実績でも、十分睨みを効かせることができます。
本来は、ソクラテスにやって欲しかったことだと思います。フロントも困っていたんでしょうね。
[ 2018/05/08 15:11 ] [ 編集 ]
 今期はストラカー獲得交渉や中盤の選手のテコ入れに資金を消費しなければいけませんから、DF補強に資金を投じることが難しい。されどピスチェクだでは不安がある。
 状況を考えれば、この両足使えるSBの獲得は、コスパに優れた良い補強と考えられます。
[ 2018/05/08 17:24 ] [ 編集 ]
ケディラもセットでお願いしたいすね
たぶんプレミアに行くんでしょうけど
[ 2018/05/08 17:34 ] [ 編集 ]
流石に年齢いってる選手は要らない
低コストのバックアップで納得してくれるの?
[ 2018/05/08 22:01 ] [ 編集 ]
バチュアイがレンタルな以上FW補強は仕方ないにしてもDF<中盤のテコ入れって笑
ファンの的外れな意見がそのまま近年のドルの弱さに直結してる気がしますね
[ 2018/05/08 22:42 ] [ 編集 ]
若手なんかいらないわ
まだこういうベテランの方がマシ
若手望むサポはいつまで育成クラブでいるつもりなのか?
[ 2018/05/09 05:09 ] [ 編集 ]
中島はないのかな噂だしな…
[ 2018/05/09 18:31 ] [ 編集 ]
悪くはないけど位置づけをどうするかが微妙という中途半端な補強で予算を潰しているのが最近の傾向。ピシュチェクと併用していくのであればベテラン枠を今更とるのはどうなのか。今年のピシュチェク離脱時の悪夢が相当こたえているのか。それにしてもよくわからない。
[ 2018/05/09 19:36 ] [ 編集 ]
再来年、パスラックがレンタルから戻って来る事を考慮しているのかもしれませんね。
[ 2018/05/10 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。