ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ドルトムントが降格する10の理由と、CL圏内に入る5つの理由【ビルト】

本日発売のビルトが、過去のドルトムントやブンデスリーガのデータと比較して、ドルトムントが降格する10の理由と、CL圏内に入る5つの理由を載せていましたので紹介します。




20141223012750f2f.jpg

ドルトムントが降格する10の理由


.アウェーでの成績が最も悪かった。51シーズン中39シーズンでアウェーでの勝率最も悪かったチームが降格している。(76パーセント)


.アレマニア・アーヘンは1969年に準優勝したが、1970年に最下位となって降格した。チームのカラーは黄色と黒であった・・・。


.ユルゲン・クロップはすでにブンデスリーガで一度降格している。(2007年にマインツで。)


.ドルトムントが降格した1971/72のシーズンよりも状況は悪い。当時の前半戦の成績は15位で9敗だった。(今シーズンは17位で10敗)


.ドルトムントは少なくともあと8勝しなければならない。いままで12勝して降格したチームはない。


.あと36ゴールが必要。今まで54ゴールしたチームが降格したことはないが、ドルトムントは今の所18ゴールしか挙げていない。


.ドルトムントは多くのシュートを放っているが得点にならない。17本に一本しか得点に結びついていない。


.キーパーのヴァイデンフェラーはシュート阻止率がたった65%である。リーガ平均は70パーセントとなっている。新しいナンバー1であるランゲラックに至ってはたった45パーセントである!


.今シーズンのドルトムントは相手に先制された試合で勝っていない。1分9敗である。


10.3つの大会に出場中。降格する可能性のあるチームのうちドルトムントだけが3つの大会に参加している。


スポンサーリンク


チャンピオンズリーグ出場権が可能な5つの理由

20141223014414c40.jpg

.13/14シーズンの後半戦でドルトムントは39ポイント獲得した。これに今シーズン獲得した15ポイントを加えると54ポイントとなり、チャンピオンズリーグ圏内も可能であろう。


.4位までのポイント差がたった12ポイント。2008/09は後半戦で11ポイント差をひっくり返して優勝した。


.ドルトムントは過去3年、後半戦の成績のほうが前半戦よりも良かった。2011/12には17試合で15勝2分けという成績を残している!!


.ユルゲン・クロップがBVBで最も成功した監督だからである。BVBではクロップだけが勝率56パーセントを記録している。


.ドルトムントが弱々しい前半戦にも関わらず、最も忠実なファンを持っているから。平均観客動員数は8万人を超えておりリーガでもトップである。

201409120444478d9.jpg





以上です。

単純に過去のデータと比較した記事となっており、ブンデスリーガのネタとして面白いと思いましたので紹介しました。

良く40ポイントが降格しないラインに上げられますが、12勝中54ゴールしたチームがまだ降格した事がないというのは初耳でした。

とにかく4位から18位までがたった12ポイント差という状況なので、後半戦はまだまだ順位の入れ替わりが激しくなりそうですね。

ドルトムントは早く連勝して欲しいです。


【おまけ今日のドイツ】

20141223014954ebe.jpg

ハリボ クリスマスバージョ
もう日本でも随分有名になったハリボですが、先日クリスマスバージョのクマのグミを頂きました。
季節限定物を頂くのは何処にいてもどんな物でも嬉しいものです。味わおうと思っていても食いしん坊の管理人ですので、きっとあっという間に完食してしまうと思います。

日本ではどんな種類のハリボが購入できるんでしょうね?

ちなみにご存知の方も多いと思いますが、このハリボ(HARIBO)は、Hans Riegel aus Bonn(ボンのハンス リーゲルさん)から商品名をつけました。

他にもhanuta (ハヌタ)と言うビックリマンチョコに似たお菓子があるのですが、これもHasel nuss tafel (ヘーゼルナッツの板)から名前を取ったものです。ドイツ人はこういうネーミングが好きなのでしょうか?

201412230443494ed.jpg


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/12/23 06:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(9)
No title
この規模のクラブでこの成績だとセリエAならとっくに監督解任されてただろうな。
順位表を見ると10位までとは勝ち点4以内だから数字の上では後半の出来次第で十分残留できる。
[ 2014/12/23 08:01 ] [ 編集 ]
No title
9 の理由が大きいと思う。 リードしている試合を攻めてカウンターでやられた試合が何度か。 意識を変えるだけで今ごろ降格圏内にはいなかった。 サイドバックとボランチの上がりすぎ、放り込みすぎ。リードでは卑怯なほどボール回すべき。そこに選手とクロップの意識が無い。
[ 2014/12/23 08:08 ] [ 編集 ]
No title
最も成功した監督だと、ヒッツフェルトかクロップで意見が分かれそうな気がします。

ただ、クラブの性質にこれほどまでマッチした監督はクロップだけではないでしょうか。シビアにドライに変質していったサッカービジネスの中で長閑でウェットな雰囲気を残す最後のビッグクラブ。
このクラブの残す雰囲気に惚れた身として、クロップの人となりやアプローチは大好きです。
もしも、もしも降格しても出来れば続けてほしいなあ。
[ 2014/12/23 08:57 ] [ 編集 ]
とにかく守備のやらかしがきついな
ヴォルフス戦は勝てたしブレーメン戦も負けはなかった
[ 2014/12/23 13:21 ] [ 編集 ]
No title
マインツで降格経験があるあたり、クロップ監督は戦術や選手起用を修正せずに我慢して継続する頑固なところがあるのかな?

でも、流石に今回は修正するようです。
ドルの弱点になっていた右サイドにケヴィン・カンプルなる良さそうな選手を獲得したようですね。
クバが戻るといっても怪我明けでフル稼働とはいきませんし、良い補強だと思います。
[ 2014/12/23 14:33 ] [ 編集 ]
No title
あら、右取ったのか
ミキタリアンは先発外れるかもな、香川かもしれんが
[ 2014/12/23 18:07 ] [ 編集 ]
No title
点獲れなきゃ後ろも耐えれなくなるし悪循環
[ 2014/12/23 18:19 ] [ 編集 ]
No title
カンプルをどう使うかが楽しみ。サイドで使った場合、連係プレーが上手そうだから、香川の生きる道ができる。
442のカウンター戦術でもはまりそうだから、そうなると香川は厳しいかも。
[ 2014/12/24 13:29 ] [ 編集 ]
No title
数字を見れば解るけど、香川の問題よりも決定力の問題の方が大きい
そしてインモービレ、ラモスよりもムヒ、ロイス、オーバメヤンのシュート本数は遥かに多い、FWよりも二列目がシュートを多く打ち、決めてない
しかし叩かれてるのは唯一シュート本数がFWより少ない香川、頭が可笑しいとしか思えない。
[ 2014/12/27 02:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。