ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント監督候補ファヴレ!ユベントススターの移籍を破談に!!《ドイツの反応》




ビルト】



ファヴレ!リヒトシュタイナーの移籍を破談に!




まだ公式ではないが、彼はすでにクラブの人事に関わっているようだ。


ルシアン・ファヴレはビルトの情報によると、確実だとされていたスイス代表の右サイドバック、シュテファン・リヒトシュタイナーの移籍に反対を唱えたとのことだ。長年ユーヴェで活躍していたユヴェントスのスターはフリーで獲得できることになっており、ドルトムントでは契約するのみとみられていた。

スポンサーリンク


リヒトシュタイナーは今日のスイス新聞“ブリック”において、“僕はBVBにはいかない。互いに合意に至らなかった。これ以上言う事はない。”と語った。


これでボルシアは代わりの選手を探さなければならなくなった。


いずれにせよ、ルシアン・ファヴレはその代わりとなる選手を知っているに違いない。







以上です。

ほぼ移籍決定との報道が出ていましたが、破談になったようですね。やはりサインをするまでは分からないのが移籍ですね。フリーだったら獲得しても良かったと思うんですが、まあどうなるでしょうか・・。

できればワールドカップ前に代わりを獲得できると良いですが・・。
[ 2018/05/17 21:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(15)
やはり。。
リヒトシュタイナーが、黄色×シマシマの蜜蜂ユニを着てる姿が想像つかなかった。
[ 2018/05/17 21:11 ] [ 編集 ]
 良さそうだと思ったんですけど、ファヴレ監督にはもっと良いプランがあったのだろう。リヒトシュタイナーを欲しがるクラブはいくらでもありますから、彼の心配は不要でしょうね。
[ 2018/05/17 21:15 ] [ 編集 ]
移籍金かからないのに破談ってことは年俸かな?
ドイツ語も話せるし残念!
[ 2018/05/17 22:14 ] [ 編集 ]
てっきり監督のオーダーだと思ったら違うんですね
ファヴレってまだ発表されてないですよね?
[ 2018/05/17 23:07 ] [ 編集 ]
やっぱ年齢かな
[ 2018/05/17 23:10 ] [ 編集 ]
リヒトシュタイナーは、ピシュチェクが不在の時に大幅戦力ダウンすること、また監督と同国人を入れることで、チームを統率しやすくすることなど考えて、フロントが獲得に動いたんでしょうが、ファブレは断ったということは、少し甘くみているのかもしれませんね。
[ 2018/05/18 00:18 ] [ 編集 ]
ファヴレは早くもこのチームのボスが誰であるのかを内外に示し始めているみたいだな
[ 2018/05/18 00:27 ] [ 編集 ]
え~、勿体ない・・・てことは代わりに誰連れてくるんでしょうねぇ
[ 2018/05/18 00:29 ] [ 編集 ]
なんだかまだBVBの監督にもなってない奴が外からBVBを動かすとかありえない状態ですね
組織としてこれはどうなんですかね
[ 2018/05/18 01:20 ] [ 編集 ]
クロップは愛弟子のスボティッチを。トゥヘルはヴァィグルを。それぞれ手にして船出を迎えましたが。
ファブレはどうなりますかね。今のところ感触は良くないですね。なるべく早く骨格が固めたい。さて、W杯が吉と出るか凶と出るか…。
[ 2018/05/18 01:30 ] [ 編集 ]
この記事を鵜呑みにするなら、シーズン始まる前から悲観したくないのでファブレはちゃんと代案を用意してるはずと期待してます。
[ 2018/05/18 05:04 ] [ 編集 ]
で、またMF取るんでしょう?
マジで期待できなくなってきたドルトムント
[ 2018/05/18 06:13 ] [ 編集 ]
そもそもこの年齢なのに育成業のフロントが本気で取りに行ってたとは思えん
[ 2018/05/18 09:22 ] [ 編集 ]
年齢年齢とは言うが安易に若手ばかり取って失敗してきたんだからそろそろ使える中堅ベテランが欲しいと思うのは当然なんだけどね?いい加減タイトル狙えるぞ!ってところ見せないと若手すら来なくなるわ
[ 2018/05/18 14:42 ] [ 編集 ]
若手ばかりから引退間近の選手って両極端過ぎるんだよ
[ 2018/05/19 02:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。