ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》BVBボス・ヴァツケがクロップについて考えている事 【ビルトインタビュー】

昨日はクロップ監督のインタビューを紹介しましたが、本日は同ビルト紙においてBVB会長のヴァツケのインタビューが掲載されたので紹介します。



201412232229176b6.jpg

BVBボス・ヴァツケがクロップについて考えている事


17位のまま冬休みへ-ドルトムントで危機会議!とても酷い墜落についてハンス・ヨアヒム・ヴァツケを重々しく描写した。


ビルト:昨日あなたとミヒャエル・ツォルクそしてユルゲン・クロップとで行われた危機会議はどのぐらい熱いものとなりましたか?

ヴァツケ:実際に極端な状況でしたね。我々は実際に極端な順位的な状況にありますからね。我々は干からびるまで8時間もオフィスに座っていましたよ。途中でピザを注文してね。話し合いは常に建設的なものでしたよ。


どのような結果になりましたか。

我々は全ての石ころをひっくり返しましたよ。そうする必要があった石ころの全てを。我々ははっきりとした計画をねりました。それをこれから1つずつ変えていくでしょう。はっきりしているのはこの体制のまま続けるという事です。でもそれは今更驚きではありませんね。


あなたはクロップが再びチームを立て直せると思っていますか。

それについては少しも疑いはありません。我々は彼を信じています。ほんの数週間前には彼は天にも上るぐらいの賛辞を受けていましたが、今では同じ人達がもう駄目だと言っています。それはなんとも不快なことですね。


あなたはクロップに対して最終的な期日を定めましたか?彼がこの日までに立て直さなければならないと。

いいえ。最終期限なんてとんでもない!我々はそれに対して100パーセント一緒になって取り組みますよ。それを変えるというシナリオはありません。


あなたはそれではクロップとなら2部リーガにも行くのですか?

我々は2部リーガには行きません。


それではクロップにクリスマス・プレゼントとして新しい選手のプレゼントはありますか?

そうですね。我々がここ数日で何かをする可能性はまだあります。


冬休みの間に選手が首になるという事もありますか?

それについても別にタブーではありません。脅すという事は良い議論ではありませんが、我々は皆が情け容赦ない態度で望むことを期待しています。そして我々の間で、ある選手が我々の助けになる事はないという意見で一致したら、その選手は我々からはっきりした言葉を聞くことになるでしょう。

スポンサーリンク


チームはそもそも降格争いにいるという事実を理解したのでしょうか?

我々の選手たちは我々が何処にいるかという事を知っています。我々は降格争いのど真ん中にいます。しかい当然彼らの自信は消えてしまっています。彼らは失敗に慣れていません。降格争いのメカニズムは我々の選手にとっては新しい事です。


クロップはどのようにして変えることが出来ますか?

我々は冬の準備期間で安定と堅実さを取り戻さなければなりません。我々は3週間半とても集中してトーレーニングに取り組むでしょう。


あなたは現在の状況でどのぐらい苦しんでいますか?

2014年の秋は私の人生で最も厳しいものとなりました。8月の終わりに父をなくしました。我々のアウェーでの最後の勝利となったアウグスブルク戦があった日です。こうした状況で生活の質がとても損なわれています。出来ることならクリスマスの間は頭を切り替えたいですがそれも出来ません。この状況を頭から取り去ろうとしてもいつも追いついてくるのです。


ワールドカップの後でバイエルンはBVBよりも何をうまくやりましたか?

ペップ・グアルディオラの成果に対して頭が下がるというような事はそれほどありません。2013年のトリプルの後でこうしたパフォーマンスを見せるということはワールドクラスです。しかしバイエルンはどの時点においてもワールドクラスの選手を要しています。BVBよりも、そして世界の他のどのクラブよりも。


あなたはロベルト・レヴァンドフスキーのバイエルンへの移籍をまだ消化しきれていないのですか?

我々は彼を1:1で補うことは不可能だと言ってきました。ロベルトはリーガにおいて私にとっては最もプロフェッショナルな選手です。でも現在の我々の状況ではロベルトがいたとしても難しいでしょうね。


2015年にはあなたを特別に勇気づけるような事はありますか?

私は我々が自分たちで守るだろうであろうと確信してますよ。そうしたら、信じられないような団結力と素晴らしいファンを持つこのクラブは、こうした難しい状況からとてつもない力を引き出す事ができるでしょう・・・・。






以上です。

ドルトムントはチを放出し、またカンプルを獲得する事で合意に至っていると報道されていますね。インタビューからはだめな選手は容赦なく放出するという決意が読み取れました。

2014122402263605e.jpg
ビルト紙に掲載されていた写真

来年の冬の準備期間はとにかく今までとは違ったものになりそうですね。


【おまけ今日のドイツ】

20141224011651188.jpg

クリッペ Krippe
キリストの降誕を祝ってクリスマスシーズンに飾る人形です。キリストの誕生シーンを木彫りや粘土などで作ります。各クリスマスマーケットにクリッペコーナーが必ずあります。


20141225060356612.jpg

ドレスデンのクリスマスマーケット内にあるクリッペ


皆様どうぞ素敵なクリスマスをお過ごし下さい。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/12/25 06:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(1)
No title
クロップ切ったところでじゃあ誰がって話しだしな
まともに監督となると人材いないし・・・トゥヘルはもう決まってるだろうしね。
というわけで予想ではラモスはサヨナラ、香川ムヒタリアンのどちらかは完全に控え、ロイスは移籍で予想
[ 2014/12/25 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。