ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部フランクフルト!バイエルンを下しポカール優勝!《ドイツの反応》





【ビルト】


センセーショナルな勝利!


レビッチのドッペルパックがユップのダブルを破壊!





敗れて年金生活に!!

バイエルンのユップ・ハインケスは監督業39年最後の試合でフランクフルトに1:3で敗れた。

彼にとっては1984年にバイエルン(グラートバッハ監督)、2012年にドルトムント(バイエルン監督)に敗れて以来、3度目の決勝敗退となる。

スポンサーリンク



しかし彼にとっての痛みは、相手にとっては喜びだ。ニコ・コヴァチはフランクフルトに30年ぶりのタイトルをもたらした(1988年にボーフムに1:0)。このクロアチア人は試合後試合の上で涙を見せた。


彼は来シーズンからバイエルンの監督に就任する。ハインケスの遺産を受けつぐのだ。そして彼はポカール優勝者としてやってくることになる。アンテ・レビッチのドッペルパックのおかげで!


▶82分にハメスがボールをロスト。ダ・コスタがボールを前に送るとレビッチはフンメルスに走り勝ち、ウルライヒをかわしてゴール。これで2:1だ。ツヴァイヤー審判はビデオでその場面を確認し、ゴールを認めた。


▶その前にもレビッチが先制点を決めている。再びハメスのロストからだ。11分;このコロンビア人がボールを失うと、ボアテンがレビッチにボールを送った。みんながそのボールの方に走ったが、レビッチはそれをゴール左隅に決めた。




そしてアディショナルタイムにはガチノヴィチがすべてを決めた。ツヴァイヤーはボアテンのマルティネスに対するファールを取らず、コーナーキックの決断を下す。そこからアイントラハトがカウンターで無人のゴールに入れたのだ。ウルライヒはコーナーキックで相手陣内にいた。


バイエルンは55分にレヴァンドフスキーがゴールをしただけだった。このポーランド人はこれで決勝通算ゴールを4とし、ウーヴェ・ズェーラーとゲルト・ミュラーの記録に並んでいる。しかしこの記録も慰めにはならないだろう。


ではハインケスは?彼はサイドラインでティアゴともめていた。ハインケスが64分にティアゴを下げると、ディアゴはその決断に対して不満の意思を表示したのだ。


ハインケスとバイエルンは悲しみ、そしてフランクフルトはクラブ史上5度目となるポカール優勝を喜んだ。


これによってフランクフルトはヨーロッパリーグが決まった。逆にこれはシュトゥットガルトにとっては痛い記録となった。7位でフィニッシュしたシュトゥットガルトはバイエルンが優勝すれば来シーズンヨーロッパリーグでプレーできたのだ。







以上です。

長谷部選手の所属するフランクフルトがタイトルを獲得しましたね。フランクフルトは中々気合が入っていて良かったですね。レビッチのゴールはどちらも非常にうまかったですね。

今回はビデオ審判が何度か介入したため、試合が何度か中断しましたが、それはそれで結構面白かったです。

ドルトムントは一度ゴールが認められなくて負けてしまったので、やはりビデオ判定は導入した方が色々とはっきりして良いと思います。とはいってもPKの判断は意見の分かれるところかもしれませんが・・・。





こりゃ来期長谷部バイエルンかw
[ 2018/05/20 07:32 ] [ 編集 ]
ハンドがスルーされて、ハビマルのPKもスルーされてて
ビデオ審判を導入してもフランクフルトよりの審判でしたね

フランクフルトのEL行きとか後押ししたいのかな?とか思ったし
たまにはバイエルンも審判から不利な扱い受けてもいいじゃない

バイエルンはチャンスがたくさんありましたし、ハメスより、
レバのFKが気になりました
ポーランド代表で出てくるとレバのFKは枠に来そうな気がしますが
バイエルンにはフリーキッカーたくさんいるのに、何を遊んでいたのか
[ 2018/05/20 07:57 ] [ 編集 ]
ハメスを嵌める作戦だったんでしょうか。作戦勝ちのような気がしましたが選手もよく応えていました。守備も頑張っていましたし見応えある試合でした。おめでとう長谷部選手!!
[ 2018/05/20 08:21 ] [ 編集 ]
フランクフルト優勝よかったですね。
終盤のVfBを気に入ってたのでELの事は微妙な気分。

フランクフルトは気合いのノリが良いときは強いですね。
終盤戦で崩れたのは、意外とノリの継続が困難だったせい?

ビデオ判定は色々改善点がありそうですね。
多少記事を見た限りは、悪くない方向に向かいそうです。
でもBVBはビデオ判定の恩恵でCLって感じの記事も・・・
[ 2018/05/20 09:50 ] [ 編集 ]
審判によっては2-1のゴール、最後のPKともに違う判定になっていてもおかしくなかった。・・・ってこれ、VARの意味あるのかな・・・
[ 2018/05/20 10:43 ] [ 編集 ]
最終節シュツットガルト戦に4失点に続いての連敗。
バイエルンはレアルに負けて、完全にモチベーションを失ってしまったようですね…
[ 2018/05/20 14:16 ] [ 編集 ]
なんかバイエルンも内部でもめているように見えますね。
チアゴは早々に放出した方が良いと思ってました、彼はスペインのクラブ相手だと手を抜くのか萎縮するのか知りませんが、まったく使い物になりません。そのうえハインケスに対してまで文句をいう状態になっていたとは・・・・。メダル受賞の時にミュラーとフンメスルはコバチ監督の何やら会話してましたね。来年、バイエルンはもっとスリム化して強いドイツクラブに戻って欲しいです。今はスペイン色が強すぎて微妙な状態です。
フランクフルトの選手は意欲に満ちてとても頼もしく、見てて楽しかった。
鎌田くんもメダルもらえたようで、お立ち台の上で喜んでいましたね。フランクフルトも有力な監督が来るようですので、スタメンに出られるよう頑張ってほしいものです。
フランクフルトおめでとう!!!!!
[ 2018/05/20 18:38 ] [ 編集 ]
長谷部が守備に攻撃に思いっきり奮闘してましたね、ボランチというよりもはやリベロって方がしっくり来そうなほどでした。
あと5、6歳若ければ本当にバイエルン移籍あったかも知れないです。
[ 2018/05/21 17:09 ] [ 編集 ]
シンジといい長谷部といい勿体無い時間を過ごしてた気がする
カップ戦決勝であれだけやれるんだからもっと若い内に適切に使ってくれる監督がいるクラブに移籍できてたらもうワンランクツーランク上に行けたと思うわ
[ 2018/05/24 05:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。