ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

パリSG監督トゥヘル!バイエルンに行かなかった理由を語る!《ドイツの反応》





Sport.de



20180521185658b22.jpeg


トーマス・トゥヘルはパリSGと2年契約を結んだ。彼はインタビューの中でどうしてバイエルンに行かなかったのかその理由を語っている。


トーマス・トゥヘルは長い間バイエルンの監督候補として名前が上がっていた。


BVB監督を辞任して以来、長い間ユップ・ハインケスの後継となるべきとされていたのだ。

スポンサーリンク


しかしトゥヘルは予想に反してバイエルンを断っていた。

トゥヘルが代わりに選んだのがパリSGだ。


トゥヘルはその決断の理由をスカイのインタビューで語っている。


“私はドルトムントを解任となってから、わりとすぐに決断したんだ。”と彼は語る。“あくまで感覚的なものだけれど、もしチャンスがあるなら外国へのステップを踏みたいと思ったんだ。”


新たな言語、そして新たな環境。そして新たなリーガ。こうした要素がこの監督にとては魅力的だったようだ。


“私はこうした不安定な長期に踏み込み、外国で新しい事を学びたいと思ったんだ。”とトゥヘルは語る。


“未知の領域に踏み込むことが最も成長する方法だと思ったんだ。”


それに加えてさらに彼はこう続ける。“危険を犯し、自分を信じる事。これはものすごい経験となるだろう。ここにいることができて幸せだ。”



トゥヘルはパリと2年契約を結んでいる。バイエルンはニコ・コヴァチという監督を見つけた。







以上です。

トゥヘルが公式に記者会見を行いましたが、その内容が各紙で取り上げられています。今回はパリを選んだ理由について書かれていましたが、これ以外にも結構興味深い話もありますので、また次の機会にでも取り上げたいと思います。




[ 2018/05/21 18:49 ] トゥヘル | TB(-) | CM(14)
続き楽しみです。
ただ…本当にトゥヘルの本心なのか、またライターの台本なのか…解任の直接理由になったモナコ戦後のコメントが、ファンの気持ちを掴んだ後にそれが嘘で、ライターだか弁護士だかの台本だった事が明らかにされて以来、信頼出来ない人になってしまってます。まぁ手腕は認めてますし、新しいチャレンジは楽しみで応援してます。
例え誰かの台本だったとしても、そういう発言を続ければそれが本心になる事も有るだろうし…。この人は悪意ではなく、本当に気づけない人だと思うので。
[ 2018/05/21 19:23 ] [ 編集 ]
PSGとバイエルンならPSG選ぶのは解る
バイエルンは選手がマンネリ化してるし、ドイツ人ならまた次のチャンスもありそう。PSGは選手そろってて、面白そうですもんね
[ 2018/05/21 19:55 ] [ 編集 ]
実験が大好きなトゥヘルですが、
やはり自分自身もその対象なのですね。
[ 2018/05/21 21:13 ] [ 編集 ]
トゥヘルにネイマールが制御できるとは思えないけど、どう転ぶのかは興味ありますね
[ 2018/05/21 21:16 ] [ 編集 ]
トゥヘルがバイエルンになんか行くもんかとこっぴどくバイエルンをディスったのだと思ったが
実際はただ単に海外に行きたかっただけなのね
[ 2018/05/21 22:49 ] [ 編集 ]
すごくポジティブなコメントですね。

成長するために敢えて外国のリーグに挑戦ですか、、、。トゥヘルはまだ若いし経験が積める。このチャンスに感謝しているトゥヘルに好感度が上がりました。トゥヘルのPSGが楽しみです。

邪道ですが、ゲッツェも見習ってほしいな。
[ 2018/05/21 23:16 ] [ 編集 ]
バイエルンはフロントのレジェンドが五月蠅いし、選手も権力持ってるし、監督にも上品な言動を求められるし、
戦力が頭抜けていて国内タイトルは濃厚だけど逆に評価にならないし、CL取れなきゃ失敗扱いだし、エキセントリックなトゥヘルにとっては相当難しい職場だ。
[ 2018/05/22 10:51 ] [ 編集 ]
ヴァイグルよりも責任持ってシュールレ連れてってくれないかなとか思いつつ
[ 2018/05/22 10:58 ] [ 編集 ]
解任後、ごちゃごちゃと言わなかったことで、ビッグクラブからの印象は良くなったでしょうね。そして色々なより魅力的なオファー。PSG の選手は個性が強い集団だからどう率いていくのか彼同様こちらも興味深いです。
[ 2018/05/22 13:49 ] [ 編集 ]
いやー
DAZNでPSGの試合やるなら見ますね
気になります
[ 2018/05/22 16:24 ] [ 編集 ]
一方、その頃ドルトムントはまたもや微妙な監督を連れてきたのであった
[ 2018/05/23 01:26 ] [ 編集 ]
フランス>ドイツ という大損害になる可能性も…
めちゃくちゃ楽しみですが、それ以上に懸念があります。
彼がもしパリ・サンジェルマンの成績や価値を引き上げたとしたら。
やがて(メガクラブとしてのライバルである)バイエルンやブンデスリーガに多大な皺寄せが来る可能性があるかもしれません。
資金力含めて、かなり心配です。
[ 2018/05/24 00:57 ] [ 編集 ]
トゥヘルも十分微妙な監督だけど
ドルにきたファヴレがより微妙なのは否定できないという…
[ 2018/05/24 05:17 ] [ 編集 ]
トゥヘルもファブレもドイツ語圏じゃトップクラスに優秀な監督なんだよなあ
どんだけ高望みすればこの2人が微妙になるの
[ 2018/05/26 13:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。