ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新監督!ルシアン・ファヴレに正式に決定!《ドイツの反応》





ビルト】



完璧!


BVB!ファヴレの獲得を発表!



entry_img_2315.jpeg


すでにここ数週間噂されていたが、ようやくパーフェクトだ。ルシアン・ファヴレがボルシア・ドルトムントの新監督となる。ドルトムントが火曜日の午前中に発表した。

すでに先週、ファヴレはニースから去る事を公式に発表していた。

スポンサーリンク



このスイス人はドルトムントと2020年まで契約しており、彼の移籍金としてBVBは300万ユーロを支払っている。ファヴレは2019年までニースと契約をしていた。


BVBスポーツディレクター・ツォルク:“スポーツ面で新たなスタートを切るうえで、ルシアン・ファヴレの獲得は重要なことだ。彼はこれまでヘルタ、グラートバッハ、そしてニースで何度もそのクオリティーを証明しており、内部での評価も非常に高い。”


ファヴレは戦術オタクとされているが、BVB公式ホームページが彼の言葉を引用している。“ボルシア・ドルトムントを率いる事は非常に魅力的な課題だ。これからは一緒に新たなチーム作りに励んでいきたい。BVBはヨーロッパでも非常に興味深いクラブの一つであり、さらに最も良く知っているブンデスリーガに戻って来ることができて嬉しく思う。ニースにいる2年間も常に動向は追っていた。”


ファヴレは2007年から2009年までヘルタで、そして2011年から2015年までグラートバッハで働いていた。彼は両方のクラブを国際大会まで率いている。


ニースでの2年間ではフランスリーグで3位入りをはたしていrたが、今シーズンは8位でヨーロッパリーグ入りを逃している。

ドルトムントではかつての教えがマルコ・ロイスやダフードと出会う事になる。ロイスはファヴレの下で代表入りし、ダフードはリーガデビューを飾っている。




以上です。
ファヴレに正式に決まったようですね。

彼がどのようなチーム作りをするのか、そしてどのような選手を起用するのか、これから目が離せませんね。


[ 2018/05/22 18:57 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(21)
選手に対して正当な評価を。
依怙贔屓は絶対だめ。
勝つことだけを真剣に考えて。
フロントの介入はつっぱねて。
[ 2018/05/22 19:23 ] [ 編集 ]
ダフードとロイスが教え子なんですね 彼らの活躍が増しそう
[ 2018/05/22 19:46 ] [ 編集 ]
ようやく決まったのか
決まる前から横口だしてたので印象悪いですが、ロイスの恩師見たいなものなんですっけ?
どうなる事やらって感じですね
[ 2018/05/22 20:48 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンじゃなかったのは残念ですけど、ファブレならまあ納得できますか 。
ボルシアでの442、ニースでの433や352
ドルトムントではどんなサッカーを見せてくれるか
しっかり監督が求めてる選手を補強できれば面白いことになるポテンシャルはありそうです。
[ 2018/05/22 21:11 ] [ 編集 ]
個人的にはナーゲルスマンの方が良かった
ドルトムントには色んな意味で若い監督が似合う
[ 2018/05/22 21:18 ] [ 編集 ]
 正直言うとナーゲルスマンを無理矢理にでも呼んでほしかったが、出来なかったものは仕方ないですね。どんな戦術を組むのか解りませんが、出来れば攻撃的な戦術を期待したい。
[ 2018/05/22 23:42 ] [ 編集 ]
そろそろBVBにも監督が中~長期的に務められるような環境づくりに励んでもらいたいですね。
バイエルンに対してや優勝できない言い訳をメディアに言う暇があるなら尚更。
勿論、クラブの経営&存続が最も大事ですがクロップ以降、トゥヘル、ボシュ、シュテーガーと
解任or辞任まで大体半年~1年前後。チームの戦術も洗練されぬまま、明らかにクラブとしての成績は
下降し始めている。ここら辺で踏ん張らないと、戦力的に這い上がる力が無くなり中堅クラブに定着
してしまう気がします。新監督と心中するくらい覚悟をもって欲しいものです。
[ 2018/05/23 00:24 ] [ 編集 ]
クロップ、トゥヘルと超有能監督が来てたのにどうしてこうなったのか
正直この監督でも微妙だわ。ヴァイグルの移籍も避けられんやろね。
フロントが欲に走った結果とんでもないことになってしまいましたなあ
[ 2018/05/23 01:25 ] [ 編集 ]
ようやく正式発表ですね。
ダフード好みそうだと思ってたけど縁あったのですね。
これはヴァイグル厳しいかな、方針が動向に影響しかねない・・・

選手起用の好み的にはヴァイグルが要注目ですかね。
後はカストロ、ローデの扱いもかな?
監督も確定した事だし大変革に注目したいのだけど・・・
まあW杯を挟むので、核心部分はまだ先の話かな。
[ 2018/05/23 07:02 ] [ 編集 ]
05/23 01:25

フロントが欲に走った結果とは具体的にどういうところですか?
若手選手を獲得してクラブの許容枠を超えたら放出するスタイルは2010年あたりから変わってないですし許容枠は年々大きくなってますよ(選手総年俸など)。
またフロントの年俸は前回の更新で落ちてたはずです。
どこらへんが欲に走ってるんでしょうか?
ヴァツケはメディアに言わなくても良いことを言うダメな点はありますが、的外れな批判が多すぎます。
今回の日本代表やハリル問題についても同じですが。
[ 2018/05/23 11:47 ] [ 編集 ]
2018/05/22 20:48
>決まる前から横口だしてたので印象悪いですが

フロントが次期監督に選手人事を相談して決定するのは普通のことですよ。獲得しても戦術的に使わないなら双方にとって不幸ですからね。
[ 2018/05/23 11:58 ] [ 編集 ]
クラブの許容枠でなく完全に転売目的でしょ
許容枠を超えたらっていうのはカープみたいな球団のことを言うんですよ。
欲に走ってないのならなぜトゥヘルはでていったのですかね
フンメルスは何度もフロントと話し合いましたが上を目指すことをしないとわかってでていきましたね

フロントが選手人事を相談するではなくフロントが選手人事を決めだしてるからおかしんじゃないですかね

あんまり品行方正だと思わないほうがいいですよ
[ 2018/05/23 17:23 ] [ 編集 ]
なぜあのときロイスがドルトムントに来たのか
そりゃこのチームなら野心的になれると思ったからでしょう

実際は・・・でしたけどね
[ 2018/05/23 17:27 ] [ 編集 ]
ファブレにはクラブに新たな哲学を吹き込んでくれる事を期待してます。
補強に関しても、いま確定してるのはGKのヒッツだけで後は噂でMFはデラネイにSBはフランクフルトのヴォルフ、ニースのFWプレアとスポルティングのマルティンス?らしいですね。
今のドルにどれだけ来るか分かりませんが今はまず補強で本気の姿勢を見せて欲しいです。
[ 2018/05/23 20:17 ] [ 編集 ]
ボルシアの最後のシーズンって
あれ解任されたっていうより自ら身を引いたっていう印象あるんだけど
あの時なぜああなったんでしょうかね?
その前のシーズンはすごく強かったのに
[ 2018/05/23 20:21 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは売らない
PSGのトゥヘルがヴァイグルを5000万ユーロで獲得希望していますが、ドルトムントはいくら出されても売らないとのこと!

よし!
これは間違いなくヴァイグル中心に立て直そうとしていますね。
[ 2018/05/24 00:46 ] [ 編集 ]
いやなんか好印象の人が多いみたいだがタイトルとれると思ってるの?この監督で
それとも何年に一回マグレでとれれば良いとでも?はたまた二番手三番手定位置の若手転売クラブで満足なの?
クロップ以降からずっと国際国内含めてタイトル諦めてる気がするんだけど?ファンの方がね
そりゃ結果だした選手は抜けてくわ。そのうち有望な若手だって来なくなりそうだしね
[ 2018/05/24 05:25 ] [ 編集 ]
>フロントが次期監督に選手人事を相談して決定するのは普通のことですよ
ファヴレがフリーならそれで良いだろうが、まだBVBと契約しておらず、ニースと契約中だっただろう
そういったなぁなぁをやるって事は、今後もそういった事がまかり通ると言うことだ
[ 2018/05/24 05:49 ] [ 編集 ]
付け加えるなら監督がそんな事をやってたら、選手もBVBと契約中に他のチームと交渉しても良いだろうって言い始めるかも知れし、
大っぴらにはやらんだろうが練習ボイコットしたり抜け道付いたりしても、監督もやってたことだって開き直るかもしれんな
というかフロントが初手からそんなだから近年のBVBが滅茶苦茶なんだろう
[ 2018/05/24 05:52 ] [ 編集 ]
近年のドルが無茶苦茶なのは監督が微妙だからだけどね、采配補強選手管理全て微妙、どうせ取るならハインケスみたいなベテランか勢いあるモチベーターのフランチェスコみたいな監督が良かった、このレベルしか呼べないのが今のドルって感じになってて残念極まる
[ 2018/05/25 07:35 ] [ 編集 ]
ファブレがブンデスリーガにいた頃は将来のバイエルン監督はファブレかトゥヘルになるだろうと言われていたと記憶しています。ブンデスリーガの最優秀監督賞も2度取っていますし、個人的には今期動く監督の中でもかなり良い監督だと思います。
ニースの試合をちょっと見てみたのですが、選手に高いレベルでピッチ上を認知する力が備わっており、バロテッリは楔を収めレイオフを用いてチームの重心を前に向かせたりと戦術上のキーマンとなっていて、ファブレの指導力の高さが伺えました。
ナーゲルスマンは1億ユーロくらい出さないとホッフェンハイムが出さないでしょうし、今のドルの状況を見てもかなり良い監督を引っ張ってこれたと思います。
[ 2018/05/25 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。