ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【W杯】ドイツ紙が日本代表を紹介!香川と長谷部がリーダー!《ドイツの反応》




SPOX】


ワールドカップ 2018年!日本代表!長谷部と香川に率いられて!




entry_img_2319.jpeg

日本は6度目のワールドカップ出場となる。サムライブルーは2018年ロシア大会ではどのような成果を上げるだろうか?SPOXがチーム、重要な選手、そして監督についての情報を与える!


日本はここ数年アジアでもっとも希望の多いチームとされている。しかしこれまでのワールドカップではまだ一度もベスト16以上には進んでいない。ロシア大会でのグループリーグはいずれにせよ突破可能だ。4年前のブラジル大会では日本代表はグループリーグで敗退している。


スポンサーリンク


日本代表には現在27人の選手が選出されているが、5月31日には西野監督が23人に絞る。


新監督西野!


日本は4月初めに予選突破を決めたハリルホジッチ監督と決別した。このボスニア人は権威主義的な監督とみられていた。日本サッカー協会の会長田嶋は“マリとウクライナ戦以降、選手と監督との信頼関係が薄れてしまった。”と語っている。


それに加えてハリルホジッチは、香川や本田を呼ばずに大変革を行おうとしたが、それも失敗に終わっていた。香川は2017年10月以来の代表入りとなっている。


吉田麻也

日本人は対戦相手に対してフィジカルで劣っていた。そして、それはこの前のワールドカップでも多くの問題を引き起こしていた。しかし日本には吉田という柱がいる。このFCサウザンプトンのセンターバックは189センチと大柄でヘディングも強く頑丈だ。彼がプレミアリーグで力を発揮しているのは偶然ではない。


ドイツの影響

日本全選手がドイツでその地位を確立してから大分時がたっている。ブルー・サムライのなかに何人もブンデスリーガでプレーする選手がいるのは決して不思議ではない。その中でも頭一つつけているのがボルシア・ドルトムントの香川真司だ。しかしキャプテンはアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠だ。

なによりも西野監督は、攻撃においてドイツで活躍した選手を信じている。それに加えて元ブンデスリーガのストライカー、岡崎慎司もいる。









以上です。


ドイツ紙で日本代表を紹介する記事が上がっていました。

ワールドカップ楽しみですね。日本代表はどこまで行けるでしょうか?個人的には日本代表にはフィジカル面でもう一つ上のレベルに行ってほしいと思っています。

管理人が日本に一時帰国した時にJリーグの試合をスタジアムで観戦したのですが、まったくプレスもしなければ体を寄せることもなく、まるで女子サッカーみたいだと思いました。

怪我をさせない、という相手に対する気遣いなのかどうか分かりませんが、体は小さくてもそこでできる使い方はあるわけなので、世界で戦うために、その辺を変えてほしいんですが・・・。





監督は当てにならないので選手の調子がどこまで上がるかですね
それも怪我人やコンディション不足とあんまりいい話が出てこないので心配ですね
初陣のガーナ戦でどんなチームになってるか見るまではさっぱりわかりません
[ 2018/05/26 20:26 ] [ 編集 ]
リーガ、プレミアを見た後に、ブンデスを見るような感じですね
[ 2018/05/26 20:34 ] [ 編集 ]
 代表に限らず日本のサッカーは欧州の真似事をしながら色々学んでいる段階ですので、今は多くを望まないでほしい。日本人の指導者が増えてジュニア段階から戦術を意識できるような環境が整った時、管理人さんが見たい水準の試合を披露できるかなと思います。
[ 2018/05/26 20:45 ] [ 編集 ]
Jの試合は女子の試合。いい得て妙ですね。
代表は長谷部cbの3バックの香川起点のカウンター狙い。相手は強いですし、戦術も特にないのでシンプルに攻めるしかないなぁと。
最低限の戦術の落とし込みが西野監督に求めらてるところですね。
[ 2018/05/26 21:08 ] [ 編集 ]
日本のサッカーはどうなるんでしょうね
私はパススピードの遅く動き出しの遅い「パスサッカー」という言葉に
イラッとしてます

例えば香川が日本代表で回りが全くスペースに動かず、苦労しているように
イニエスタがJリーグに来てオフザボールの動きも遅く、パススピードも
遅い事に苦労してるのを見てようやく日本人も「パスサッカー」の
おかしさに気付けるのかもしれませんね
[ 2018/05/26 21:47 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガ公式サイトでは、香川VSハメスが取り上げられていますね。
今日の代表の紅白戦では、まだコンディションも不安な中で、1ゴール1アシストを決めたそうです。(得点者は香川と井手口のみ)
まだ本番までは日にちはありますから、焦らず、再発しないよう、徐々に上げていって欲しいですね。
[ 2018/05/26 22:09 ] [ 編集 ]
海外から見ると、まあそんな印象ですかね。
本命が抜けて強いって感じではないし・・・

フィジカル面判ります、確かにまるで女子サッカーだったですね。
あれはファールのジャッジ基準が主原因だったと思うよ。
最近はハリルのデュエル押しで一応改善してる感はあります。

J発足時に危険プレーで怪我をさせる事が多くでて・・・
怪我させないよう基準がどんどんファール取り過ぎ方向へ。
って流れだったと思うので、まあ気遣いとも言えるかも。
[ 2018/05/26 22:09 ] [ 編集 ]
管理人さんには今圧倒的首位の広島とか、上位のFC東京の試合を見て欲しいなと。この二チームはかなり球際強いしトランジションの意識も高いです。
フロンターレの大島が言ってましたが、ハリルが来てからJリーグの球際とかの意識が強くなって来たと言ってましたね。ハリルさんよく言いますしね。しかし、辞任してしまったしこれから代表やJリーグはどうなっていくのかなと...
[ 2018/05/27 01:45 ] [ 編集 ]
ハリルがデュエルという言葉を浸透させて今やっと意識が芽生えてきた程度で、日本のサッカーはまだまだ途上。

プロ野球選手とか身体ぶつけるわけじゃないのに全員フィジカル強くてボディバランス半端じゃない。

そもそも野球は部活レベルから意識高くて試合に出れない子ですら道具を大事にするし自主練と研究を欠かさない、その中の一握りのトップだけがプロになる。

サッカーも人口は多いんだから意識高めて行ってほしいです
[ 2018/05/27 02:45 ] [ 編集 ]
ドイツメディアの方が日本を冷静にかつ的確に見てますね。日本メディアは代表チームを下げる事(ハリル可哀想的な)等、感情的で煽る記事ばかり…かつてない程ワールドカップが盛り下がってます。
西野さんは全て公開練習、毎日フルで練習が見れるで、Youtube見過ぎてつい夜ふかしの日々。心配していた香川は全く怪我の影響感じずキレキレで動いてます。浅野、武藤、井手口等心配していた選手も良い感じ。楽しみになってきました。
[ 2018/05/27 07:42 ] [ 編集 ]
先入観もあると思いますよ。
ACLやCWCではバチバチにやれてるわけですから普段のリーグでもやってなければ無理な事でしょう。
トップリーグでも下位の対戦は物足りない点が多々あるのと同じでJリーグもそうです。
[ 2018/05/27 09:10 ] [ 編集 ]
素人の上から目線ほど馬鹿げてる事はないです。
日本人のファンが分かってる事をプロが分かってないはずがないですし、逆に日本人プロ選手や監督のレベルが低ければファンやメディアも世界から見て同程度の差が世界とあると理解するべきです。
自分達ファンだけは世界基準でサッカーを理解してるけどJリーガーは遅れている、、本気でそう思い込んでる人が多すぎます。
[ 2018/05/27 11:02 ] [ 編集 ]
フィジカルフィジカルいうが今まで積極的に欧州含めた海外への移籍をJクラブが渋ってたんだから仕方ない
ただ筋肉をつけるというわけでない本当の意味でのフィジカルバランスを学ぶには海外リーグで揉まれるしかないんだから
それにベースボールを例に挙げてる人がいるが動きながらプレイをするサッカーと一緒くたにする辺りまだまだ日本のスポーツバイオメカニクスはレベルが低いとしか言えないね
[ 2018/05/27 14:10 ] [ 編集 ]
プレスは上位決戦とかだと結構きつく行ってますよ

ただなんというか全体的に波がエゲツないんですよね。
いいプレーをしたと思ったら急に気の抜けたようなミスで失点したり、プレーに思い切りがなくなったりと今季浦和、ガンバが笑っちゃう順位にいるのはそういうのが大きいと思います。

ジョーのいる名古屋やポルディーの神戸も上に行けてないこと見てもわかるんですがフィジカルどうこうより変な束縛というか体育会系の変な上下関係みたいなのがあるように思います。リスペクトといえば聞こえはいいですが思いっきり削りに行けば嫌われるみたいな暗黙のパワハラがあるんじゃないでしょうか?
前・ハリルホジッチが言ってた球際どうこうもその辺が影響してる気がします。
[ 2018/05/27 16:41 ] [ 編集 ]
代表の公開練習を全て動画にあげてくれる人がいるお陰で、状況が把握できてとても嬉しいです。見る人が見れば、どの選手がどういう状況かよくわかります。ミニゲームも個人個人の組み合わせや相性、そして公開練習だからこそのまとを絞らせない(特に中盤より前)ポジションの与え方など、なかなかよく練られたもので、ひょっとして?と少し期待感を持ってしまった。(27にちまでの練習から)香川選手はトップフォームでなくとも全てにおいて計算できる選手なのをアピールできている。あまりやってない選手ともコミュニケーションを取ろうとしていてベテラン選手として頼もしい。昨日から今日にかけて戦術練習がはじまっていて、ピリっとしてきている。オンとオフの切り替えをメニューと態度で表現できる西野さんは、人心掌握に関しては今のところはハリルより上かも。長谷部の調子が心配。
[ 2018/05/27 18:32 ] [ 編集 ]
練習全公開って本当にいいんでしょうか。確かに代表盛り上がってないし見てるだけには確かに有り難いけど。非公開でも内容は漏れてくるけど字づらで漏れるのと映像で漏れるのとどうなんだろう。直前は恐らく非公開なんだしどうせ対策されてるから一緒って事なんでしょうか。他国は全練習動画上がってるんでしょうか。
[ 2018/05/27 18:36 ] [ 編集 ]
バチバチにやれてるとか言っても所詮アジアなんてたかが知れてるのは一目瞭然だろ
スペース潰しながらの対人削り合いなんてACLですらまともにしてなくて遅くてレベル低ーって毎回思うし。
[ 2018/05/27 22:40 ] [ 編集 ]
いやW杯の相手は国内やアジア限定なの?違うでしょ?欧州南米アフリカが必ずグループにいるってのに、世界基準にしないでどうするの?世界が基準ならば世界を実際に体験してない国内組が遅れてるってのは事実でしょ、なのに日本のサポーターは国内組には甘く海外組には厳しくするから矛盾してるし。そしてファンは上から目線で言ってるわけではなく現実を悲観してるだけなんだから曲解してはいけないよ、ただフィジカルについては単に当たり負けしない=強いって思ってる海外ファンが多くて、それが間違っているのも事実ではあるけれど。
[ 2018/05/28 02:00 ] [ 編集 ]
色々言ってもやはり日本のファンが強豪国のファンよりサッカーを理解してない点は見て見ぬフリですね。
当たり前の事ですがまずは自分から疑わないと。
[ 2018/05/28 08:10 ] [ 編集 ]
代表公開練習、今やっているのは23人選ぶ為のテスト。香川なんかはスボンサー枠だの忖度だのでなく、実力で選ばれたって事がハッキリ分かるから良い事。
そして中島が外されたのも、この戦術では当然だと…ハリルでは絶対的だった原口もSBに回されそこでも抜かれまくりで個人的には崖っぷちにみえる。今怪我でも乾や岡崎は回復期待して外せないだろう。
監督が変わったら、輝く選手も変わる。ワールドカップ本戦の戦術はオーストリア合宿入ってから非公開で良いのでは?
[ 2018/05/28 08:30 ] [ 編集 ]
武藤、宇佐美、原口あたりはキレが凄かったかな。
香川はコンディション的に遅れを取っているのは間違いないが、今ピークにする必要はないので、段階的に上げていけば良い。
ミニゲームとは違って、フルコートでの実戦は、とにかく戦える体力や運動量、持久力が必要になるからね。
[ 2018/05/28 10:13 ] [ 編集 ]
その偉そうに書いてる事をプロ達やプロサッカーに関わる人達が知らないとでも思ってるのでしょうか。
素人が問題に気付く何年も前から対策してるし素人が色眼鏡で見るより何倍も強化されてるでしょう。
まだ足りない?だったらそうコメントするべきで、世界と比べて日本やアジアはレベルが低い!なんて宣ってもマイナスしかないです。
Jリーグを本当に見てたら審判基準が変わってからもの凄いスピードで進化してるのに気付くはずで、ただ非難するだけのコメントをするはずがないですし。
[ 2018/05/28 10:37 ] [ 編集 ]
今日から非公開だから、計画通りじゃない?期待ちょっと持たせてあとはシャットアウト。
[ 2018/05/28 11:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。