ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!新監督就任で4人の選手が放出候補に!《ドイツの反応》




ビルト】



新加入のために!


この4人は震えなければならない!




ドルトムントは将来の大変革にむけて取り組んでいる。


ビルトはすでに2週間前に報じていたが、フランクフルトのマリウス・ヴォルフを獲得した。彼は契約解除条項を行使し、500万ユーロの移籍金で移籍となる。ヴォルフは5年契約にサインし、今後もボルシア・ドルトムントでさらなる成長を望んでいる。そして多くのタイトル獲得を!

スポンサーリンク


彼はこれでキーパーのマルヴィン・ヒッツに続いて二人目の加入となる。しかしドルトムントは来シーズンも今シーズンのような巨大なスカッドを望んではいない。なのでマネージャーのツォルクは選手をうまく売らなければならない。

新たなスター選手の居場所を作るために。


この4人が震えなければならない!

トルヤン

彼の放出はすでに決定事項となっている。2017年にユーロU21で優勝したが、展望はない。ドルトムントは右サイドで後継者となる選手を探している。放出の可能性80%



ドゥルム

ドゥルムはすでに一年前に売られるべきだったが、膝の負傷のためシュトゥットガルトへの移籍は破談となっていた。2014年のワールドカップ優勝者は再び健康だ。彼も去ることができる。
放出の可能性90%



ヤルモレンコ

このウクライナ人は昨シーズン2500万ユーロでやってきた。スタートは素晴らしかったもののその後は徐々に低調に。適度なオファーがあれば彼も移籍できるだろう。

放出の可能性30%



カストロ

元監督トゥヘルの下ではレギュラーだった。しかし最近はほとんど起用されていない。今シーズンはリーガ19試合のみだった。彼の契約は2020年までとなっているので移籍の可能性はある。

放出の可能性60%






以上です。

あとはこれに加えてヴァイグルやプリシチ、ソクラティスなどが引き抜かれるかもしれないですね。

ファヴレの好みによっては意外な名前が上がる事もあるかもしれません。

[ 2018/05/30 06:24 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(23)
あれだけ放出候補と騒がれてたシュールレ、シャヒン、シュメルツァーの名前が無いんですね
[ 2018/05/30 07:53 ] [ 編集 ]
放出したほうがいい選手はもっと他にいると思うけどね。。
[ 2018/05/30 08:24 ] [ 編集 ]
ドイツ人で若いのにトルヤン放出って早いですね
[ 2018/05/30 09:22 ] [ 編集 ]
ロデの名前があがらないのが不思議です
[ 2018/05/30 10:26 ] [ 編集 ]
トルヤン、ドゥルム、ヤルモレンコ、カストロの前にゲッツェ、シュルレ、シュメルツァーの方が先でしょ
ドゥルムは怪我が多いですが、一番残した方が良いと思います
パパはアーセナル行きがほぼ決定でしょうし、CBの補強はどうするんですかね
[ 2018/05/30 10:40 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコとカストロはもったいないな。
放出すべき人間は他にたくさんいるだろ。
ローデとかいう社内ニートみたいな選手をどうにかしてくれ。
[ 2018/05/30 10:48 ] [ 編集 ]
ファブレはこう言ってますね。

「ドリブルで対戦相手2人を抜き的確なパスができる選手をコレクティブな(組織的にプレーできる、的確なチームプレーができる)選手だと呼べる。
私にとってドリブルができる選手が必要だ。
どのような状況でも違いを生み出せるからね。
パスだけで違いを生み出すことはほぼ不可能だからね。」


私も同感です。
[ 2018/05/30 11:23 ] [ 編集 ]
ゲッツェはなんだかんだで必要と思う
[ 2018/05/30 11:26 ] [ 編集 ]
新シーズンについて皆さんの意見が聞きたいです。
まだファブレが選択するシステムがわかりませんが、

ゲレイロはサイドバック?それとも?
シュメルツァーよりアカンジをLSBはあり?
トルヤンかドゥルム、残すなら?
フィリップのベストはサイド?センター?
どう思いますか?
[ 2018/05/30 11:46 ] [ 編集 ]
 元々、この夏に中盤の選手を中心に整理する戦略方針になってましたから、監督の影響とするのは誤解でしょう。

 名前が挙がってる選手に、シュールレ、ゲッツェのどちらも含まれていない事が不思議な感じがします。二人は実力に対して給与が高すぎてどのクラブも欲しがらないのかもしれませんが、”適度なオファー”があるなら引き止める理由がないはず。
[ 2018/05/30 13:05 ] [ 編集 ]
シュールレとゲッツェは?
[ 2018/05/30 15:15 ] [ 編集 ]
ヤルモレンコはちょっと待ったってください。 彼はきっともっと出来る人です;;
[ 2018/05/30 15:52 ] [ 編集 ]
ロイスヴァイグル香川パパ売ったらドル終了待った無し!
[ 2018/05/30 16:08 ] [ 編集 ]
ゲッツェは悪くても身内びいきで放出対象にはならなそう。
シュールレに関しては同意、この人をまだ置いておく理由がないと思う
[ 2018/05/30 19:07 ] [ 編集 ]
ドリブルが出来る選手って笑
17/18の出場時間と個人スタッツ、もちろん試合内容も含めて尚もゲッツェが必要というサポーターの意識の低さが、ドルトムント低迷の理由を物語ってる気がするわ
はっきり言わせて貰うとリバプールがカリウスを来シーズンも使い続けるくらいあり得ない話だね
[ 2018/05/30 23:05 ] [ 編集 ]
ドリブルが出来る選手=ロイス
パスだけで違いを見せる=香川
つまりそういうことか
[ 2018/05/30 23:22 ] [ 編集 ]
ゲッツェはもう贔屓はしないのではないでしょうか? ヴォルフを取りましたし、監督はすでに昨シーズンで2人変更してますから、ファブレにもゲッツェを強要して勝てなくなっては、ファブレが怒りますし、フロントはバッシングされるでしょう。ひょっとしたら・・・今季でブンデスはリーグアンに抜かれるかもしれない危機がありますから、ブンデス全体で強化しないと未熟な若手しか来ない貧弱リーグになりかねません。
すでにバイエルンがPSGみたいにリーグ内で強すぎて他リーグとまともに競り合えないクラブになってます。上るのは遅いですが、転落は早いですよ。
[ 2018/05/30 23:56 ] [ 編集 ]
ゲッツェは引退までいてフロント入りしそうに思いますね。
[ 2018/05/31 08:27 ] [ 編集 ]
いや寧ろゲッツェを売れって
今シーズンのあの数字で来シーズンも必要ってのは贔屓が過ぎるぞ
[ 2018/05/31 13:09 ] [ 編集 ]
ドルトムントは優良株を高値で売る商売は上手だけど、欲張りなせいか?!モタモタしていて,不良債権をさっさと処分(モノのようで言い方が悪いですが)するのは下手ですね。だから儲かっているようで意外に経費は浮いてないような気がします。小物を放出しても、抜本的な改革にはならないです。
[ 2018/05/31 18:52 ] [ 編集 ]
ファブレさんが好きなのはブリシッチみたいな感じでしょうか?ロイスもなのかな?ちょっと違う気もするけど、
シュールレもかな?香川はW杯後はどうするのかな?ドルに残るのならそれはそれで応援しますけど、カタール目指さなくとも違う環境でプレイするのも見てみたいですねスペインとか
ヤルモレンコも怪我してたし、カストロもなんかドイツ代表落選した方の割食っちゃてたしかえって移籍した方が良い気もしますね。
パパもいなくなると寂しいですね
[ 2018/05/31 22:03 ] [ 編集 ]
確かにリーグアン化してる気がするブンデス、いや更に悪化してる気もする
マルセイユとか対抗し始めかけてるクラブもあるし、PSGはバイエルンと違って「国内上位クラブ」からあまり主力は引き抜いてリーグ弱体化させないからね
もし香川も移籍するならタイトル狙えるクラブにして欲しいな
[ 2018/06/01 05:29 ] [ 編集 ]
香川はCLあるしとりあえずは残るのでは。残ってもファブレの好みじゃなかったらどうなんだろと思うけどそういう意味じゃゲッツェも好みじゃないんじゃない?でもゲッツェは多分特別枠だとまだ思ってます。代表目指すって言ってたみたいだし。プリとヴァィグルはバイエルン以外なら出ていっても仕方ないような気もする。誘ってくる監督にもよるでしょう。しかし素朴な疑問ですがドリブラーばっかりで勝てるんでしょうか。
[ 2018/06/01 07:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。