ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・ソクラティス!アーセナル移籍がほぼ決定!《ドイツの反応》





【SportBuzzer】


BVBの守備のボス !ソクラティスのアーセナル移籍ほぼ完璧!

entry_img_2328.jpeg

ボルシアドルトムントは、来シーズン新たな守備のボスを探さなければならない。すでにキッカーが伝えたようにソクラティスのアーセナル移籍はほぼ完璧のようだ。すでに移籍金も公となっている。

スポンサーリンク


あとはメディカルチェックを残すのみだ。ボルシア・ドルトムントはソクラティスを失う。キッカーが伝えたところによると、2013年以来BVBでプレーしているこのギリシア人は、2021年までロンドンと契約したようだ。そこでドイツ代表のムスターフィの隣でディフェンスを強化するとみられている。


契約は、ほぼ完璧で選手はロンドンで新たな家を探しているとのことだ。あとは詳細部をつめるだけとなっている。



これでドルトムントは新たなディフェンダーが必要となった。その候補として名前があがっているのが、マインツのアブドウ・ディアッロだ。この22歳は2022年までマインツと契約しているため決して安くは獲得できないだろう。しかもマインツはこのフランス人を放出する気はない。


それにもかかわらず、この移籍の可能性は高い。





以上です。

ソクラティスの移籍はほぼ決まりのようですね。キッカーはトゥヘルのアーセナル移籍を真っ先に報じて、結局それが実現しませんでしたから、今回のそうなる可能性はないとは言えませんが・・・。

ソクラティス、あれだけタイトル獲得を視野に入れて移籍先を探すと語っていたのに、アーセナルとはちょっと残念ですね。

でも環境を変えたくなる気持ちは十分に理解できます。来シーズンからはアカンジとトプラク中心で行くのでしょうか。それともトプラクの代わりにもう一人補強かな?

[ 2018/05/31 17:55 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(12)
 どうなるか解りませんが、以前からパパは移籍する意思をもってましたから、お別れとなっても致し方ないかなと思います。
 ビルドアップが得意なフィードの上手いCBが欲しいなぁ。
[ 2018/05/31 18:04 ] [ 編集 ]
ドルトムントとアーセナルが好きな自分はなんとも言えない気分です。
[ 2018/05/31 19:39 ] [ 編集 ]
年齢的にもCBの若返りが必要でしたから、良かったかなと思います。どうしてもビルドップに長けているCBが必要でしたから、アカンジのスタメン固定を希望してます。
[ 2018/05/31 20:47 ] [ 編集 ]
アーセナルは濃厚程度でしょうが彼の移籍ははぼ確定的ですね。
ディアッロは良いと思うけど可能性は低い気がする。

トプラクはどうですかね?
判断力と冷静さは守備のボスを任せても問題ないと思うけど・・・
まあ今季のパフォーマンスじゃ足りない感はある。

しかし彼の代わりって感じの噂はまだ見かけないから・・・
割とトプラクとアカンジを中心で考えてるんじゃないかな。
[ 2018/05/31 21:13 ] [ 編集 ]
ドイツ人以外の外様の選手は給料安いですからね

アスリートの寿命は短いですし、家族の事を考えたら
稼げる時にがっつり稼いでおこうと思ったのかもしれませんし
それは責められる事ではないと思います
[ 2018/05/31 21:44 ] [ 編集 ]
ホッフェンハイムのフォクト補強しましょーよ
ビルドアップがめちゃくちゃ上手いしマネやサラーに負けないくらい足早いですよ
[ 2018/05/31 22:52 ] [ 編集 ]
パパ軽視してる人いるけどフンメルス出て行ってからの主力なんだけどね、ここでもドイツ人贔屓があって悲しくなるわ
そりゃ出て行きたくもなる、あと何人出て行けばそこにサポーターが気づいて声を上げてくれるのか
[ 2018/06/01 02:36 ] [ 編集 ]
マインツ見てましたけど、ディアロはなかなかいい縦パスが出せるCBですよ。
[ 2018/06/01 04:46 ] [ 編集 ]
シュティーガーがトプラク信用してた起用でしたが、旗から見るとトプラクがボトルネックでしたね
パパが居なくなってしまうとディフェンスラインは最初からやり直しですか
攻撃、中盤、守備までスタートに戻る感じだと冬の時代に逆戻りですね
[ 2018/06/01 07:57 ] [ 編集 ]
パパは出て行って正解
悲しいけどアーセナルの方がタイトル狙えるし多国籍プレミアの方が待遇も良いだろう
今までドルトムントに尽くしてくれて有難うパパ
[ 2018/06/01 12:35 ] [ 編集 ]
>タイトル獲得を視野に入れて移籍先を探すと語っていたのに

ドルよりアーセナルのが野心的だと判断したんでしょう。新体制、新プロジェクトが進んでいくクラブですし
というかミスリンタートが恐ろしいですね。発掘能力と人脈をフルに使って選手を集めてる…
[ 2018/06/01 22:32 ] [ 編集 ]
ユルいアーセナルは美味しいクラブ
やはり私の言い続けていた通り。
アーセナルという、最も手頃に名誉を得られる移籍ルートが出来てしまいましたね。
ドルトムントに失望しても、顔なじみの元チームメイト(成功者)のいる場所に行けば安泰だと思うでしょうから。
だからこそオバメヤンとムヒタリアンをダブルで、よりによってアーセナルに取られるのは駄目だと警告していたのです。
ユナイテッドやチェルシーのメガクラブなら、将来を考えても競争率やプレッシャーから躊躇する選手は多い。
しかしアーセナルはある意味、その辺りが非常にユルい。
ドルトムントと同じで「美味しいクラブ」なのです。
[ 2018/06/05 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。