ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表ゴールキーパー!ノイアー!ワールドカップに青信号!《ドイツの反応》



ビルト】




ノイアー!ワールドカップに青信号!

ワールドカップへのチケットだ!



entry_img_2335.jpeg

ビルトの情報によると、オーストリア戦(1:2)でカムバックを果たした後で、ワールドクラスのキーパー、マニュエル・ノイアーは日曜午後に最終検査を受けた。CTスキャンの結果によると、左足にはもう問題は見られないようだ。


医者がノイアーにワールドカップ青信号!


スポンサーリンク


代表広報のイェンス・グリットナーはビルトの質問に対して、“今日マニュエル・ノイアーの最終検査が行われたことは確かです。医学的にはもう何も問題はありません。”



ノイアーはロシア・ワールドカップに向けて健康になった。あとはレーヴ監督と話し合うだけだ。



ビルトの情報によると、チームホテルにはメルケル首相も訪れるようだ。後は発表を待つだけだが、ノイアーが自ら辞退しない限りは大丈夫だろう。







以上です。

ワールドカップでのゴールキーパーの活躍は歴史にも残りますからね。最高のキーパーを要する国はやっぱり強いです。

後は決勝トーナメントまでにコンディションをどこまで上げれるか、といった感じでしょうか。



[ 2018/06/04 06:06 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(8)
グループステージで試合勘戻す余裕がありそうなのがドイツですよね
[ 2018/06/04 07:20 ] [ 編集 ]
オーストリア戦見る限りではまだまだ仕上がってないね、ノイアーもドイツ代表も
逆にブラジルスペインが仕上がってきててフランスベルギー辺りがジワジワ良くなってきてるけど、ドイツも早く万全になって貰いたい
[ 2018/06/04 08:28 ] [ 編集 ]
忖度ドイツ!
[ 2018/06/04 13:32 ] [ 編集 ]
 うらやましい。ノイアーほどとは言わないから日本にもドイツのようなGKが育ってほしい。ドイツさん、GKコーチを100人くらいJリーグに貸してくれないかしら。
[ 2018/06/04 13:46 ] [ 編集 ]
ノイアー復帰はドイツにとっては朗報ですね
最近ドイツ人GKが大舞台でやらかしてますけど、ノイアーも飛び出しなんかでやらかしそうになってるのを見てるので、流れに乗っちゃわないか期待しています
[ 2018/06/04 18:45 ] [ 編集 ]
正直、ドイツやスペインはあまり良いという印象はありません。
アクの強さが足りないというか、攻めあぐねる姿が想像できてしまいます。
戦術を越えた強力な武器を持つ選手が多い、ブラジルやフランスの方が期待感は大きいです。
[ 2018/06/05 10:13 ] [ 編集 ]
いやブラジルもフランスも戦術しっかりしてるけどね
というかドイツスペインの戦術を超えられるような選手がポンポンいるなら苦労しないだろ
いくら自分の好みだからって余り適当なこと言わないで欲しいわ
[ 2018/06/06 08:29 ] [ 編集 ]
>いやブラジルもフランスも戦術しっかりしてるけどね

「戦術がしっかりしていない」など一言も書いていませんけど。
もう一度、読み返して下さいね。
「しっかりとした戦術の枠」を超える「一発のある」タレントが揃っているということ。
例えて言うならば、バイエルンがレアルマドリーに勝てない理由もそこにあります。

ドイツとブラジルは、ともに1位抜けしないと、ベスト16でどちらかが敗退する可能性アリですので、グループリーグで力は抜けませんね。
[ 2018/06/07 19:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。