ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》内田 ブンデスリーガ公式サイドバック部門で一位に選出!+ファンの反応

シャルケの内田選手がブンデスリーガ公式ホームページ上で行われたユーザー投票のサイドバック部門一位に輝きました。短いですが、その記事とそれに対するファンの反応を紹介します。ファンの反応はトランスファー・マルクトというサイトの内田フォーラムからのものです。



201412272258175c9.jpg

ケルン-ついに順位が決定した!シャルケ04の内田篤人が前半戦の“サイドバック”に選ばれたのだ。ブンデスリーガ・ホームページのユーザーの35パーセントが、この疲れを知らないパフォーマンスを見せたシャルケの人気者に投票し、一位となったのだ。


内田は今シーズン3つのアシストを記録している。特にクラース・ヤン・フンタラーとは素晴らしく理解しあっている。このオランダ人はすでに(内田のアシストから)2ゴールを決めている。


ベルナートは惜しくも敗れる。

20141227225818f47.jpg

フアン・ベルナートは32パーセントの票を獲得した。FCバイエルンのこのサイドバックは2位となっている。このスペイン人はマニュエル・ノイアーとともにブンデスリーガ全17試合に出場した。3位にはリッカルド・ロドリゲス(19パーセント)が選出された。彼はサイドバックとしてすでに3得点を記録している。

4位にはアウグスブルクの若きスター、アドブル・ラーマン・ババ(7パーセント)が選ばれている。また彼のチームメートであるポール・フェルハッハが次に続いている(5パーセント)。6位にはFCバイエルンのラフィニアが選ばれている(2パーセント)。

スポンサーリンク


この記事を読んだシャルケの内田ファンの反応

20141228022814266.jpg

・これは全く予想していなかった。でもそれだけにより嬉しいよ。内田がついに彼に相応しい認識をされた事がね。


・僕にとっては全く不思議ではないよ。彼の前半戦のプレーは本当に素晴らしかった。


・彼が選ばれたのは全くもって公平だ!!


・彼の国の票はそんなに多くは有効ではなかっただろう。僕はだから他のチームのファンが内田を正しく評価したことが嬉しい。もちろんラームとアラバが怪我していた事も考えなければならないけどね。それでも凄いよ。おめでとう。


・↑アラバとラームはどちらも中盤の選手として扱われているんだ。おめでとうウッシー!


・↑それもそうだね。でも彼ら二人はサイドバックとして内田よりも明らかに上だね。でもそれは全く恥じることではない!


・個人的にはブンデスリーガで定期的にプレーしたサイドバックの選手としてはロドリゲスが最も力強いと思う。ベルナートもそれに近づきつつある。しかしこのようなファン投票ではもちろんパフォーマンスだけでなく、戦う気持ちや成長、それに態度も重要になるだろう。だから内田が選ばれた事はまったく相応しい事だと思っているよ。

いずれにせよ、いったいどのくらいの日本人が彼に投票したのかは分からないね。内田のファンサイトにこの投票サイトがリンクされた時にはまだ15パーセントだったからね。




以上です。


最後のコメントにありましたように、日本の内田ファンの力が働いたのではないかと見る人もいれば、それほどでもないだろうと見るファンもいましたね。いずれにせよ、票の内訳がどうであれ、彼のパフォーマンスは一位に値するものであったという意見で一致していました。

多くの怪我を乗り越えて毎年着実に成長している内田選手の活躍は素晴らしいですね。ディフェンダーというポジションのため、ニュースになる事は攻撃の選手と比べて少ないのが残念です。

シャルケのファンフォーラムはクリスマス期間中は閉鎖中のためこれ以上のファンの反応は集められませんでしたが、やっぱり良い反応を見るのは嬉しいものですね。


【おまけ今日のドイツ】

20141227225031bdb.jpg

ドイツ版ポッキー
MIKADO(みかど)と言う名前で全国で売られています。写真のポッキーはシンプルタイプですが管理人のお気に入りはMIKADO KING(みかど キング)でシンプルポッキーの上に更にチョコレートが螺旋状に厚くコーティングされています。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/12/28 07:30 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(5)
No title
内田のトラップしてる写真、ボール抜きで見るとめちゃくちゃ面白いwww
[ 2014/12/28 09:20 ] [ 編集 ]
No title
内田が獲っても貶さず、相応しいと認めてくれるのが良いね。

しかし、帝とはやっぱドイツで良く知られる日本語って事で命名されたんだろうか?
[ 2014/12/29 00:17 ] [ 編集 ]
結果的にブンデスのサイドバック部門で一番に慣れたことは高く評価できるし、日本人として嬉しいですね。今回、アジアカップは治療に専念する為に出場辞退のようですが、早く直して、更にレベルの高いパフォーマンスを見せて欲しい!
[ 2014/12/29 04:50 ] [ 編集 ]
No title
ドイツ(ヨーロッパ)のポッキー,私も好きです。MIKADO KINGも、なかなか見かけないので、見つけたら数箱買ってしまいますね。笑
ところで、このMIKADOという名前は、帝ではなく、ミカドというゲームのことのようです。Wikipediaにも補足に載ってました。
[ 2014/12/30 06:04 ] [ 編集 ]
サポーターに関しては、イタリアでも日本人を不当に貶めることはないが、ガゼッタなど記者のレイシスト振りときたら…ドイツの特筆すべきは監督やサポーターはもちろん、メディアの公平さで、アジア人であっても良ければ良いとなんの葛藤もなく賞賛する強さがある。
おもしろいことに、そのドイツは現在サッカー世界最強。
レイシズムの根強いイングランドや
イタリアはW杯でもグループリーグを勝ち抜けなかったね
[ 2015/02/23 19:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。