ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲッツェ、カストロ!ドルトムントの選手達の市場価格が明らかに下がる!《ドイツの反応》



WELT】



BVBの選手たちの市場価格が明らかに下がる。



entry_img_2340.jpeg



トランスファーマルクトが新たな市場価格を発表した。ボルシア・ドルトムントではマリオ・ゲッツェがほぼキャリア最低となる域に達している。


トランスファーマルクトの市場価格は、現在では非常に重要なものとなっている。このサイトは冬と夏に2回市場価格を更新している。そしてそれにはシーズンの活躍が反映されている。多くのゴールや優れたパフォーマンスはプラスとなって反映されるが、ベンチ座りはその逆だ。


スポンサーリンク


マリオ・ゲッツェは弱弱しいシーズンを過ごしたが、2000万ユーロから1800万ユーロまで下がっており、これで6度続けて下がったことになり、2011年以来最低となった。


当時のゲッツェはまだプロになって2シーズン目で18歳。市場価格は150万ユーロだった。2014年にバイエルンに移籍した時は5500万ユーロまで達したが、それから劇的に下がったことになる。


市場価格が下がったのはゲッツェだけではない。全部で12人の選手の価値が下がっている。ゲッツェに続いてシュルレがマイナス300万ユーロ、そしてカストロもマイナス200万ユーロとなっている。BVBのスカッド全体では950万ユーロも下がっている。冬よりも上がったのはジョルダン・サンチョ(プラス700万ユーロ)とアカンジ(プラス200万ユーロ)だけだ。






以上です。

ちなみに香川選手は1300万ユーロで変更なしですね、2017年の冬からは変っていません。
カストロは現在は800万ユーロまで下がっています。シュルレは1500万ユーロです。ゲッツェとシュルレはそれぞれ3000万ユーロ近くで獲得したので、ドルトムントはものすごく損をしたことになりますね。



[ 2018/06/06 17:49 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(13)
そりゃ下がって当然むしろ遅いくらい
まだシュールレもゲッツェも香川より高いのかよ

これ見て思うのはこの二点くらいだな
[ 2018/06/06 18:30 ] [ 編集 ]
そりゃチームも低迷しますよね。
あれだけの年俸と最高額の移籍金を払っているのだから、ムヒタリアンの穴くらい埋めてくれるのだと思っていました。
現実は2人で1人分の役にすら立っていませんでしたが…
[ 2018/06/06 19:27 ] [ 編集 ]
ゲッツェ23.5億、シュルレ19.5億。プラス超高給・・そんなん誰も買ってくれません。
彼等を放出するのが、ドルトムント復活の第一歩だと思うんだけどな〜。
カストロはチームが変われば生き返る気がします。移籍金もそんなに高くないので、打診ありそうですね。
[ 2018/06/06 21:08 ] [ 編集 ]
今期は全体的に良くなかったので、まあ下がりますよね。
トランスファーマルクトも重要性が増していると書かれるなら・・・
信用されてビジネス的に成功してそうですね、欧州らしい。

選手価値指標なので移籍金比較で損得計るのは良くないかと。
でも下がれば損失と考えて良いものでしょうから・・・
二人は割高で取ったのに損失も出てると考えられる状況かな。

ついでにカストロは相応か少し損かな?
一時上がったはずでしたよね。
[ 2018/06/06 21:25 ] [ 編集 ]
株式会社なのにこれは大丈夫かな?と思いましたが、まあオバメヤンやムヒタリアン、デンベレでたんまり稼いだので些細な事ですかね?しかし3000万ユーロ、2人合わせて6000万ユーロならデラニーとか補強の噂がある人は余裕で獲得できますね...
[ 2018/06/06 21:56 ] [ 編集 ]
シュールレ獲得はノルマだったんだろうか?
代表ノルマみたいなのはバイエルンでやって欲しいよ・・・
[ 2018/06/06 22:00 ] [ 編集 ]
もっと価値が無いでしょうが、ドイツ人だからといって高サラリー、高移籍金じゃないと獲得できない、価値があるなんて馬鹿げた事を言っていたりしましたね
若手獲得時も高額なサラリー提示していますが、BVBの選手獲得は昔からシニカルすぎますね
[ 2018/06/06 23:39 ] [ 編集 ]
香川がドイツ人なら最低2000万だろうね。強豪国の代表クラス、スペイン人やドイツ人なんかはスポンサー収入が日本人が思ってる以上に桁違いらしいからこのサイトはそれ込みの算出してるらしいし
[ 2018/06/07 01:59 ] [ 編集 ]
ゲッツェとシュールレなんかくる前からどんなものかわかってたと思うんだけどな。ドイツ人だからドイツの選手に過度の期待を持ってたのかな。
[ 2018/06/07 06:59 ] [ 編集 ]
開幕戦をシャヒン、ゲッツェでスタートした事が崩壊への始まりだったかなと。
この中でカストロは体力的にもメンタル的にも疲弊していったのではないかと思います。
慣れ親しんだヴァイグル、香川と中盤を形成する機会はほとんど無く、最後までリズムを掴めないままシーズンが終わってしまいました。
[ 2018/06/07 09:42 ] [ 編集 ]
ドイツ人というだけで意味無く高評価になりますよね。
イングランドでも同じことが言えますが・・・。
[ 2018/06/07 18:18 ] [ 編集 ]
解説者が言っていました。
チームがどのような状況であっても、ロイスだけは必ず結果を出せるのは、それだけ「個がしっかりしているから」だと。
やっぱり全然違いますよね。
[ 2018/06/07 19:18 ] [ 編集 ]
ロイスだけってところに引っかかりを覚える、バチュアイだって香川だってヴァイグルだって出れば同じくらい力強いパフォーマンスしてたし怪我なんかの頻度や出場機会もそう変わりないからね。そんな解説者がいる限りいくらゲッツェシュールレ優遇やめてもドイツ人贔屓は抜けない気がするね、ガナで活躍してるオバメが無理にでもドルトムントをブンデスを出て行った原因はそこにあるだろう。
[ 2018/06/08 09:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。