ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ロナルド!レアル・マドリッド退団へ!!ポルトガル紙が報道!《ドイツの反応》





ビルト】



ボルトガル紙が報道


決まった!ロナルドがレアルを去る



entry_img_2343.jpeg


クリスティアン・ロナルドはもう決めたのだろうか?


どうやら、そのようだ。ポルトガルのスポーツ新聞、“レコード”が報じたところによると、このレアル・マドリッドのスーパースターはクラブを去るつもりのようだ。それどころか、この決断は最終的なもののようだ。

スポンサーリンク





その原因は:レアル会長のペレスはロナルドの給料を上げなかったようだ。約束したにも関わらず!!しかしロナルドにとって重要なのはお金というわけではない。彼は評価されていないと感じたようだ。




ロナルドはどこに行くのだろうか?報道によるとイタリア、フランス、イングランドの名前が上がっているが・・。



スペイン紙のASはレアル幹部たちと、ロナルドの代理人ホルヘ・メンデスの階段を報じていた。それによるとロナルド側は現状の2100万ユーロの年俸から3700万ユーロを要求していたようだ。しかしレアルは3000万ユーロを提案したようだ。


ロナルドは2009年にマンチェスター・ユナイテッドからレアルに移籍していた。今シーズン彼はリーガで26ゴール、そしてチャンピオンズリーグで15ゴールを記録している。


ロナルドは、CL優勝後、すでに別れを匂わせる発言をしていた。“レアルにいることは素晴らしかった。”



どうやらほぼ移籍となりそうだが・・。







以上です。

まだ全然決まったわけではありませんが、十分にあり得ますね。そうなるとネイマールが代わりにレアルに来るのか、とかロナルドはどこに行くのか、などと色々楽しみですね。まあ給料が払えるクラブは限られているでしょうから、ネイマールとトレードでトゥヘルのいるパリSGとかだったら面白そうですが・・。

[ 2018/06/07 19:56 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(11)
昨シーズンも全く同じ報道がされていましたよね。
CL決勝でサラーをギロっと睨みつける姿を見て、まだまだマドリーでバロンドールを獲得し続けたいのではと思いましたが…
[ 2018/06/07 20:18 ] [ 編集 ]
給料が払えて可能性があるところとなると
マンU、チェルシーの2択やろ
条件的にはPSGもあり得たがネイマがレアルというのが有るとなるとクリロナが許容出来るとは思えん
中国中東は無さそうやし
[ 2018/06/07 20:38 ] [ 編集 ]
ネイマールとトレードでしょうか?
[ 2018/06/07 22:53 ] [ 編集 ]
レアルはネイマール欲しがってないでしょ
普通にマンユだと思うけど
[ 2018/06/08 01:02 ] [ 編集 ]
PSGだと思うわ会長と仲良かったし
[ 2018/06/08 05:55 ] [ 編集 ]
ロナウドが何処に行くかは予想つかないけどネイマールが後釜になれるかと言えば難しい気がする。サラーを獲得して右のベイルを左にするんじゃない?
[ 2018/06/08 09:09 ] [ 編集 ]
まさかの神戸。
ないですよねー。
[ 2018/06/08 09:31 ] [ 編集 ]
まさかねー。
[ 2018/06/08 15:58 ] [ 編集 ]
若いなら高い移籍金やサラリーを払うかもしれないが、先が短く選手としても下り坂に入った選手にそこまで払うかといったら無いなって感じですけどね
カタールや中華なら有りえるかも知れないですが
[ 2018/06/08 16:21 ] [ 編集 ]
ネイマールが来たらレアルが本格的に畜生集団になるやん
[ 2018/06/08 17:03 ] [ 編集 ]
06/08 16:21さん
確かにフィールドプレイヤーとしてのロナウド相手ならば将来性を加味するとクラブが高いサラリーを払い渋るのも分かるがピッチ外のロナウドを考えれば一、二年で元を取れるくらいスポンサー含め興行利益を得られるスペシャルな選手だからな?そして後数年ならまだやれそうな雰囲気あるし十分元は取れるんだわ、バロンドーラーと一般選手を一緒くたにしてあまり舐めない方がいいよ
[ 2018/06/09 05:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。