ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!グアルディオラ、シュテーガー監督を批判!《ドイツの反応》



スポーツビルト】



ゲッツェ!グアルティオラと元BVB監督シュテーガーを批判




entry_img_2345.jpeg



マリオ・ゲッツェは4部構成となるドキュメンタリー、“Being Götze”(6月9日19時よりDAZNにて放送)にて、これまでになかったぐらいオープンに彼の代謝障害について、グアルディオラ監督の欠点について、そしてペーター・シュテーガー監督について語っている。


シュテーガーはゲッツェのファンではなかったようだ。彼の下では23試合でプレーしたが、これが結果としてロシアワールドカップ出場を逃す事へとつながった。シュテーガーは“ワールドカップのチャンスは関係ない”と強調していた。

スポンサーリンク


またシュテーガーはヨーロッパリーグ、ザルツブルク戦で敗退後、公の場でゲッツェを批判している。なぜなら戦術を守らなかったからだ。しかしこの行動はゲッツェにとってはNGだったようだ。“あれはああした状況では決して正しい行動ではなかった。僕一人を選んで公の場で失敗だというなんて。僕自身は監督から公の場で批判されるとは思ってもいなかった。”


この代表選手は、なによりも“そうしたやり方”に落胆したようだ。“直接話をするのならば問題ない。僕は批判を受け入れる事が出来るからね。でも公の場については難しいね。だからあのやり方は決して良かったとは思えない。そうしたことは知らないし、経験したこともなかった。”



またゲッツェはこのドキュメンタリーの中で元バイエルン監督のグアルディオラも批判している。



“ペップ・グアルディオラは専門性で言えば世界最高の監督の一人だ。でも彼には人間性やそういった部分はまったく関係がないんだ。感情移入があまりないというか。”


彼がバイエルンに移籍する前にユルゲン・クロップで経験した事は正にそれとは正反対だった。



“サッカーの父の様なユルゲン・クロップの下からやってきただけに、難しかったね。世界最高の監督にはこういった感情移入の力も必要だと思う。どのスポーツ選手も人間なんだから。”


いずれにせよクロップにとってはゲッツェのバイエルン移籍は寝耳に水だったようだ。クロップが明かしたところによれば、“そんなことが起こるなんて全く考えてもいなかった。”それで、そのニュースを理解するために、“まずはベッドに横にならなければならなかった。”ようだ。


クロップはプレミアリーグにいっても教え子の様子を追っていたようだ。それどころか2016年にはリヴァプール移籍を勧めたようだ。


“バイエルンを去ると決めた時に、ユルゲン・クロップが僕がリヴァプールに来る事に興味を持ってくれたんだ。僕ももう一度彼と仕事をしたいと、興味があったし、それは今でも同じだよ。”と語っている。ゲッツェは2年前にBVBに復帰している。


またゲッツェは2017年の2月から半年間の休養を余儀なくされた代謝障害についても語っている。彼によるとその原因の一つは、度重なる疲労によるもののようだ。



“体にかかる負担が大きくなっていたにもかかわらず、多くを要求しすぎたんだ。僕の考えは、他の誰よりも多くこなす、という事だったなんだ。今では体に時間を与えることが大事だという事はよく分かっている。”とこのワールドカップ優勝者は語っている。





以上です。

ゲッツェのドキュメンタリーが放送されるようですね。おそらくはワールドカップ出場までを記録するつもりだったのでしょうが、それが無くなったので、批判コメントなどをまぜて視聴者の興味を喚起する方向に転換したのではないかと思います。

半年ぐらいずっと取材していたみたいです。


[ 2018/06/09 19:25 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(39)
クロップとまた一緒にやりたいならさっさとリバプールに行ったらいいのに
誰も止めないと思うよ
[ 2018/06/09 19:43 ] [ 編集 ]
自分のプレーは棚に上げて監督批判ですか。。
こういう行為は好ましくないですね。
W杯出られなかった逆恨みのように感じます。今まで甘やかされた弊害が考え方に現れてるので、移籍先して厳しい環境に身をおいた方が良いと思います。
[ 2018/06/09 19:46 ] [ 編集 ]
ゲッツェここまで言って大丈夫なんでしょうか?自分を使わない監督を非難する選手をファヴレが使いたがるとは思えません。
[ 2018/06/09 19:55 ] [ 編集 ]
何故だが分かりませんが読んでて腹が立ちました。
うーん何故だろうか。
[ 2018/06/09 19:56 ] [ 編集 ]
シュテーガーの下で使われ続けていたとしても、ゲッツェが今のドイツ代表に入れるなんて本人以外は思わない
[ 2018/06/09 20:02 ] [ 編集 ]
若すぎて大きすぎる栄光を勝ち取った選手ってのは、一度逆境に直面すると
みんなこういう他罰的な感じになっちゃうんでしょうかねぇ
[ 2018/06/09 20:07 ] [ 編集 ]
BVBドイツ人恒例のきましたね
出場機会貰っておきながら役に立ってないのに限って監督批判
干されて文句言うならどこでもありますが
[ 2018/06/09 20:27 ] [ 編集 ]
なんか日本でもそんなやつありましたね…あっちは間違いで選ばれてしまいましたが。ていうかそんなにクロップが大好きなら何でリバプール行かなかったんですかね。ペップ信者のトゥヘルと合うわけないやん。まぁドルトにいる方が自分にとって色々メリットあると思ったからなんでしょう。
[ 2018/06/09 20:35 ] [ 編集 ]
あれだけチャンスをもらって監督批判とか…ださい
活躍していれば批判されることもなかったのでは?
[ 2018/06/09 20:38 ] [ 編集 ]
ゲッツェはバイエルン行って以来、特にブラジルのワールドカップ以来、悪いことが重なって起きてるな。騙されて移籍だったようだし、使い捨てにもされた。それに奇病。普通の人ならとっくに凹んで再起不能なんでしょうが、ちゃんとボールは蹴れてるからただものじゃないよな。しっかりやってればいずれまた活躍できる日が来るでしょ。
[ 2018/06/09 20:50 ] [ 編集 ]
ゲッツェがこれ以上成長することはないですね。なにより心が成長しなければ上のレベルには上がれない。
[ 2018/06/09 20:53 ] [ 編集 ]
その『サッカーの父の様なユルゲン・クロップ』を手酷く裏切ったのはどこのどなたでしたかね?と言いたくなりますね
それでもリバプールに呼ぼうとしていたクロップもクロップですが。BVBのフロント陣もそうですが、馬鹿な子ほどかわいいものなんですかねぇ
[ 2018/06/09 21:14 ] [ 編集 ]
ゲッツェに限らず、ヨーロッパのサッカー選手は使ってくれない監督を批判することがよくあるような気がします
まぁゲッツェもドキュメンタリーが放送を通じて公の場で監督批判をしているようなもんなんでどっちもどっちかな
[ 2018/06/09 21:22 ] [ 編集 ]
本人じゃなくメディアに批判された事をブチ切れてるのに本人じゃなくメディアに批判してんじゃん
ペップの話もメディアに言わず本人に言えよ・・・

人間性どうのってのはペップは使わないと判断した奴には冷たいんだろうねズラタンも同じような事言ってたし
ただ使われる人間はほぼ例外なくペップを尊敬してるんだからまぁそういう事だよね
ズラタンに関してはシステムや他の選手との兼ね合いで干された感あるけどゲッツェは単純に実力が足りてなかった
[ 2018/06/09 21:47 ] [ 編集 ]
 ドキュメンタリーが作られるくらい人気がある(あった?)のは理解できるけれど、この企画を考えた人はどうかと思います。普通はロイスなどの実力者を選びますよね。
[ 2018/06/09 22:03 ] [ 編集 ]
ゲッツェに関しては、今は単にパスが上手い選手にレベルダウンしたとしか言いようがない。ドルトムントがゲッツェを引き取ったのは単にユース出身者だったからで、ゲッツェの復帰時にトゥヘルは「ゲッツェは困難な道を選んだ。」と言っていて
フロント主導は明白だった。さすがはトゥヘルと言わざるをえない。
[ 2018/06/09 22:09 ] [ 編集 ]
ファンの気持ちを踏みにじるような移籍の仕方をしたゲッツェ。

人の感情移入どうこうを批判できる立場にはないと思います。
[ 2018/06/09 22:56 ] [ 編集 ]
とりあえず、チームを勝たせるプレーをして、それを継続してからこういう番組に出ないとね。
[ 2018/06/09 23:21 ] [ 編集 ]
使えると思えばペップは使い捨てしなかったんじゃないかと。だいたい普通ならメディアの前で名指しなんて避けるだろうしそれをやるってよっぽどでしょ。トゥヘルにも練習態度怒られてたし。なんか騙されて移籍とか病気とかそこから何かを学ばないと引退してからもずーっと気に入らない誰かの批判してなきゃならないんじゃないの。これファブレもチェックするのかは知らないけど本心はどう思ってんのかな。
[ 2018/06/09 23:51 ] [ 編集 ]
この選手には、周りの方々に対する感謝の気持ちというのが一切無いですね。
いったいクラブがあなたの為にどれだけ支え、後押ししてくれていた事か、ちっとも分かっていないのでしょうね。

残念でなりません。
[ 2018/06/10 00:47 ] [ 編集 ]
バイエルンへの移籍がなければまだ同情したのですが…。
[ 2018/06/10 02:03 ] [ 編集 ]
よく言えますね
バイエルンを選んだのは自分の意思でしょ、サッカーの父のようなクロップと思うならなぜ裏切ったんだよと言いたくなる
感情的なものも大事とか言いつつやってることが逆だし、それでもBVBはまたチャンスをくれたのにそれをどう思ってるんでしょうか?
そこの感謝の気持ちは持ってるのかな、まだリバプールでやれるならやりたいみたいに言ってますけど
なにかが間違ってる気がしますね、もしバイエルンで活躍し続けてたらそんなことも言わないしBVBも眼中になかったでしょう
当時はまだ若かったからって言われてましたけど今もそんな変わってないですよね。
[ 2018/06/10 03:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントでなかったら、どの監督もゲッツェを起用はしないでしょう。
あれだけ使ってもらったのに、よく批判できるなと…
[ 2018/06/10 03:12 ] [ 編集 ]
なんかゲッツェを見ていると、ワンピースにでてくる天竜人のチャルロス聖にみえてきて何だか痛い;
[ 2018/06/10 03:34 ] [ 編集 ]
06/09 19:43さん
俺は反対しますよ、上手くいってるリバプールに行って人の良いクロップが万が一にもゲッツェ重用しちゃったらチーム崩壊に繋がりかねないんでね
というかマジレスすると今のリバプールにはロイスや香川ですら厳しいんじゃないですかね、ならそんな二人の足元にも及ばないゲッツェがいけば…
[ 2018/06/10 05:07 ] [ 編集 ]
ゲッツェ選手の主張は理解出来ます。
しかし、彼は今シーズン決して絶対的なプレーヤーとして振る舞えたわけではなかったです。
チャンスは与えられていたと思いますし、前半戦ではチームの中心としての役割も与えられていました。
監督交代の後も、香川選手の怪我もあってよく起用されていたように思います。
色々苦労している彼ですから、なんとか批判を跳ね除けるべく、リフレッシュして来シーズンに臨んでほしいです。
[ 2018/06/10 05:15 ] [ 編集 ]
中田やロベルトバッジョやいろいろ問題を抱えた選手たちを復活させたグァルディオラの恩師であるマッツォーネ氏でもゲッツェ再生は無理でしょうね。
ゲッツェは先ず性格が邪魔しているような気がしてましたけどやっぱりって感じです。
そんな選手はどの監督でも無理で足枷にしかならないと思います。
以前持ち上げてた人たちはどういう事を考えたり感じたりしていたのか意見を聞いてみたいというのが今の心境です。
[ 2018/06/10 06:37 ] [ 編集 ]
長谷部が「問題が起こったときに他人のせいにして批判するか、自分に集中して乗り越えようとするか。そういう人間性をみていろいろ思いました…」と、ハリル解任時に言ってたのを思い出しました。ゲッツェが前者、香川は後者ですね。クロップにも香川の人間性は絶賛されてた。
[ 2018/06/10 07:37 ] [ 編集 ]
2016年にリバポに行かなかった時点でクロップからも必要とされてないだろ
[ 2018/06/10 10:56 ] [ 編集 ]
言ってることがブーメランすぎる
自分が中心選手だと思いこんでる奴は見てて痛いね
[ 2018/06/10 11:13 ] [ 編集 ]
去年久しぶりにリヴァプール観て思った事は「クロップのチームになってるじゃん」という感じ。
結果も出てるしやっぱり凄い監督だよね。
今のゲッツェじゃ単純にあの運動量は無理でしょ。
しかも「問題は周りのせい」な感覚ではクロップの好むチーム一丸には合わない。
2016から時間も経っているいるし現状で呼ばれる事は無いだろうなと思ってる。
王様、地蔵、守備免除という好条件を提示してくれるチームなら活躍できるかもしれない。
がんばれゲッツェ。
[ 2018/06/10 12:30 ] [ 編集 ]
リバァプールは今年CL決勝までいってる。そいった事も計算して発言してるんだろうな。「あのリバァプール、クロップから誘われてたんだぜ」とでも言いたいのかね?
最近ドルトムントが落ち目だから、わざわざリバァプールの名前出したのかね?深読みしすぎかも知れんが、あんまり好ましい発言ではないな。
[ 2018/06/10 14:24 ] [ 編集 ]
シュテーガーさんなんか、ギリギリまで我慢してゲッツェを使いましたよ。
中盤の大事なポジションを好き勝手に放棄して相手にスペースを明け渡し、どれだけチームに迷惑かけたのか。
もし恨む権利があるとすれば、それは監督の方だと思いますけど。
[ 2018/06/10 15:26 ] [ 編集 ]
どうぞリバプールに行ってください。
そうすれば無駄な交代枠が減って
チームにプラスになりますからね!
[ 2018/06/10 17:19 ] [ 編集 ]
批判を受け入れることができているとは到底思えないけどね
[ 2018/06/10 23:46 ] [ 編集 ]
純粋な疑問なんですけど06/10 05:15さんみたいな擁護派の方はあとどれだけチームや他選手犠牲にしてゲッツェにチャンスを与えれば復活すると思うんですか?
[ 2018/06/11 01:19 ] [ 編集 ]
6/11 01:19さんへ
チームや他の選手を犠牲にしてまでチャンスを与えろとは言っていません。繰り返しますが、彼は絶対的な存在ではなかったですし、チームに悪い影響を与えたこともあると思います。
あれだけ起用されておいて「この言い方はないのでは」とも思います。だからこそ来シーズンからリフレッシュして再び実力で出番を得るところから頑張ってほしいという気持ちです。
ただ、単純に選手の復活を願ってはいけませんか?
これは香川選手の復帰や、復活を願っている時と同じ心境です。
[ 2018/06/12 10:29 ] [ 編集 ]
わざわざどこにも挙がってない香川の名前だしてくる辺りなんだかな〜
ゲッツェ復活のためにチーム云々って話題と香川がどんな関係があるんだろうか?
>あれだけ起用されておいて「この言い方はないのでは」とも思います。←ここまでと、ここからの→だからこそ来シーズンからリフレッシュして再び実力で出番を得るところから〜、脈らくがなさすぎますよ
普通あれだけ起用されといて公に不満を漏らす奴なんて復活する可能性もなければ一切チャンスも与えず売り払うべきでしょ
更に言えば後ろ足で砂かけてライバルクラブに移籍しておきながらあっさり出戻りを許した挙句ここまで舐めた態度をしておいて尚も単純に復活を願うし機会を与えようとするファンやクラブの甘やかすような姿勢がここまでゲッツェを腐らせたんだと思いますけどね?それで外国人選手は蔑ろにするんだから戦力流失し続けても文句言えないですわ
[ 2018/06/12 20:51 ] [ 編集 ]
見守ると甘やかすは全然違いますからね。耳の痛いことを言ってくれる人がいるうちが花ですよ。早く気がつけば立ち直るのもそれだけ早いのに。誰にでも言えるけど今の自分の立ち位置は全部自分の決断の結果なんです。間違った決断ももちろんあるけどそこでどれだけ真摯に自分と向き合えるかだと思う。上の方で舐めた態度ってありましたが彼にはどこかそんな雰囲気がいつまでたっても抜けないように感じます。
[ 2018/06/14 09:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。