ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェの主治医が病気について明かす!《ドイツの反応》




【西ドイツアルゲマイネ】



マリオ・ゲッツェの主治医が、いったい何の病気だったのかあかす!

entry_img_2352.jpeg


今から一年前のマリオ・ゲッツェの病気はファンの間ではいまだに謎だ。


BVBスターは代謝障害によって昨シーズンの後半戦を欠場した。そうなるとすぐに、実は彼はうつ病にかかっており、キャリアももう終わりではないかという噂が広まった。


しかし彼の主治医がそれについて口を開いた。“私も多くの物(記事)を読んだよ。みんな違った意見を主張していたが、一つとして真実に近い物はなかった。”と主治医のティエリー・ムリッシュDAZNのドキュメンタリーで語った。


スポンサーリンク


主治医はさらに、“ゲッツェはやればやるほど悪くなる事に気が付いたんだ。それで疑問を抱いた。この疑念は決して鬱ではないよ。マリオは精神を病んだことはない。”


そしてムリッシュは代謝障害という診断を下した。“体が限界に達すると、普通は体がそれに自然と対処するようになっているんだ。トレーニングが多くなりすぎ、回復する時間が無くなると、体が損傷を防ぐために、こうした使わなくて良い機能のスイッチを切ってしまうんだ。これは体の自己防衛だね。”



そしてそれはゲッツェ自身も語っている。


“僕は体に負荷を与えすぎたんだ。他の誰よりも多くこなしたかったんだ。”


しかしそれが原因で彼は続ける事が出来なくなってしまった。体の機能を正常化させるために、まずは休養が必要となり、多くの薬を飲まなければならなくなったんだ。


そして昨年の夏に良いニュースがやってきた。ゲッツェは準備トレーニングに参加できるというものだ。彼はシーズン開幕となるヴォルフスブルク戦でスタメンに名をつらね、先制点をアシストしている。




ゲッツェは今シーズン公式戦32試合に出場し2ゴール7アシストを記録していたが、ワールドカップに出場するには足りなかった。







以上です。

ゲッツェの病気について主治医からの言葉がありました。ちょっと専門的な事は分かりませんが、負荷を与えすぎて、回復機能そのものがおかしくなってしまったという事でしょうか?なんか凍傷になると、体温を逃がさないためにまずは指先なのどの皮下の血管が収縮する、みたいな話を思い出しましたが・・。




[ 2018/06/12 19:30 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(13)
フロントにはチームの事を第一に考え、決断して頂きたい。
[ 2018/06/12 20:12 ] [ 編集 ]
いくら才能があるにしても、こんなリスクを負った選手をBVBもいつまで擁護して置いとくのかな!その分、ほかの選手が割りをくってるんだから、上位を目指すのなら、そろそろクラブもゲッツェの進退問題考えてもらいたい。
[ 2018/06/12 20:24 ] [ 編集 ]
オーバートレーニング症候群だったのか

22歳ぐらいの若者を史上最高の天才だと祭り上げたから
本人がその期待に答えないといけないと思って負荷をかけすぎたのかもな
[ 2018/06/12 20:44 ] [ 編集 ]
オーバートレーニング症候群
[ 2018/06/12 20:50 ] [ 編集 ]
負荷をかけすぎたわりに
ブクブク太ったもんだな。
とりあえず何処が緩いリーグでリハビリしたら良いんじゃないかな?
試合に出てもポテンシャル以上のプレー機会を強いられて
結果はどうせ出せないから
邪魔だと思うな現状じゃ。
早目に切らないとドルは本当に沈没するな。
既に遅そうだけど。
[ 2018/06/12 21:09 ] [ 編集 ]
 ゲッツェはシーズン終盤に回復宣言をした。だから病気は過去のものだね。ゲッツェは給料分の仕事が出来る事を証明しなければならない。
[ 2018/06/12 21:34 ] [ 編集 ]
当時いろいろ調べたけど寛解はしても完治はしないって情報しか出てこなかったし
復帰後のパフォーマンスや起用方を見ても恐らくそれは正しいんだろうと思う
売れるうちに売っておくのが良い選択だと思う…
[ 2018/06/13 04:41 ] [ 編集 ]
その証明はドルトムント以外でして欲しい
守備もしないのにゴールアシストもつかないなら単に後ろの選手たちに負担かけてるだけだから
ドルトムントは一選手のリハビリに数試合なら兎も角シーズン丸ごとかける余裕なんてない
そこに気づかないなら来シーズンはCL出場権逃すよ
[ 2018/06/13 07:00 ] [ 編集 ]
病気は気の毒ですが・・クラブのゲッツェ・シュルレ推しは、代表選考の為だけだとは思っていませんでした。
何故なら、同じ同胞のシュメやカストロには冷淡でしたからね。ドルトムントは、ワンマンオーナーの持ち物じゃあなくて上場企業です。ゲッツェシュルレは、高額な移籍金とトップレベルの給与を受けています。
これを使わないとなると完全な不良債権、責任問題に発展ですよね。ドルトムント首脳は保身の為にも使い続けると思います。
高く買ってくれるクラブが現れるのが一番なんですがね。移籍する為にも復活はして欲しいものです。
[ 2018/06/13 08:46 ] [ 編集 ]
いや安くても良いから早く売ってほしい
一年以上かけてチャンス与え続けて戻らない上にあの態度だからな
ああいうの許した前例作ったら他の選手に示しがつかないでしょ
このまま復活に賭けるってなら先に主力選手が出て行ってチームが終わるだけ
[ 2018/06/13 18:53 ] [ 編集 ]
不良債権! 早期解決!でもクラブはゲッツエだけにはイッヒリーベなんだよね。シュールレは何とか行き先見つけられるでしょう。
[ 2018/06/14 20:14 ] [ 編集 ]
売るために使って多少市場価値をあげようとしたんでしょ
だから多分放出されるよ
[ 2018/06/15 13:50 ] [ 編集 ]
ゲッツェには残酷かもしれないが他にも若くして現役を続けられなく選手はごまんと居る
サッカーがしたいのならドルトムントを去るべきだと思う。今の彼でも重宝してくれるクラブはあるよ
ドルトムントはリーグ優勝を狙わなければいけないチームだからね
[ 2018/07/12 00:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。