ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表「エジルとギュンドガンはドイツ代表から外すべきだった。」《ドイツの反応》




ビルト】


エッフェンベルク!“ドイツサッカー協会はエジルとギュンドガンを外さなければならなかった。”



シュテファン・エッフェンベルクだったら、イルカイ・ギュンドガンとメスート・エジルはモスクワ行の飛行機にはいなかっただろう。


“ドイツサッカー協会が取り組んできた事を考えるならば、この二人の選手を外す以外の選択はありえないよ。”と元代表のエッフェンベルクは語っている。

スポンサーリンク





彼にしてみればドイツサッカー協会のこの二人とエルドガンの会談に対する判断は、ぶれているという事だ。



彼自身も外される事がどういうことか知っている。彼は1994年のワールドカップでファンに中指を突き立てたことで、4年間も代表から遠ざかっていた。


“当時のドイツサッカー協会の判断は徹底しており、素早いものだった。エジルとギュンドガンは、ドイツサッカー協会の判断が徹底していなくて運河良かったね。”とエッフェンベルク



1992年に準優勝した彼は、この異なる判断に疑問を持っている。




“今のドイツサッカー協会は、その時で必要な選手の事しか考えていない。私やウリ・シュタインの時はまったく違ったがね。”


シュタインは1986年にベッケンバウアーを非難して、懲罰を受けている。


ギュンドガンはサウジアラビア戦後にエルドガンとの写真が政治とは無関係だと表明していた。エジルはそれについて何も語っていない。








以上です。

この話はまだ尾を引いていますが、管理人としてもこの二人は外れるべきだったと思います。これまでスポーツと政治を切り離した取り組みを強調してきたドイツサッカー協会としては、やはり判断が揺らいでいると言われてしまいますね。しかし外したら外したで差別という風潮があるのも確かです。

ドイツはイスラムが増えすぎて、ちょっとでも批判すると右とみられてしまう雰囲気がありますね。


[ 2018/06/13 19:20 ] FIFA | TB(-) | CM(21)
日本も似たような雰囲気です。
安倍批判したら◯◯みたいな...
今はネットを使った世論操作も酷いので見事に操られてる人達で溢れています。
いったい何に憤ってるのか何があったのか何をもってそれを正しいと信じているのか、、これを聞くと他の誰かの答えか全く答えられないかの2つです。
歴史の授業で習った大戦前の状況みたいで怖いです。
[ 2018/06/13 19:32 ] [ 編集 ]
ドイツ代表は無事ロシア入りしたのでしょうか?
初戦までロイスが無事かそれだけが気になってます
[ 2018/06/13 19:39 ] [ 編集 ]
他国の選挙絡みなのがとにかく庇いようがないですよね
前例を作ってはいけないのに
[ 2018/06/13 19:41 ] [ 編集 ]
2人をトルコ系ムスリムは批判していないんですかね
節を曲げてまでムスリムに配慮して当のムスリムもそれを良しとしているのなら
なんともおぞましいことです
[ 2018/06/13 19:43 ] [ 編集 ]
>ドイツはイスラムが増えすぎて、ちょっとでも批判すると右とみられてしまう雰囲気がありますね。

日本も在日の特に朝鮮系を批判するとすぐレイシスト、右翼、ネトウヨと言われますが
言われる側に問題が多いので当たり前だと思います
[ 2018/06/13 20:42 ] [ 編集 ]
 
在日朝鮮人の悪の真実を暴露すると差別ヘイトにされ叩かれる
今でも外国人言論の自由を奪われている
[ 2018/06/13 22:15 ] [ 編集 ]
彼らは、なんで、ドイツ国歌、歌わないんだろう?
両親が外人や、片親が外人の二重国籍の選手らは、歌ってたのに、何かあるんですか?
この意見も、ダメなのかな、、、
[ 2018/06/13 22:17 ] [ 編集 ]
ドイツも日本と同じ病ですね。

在日帰化朝鮮人の政治活動とかを公に批判しようもんならネトウヨだの差別だのと凄まじい言論弾圧受けますから似てますね。

スポーツに政治や思想やらを持ち込まないで欲しい
[ 2018/06/13 23:10 ] [ 編集 ]
正しい批判を抑え込むために、差別という言葉が利用されている面もあり、なかなか難しい問題がありますね。
一つの国の中に、別の国、文化圏ができてしまい、それが政治的な力を持ち始めるとあまり良い結果を生みませんよね。
いつか綺麗事だけでは済まない事態になりはしないかと心配です。
[ 2018/06/13 23:51 ] [ 編集 ]
 情報操作や扇動は組織的に行われていますから、小さい火種があればそこを煽られ続ける事になります。右翼とかレッテルを貼るのはよくある手法でしょう。情報耐性のない人はそうした煽りに感化されて広がっていってしまう。

 自分が気づかないうちに扇動されないよう、自分の考えをしっかり持ちつつ、異なる思想や考えも理解できる余裕を持つよう心がけないといけませんね。
[ 2018/06/14 00:18 ] [ 編集 ]
スポーツと政治の問題は難しいですね。
状況はちょっと違いますが、日本代表の帰化選手が同じようなことをしたらネットでは騒ぎになるでしょうがマスコミはほぼスルーするでしょう(笑)。

>2018/06/13 19:32

逆ですね。総理擁護したら○○扱いされる風潮が問題。
ネットが世論操作ってのも意味不明で、それを出来る、やっているのはマスコミです。
ネットには左右両論しっかりあります。
すぐに戦前とか言い出すのはあまりにも勉強不足。
メディア界全体が政権批判正義な時点で真逆です。
海外でここまでマスメディアが偏っている国は他にありません(笑)。
[ 2018/06/14 01:27 ] [ 編集 ]
論調は「協会は外すべきだった」が強そうですね。
他の例とは内容が違うので同一視はできないかな。
まあ、甘過ぎるって主張なら同感なのですけどね。

事の善し悪しのみでなら「外さない」で正解と思うけど・・・
状況や方針を考慮すれば「外す」べきだったかな。
確か発覚時期は予備登録時で本登録前でしたよね?
自分なら4試合程出場禁止の罰を科して外す圧力としたかな。
そういえばこの件って微妙なので罰は科されてないですよね?
[ 2018/06/14 02:26 ] [ 編集 ]
でドイツをどうしたいのだろうか、メルケルに対する反発とか、ムスリムに対する悪感情も含んでんじゃないの。
だったら、そもそもなんでドイツ代表に入れたの。黄禍論の本場で、元々差別感情強いドイツが無理すんなと思ってたけどやっぱりか。
それと一番上のコメ、共産党は非合法にすべきだし、テロリストを取り締まるのは当たり前のことだ。
そんなのの残党が誇張している「戦前」は、自分たちに都合が悪かったからそういっているだけ。
「戦中」は酷かったがワザと混同させている
[ 2018/06/14 04:45 ] [ 編集 ]
個人的にはロイスが無事に試合に出れますように出れますように出れますように。しか頭にありません(笑)
[ 2018/06/14 06:24 ] [ 編集 ]
せやかてこの二人の代わりはおらんやろ
[ 2018/06/14 07:25 ] [ 編集 ]
日本とドイツが深い部分で同じ状況なのは、敗戦国のリーダーだったからです。
他国・多民族から多大な干渉を受けています。
日本と同じく捏造歴史の押し付けもされています。
ドイツではユダヤ人虐殺のガス室の検証をしただけで逮捕されます。
[ 2018/06/14 07:26 ] [ 編集 ]
日本は首相批判の方が異常だろ
そもそも批判したところで野党やネット含めた世論連中にまともな代案もない上に自分たちが与党だった時のまんまブーメランなことをしてるしね、二重国籍元代表や政調会長秘書逮捕や強行採決とか

エジルギュンの話に戻るがドイツって今この二人は流石に外す余裕なさそうだが
[ 2018/06/14 07:32 ] [ 編集 ]
外す必要は全くないでしょう
これを批判してる人は乾が呼ばれた時も批判したの?
スポーツを政治と混同すべきでないと言うなら相手国が有効的だろうがそうじゃなかろうが関係ないでしょ
これで外すならそれこそ政治的な理由になる
側から見たらメルケルや移民憎しでやってるようにしか見えない
[ 2018/06/14 10:10 ] [ 編集 ]
乾とは状況が違い過ぎて的外れですよ。

それと乾はシーズン中だからと拒否してます。ただクラブ幹部がエイバルの広報の為に出席してくれと
懇願し乾がそれに応じただけですからね。



[ 2018/06/15 01:48 ] [ 編集 ]
やってる事は一緒ですよ、状況が違うは理由にならない
政治的な行為である事に変わりないし、乾が最初は断っていようが行った以上関係ないです
そもそも今回は政治家まで出てきて公に批判してるの見ればトルコ憎しでやってる様にしか見えない
[ 2018/06/15 17:14 ] [ 編集 ]
乾は歓迎のレセプションみたいなものの参加だからまだいいでしょう。
しかも断ったうえクラブのために出ただけだから。
相手もスペインで日本を敵対視してるわけでもない。
ギュン達はドイツの選挙に影響を及ぼそうとしてるトルコの大統領だからアウト。
内政干渉しようとしてる国相手だからね、ルーツといっても。
これを同じことと捉える方がどうかしてるのでは。
[ 2018/06/16 19:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。