ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》内田がキッカー・ランキング サイドバック部門で7位!その選出理由

本日発売のキッカーにおいて、ブンデスリーガ前半戦における、ゴールキーパー、センターバック、サイドバックのランキングが発表されました。そのランキング結果と一部の選手の寸評などを紹介します。




20141230015022bea.jpg

キッカー ランキング 


【サイドバック】

1位 ダヴィッド・アラバ (バイエルン)インターナショナルクラス
2位 リッカルド・ロドリゲス (ヴォルフスブルク)
3位 アルヴァーロ・ドミンゲス (グラートバッハ)
4位 フアン・ベルナート (バイエルン)
5位 ポール・フェルハッハ (アウグスブルク)
6位 ラフィニア (バイエルン)
7位 内田篤人 (シャルケ)
8位 パウエル・オルコフスキ(ケルン)


なぜ選出されたか!

内田篤人

シャルケの右サイドバックはどの点から見ても向上し、チームの成果を担う役割へと成長した。この日本人はロベルト・ディ・マッテオの3-5-2のシステムへの変更から利益をうけた。彼はそのシステムではボールに対する彼の長所をいかんなく発揮し、攻撃においても万一の場合に備えながらボールを(前へ)入れることが出来た。いくつかのポジショニングミスやシャルケ国際舞台における平凡なパフォーマンスがこれ以上のランキングになる事を妨げた。



なぜ選出されなかったか

エリック・ドゥルム (ドルトムント)


このワールドチャンピオンは他のドルトムントの選手と同様に彼のレベルを保つ事ができず、ボルシアの危機の下で苦しんだ。彼のチームメートのマルセル・シュメルツァーと同様に彼はランキングから完全に除外されてしまった。

20141230015023dd7.jpg

その他の選手

セバスチァン・ルーディ(ホッフェンハイム・ドイツ代表)

代表監督はこの中盤の選手を緊急打開策として右サイドバックとして起用した。その後ホッフェンハイムの監督も彼もこの策を試した。このポジションを学ばなかった選手としてこの24歳は自分の役割をしっかりとこなした。しかしランキングに入るまでにはならなかった。


フアン・ベルナート

彼はチームメートのアラバとポジションを定期的に交代した。それに加えフアン・ベルナートはバイエルンでブンデスリーガ全試合に出場した唯一のフィールドプレーヤーとなった。このスペイン代表の選手はこれ以上のランキングに入るにはまだ効率が良くなかった。消耗が激しく、成果とアシストが足りない。

スポンサーリンク


【センターバック】

20141230020216c52.jpg

1位 ジェロム・ボアテン (バイエルン)ワールドクラス
2位 ナルド (ヴォルフスブルク)インターナショナルクラス
3位 マルティン・シュトランツル(グラートバッハ)インターナショナルクラス
4位 ソクラティス (ドルトムント)インターナショナルクラス
5位 ニクラス・ズィーレ (ホッフェンハイム)
6位 エーマー・トプラク (レバークーゼン)
7位 ヘヴェデス (シャルケ)
8位 トニー・ヤンチュケ (レバークーゼン)
9位 ウーベ ヒューネマイアー (パダーボーン)
10位 ケヴィン・ヴィンマー (ケルン)


なぜ選ばれたか

ソクラティス (ドルトムント)


ドルトムントで唯一の影響力。チャンピオンズでのプレーはとても良かった。競り合いは空中戦でも地上でも力強い。


なぜ選ばれなかったか

ズボティッチ (ドルトムント)


十字靭帯の負傷を克服したが、彼の輝かしい時代からは程遠い。


フンメルス (ドルトムント)

彼は輝かしいドイツの顔であった。ワールドカップで素晴らしいプレーを見せ、キッカーの夏のランキングでは彼はワールドクラスにランキング入りした。しかしこのドルトムントの顔はドルトムントと同様に墜落してしまった。彼の負傷の後でドルトムントは彼がチームを直してくれることを期待していたが、フンメルスはそれに答えることができなかった。なので今回はランキング入りはしていない。




【キーパー】

20141230015901517.jpg


1位 マニュエル・ノイアー (バイエルン)ワールドクラス
2位 ラルフ ・フェールマン (シェルケ)インターナショナルクラス
3位 ヤン・ ゾンマー (メンヒェングラードバッハ)インターナショナルクラス
4位 ロン ロベルト・ツィーラー (ハノーファー)インターナショナルクラス
5位 ベルント・レノ (バイヤーレバークーゼン)
6位 ディエゴ・ベナリオ (ヴォルフスブルク)
7位 ロマン・ビュルキ (フライブルク)
8位 ロリス・ カリウス (マインツ)
9位 フェリックス・ヴィートヴァルト (アイントラハト フランクフルト)






以上になります。

それぞれのランキングで一位になった選手は、それぞれ長い特集記事が付いていましたが、長すぎるので省略しました。また寸評はランクインした全ての選手について付いているわけではありませんでした。

サイドバック部門では一位のアラバ一人がインターナショナル部門にランクインされていますが、ワールドクラスのランキング入りはありませんでした。またドイツ人選手が一人もランキング入りしていない所が、ドイツ代表のサイドバックの層の薄さを表していますね。内田選手については個人的に言及されるなど、注目も高まってきているようです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1057.jpg

IMG_1045.jpg

雪化粧したヴァッカーバート城
ドレスデンの隣町ラーデボイルにあるお城も一面雪景色です。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/12/30 07:30 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(2)
怪我持ちでこれだから治ったらどうなるんだろう
完治はなさそうだけどこのWBで少しでも改善したらいいなあ
[ 2014/12/30 11:02 ] [ 編集 ]
No title
あれケヴィン・トラップは?と思ったら結構怪我で欠場してるんですね
キッカーも大して真剣に選んでないと思いますが、このランキングを信じるならアイントラハトの規模的にもトラップは手放すかもしれないなあ
[ 2014/12/30 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。