ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【日本代表】対コロンビア戦ドイツ紙評①「ブンデスリーガ・ドッペルパックのおかげで日本勝利!」《ドイツの反応》

【ビルト】

コロンビア対日本 1:2


日本!ブンデスリーガ、ドッペルパックのおかげで勝利を祝う!



ワールドカップ初戦でブンデスリーガパワーだ!!



日本がコロンビアに2:1で勝利した。なぜなら“ドイツ産”がゴールしたからだ。ドルトムントの香川とケルンの大迫(7月からブレーメン)が彼らの祖国を勝利へ導いた。



スポンサーリンク




南アメリカ人にとっては最悪の始まりとなった。まずはバイエルン・スターのハメス・ロドリゲスが筋肉の問題でベンチスタートとなり、その後のショックだ。大迫が抜けるもののキーパーのオスピーナに阻まれる。そして香川が放ったシュートをサンチェスが腕でブロックしたのだ。これでこのコロンビア人はレッドカード退場、そしてPKとなった。



ドルトムントのスター、香川は非常にクールだった。彼はリラックスしてゴールを押し込んだのだ。ちなみにサンチェスのレッドカードはワールドカップ14試合目にしてはじめてとなる。



ワールドカップの歴史においては1986年のメキシコ大会でウルグアイのホセ・アルベルト・バシスタがスコットランドを相手に開始54秒でファールしてレッドカードをもらっているが、これが最速だ。


日本の西野監督は、デュッセルドルフの原口元気、ドルトムントの香川真司、ケルンの大迫勇也、そしてキャプテンでフランクフルトの長谷部誠と4人のブンデスリーガの選手を先発で起用した。



アジア人たちは先制した後で後ろに引きこもった。そのためコロンビアが一人少ないにも関わらず積極的なチームだった。そしてそれが報われた。ファルカオと長谷部がぶつかると、それがコロンビアのファールとなったのだ。いずれにせよこの判定には疑問だ!そしてそれをクインテロが18メートルの距離から日本の壁を下を通して生意気に決めたのだ。川島はボールをキャッチしたが遅すぎた。すでにボールはラインを割っていたのだ。日本のキーパーは抗議していたが、ゴールラインテクニックは常に正しい。



開始59分にはバイエルンのスター・ハメスがようやくプレーする。しかし試合に勢いを与えることはできなかった。



ハメスの代わりに活躍したのが大迫だ。本田のコーナーから3人のコロンビアの選手に競り勝ち勝利へのヘディングを決めたのだ。


ハメスは大会前に大きな決意を表明していた。“大きな事を達成するとさらに大きな事を達成したくなるものだ。今回は準決勝進出を夢見ている。それか決勝を。”


この夢は初戦の敗退で遠ざかってしまった・・・。





以上です。

日本代表勝ちましたね!まさか開始3分であのような展開になるとは予想していませんでしたが、香川選手もしっかりPKを決めてくれて、日本としては願ってもいない展開になりました。



この試合は元ドイツ代表のクリストフ・クラマーと元コロンビア代表のレネ・イギータが解説したんですが、イギータによると、クアドラードを下げて守備的な戦術にしたのが決定的だった、と言っていましたが、あれで長友選手は大分楽になりましたね。


あのフリーキックの判定は明らかなミスだと思いますが、日本代表は後半しっかり立て直してくれたので良かったです。


最高のスタートを切りました。どこが勝ってもおかしくないグループですが、ぜひともこの勢いを次の試合にもっていってほしいですね。






[ 2018/06/20 01:21 ] 未分類 | TB(-) | CM(26)
最高!!!
[ 2018/06/20 01:29 ] [ 編集 ]
色々と言いたいことが有りすぎるけど…
日本おめでとう!
ごめんね、負けると思ってたわ(;´д`)
[ 2018/06/20 01:45 ] [ 編集 ]
勝ってよかった!
香川のシュートが枠に行ったからこそのハンドとレッドカードで、
あれで随分助けられましたね。

30分でクアドラードを下げてまで香川にマンマークを付けたのはそれだけ脅威だったんでしょう。
NHKの解説はその辺全く触れてなくて頓珍漢なことばかり言ってましたが・・・
WC本戦でバランスを崩してまでマンマークが必要だと思わせたってのは凄いことだと思います。
[ 2018/06/20 01:56 ] [ 編集 ]
PKになった場面、大迫にパスを出した後でしっかりこぼれ球を狙って詰めていたのが素晴らしかったですね
他にも何度か大きなチャンスメイクをしていました
大迫は得点ももちろん良かったけどエリア内でポストして酒井に落としたり、ハメスのシュートをブロックしていた場面も良かったです
審判の判定は本当に不可解でしたね

同グループだとセネガルが身体能力と組織力が合わさり何かを起こしそうな気もします
[ 2018/06/20 01:56 ] [ 編集 ]
セリエでクアドラードは長友に勝ててなかった。たぶん一度も一対一で勝ててない。それくらい相性が悪い相手だったから下げたんだと思ってる。残りの2戦に全力が出せるようにって。
[ 2018/06/20 02:04 ] [ 編集 ]
クアドラードを下げた理由はペケルマン曰く「香川は非常に強力なのでバリオスを入れて組織力を高めたかった」
香川はゴールだけじゃなく、相手を一人減らし、交代枠も使わせた、ってことになります。
セネガル、ポーランドも香川を徹底的につぶそうとしてくるでしょうね。
まあそうなったら周囲への警戒が甘くなるので、香川は出場しているだけでもチームにとって大きな助けになるでしょう。
[ 2018/06/20 02:12 ] [ 編集 ]
コロンビアのペケルマン監督は香川に気を取られてたみたいですね
クアドラード下げたのも香川のマークつける選手を入れるための交代で
日本側からみたら、脅威の選手がどんどん下がって、逆に怪我持ちで
本調子でないハメス投入でえ?いいの?ラッキーだと思って見てました。

この大会はアップセット多いけど日本もアップセット組に共通してる
全員のハードワークで勝ち点3を取りましたね
海外に出てる選手が多いので、試合運びも焦る部分もなかったのは
日本人選手を受け入れてくれたブンデスとドイツのおかげや、と思って見てました
[ 2018/06/20 02:23 ] [ 編集 ]
香川はPK決めただけじゃなくシュートが枠内入ってたからサンチェス一発退場に追い込んで11対10に出来たし、コロンビアで一番脅威になってたグアドラードと途中交代したバリオスに貼りつかれてたからこそ攻撃の脅威を、柴崎へのプレッシャーを減らせていました。
スレなんかでは1点目は大迫のおかげとか後半は消えてたとか岡田元監督のネガキャン実況を例に挙げて批判する人もいたが、まず大迫がシュート出来たのも香川がパス通したからだしマンマーク受けてたからこそスペース作れたりコロンビアのアタック回数減らすことが出来ましたからね。
コロンビアに勝てて嬉しいが本来ならMOMに選ばれるほど躍動した香川が、相変わらず日本では批判ばかりされてて悔しい気持ちの方が大きいです。
[ 2018/06/20 02:39 ] [ 編集 ]
完勝。乾や酒井も含めてブンデス組がよくやった。コンパクトな陣形からハードにプレスかけてウイング上下させる普段リーガでやってることをそのまま出してくれた。ドイツサッカーだった。
特によくやったのは、香川と大迫。
香川はPK取ったとこは狙ったね。とっさだったけど壁にボール当てる要領でハンド取ってひとり人数少なくして先制してくれた。ドルのプレーヤーたちがよくやるプレーで、あれでチームはペースつかめた。個人レベルでは圧倒的にコロンビア有利だったのをあの1発で覆した。ドイツ風に言うと魔法をかけた。PKのあとはテレビではボールもらえてないみたいなこと言ってたけど、そうじゃなくて自分からスッポンさせてガツガツやってた。これで数的不利の上に点取らなければいけないコロンビアの攻撃の枚数がスカスカになったし、チームの守備が前を向いてやれるようにしていた。最後は足踏まれて交代だったけどチーム勝たせた。
大迫も自陣エリアから相手のエリアまで走ってゴール取ってゴールも防いだ。点取ったとこは身長では不利な競り合いの中よく首振った技あり。
[ 2018/06/20 03:05 ] [ 編集 ]
>ファルカオと長谷部がぶつかると、それがコロンビアのファールとなったのだ。

日本のファウル、もしくは、コロンビアのFK ですね
[ 2018/06/20 03:43 ] [ 編集 ]
今日のピッチにはサッカーの神とヘディングモンスターがいた
[ 2018/06/20 03:43 ] [ 編集 ]
何故にドッペルパックって、そういうことね。
最速54秒がどういう流れかちょっと気になる。

交代は見てるときは流れ止められたと感じたけど・・・
終わって見れば撃ち合いに来られた方が危なかったかもです。
でもこれは、流れを止めないとマズい、と思わせた結果。
戦術的ポイントも勝ち取ったものと考えて良いですよね。
幸運とはいえ実力での勝利と考えるべきで喜びもひとしおです。

確かにどこが勝ってもおかしくない拮抗したグループですね。
セネガルも勝って下馬評優位の2チームが・・・
[ 2018/06/20 03:53 ] [ 編集 ]
まあ今回イギータがいたら確実にセットプレイの度に上がってだろうな
[ 2018/06/20 03:55 ] [ 編集 ]
日本代表勝ちましたね。PK直前のオスピナとの会話を観て大丈夫だと思ってたので安心してPKは観れました。コロンビアのFKになる判定は酷かったのですが大迫が救ってくれたのでホッとしました。次節グループ最強のセネガルですが下手さえ打たなければ行けるとずっと思ってましたので次も信じて応援します。
[ 2018/06/20 04:19 ] [ 編集 ]
日本代表はブンデスが育てた、と言われても否定はしません
ありがとう
[ 2018/06/20 04:37 ] [ 編集 ]
香川の交代が早かったけれど、ゴール、数度のアシスト未遂、リンクマン、前からのプレス……と物凄い動いていたからなぁ。相手監督が脅威に感じるのは当然かと。ただ香川が活きるには乾や柴崎のような連動できて速いパスのやりとりができる選手が必要。怪我大丈夫だろうか。
[ 2018/06/20 05:12 ] [ 編集 ]
>2018/06/20 02:04
ペケルマンが香川対策と言っていますね。
実際ガッツリマーク付きましたし。

>2018/06/20 02:39
香川がどんな結果を出しても批判する人の発するネガティブな声ばかり受け取りすぎでは?
賞賛の声の方が全然大きいですよ。
[ 2018/06/20 06:01 ] [ 編集 ]
香川はPK獲得と決めた以外にもいくつもキーパス入れて、クアドラード下げさせた挙げ句
マーカーにつかれた代わりに柴崎なんかがフリーで組み立てれる要因にもなってました
足踏まれた後に交代してましたが次戦もやってほしいです。頼もしかった!走行距離も前半トップ!
大迫後半は攻撃も守備も半端なかったです!

ダラダラ歩きながらボールが来たら1人だけコロコロ転がってるファルカオ
一時は前向いてるだけで世界屈指の脅威だった最強FWがあの様な姿に…
[ 2018/06/20 06:10 ] [ 編集 ]
香川と大迫がゴールを決めてブンデスが注目されるのは嬉しいですね。まあバイエルン組のハメスやレヴァはまだエンジンがかかってないようですが。
[ 2018/06/20 07:42 ] [ 編集 ]
嬉しいですね。ドルトムントが勝った時もうれしいんですが、
それと違った、短期決戦ならではの嬉しさがありました。

絶対勝てないと思っていましたけどね。

コロンビアが1人退場したのは
、ペケルマン監督も想定外でびっくりしたでしょう。

次のセネガル戦ですね。ポーランド戦を見ていないので、
これから見て自分なりに予想してみたいと思います。

日本代表。勝利おめでとう!
[ 2018/06/20 08:18 ] [ 編集 ]
この審判は体を先に入れてかつそこからしっかりボール保持をガードするまでを一連のデュエルとしてジャッジしていたという事だ。ボールを所有していてもまともな1対1のチャージでバランスを保てなかったらそれは負けというジャッジ、先に体さえいれていればファウルをもらえるという日本にフレンドリーな規準がスタンダードではない、つまりそこに依存している戦いをしている限り勝者の前提からは遠ざかることになる。
[ 2018/06/20 10:15 ] [ 編集 ]
06/20 06:01さん
自国の選手が快挙を成し遂げてるのに批判する人がいる方が問題でしょ
日本は謂れなき批判に対して何時もスルーしてばかりだから連中も自分たちは間違ってないんだ!とつけ上がるんですよ
勿論いくら反論してもそういう連中は必ず存在するけどもだからと言って間違ってるものに間違ってると苦言を呈したり憤慨したりする方が正常でなあなあにするのは日本人の悪い癖だと思いますよ
[ 2018/06/20 14:53 ] [ 編集 ]
ドイツ産には少し違和感ありますね。
正確に日本産・ドイツ製って言って欲しいです
[ 2018/06/20 15:31 ] [ 編集 ]
西野がパラグアイ戦でサブメンバーを使ったのが大きなターニングポイントだったね
あれでスタメンが香川や乾に変わり、CBも1枚変わったんだから
ただSBは長友よりゴートク、ボランチは長谷部より山口の方がやっぱり良かった
SBが上がって攻撃参加するより、乾がチャレンジ失敗した時のフォローに徹して乾にもっと攻撃させるべきだ
あと審判はダイバーファルカオのプレーを見逃しすぎでイライラした
[ 2018/06/20 15:47 ] [ 編集 ]
いやサブとの交代は失敗だったと思う、特に香川はセネガル戦への入りも考慮して最後までいるべきだった。
結果アシストには繋がったもののロスト5回と逆起点未遂2回は今大会ワーストだし、せっかくマンマーク受けても乾や柴崎にスペース作ってパラグアイ戦みたいなゴール期待できそうなところで代えられたのは痛い、しかもマークしてたバリオスが香川いなくなった途端に柴崎へプレッシャーかけた結果で怪我にまで繋がったし。
[ 2018/06/20 20:07 ] [ 編集 ]
香川、大迫おめでとう。

香川は色んな部分で貢献しているのに、pkしか言及されてないですね。
香川を脅威に感じてコロンビアが行った交代策も全く。
かなり試合に影響を与えた部分なのに。
以前も親善試合の後の相手監督の香川がどれだけ脅威だったかを話していましたが、スポナビの全文記載の記事でしか報じられませんでした。
香川が相手監督から評価されると困る人たちがいるかのような不自然な報道。
今後も香川は日本では正当に評価されることはないと理解した試合でした。
試合に勝ったのにとても残念な気持ちです。
[ 2018/06/21 01:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。