ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【W杯】日本対コロンビアドイツ紙評②「香川が日本を勝利に導き記録を作る!!」《ドイツの反応》




Wa.de】

香川が日本を勝利に導き、さらに記録を作る!



entry_img_2368.jpeg



ボルシア・ドルトムントの香川真司が対コロンビア戦で日本を勝利に導いた。さらにこのスター選手は記録を作っている。


日本人でブンデスリーガでプレーする香川真司と大迫勇也が、バイエルンのスター、ハメス・ロドリゲスがいるコロンビアを初戦で下した。


有力とみられていたのはコロンビアだったが、彼らはほぼ90分に渡って10人で戦わなければならなかった。そして彼らは日本に対して1:2で敗れている。

スポンサーリンク


ミッドフィルダーのカルロス・サンチェスが開始3分にレッドカードを見る羽目になり、さらに負傷していたハメス・ロドリゲスは60分ごろからプレーする事になったのだ。



日本のゴールを決めたのはボルシア・ドルトムントの香川真司と降格したケルンに所属し、今度ブレーメンに移籍した大迫勇也だった。香川は開始5分にゴールを決め、これは日本のワールドカップ史上最速のゴールとなっている。



“レッドカードは最悪の結果で、それによって我々は苦しむことになってしまった。日本は何よりも後半試合をコントロールし、我々は疲れてしまいリズムを失った。”とコロンビアのぺーカーマン監督は語っている。



コロンビア、ホラー・スタート



コロンビアはハメスの代わりとしてフアン・クインテーロを起用してきた。しかしコロンビアはホラー・スタートを切る事になる。彼らは負傷していたブラジル大会での得点王ハメス・ロドリゲスをベンチに座らせるだけではなく、開始3分で一人少ない状況に陥ってしまったのだ。


スコミーナ審判はまったく躊躇することなくレッドカードを出した。サンチェスが香川のシュートを手でブロックしたためだ。


これよりも早いレッドカードは1986年のメキシコ大会でウルグアイのホセ・アルベルトが、スコットランドの選手にファールをして退場となった時だ。その時は54秒でレッドカードが出た。


この結果与えられたPKはプレーメーカーの香川が確実に決めている。



日本は4人のブンデスリーガ選手が先発



序盤は、12分にコロンビアのキャプテン ファルカオが同点のチャンスを得たり、さらに15分には乾が追加点のチャンスを外すなどと、落ち着きのないものとなった。


日本は香川、大迫、原口、長谷部と4人のブンデスリーガで活躍する選手を先発で起用した。日本は一人多いため中盤で明らかに優勢だったが、コロンビアも441のフォーメーションで対応し、ファルカオをうまく使おうとした。


しかし同点に追いついたのはクインテーロからの直接フリーキックだった。日本のキーパー川島はこのゴールについて文句を言っていたが、ゴールラインテクノロジーにより、ゴールがラインを割っていたことが明らかになった。



ハメス同点ゴールを逃す



今から4年前、どちらも6度目の大会となる両チームはすでに対戦していた。その時はコロンビアは4:1で勝利し、決勝トーナメント進出。日本はグループリーグで敗れている。


多くのコロンビアのファンに迎えられ、国民的スターのハメス・ロドリゲスは60分にやって来る。この26歳は筋肉に問題を抱えていたのだ。


いずれにせよ後半多くのチャンスを得たのは日本だった。そして大迫のヘディングゴールにより、追加点を取る事に成功している。ハメスも78分に同点に追いつくチャンスを得たが、そのチャンスを生かしてはいない。







以上です。

今回は有力とみられるチームが破れたり引き分けに終わったりするなど、なかなか面白い展開になっていますね。日本は次はセネガルと対戦しますが、勝てば決勝トーナメントがほぼ確実となるので、なんとか勝ってもらいたいですね。






グループ1位抜けすると次戦はおそらくイングランドなので、是非とも勝利してもらいましょう!
[ 2018/06/20 20:59 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます
ドイツ発の情報、いつも楽しく読ませていただいてます
もし可能でしたらキッカーのコロンビア対日本の試合評、選手評の翻訳お願いしますm(_ _)m
[ 2018/06/20 21:47 ] [ 編集 ]
乾と酒井も元ブンデス組ですね


日本はドイツみたいな強豪国と違うので、かっこつけて
内容にこだわるより、チームが同じ方向を向いて
ハードワークして泥臭く淡々と勝ち点を積み上げて行ってほしいです
[ 2018/06/20 22:07 ] [ 編集 ]
記録つくるなー香川
まるでCLの時みたいだわ
今大会1枚目のレッドカードも出させたしね
あと香川BBCのベストイレブンに入ったみたいだよ
FW、フィンボガソン(ICE)ロサノ(MEX)ロナウド(POR)
MF、香川(JPN)イスコ(SPA)ゲイェ(SEN)シグルズソン(ICE)
DF、コラロヴ(SER)ゴディン(URU)シグルドソン(ICE)
GK、ハルドーソン(ICE)
[ 2018/06/20 22:33 ] [ 編集 ]
wカップが始まる前、香川を叩いてた人がいたねw
いらないとか?w
今もそう思ってるのかな?
[ 2018/06/21 01:48 ] [ 編集 ]
ぺケルマン「我々は疲れてしまった」って事だが、
その原因にはベンチワークも大きく関わってただろうね。
[ 2018/06/21 01:52 ] [ 編集 ]
ドルトムントの試合でもそうなんだけどゲームから消えていたからという理由で交代させられるが、それって香川だけの問題じゃないと思う。
今回も後ろからの縦パスやサイドからのリターンはすごく少なかった。
確かに途中から香川にマンマークが付いていたので難しかったが、香川もマークを外す動きをかなりしていたのでもっと出してほしかった。
特に長谷部からのパスがほとんどなかったので、次戦は修正してくれればもっとチャンスが生まれると思う。
[ 2018/06/21 07:23 ] [ 編集 ]
マーク外す動きだけではなくスペース作る動きもしてましたよね、そのおかげで後半は乾のドリブル回数も増えましたし柴崎へのプレッシャーも減って縦パス入れる回数も増えてました
[ 2018/06/21 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。