ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【W杯】ドイツ代表!ロイスゴールでスウェーデンに逆転勝ち!選手採点と寸評《ドイツの反応》




ビルト】

全選手寸評!

entry_img_2373.jpeg


ノイアー 2

彼の責任ではない。彼はリュドガーのミスの後、ベルクに対してしっかり守った。失点はしかたなし。


キミッヒ 3
メキシコ戦とは別人。Pエリアに危険なクロスやパスを通す。守備には追われることがなかった。


ボアテン 4
ベルクに対してレッドカードとPKにならなかったのは運が良かった。82分にレッドカードで退場。一対一は47%しか勝てなかった。

スポンサーリンク





リュードガー 5
フンメルスの代理はミスを連発、。失点の場面でもトイヴォーネンにやられる。一対一勝率44%。



ヘクトーア 4
良い攻撃でスタート。休憩前には踵でクレッソンのチャンスをクリア。それ以外は安定していなかった。



ルーディ 3
運が悪かった。トイヴォーネンの踵を顔面にくらい、血を流しながらピッチを後に。中盤で落ち着いておりミスもなかった。



クロース 3
9本もパスミスし、いつもの彼ではなかった。しかし最後のシュートが決まった。それが最も重要だ。それまで悪かった事もこれで忘れられる。



ロイス 2
攻撃で勢いを与えた。ゴールはまるでセンターフォワードのようだった。彼は先発すべき。



ミュラー 4
彼が中央にくると脅威となったが、あまりその機会はなかった。後半はより中央でプレーしより旋風を巻き起こした。



ドラクスラー 5
彼は試合に関与しなかった。



ヴェルナー 3
ドラクスラーへ力強いパス。その後前半は消えていた。先制点をアシストし、その後力強かった。



ギュンドガン 4
彼がボールを触る前に0:1になってしまった。全体的に勢いを与えることができなかった。



ゴメス 4
あまりボールに触らなかった。88分にはほぼ決勝ゴールをあげそうだった。



ブラント
またしてもポスト直撃。採点には来るのが遅すぎた。





以上です。

今回のドイツ代表はメキシコ戦よりもあきらかにチャンスがありましたが、攻めきれずにどうなる事かと思いましたが、まさかのスーパーゴールで勝ちましたね。

この試合は何よりもロイスがゴールをしたのが嬉しいです。次のゴールもアシストした事になっていますね。

次の試合でスウェーデンがメキシコに勝ち、ドイツが韓国に勝つつと3つの国が勝ち点6で並びますね。



[ 2018/06/24 06:50 ] FIFA | TB(-) | CM(15)
相変わらずロイスはロイスだった
そもそも最初のメキシコ戦もロイス先発だったらここまで崩れなかったと思うわ
それにしてもロイスもこれがW杯本戦初ゴールか
アザールや香川やサラーやコウチーニョもだし何か凄い大会だわ
[ 2018/06/24 07:00 ] [ 編集 ]
二点目、ああいうシーンでもアシストになるのかな?と思ってたけどアシストついてるんですね。
記録上1ゴール1アシスト。
試合でも随所で良いプレーをしてました。
さすがロイス。
[ 2018/06/24 07:23 ] [ 編集 ]
バランスとるのに苦労してる。
メキシコ戦は左右がアンバランスで今日は修正してきたけど、今度は逆に縦がおかしくなった。
守備時は442でやってるんだけどマイボール時は4人フロントラインに張りつかしてその下サイドバックとボランチ1枚だったから真ん中の底から最終ラインのところがスカスカになってた。だからクロースがパスコース限定されてパスミスだらけのあげく失点に絡むし、センターバックは止められないしボアティンは退場だった。
今回はシュバインシュタイガーのようなアンカーの専門家がいないんだから無理して高いポジションに人数かける必要ないな。それよりも中盤のプレスに人数かけるようにしてボール取ったらシンプルにロイスめがけてやったほうが全体のバランス良くなるんじゃないかな?
[ 2018/06/24 08:04 ] [ 編集 ]
9本のパスミスで非難めいて書かれるのはパス成功率の高いクロースならではですね

失点時はクロース何それと思い、
FKでもクロース何それと思わされてまさにクロース劇場でした。

ロイスも得点して、ドイツも勝っほっとしました
同点だとグループステージ敗退も見えましたが、レーヴはセットプレーとか、戦術とか決勝トーナメントに向けてまだまだ隠してるように見え、サッカー強豪国の監督のプライドを感じました。
[ 2018/06/24 09:19 ] [ 編集 ]
ヴェルナーは良い選手ですねぇ。
アルシャビンみたい。
[ 2018/06/24 09:51 ] [ 編集 ]
ゴメスが入ってから流れが変わりましたね
愛情をもっていいますが、やっぱりゴメス師匠がいないドイツなんて
[ 2018/06/24 11:51 ] [ 編集 ]
最後決めたから良かったが クロースはらしくなかったなぁ
どうしちゃったんだろう
[ 2018/06/24 12:52 ] [ 編集 ]
だからこそ得失点差を考えて出来れば韓国に大量点で勝ちたいところです。仮にグループ2位抜けだとしたらおそらくベスト16でブラジルとの対戦が有力になってしまいますからね。ロイスは流石です。エジルに比べパスの選択はシンプルですが よりスピーディーで守備やフリーランニングを怠りません。そしてゴール前でより脅威です。個人的にはエジルの意外性はまだチームに必要だと思うのでロイスをサイドにしてドラクスラーをスタートはベンチの方がいい気がするのですが…。 彼は上手いんですが怖い選手じゃないんですよね。
[ 2018/06/24 13:36 ] [ 編集 ]
 ドイツ代表の根本的な問題は何も解決していない。相手ゴール前に人を並べてカウンターを貰うだけ。攻守のバランスが皆無で奪われる場所も悪いし奪われた直後の対処も悪い。
 相手が下がると前7人後ろ3人になり、間隔を維持する為にCBがセンターを大きく越えなければならなくなる。リスクの高い危険な状況下で後ろの3人はボールを前に渡すのに四苦八苦していた。その間、前の7人は何をしていたのだろうか。両SBはもっと状況に合わせて動かなくてはならない、両WGも同様だ。

 ロイスが活躍したことだけが救いです。
[ 2018/06/24 15:02 ] [ 編集 ]
まずはおめでとうかな

ロイスのゴールは良かったですが、前半早々の明らかにPKのプレーを流されているしドイツはVAR審判にも優遇されてたね
ノイアーのパンチもPK&レッド相当でしょうがVARすらしないし、正直特定の国、特に欧州各国が優遇されてる様な気がする

ロイス先発でドイツを応援していましたが、途中からはスウェーデンを応援してしまうくらい主審が酷かった
ギュンよりクロースが酷かったし、ギュンに厳しい採点。ブラントのシュートはまたもポストに当ったが威力があって良いね

ドイツは最終戦楽な相手なので勝ちぬけかな
[ 2018/06/24 15:07 ] [ 編集 ]
次の試合は大会で一番ファールが多い国とですね
ロイスの無事を祈ります
[ 2018/06/24 16:10 ] [ 編集 ]
試合はハラハラしましたが勝てて良かったですね。
ロイスも決めてくれて良かった。

しかしグループステージ最終試合で韓国と対戦ですか…
メキシコ戦でも相当に荒かったので心配です。
勝つことはもちろんですが、故障者を出さないことも大事だと思います。
全選手が怪我なく試合を終えてほしいです。
[ 2018/06/24 21:37 ] [ 編集 ]
ロスタイムでさすがに無理と思いましたが、よく勝ちましたね。
前回から修正も交代で計算狂い、先制され退場者もでるとか・・・
最悪の流れでも勝つのが凄い。

しかし、勝てるだろうけど次も問題多いね。
ルーディ使えると良いですが、CBでギンター出番ですかね?
勝てばほぼ突破だけど2点差つけたいところ・・・
[ 2018/06/24 23:51 ] [ 編集 ]
ロイスがやっとW杯の舞台でゴールを決めれてとても嬉しいです。本当にロイスは何回も大怪我するのに、復帰後は怪我前と全く変わらないプレーができるのがすごいですね。どんなに偉大な選手でも、怪我でパフォーマンスが落ちることはよくあるのですが、ロイスはいつも変わりません。ギュンドアンとクロースのコンビだと、CBが外に釣りだされた時に、代わりにボランチがCBの位置にカバーに入る動きが遅いってのが弱点になっており、ギュンドアンにはそこ頑張ってほしいです。
[ 2018/06/25 14:40 ] [ 編集 ]
最後ロイスとクロースのところ何か会話があってそれが記事になってるのならお願いします!
[ 2018/06/25 17:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。