ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【W杯】日本対セネガル!スーパースター、マネー「まだ何も達成していない」!ドイツ紙先発予想!《ドイツの反応》




Welt】

スーパー・スター!マネー!気を引き締める!





日本とセネガルがワールドカップグループHで対戦する。両チームにとって勝利すれば決勝トーナメントがぐっと近づくことになる。


この2チームは、これまでの所大きな驚きとなっている。日本もセネガルも勝利したのだ。そして両チームが対戦する。セネガルはおきまりのメンバーで来るが、日本はメンバーを入れ替える可能性がある。

スポンサーリンク


最有力候補のポーランドに対しての勝利は2002年を思い出させるものとなった。この時セネガルはベスト8まで進出している。

“まだ何も達成していない。”とスーパースターのマネーは語る。セネガルのシセ監督は今回も成功を収めた11人で試合に臨むとみられている。そこにはブンデスリーガで活躍するサリフ・サネーも含まれている。


日本キーパー交代か?

日本はコロンビアに2:1で勝利し、これに続きたい所だ。しかし西野監督もスタメンを変える理由は特にないだろう。いずれにせよ日本ではキーパー交代が議論されている。




以下先発予想。

日本
川島、酒井宏樹、吉田、昌子、長友、長谷部、柴崎、原口、香川、乾、大迫

セネガル
ディアイェ、ヴァグエ、サネー、クリバリー、サバリー、ギュアイ、ディアイェ、サール、ニアング、マネー、ディオフ






以上です。


いよいよ試合ですね。楽しみです。それにしてもセネガルの選手の名前の読み方はどう表記したらよいか分かりませんね。

大抵の選手はフランス出身なので、こっちではフランス風に発音される事が多いんですが・・。

フランスの発音の特徴としては、だいたい最後の音節にアクセントが付きます。マネー、デンベレー、サネー、ショパン、ラヴェル、ボルドー、ボジョレー・ヌヴォーといった感じですね。

ちなみにフランスの作曲家は日本ではアクセントがほぼすべて逆に発音されているので、(ショパン、フォーレ、ヴェル)ヨーロッパではまったく通じないという現象が起こっています。ショパンはポーランド人ですがフランス風に名前を名乗っていました。

まあフランス人はリー・ポッターをアリー・ポテールとフランス語風に発音しますし、何が正しいかを言うのは難しいですね。

今日カツ丼食ったから勝つよ
私が
[ 2018/06/24 19:39 ] [ 編集 ]
アメリカ人が飲み屋で「ローウェンブロウくれ」って言ってて、みんな何の事だか分からなかったって話を思い出しました
[ 2018/06/24 20:58 ] [ 編集 ]
まず今大会に入る前の直近パラグアイ相手に香川は1G2Aそして何よりフル出場、ところがコロンビアには1G決めて1人退場に追い込んだのに1-1の段階で途中交代、今回のセネガル相手には更に酷く0G0A同じく1-1で途中交代だ
特に印象的なのはフリーでボール受けた際にディフェンスがニアに走り込んできたからって溜めてパスを選択シーン、パラグアイやコロンビアとの試合なら自ら1タッチ2タッチで入り込みPK獲得かゴールまで持っていってただろう
いくら香川でもクオリティ落ちてないのに同点で途中交代ばかりさせられてたら「お前には追加点は期待できない」と扱われてる気がするだろう、これはドルトムントでも連戦フル出場が続いたほうが得点に絡めることからも間違いないだろう
だから最後にパスを選択した、こうした途中交代の影響で積極性が失われつつある香川でポーランド相手にやれるだろうか?
かといって前線からのプレスなしにレヴァンドフスキ止められはしない以上は外すわけにはいかないのにも関わらず、香川の得点力含めた攻撃性能をあえて鈍らせるような西野の采配はその場しのぎにすぎないと感じる
この考察が当たってるか外れてるかポーランドとの試合当日が楽しみだ
[ 2018/06/25 02:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。