ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【W杯】ドイツ対韓国!ドイツ紙「韓国戦では2度も騒動が!気を付けろ!」《ドイツの反応》




ビルト】

気を付けろ!

韓国戦では2度も騒動が!



entry_img_2383.jpeg


ドイツはこれまで2回ワールドカップで韓国と対戦しているが、2回とも勝利している。

しかし2回ともイライラさせられることになった。

▶1994:アメリカ大会のグループリーグ最後の試合。体感温度50度の中で、ドイツはウォーミングアップをすることをやめた。チームは休憩まで3:0でリードしていたが、最終的には3:2で勝利している。そして、その後スキャンダルだ。シュテファン・エッフェンベルクは交代後ドイツのファンに中指を立てたのだ。これによって彼は懲罰を受けることになった。


スポンサーリンク




▶2002:日韓ワールドカップの準決勝だ。ドイツはソウルで韓国と対戦した。ミヒャエル・バラックは悲劇のヒーローとなってしまった。彼は71分に韓国人をファールでしか止めることができなかったのだ。痛い事にこれが彼のワールドカップ2枚目のイエローカードとなってしまった。その後バラックは75分に1:0となるゴールを決めたが、バラックを欠くドイツはブラジルに0:2で敗れている。







以上です。

まあどちらも騒動の原因はドイツ側にあったようですが、2002年のワールドカップ決勝で絶好調だったバラックを欠いたのは非常に痛手でしたね。さて今回はどうなるでしょうか。



[ 2018/06/27 18:26 ] FIFA | TB(-) | CM(8)
今のご意見番みたいなバラックは全くフォローしてないんですが選手時代はとっても好きでした。
うーん、今思うとドイツのサッカーはあの頃と全然違いますね。
[ 2018/06/27 18:50 ] [ 編集 ]
ロスタイムがどのくらい追加されたか表示が無い時代でしたが、
94の時は追加タイム8分以上あったんじゃんかったか?
[ 2018/06/27 19:48 ] [ 編集 ]
管理人どんまーい
[ 2018/06/28 01:29 ] [ 編集 ]
普通に負けちゃったね。
エジルのやる気のなさだけじゃなく、勝つ気が全然見えなかった。
代表の中心選手ってバイエルンがほとんどでしょ?
毎回リーグ優勝して勝ちになれすぎると、こういう短期決戦の勝負に弱くなるんじゃないかな。
とにかく、ロイスおつかれ様。
[ 2018/06/28 01:56 ] [ 編集 ]
いつかの次戦ではドイツの圧倒的なリベンジが見たいものですわ
[ 2018/06/28 02:10 ] [ 編集 ]
バイエルンの選手が全員ノーゴールが敗因を証明してる
だからブンデス上位からばかり奪い取るバイエルンは癌だって言ったんだよ
挙句に本当はバイエルンと首位争いすべきドルトムントはライバルクラブの戦力外選手を喜んで引き取り結果出してた主力を干してまでリハビリさせる始末
ノイアー外す勇気がなかったサネ外してブラントロイス入れた癖に中央から攻めなかったレーヴの采配ミスは勿論だが
なんもかんもブンデス一強により勝負強さなくしたドイツの自滅だわ
[ 2018/06/28 03:31 ] [ 編集 ]
管理人さんよ… 残念だった…
元気だしてくれー
[ 2018/06/28 10:07 ] [ 編集 ]
ドイツのグループリーグ敗退は衝撃でした…。

>管理人さん
今日の日本ポーランド戦で香川とレバ・ピシュ・クバの旧ドルトムントポーランドトリオが対戦する訳ですが、
それについてドイツのドルトムントサポーター達の反応がなにかあればぜひお伝えいただけると嬉しいです。
[ 2018/06/28 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。