ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【w杯】ドイツ!歴史的敗退!ドイツ紙「w杯の悪夢!恥ずべき予選敗退!【ドイツの反応】



ビルト】



恥ずべき予選敗退!

ワールドカップの悪夢!だけどこれ以上の結果は相応しくなかった。



entry_img_2384.jpeg

これはドイツのワールドカップ最大の大失態だ。クラブは初めてグループリーグで敗れる事になった。

韓国に0:2で敗れ、壊滅的なグループリーグを終えた。悪夢だ。スウェーデンがメキシコを3:0で破ったのでドイツ代表の敗退は決まった。


スポンサーリンク




2014年のワールドカップ優勝者の冠は、たった3試合で奪われてしまった。しかしその内容と言ったら・・・。



これでヨーギ・レーヴもお終いだろうか?


ドイツサッカー協会プレジデントのラインハルト・グリンデルは試合前に彼の続投を約束した。“我々はワールドカップの前に彼の契約延長を決定した。ワールドカップ後には大変革が待っているが、それに最もふさわしいのはヨーギ・レーヴだと思ったからだ。”



ビルトの情報によるとレーヴは辞任する意思はない様だ。


韓国戦はセンセーショナルな始まりを見せた。なんとヨーギは5人も選手を入れ替えてきたのだ。トーマス・ミュラーはワールドカップで初めて先発から外れた。それに代わってレオン・ゴレツカのワールドカップデビューだ。


エジルも再び先発出場したが、サミ・ケディラも同様だ。そしてマッツ・フンメルスとニコラス・ズィーレだ。


これでギンターと控えのキーパー以外は全員がプレーした事になる。これはドイツワールドカップ予選で新たな記録だ。


では今日のプレーはどうだったか?これは評価にも値しない。動きもなくアイデアもなかった。


そしてノイアーの失態だ。相手のシュートを止めることもできなかった。しかし彼はなんとかソンがボールに達する前にボールを弾いている。このトッテナムのスターはその直後、バーの上にシュートを放っている。
ドイツは3分の2もボールを保持していたが、そこから何かを起すことは少なすぎた。2014年の準決勝以来、ドイツがワールドカップで前半で得点を挙げることはなかった。オリバー・カーンは“韓国の脅威になるにはスピードがなさすぎる。考えて行動に移すまで時間がかかり過ぎる。”


ドイツ代表がファンの目を覚ますのに48分もかかった。開始48分にキミッヒのクロスからゴレツカがシュートを放つも韓国のキーパーに止められてしまう。


同時に行われたスウェーデン対メキシコ戦ではスウェーデンが1:0とリードしていたが、控えのゴメスとミュラーはこれを、フィールド脇のモニターで確認した。この時点でドイツの予選敗退が決まっていたのでレーヴが対応する。


彼らはこの二人を投入したのだ。


これからドイツがプレッシャーを高める。


68分にゴメスがヘディングシュートを放つもキーパーに阻まれる。時間が過ぎる。そしてスウェーデンが2点目と3点目を挙げる。

87分にはフンメルスがエジルのクロスからヘディングを放とうとしたが、ボールは肩にあたって、ゴールをそれてしまった。



そしてドイツはアディショナルタイムに失点してしまう。キムのゴールがビデオ判定で認められたのだ。


その後ドイツは全てを攻撃にささげたが、ソンが無人のゴールに点を決めて0:2とした。



悪夢が現実となった。ワールドカップ優勝者が敗退したのだ。







以上です。

まさかのドイツ敗退には驚きました。試合を見ることはできませんでしたが、内容も良くなかったようですね。

まだ結論を出すには早いですが、2014年のメンバーを信じるあまりに、本当に状態が良いかどうかの見極めがうまくいかなかったような気がします。特にエジルの起用は今後も大きな議論を呼ぶでしょうね。

若手で優勝したコンフェデの時の方が良いプレーしていたように思います。








[ 2018/06/28 06:18 ] FIFA | TB(-) | CM(30)
やはり頂点を知ると守りに入ってしまうんだと思います。そろそろ新しいサイクルに入る時期に来たということでしょうね。監督から変えるべきなのでは。
[ 2018/06/28 14:34 ] [ 編集 ]
エジルに関しては賛否が起こるでしょうね
スタッツ面の数字(機械採点含む)や攻撃面でのアクセントは一番付けていた選手ですが例の問題もありやる気がないと捉えた人たちも多くいたみたいですね
またミドルの選択肢がないことから割とゴールに近い正面でボールを持てても韓国もそこまで対応しているようには見えませんでしたね
またノイアーや得点チャンスの多かったフンメルスも一部で槍玉にあがっていますがノイアーの決定的なミスは最後のロストくらいですしフンメルスも何度もピンチを救っていましたね
中盤におけるポジショナルプレーやポジトラネガトラの遅さに配給役対策された際のアイディアのなさ
ヴェルナーをサイドに貼らせるならサネがいてもよかったのでは?キミッヒのクロス精度の低さでなぜ右からの攻撃に固執したのか?ケディラクロースミュラーといった定番メンバーのクオリティの低さに控えの中途半端さはなぜ起こったのか?
コンフェデや昨年度辺りまでのカウンターとポゼッションを両方共高いレベルで行っていたのはどこへ行ったのか?対策されたとはいえあまりにもお粗末でした
やみくもに動けばいいわけではありませんが効果的な運動量に前線中盤ビルドアップ時の最終ラインでの動きの連動性がないチームはアルゼンチンといいポーランドといい苦戦していますね・・・

ドルトムントファンとしては荒い試合もあった中ロイスが怪我なく大舞台でゴールアシストという結果を出せたことが唯一の救いです
[ 2018/06/28 14:48 ] [ 編集 ]
ドイツは一点取るだけで良かったんですけどねぇ。
何て言うかキレイに崩そうとして失敗する日本代表見てるかのようでした。何がなんでも点とってやる、て言う気概に欠けてる印象を受けましたね。
負けてしかるべきチームでした。
[ 2018/06/28 15:13 ] [ 編集 ]
 
元日本代表監督のオシムさんが話していました。
ドイツが優勝した時ファンもジャーナリストもすべてがチームをバックアップしていたと・・・
今回政治的問題のためでしょうか?全く感じませんでした。
[ 2018/06/28 15:14 ] [ 編集 ]
概ね管理人氏の考察で合ってますね
選手達のやる気のなさよりレーヴの采配がとにかく酷かった
とても前回大会の王者監督とは思えない修正っぷりでした
[ 2018/06/28 15:15 ] [ 編集 ]
こういう時はヒステリーを起こしながら判断する人が多いのでまずは冷静になるまで待つ事だと思います。
ワールドカップ直前に急に調子を落として嫌な空気に包まれて大会に突入した印象です。
メキシコ戦で半年前までのドイツ代表と全然違う柔軟性の無い戦術なのに驚きました。
もっと大胆に状況判断をしてBプランどころかその先があるような雰囲気だったのに本番は1つのプランに固執してて理解出来ませんでした。
どういう状況になればそんな事になるんでしょうね。
[ 2018/06/28 15:30 ] [ 編集 ]
個人的にはザック時代の日本みたいに舐めプ遅攻、ポゼッションサッカーにこだわりすぎたのでは?、と思っています。メキシコみたいに敵に自陣に籠られたら、いったん味方GKまでもどし相手をゴール前から引きはがしたあとに速攻!、とまではいかなくても、もうすこし縦に早いサッカーをすれば普通に勝てたと思うんですよね。
前回大会でカウンター狙いのアルゼンチンに対し、ハイライン、コンパクト、フォアプレスサッカーを貫いて勝つのは見所ありましたけど、今大会はどこのチームも守備がとても整備されてました。格下のチーム相手でも引きこもったチームを崩すのは、アルゼンチンでも難しいのは証明済み。今後、独代表がどのようなサッカーを志向するのか注目しています。
[ 2018/06/28 15:32 ] [ 編集 ]
中盤が本当に怠惰で全く圧力を感じませんでしたね
[ 2018/06/28 15:51 ] [ 編集 ]
ドイツ敗退よりもロイスが怪我無く戻れることに安堵しました
ごめんなさい
[ 2018/06/28 16:06 ] [ 編集 ]
メヒコ、スウェーデン戦見りゃこういう展開になるとは予想できました。
ただ韓国のディフェンスすら崩せないとは思いませんでしたね。
韓国の守備はナイーブというか相手を恐れすぎるあまり不必要なファールばっかするので
セットプレーあたりで1,2失点はするだろうなと思ってたのですが、
小奇麗なコンビネーションパスで崩すことに拘泥して荒々しく仕掛ける選手がいなかったので
韓国の方も徐々に対応できた風に見えました。(多分後半ファール少なくなったんじゃないかな)
[ 2018/06/28 16:16 ] [ 編集 ]
縦に早くをこれ程感じた試合はなかったわ
ハリルの遺産は今の日本代表に生きてるわ
[ 2018/06/28 16:22 ] [ 編集 ]
レーブは問題を起こしたエジル&ギュンドアンを何とかチームに溶け込まそうと必要以上に感情的になってしまった結果、二人のコンディションを見誤ってしまったと思います。その結果が敗退ですね。
チームにまとまりがなかったのは、この二人にまつわる問題が内部が紛糾していたのではないでしょうか?
そもそも初戦のメキシコからずっとドイツらしくないサッカーしてました。韓国戦に至っては、ダメな時の日本のようでした。ボールをまわすだけで効果的な攻撃の形がなく、スピードなし、密集してショートパスを繰り返して、無駄にポゼッションしてました。ミュラーをベンチにしたのも大失敗でしたね、ドイツの主柱はミュラーでしょ。なのに1年もろくに試合にでなかったノイアーをキャプテンにして、まとまるはずもありません。キャプテンをミュラーかクロースにしてたらもっと違っていたと思います。
ドイツがGLで敗退したのは、レーブの責任が大半だと思いますね、折角コンフェデを優勝したのに、中途半端な若者起用。
ヴェルナーをCFにするなら、彼のスタイルに合った選手を攻撃選手に加えればいいのに、まったく合わないエジルをトップ下にするとか、1戦目でまったく機能してなかったのに、3戦目で起用して驚きました。
古いベテラン重用し過ぎて、選手の心が監督から離れているか、代表全体が変に冷めちゃっていたのでは?
それくらい残念なドイツ代表のパフォーマンスでしたね。
私は、ミュラーベンチ、エジルスタメン、CFヴェルナーと知った時、迷わずメキシコ戦を見てました。よくてドローかなと思っていたら負けたのでびっくりしましたよ。
[ 2018/06/28 16:34 ] [ 編集 ]
韓国を舐め過ぎたのでは?勝ったスタメンをここ迄いじるのが良くなかった。決勝トーナメント見越してのミュラー温存?エジルはわるくは無かったですが、控え選手達とは意思疎通出来てなかったし、何より皆シュートが枠に飛ばなさ過ぎで、自滅しました。あんなにふかすドイツ代表をはじめて見ましたが、やはりサッカーはメンタルスポーツだと思いました。クロース、フンメルスのイライラ感、チーム崩壊してましたね。
[ 2018/06/28 16:37 ] [ 編集 ]
正直今の日本の方が強そうに見えるってくらいドイツの出来が悪かった
[ 2018/06/28 16:40 ] [ 編集 ]
チームの多数を構成するバイエルンのメンバーがCLでレアルに勝ち越せずなぜか最終節にはシュツットガルトに大敗して
ボカール決勝でもフランクフルトに負けて最悪の流れの中でWCに突入してしまった印象だな
[ 2018/06/28 16:53 ] [ 編集 ]
 私は初戦を見て選手に問題があると考えました。主に両WGの選手に問題があると。しかし、韓国戦を見て考えを改めた。ドイツ代表の根本的な問題は欠陥だらけの戦術にあった。

 ドイツは極めて堅実にボールを運びながらWGを中に引き入れてSBを上げて相手全体を押し込む。だがそれで終わりだ。安全性を約束付けられたビルドアップは、流動性とスピードを欠いていた為、遅攻となると同時にドイツ人選手達の創造性を奪ってしまった。驚くべき事にドイツはその戦術を3戦続けた。プランAからFくらいまで用意してそうなドイツがAしかなかった。

 レーヴ監督に責任があるが、彼にどれほどの権限が与えられていたかも考慮する必要がある。戦術変更する権限が無いのではと疑うような3連戦でしたから。
[ 2018/06/28 16:54 ] [ 編集 ]
ドイツ代表組がガクッとモチベーションを下げて、来季のブンデスリーガにも陰を落としそうですなぁ   前回優勝した後も、代表組は腑抜けになってましたからねぇ
[ 2018/06/28 17:01 ] [ 編集 ]
以外にもロイスとミュラー合って流動的に攻撃してたのに韓国戦ミュラーベンチでまた前線停滞、ロイスも空気になってしまったのが残念
[ 2018/06/28 17:28 ] [ 編集 ]
ロイスとヴェルナーとゴメス以外献身性まるで感じなかったしやる気本当にあるのかなってくらい走らないし無秩序だったね。本大会前の親善の苦戦でそのままにしたドイツと最後の親善で全てを変えて立て直した日本の差を感じる
[ 2018/06/28 17:32 ] [ 編集 ]
変な動きする公式球と長い芝のおかげで上位チームほど苦労してる感じですね
初戦のころは強く踏み込むと滑る、ターンすると滑る、ボールは転がらない
反してボールの反発力が高く、ドリブルでボールが足に付かない、ロングボールが伸びる、吹かす
ボールが予想外の動きするのでキャッチが困難・・・体に覚えこませた感覚が当てにならない
だから身体能力だけでプレーする能天気な選手ほど気にしないくてよい結果を出してる感じがします
初戦2点目のクロリナのシュートとか明らかに変な動きしてるし、結果チーム差が出にくい環境かと・・・
クロリナは練習の虫らしいから、ボールの癖を読んだのかも知れませんが、スペインDFのミドルシュート
は明らかに偶然でしょう、しかしあの軌道と変化には痺れました
個人的には長友のクロスをミドルから回転かけてゴール狙ったらボールも変な変化して面白そうなんですがね、駄目でしょうか
[ 2018/06/28 17:45 ] [ 編集 ]
両サイドでコネ過ぎて自滅した感があるコネるならサネ落す意味がわからん
ヴェルナー左サイドで右しか使わねえし
キミッヒは頑なにロイスにパス出さないし
パス成功率9割のクロースは見る影ないし
エジル、ケディラ、ミュラーの劣化半端ないし
何故かゴレツカ使うし
何より戦術モイモイだし
[ 2018/06/28 17:46 ] [ 編集 ]
試合見てたけど酷かった
やはり一度優勝するとモチベーション保てないんだろうな本来ならバカンス期間だし
今のメンバーで優勝経験者は全員代表引退すべきだと思ったね

ベテランはロイスだけ残して若手中心にし
バイエルンに縁がないが尊敬されてる監督にすべき
ベンゲルかシュトライヒかフィンケ カモーン
[ 2018/06/28 18:02 ] [ 編集 ]
前線もロイスが一人斜めに走り込んだりポジションチェンジしたり動き回ってる感じで、他の選手は地蔵モード
エジルのスルーパスはほぼ全て相手DFの足に当たるという有様
フンメルスは守備とビルドアップは素晴らしかったけど、それだけに決定機を外したのは痛かった
[ 2018/06/28 18:11 ] [ 編集 ]
スーパースター不在でも戦術とアイディアと粘り強さで
塩試合と言われながらも勝ち上がるドイツが好きだった
その強さはきっとまた見ることができるはずと信じてる
[ 2018/06/28 18:42 ] [ 編集 ]
"2014年のメンバーを信じるあまりに見極めが上手く行かなかった"
同じ事が前々回のイタリアと前回のスペインにもまるっきり当てはまってますね。イタリアはそのシーズンで不調だったユベントスのメンバーを主軸に戦って散り、スペインは対策されたポゼッションサッカーと控えに回ったカシージャスを信頼して散った。

こうしてみると頂点を極めた黄金メンバーの世代交代の難しさを実感させられますね。
スウェーデン戦の後半だけが今大会で見れた世界王者達の姿でした…
[ 2018/06/28 18:45 ] [ 編集 ]
簡単に言えば、バイエルンにはレヴァがいてドイツ代表にはいなかった、と言うことだと思います。

決定的チャンスは何度もあったので決め切れなかったのが敗因ですね。
ラームが抜けた穴が予想以上に大きかったのでしょうか。精神的支柱が欠けていたようにも見えました。

ドイツは韓国相手という事でエジルを先発させましたが余り効果的ではありませんでした。
遅攻ばかりでダイナミズムに欠けていたと思います。
クロースの判断が少し遅くなってるのが気になりました。
当て嵌まっているかは解りませんが、ある時期の日本代表を見てるようでした。

まあ、これからドイツがどう挽回して行くのか。新たなスタイルをどう作り上げて行くのか楽しみです。
レベルは格段に違いますが、チーム作りは案外日本代表と似た立ち位置なのかも知れませんね。
[ 2018/06/28 19:01 ] [ 編集 ]
決定機は間違いなくドイツが上でした
韓国のカウンターはスタミナ切れが判断力を奪いフンメルスなどの予想を上回る事なく水際で防いでいました(そこまて運ばれてる事がミスですが)
ただ、やはり決めるべきシーンで決めなければサッカーは残酷だなと感じる試合でしたね
あそこまで押し込む試合展開になるのであれば、間違いなく個を重視してサネでしたね
残念だとは思いますが耐えた韓国が本当に凄かったですね
[ 2018/06/28 19:14 ] [ 編集 ]
日本も2大会ごとに惨敗してるので、やっぱり惨敗しないと監督交代とか世代交代とか大きな変革に踏み切れないのでしょうね。若手中心のときは結果よかったですし。
日本も本田が監督を辞めさせたなど憶測が流れましたが、時間が経つと選手もベテランになり、メディアを通じて監督や若手の批判に取られるようないらん発言をして、内紛が生まれてしまうのかもしれません。
クロースのブラジル煽りやこの前のレバへのざまぁ記事を見てると、選手や監督だけでなく、ドイツ全体におごりがあったように思います。
[ 2018/06/28 19:45 ] [ 編集 ]
負けるべくして負けた
それが今大会ドイツ代表の印象です
自分達のサッカーをしてれば勝てる、いや勝って当然と思ってたとしか思えません
あれだけのタレントを揃えながらなんとお粗末な試合内容でしょう
4年前とはサッカーも各国代表も進化してます
なのにドイツはそこから全く進化してないどころかクオリティに於いては寧ろ退化してると感じます
多分相手チームのスカウティングなどせず戦術も煮詰めずにGLに臨んだのでしょう
レーヴは辞任の意思は無いようですがどうなんでしょうか?
確かに後任選びは困難を要するでしょうが、だからと言ってこのまま続投は如何なんでしょう
[ 2018/06/28 20:43 ] [ 編集 ]
なんか誰か点取ってくれるだろう っていう地に足がついていない状態に見えた
[ 2018/06/28 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。